楊 イ翔 (ヨウ イショウ)

写真a

所属

理工学術院 大学院環境・エネルギー研究科

職名

講師(任期付)

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/kamiya/

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   修士(工学)

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   講師

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学   理工学術院   助教

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   理工学術院   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    自動車技術会

  •  
     
     

    IEEE

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス、電子機器

  • 環境負荷低減技術、保全修復技術

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 環境性能評価

  • エネルギーマネジメント

  • プラグインハイブリッド自動車

  • 電気自動車

論文 【 表示 / 非表示

  • Design and evaluation of 'Short-range Frequent-charging-type' and 'Night-charging-type' BE bus

    Wei-Hsiang Yang, Isao Tsukui, Eisuke Izutsu, Yushi Kamiya, Yasuhiro Daisho

    2017 IEEE 3rd International Future Energy Electronics Conference and ECCE Asia, IFEEC - ECCE Asia 2017     1628 - 1633  2017年07月

     概要を見る

    The two opposite concepts of BE bus (battery-electric bus) which were 'Short-range Frequent-charging-type' and 'Night-charging-type' low-floor buses, were designed and evaluated. Firstly, the current technical level of battery and charging equipment had taken into account to conduct the vehicle design of both BE buses. In additional, the ideal performances of battery and charging equipment for fully substituting the highly used diesel buses in the very densely packed city transportation routes would be clarified in the paper.

    DOI

  • Li-ion battery deterioration evaluation of short range frequent charging electric bus over long-term operation in cold region

    Yang, Wei Hsiang, Wu, Zhe Dong, Eda, Kenichiro, Kamiya, Yushi, Daisho, Yasuhiro

    2016 IEEE 2nd Annual Southern Power Electronics Conference, SPEC 2016    2017年02月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2016 IEEE.A long-term operation test in cold region of electric buses on public roads was performed in Nagano prefecture as a project of the Japan Ministry of the Environment from 2011 to 2014. For this project, the short-range frequent-charging type electric buses, 'Waseda Electric Buses (WEBs)' were developed. WEB-3, one of the test vehicles, was driven for 42,114 km over 902 days and charged 4,298 times. In this paper, the following was obtained. (1) The battery performance deterioration is measured and proofed to be predictable. (2) One strategy is advised for expanding battery lifetime. (3) Even started the operation at sub-zero environment, the performance of vehicle was not affected.

    DOI

  • Performance Evaluation of Short Range Frequent Charging Electric Bus «wEB-3» over Long-Term Operation

    Yang, Wei Hsiang, Eda, Kenichiro, Kamiya, Yushi, Hirota, Toshio, Daisho, Yasuhiro

    2015 IEEE Vehicle Power and Propulsion Conference, VPPC 2015 - Proceedings    2015年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2015 IEEE.A long-term operation test of electric buses on public roads was performed in Nagano as part of a project of the Japan Ministry of the Environment from 2011 to 2014. For this project the short-range frequent- charging type electric buses, «Waseda Electric Buses (WEBs)» were developed. WEB-3, one of the test vehicles, was driven for 41,724 km without any major problems and had advantages to reduce 28-42% of CO2 emissions and 57-64% of energy costs, compared to conventional diesel buses. The battery performance deterioration is also confirmed to be predictable, therefore two suitable strategies is advised for expanding battery lifetime.

    DOI

Misc 【 表示 / 非表示

  • Design Trial Production, and Performance Evaluation of an Electric Busfor Running on Expressways

    Wei Hsiang Yang, Hanlin Liu, Kenta Ishii, Yushi Kamiya, Yasuhiro Daisho, Yuto Ihara, Shuichi Obayashi

    IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems, Proceedings, ITSC   2018-November   1143 - 1148  2018年12月

     概要を見る

    © 2018 IEEE. Our research group designed and made two trial production for two electric buses, a small-sized bus for driving on ordinary roads and a medium-sized bus for driving on expressways. Approximately one-year verification test was conducted in the Metropolitan Expressway Bay Shore route and surrounding areas in Japan. In this paper, analyzed results focused on the regenerative energy while traveling on expressways compared to ordinary roads made by heavy-duty electric vehicles will be summarized.

    DOI

  • 先進電動バス交通システムの開発と性能評価(第11報):高速道路走行を想定した電気バスの設計・試作ならびに実証試験に基づく性能評価

    楊イ翔, 劉函林, 三好宏和, 井原雄人, 紙屋雄史, 大聖泰弘, 尾林秀一

    自動車技術会2018年秋季大会学術講演会講演予稿集     1 - 6  2018年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Design and evaluation of 'Short-range Frequent-charging-type' and 'Night-charging-type' BE bus

    Wei-Hsiang Yang, Isao Tsukui, Eisuke Izutsu, Yushi Kamiya, Yasuhiro Daisho

    2017 IEEE 3rd International Future Energy Electronics Conference and ECCE Asia, IFEEC - ECCE Asia 2017     1628 - 1633  2017年07月

     概要を見る

    The two opposite concepts of BE bus (battery-electric bus) which were 'Short-range Frequent-charging-type' and 'Night-charging-type' low-floor buses, were designed and evaluated. Firstly, the current technical level of battery and charging equipment had taken into account to conduct the vehicle design of both BE buses. In additional, the ideal performances of battery and charging equipment for fully substituting the highly used diesel buses in the very densely packed city transportation routes would be clarified in the paper.

    DOI

  • プラグインハイブリッド自動車における低炭素効果の走行距離依存性に対する考察

    鈴木智大, 楊イ翔, 紙屋雄史, 大聖泰弘

    自動車技術会2016年度学術研究講演会前刷集   ( 5 ) 1 - 4  2017年03月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 短距離走行・高頻度充電コンセプトを採用したワイヤレス給電型電気バスの設計・試作ならびに公道走行実証試験に基づく性能評価

    三輪希己, 呉哲棟, 楊イ翔, 紙屋雄史, 大聖泰弘, 井原雄人, 尾林秀一, 武俊介

    自動車技術会2016年度学術研究講演会前刷集   ( 6 ) 1 - 4  2017年03月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ベスト・ペーパー賞

    2017年03月   自動車技術会関東支部学術研究講演会   プラグインハイブリッド自動車における低炭素効果の走行距離依存性に対する考察  

    受賞者: 鈴木智大, 楊イ翔, 紙屋雄史, 大聖泰弘

  • ベスト・プレゼンテーション賞

    2014年03月   自動車技術会関東支部学術研究講演会   プラグインハイブリッド自動車の動力システムモデリング詳細化に関する研究:インバータと昇圧コンバータの損失モデリング詳細化の検討  

    受賞者: 楊イ翔

  • ベスト・ペーパー賞

    2014年03月   自動車技術会関東支部学術研究講演会   プラグインハイブリッド自動車の動力システムモデリング詳細化に関する研究:インバータと昇圧コンバータの損失モデリング詳細化の検討  

    受賞者: 楊イ翔, 紙屋雄史, 大聖泰弘

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 各種電動バスの適合領域に関する研究

    2018年  

     概要を見る

    本研究の目的は主にバッテリ電気バス(Battery Electric Bus,以下BEバス)とプラグインハイブリッドバス(Plug-in Hybrid Bus,以下PHバス)の適合領域を明確化することである.本年度は高速道路走行を想定した電気バスの設計・試作・性能評価を行った.具体的に,① 設計・開発した電気バスの高速道路走行時に生じる回生エネルギーに着目した詳細分析,② 大容量のバッテリを必要とする高速道路走行用電気バスにおける作動温度バラツキ問題に対する詳細考察を行った.

  • 各種電動バスの適合領域明確化

    2015年  

     概要を見る

    本研究の目的は主にバッテリ電気バス(以下BEバス)とプラグインハイブリッドバス(以下PHバス)の性能に合った適合領域を明確化することである.昨年度はBEバスを対象とし,重量に関する法律や部品性能といった諸制限を満たす最大のバッテリ搭載量と,乗車定員の20%および40%を削減した際の車室内へのバッテリ搭載量を算出した.双方を考慮することで,異なる乗員数における走行可能距離が得られた.さらに,運用方法を加味した設計方針によって「短距離走行・高頻度充電型バス」と「日中走行夜間充電型バス」に分類し,実証試験データを用いたシミュレーションを行うことで,両者の最適化設計を行った.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>