2021/12/08 更新

写真a

コニシ タカユキ
小西 隆之
所属
附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター
職名
講師(任期付)

学歴

  • 2013年04月
    -
     

    早稲田大学   国際コミュニケーション研究科  

所属学協会

  •  
     
     

    日本音声学会

 

研究キーワード

  • 第二言語習得研究

  • 音声学

論文

  • Contextual Variations in the Apologetic Expressions in Japanese

    Konishi, T, Kanato, A, Harada, Y, Shudo, S

    信学技報 118(516)     103 - 107  2019年03月  [査読有り]

  • Acquiring L2 phonemes and recognition of their allophonic variances

    Kondo, M, Konishi, T

    Proceedings of the 9th Tutorial & Research Workshop on Experimental Linguistics. Paris, France. pp.69-72.    2018年08月  [査読有り]

  • Acoustic correlates of L2 English stress ― Comparison of Japanese English and Korean English

    Konishi, T, Yun, JH, Kondo, M

    Phonetics and Speech Sciences   10 ( 1 ) 9 - 14  2018年03月  [査読有り]

  • Acoustic correlates of L2 English stress - A cross linguistic comparison between Japanese English and Korean English

    Konishi, T, Yun, J, Kondo, M

    Proceedings of the 2017 Seoul International Conference on Speech Sciences    2017年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Best Student Paper Award

  • Prosodic Manifestation of Syntactic Boundaries in Japanese.

    Konishi, Takayuki

    Transcommunication   4 ( 2 ) 95 - 107  2017年09月  [査読有り]

  • Vowel epenthesis in Japanese speakers’ L2 English

    Yazawa, K, Konishi, T, Hanzawa, K, Short, G, Kondo, M

    Proceedings of the 18th International Congress of Phonetic Science    2015年08月  [査読有り]

  • Developmental Change in English Stress Manifestation by Japanese Speakers

    Konishi, T, Kondo, M

    Proceedings of the 18th International Congress of Phonetic Science    2015年08月  [査読有り]

  • Effect of Pitch on Japanese Word-initial Stop Production by Korean Speakers

    Konishi, T, Kondo, M

    Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Sciences     1134 - 1137  2011年08月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • Building and Analysis of Asian English Speech Corpus: Japanese Speakers' Phonemic Recognition of English Consonants

    Kondo, M, Tsubaki, H, Konishi, T, Sagisaka, Y

    Learner Corpus Studies in Asia and the World Vol. 2  2014年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本人英語学習者によるL2英語音声特性知覚の習得段階別変化

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    学習者英語研究において、伝統的に文法や発音の正しさを判断してきたのは、イギリス、アメリカ等の英語の母語話者だった。しかし、 今世紀の英語非母語話者の飛躍的増加により、現在では英語母語話者よりも非母語話者間のコミュニケーションの機会が圧倒的に多い。これを受けて、英語教育においても「母語話者らしさ」よりも「聞きやすさ」や「理解しやすさ」が重視されるようになった。本研究では、英語レベルの異なる日本人学習者に、様々な母語の話者の学習者英語の評定を行ってもらい、その評定値に影響を与えている音声特性を明らかにすることにより、英語発音指導およびリスニング指導におけるレベル別重点指導項目を明らかにする

  • 効果的音声コミュニケーションのためのL2音声自動評価および学習支援システムの開発

    研究期間:

    2019年06月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    英語コミュニケーションを情報伝達の正確さの観点から、非母語話者を含む言語ユーザーが、情報伝達のために最低限達成しなければならない外国語音声習得の規準を明らかにし、そのための音声教育法を提唱することを目的とする。これまでの外国語教育では、いかに母語話者の発音に近づけるか、対母語話者を意識した教育が中心であったが、非母語話者間の情報伝達、意思の疎通を想定した、音声コミュニケーションの疎外となる、第二言語音声習得の問題点を、日本語、英語、仏語を軸に検証し、一般の外国語ユーザーが理解できる発音と理解できない発音の境界を解明する。結果を基に、最低限通じる発音教育のための学習支援システムの構築を目指す

  • 発話行為の誠実性条件を伝達する音声特性の解明: 謝罪発話の音声分析

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

  • 聞き手の理解容易度向上のための日本人L2英語韻律特性の音響解析

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究は第二言語(L2)の韻律(アクセント・リズムなど)が母語話者・非母語話者の理解容易度に大きく影響するという従来研究を受け、日本人英語において、英語母語話者・非母語話者の理解容易度に影響を与える音声特性と、習得段階に伴う変化を明らかにし、日本の英語音声教育における習得段階別の重点指導項目を明確にすることを目的とする。最終年度には、分析対象としたL2英語音声コーパスにおけるThe North Wind and the Sunに対し、前年度までに行った作業によって取得したデータを用いて、日本語母語話者のL2英語音声を分析した。その結果、本研究においてL2英語の聞き取りやすさを表す指標である音声学者による評定値に最も大きな影響を与えたのは、ストレスアクセントに母音の長さの対立を用いていることだった。一方で、従来からリズムの単位とされてきたフットや、リズムへの影響が大きいとされてきた挿入母音は、その影響が有意だったものの、影響の度合いは相対的に小さかった。また、英語母語話者と日本人学習者の英語リズムを比較したところ、フットリズムの等時性(同じ長さのフットが繰り返されるリズム)の度合いに関して、上級学習者は母語話者にかなり近付く一方で、ストレスアクセントや母音挿入に関しては、上級学習者でも、それらの実現において母語話者と有意に異なっていた。現在、これらの研究結果を国際学術誌に投稿するための執筆を行っている。また、本研究の過程で評定値と分節音境界データを付与したコーパスについては、オープンソース化のための手続きを現在行っている

講演・口頭発表等

  • 日本語母語話者の英語韻脚におけるリズム制御

    小西隆之, 近藤眞理子

    第33回日本音声学会全国大会  

    発表年月: 2019年09月

  • Acquisition of L2 English Foot Rhythm by Native Speakers of Japanese

    Konishi, T

    New Sounds 2019  

    発表年月: 2019年08月

  • Do Japanese Learners Use Sufficient Acoustic Cues to Manifest Acceptable English Stress?

    Mariko Kondo, Lionel Fontan, Maxime Le Coz, Sylvain Detey, Takayuki Konishi

    New Sounds 2019  

    発表年月: 2019年08月

  • Importance of Foot in Evaluating Japanese English Rhythm

    Konishi, T

    2019 Research Workshop of Institute of Language and Speech Science  

    発表年月: 2019年05月

  • 日本語母語話者による英語高前舌母音/iː, ɪ/の発話習得に関する研究

    矢澤翔, 小西隆之, 近藤眞理子

    発表年月: 2018年09月

  • 英語母語話者と機械による自動評定に基づく日本語話者の L2 英語の流暢さの評価

    近藤眞理子, Fontan Lionel, Le Coz Maxime, Detey Sylvain, 小西隆之

    第32回日本音声学会全国大会  

    発表年月: 2018年09月

  • パラ言語的情報を伝達するドイツ語心態詞の韻律的特徴 ― ドイツ語母語話者とドイツ語学習者の発話と知覚.

    生駒美喜, 小西隆之

    第32回日本音声学会全国大会  

    発表年月: 2018年09月

  • 日本語母語話者の L2 英語発音評価を構成する音声特性

    小西隆之, 近藤眞理子

    第32回日本音声学会全国大会  

    発表年月: 2018年09月

  • Acquiring L2 phonemes and recognition of their allophonic variances.

    Kondo, M, Konishi, T

    ExLing 2018: 9th Tutorial and Research Workshop on Experimental Linguistics  

    発表年月: 2018年08月

  • Does listener's first language affect comprehensibility of Japanese English?

    Konishi, T

    Waseda INstitute of Political EConomy (WINPEC) Special Research Project  

    発表年月: 2018年07月

  • Orthographic influence on L2 vowel quality; the case of English reduced vowels by native speakers of Japanese

    Konishi, T, Kondo, M

    発表年月: 2018年05月

  • Evaluation of Japanese accented English by native and non-native English speakers

    Kondo, M, Konishi, T

    2018年度早稲田大学ことばの科学研究発表会  

    発表年月: 2018年05月

  • 通じる英語のための発音教育

    近藤眞理子, 小西隆之  [招待有り]

    日本英語学会第35回大会   (東北大学) 

    発表年月: 2017年11月

  • Acoustic correlates of L2 English stress - A cross linguistic comparison between Japanese English and Korean English

    Konishi, T, Yun, JH, Kondo, M

    2017 Seoul International Conference on Speech Sciences   (Seoul National University) 

    発表年月: 2017年11月

  • Construction of J-AESOP

    小西隆之, 近藤眞理子

    2017 AESOP Annual Workshop   (Seoul National University) 

    発表年月: 2017年10月

  • L2 英語音声の評定における評定者の母語の影響

    小西隆之, 近藤眞理子

    第31回日本音声学会全国大   (東京大学) 

    発表年月: 2017年09月

  • 日本人英語学習者の挿入母音の持続時間長に関する研究

    小西隆之, 矢澤翔, 近藤眞理子

    第30回日本音声学会全国大会 日本音声学会創立90周年記念大会   (早稲田大学) 

    発表年月: 2016年09月

     概要を見る

    優秀発表賞

  • Relationship of atypical prosodic features to acoustic startle measures in children with autism spectrum disorders and those with typical development

    Takahashi, H, Kondo, A, Konishi, T, Nishikawa, K, Nakahachi, T, Komatsu, S, Mazuka, R, Kamio, Y

    2016 International Meeting for Autism Research   (Baltimore, Maryland) 

    発表年月: 2016年05月

  • Vowel epenthesis in Japanese speakers’ L2 English

    Yazawa, K, Konishi, T, Hanzawa, K, Short, G, Kondo, M

    The 18th International Congress of Phonetic Science   (Glasgow) 

    発表年月: 2015年08月

  • Developmental Change in English Stress Manifestation by Japanese Speakers

    Konishi, T, Kondo, M

    The 18th International Congress of Phonetic Science   (Glasgow) 

    発表年月: 2015年08月

  • Linguistic Aspects of Prosody Is Intact in Children with Autism Spectrum Disorders

    Kondo, A, Nishikawa, K, Konishi, T, Takahashi, H, Kamio, Y, Mazuka, R

    International Meeting for Autism Research   (Salt Lake City, Utah) 

    発表年月: 2015年05月

  • Variability as a Key Feature of Autism Spectrum Disorders Prosody

    Kondo, A, Konishi, T, Nishikawa, K, Takahashi, H, Kamio, Y, Mazuka, R

    Experimental and Theoretical Advances in Prosody (ETAP) 3   (University of Illinois at Urbana-Champaign) 

    発表年月: 2015年05月

  • Acoustic manifestation of English prosody by Japanese learners

    Konishi, T, Kondo,M

    The 11th Phonology of Contemporary English Conference: Creation, Change and Spoken Corpora  

    発表年月: 2015年04月

  • Phonetic Analysis of Lexical Stress and Phrasal Accent in Japanese Accented English

    Konishi, T, Kondo, M, Tsubaki, H, Sagisaka, Y

    Perception-Production Studies and Corpus-Based Approaches in Second Language Phonetics and Phonology   (Waseda University) 

    発表年月: 2014年07月

  • 『理研母子会話コーパス(R-JMICC)』構築の試みと研究成果―対乳児自発音声における日本語特有の韻律的・分節音的特徴の解明を目指して―

    西海枝洋子, 渡辺和希, 小西隆之, 伊藤直子, 金礪愛, 五十嵐洋介, 宮澤幸希, 西川賢哉, 馬塚れい子

    第3回コーパス日本語学ワークショップ   (国立国語研究所) 

    発表年月: 2011年08月

  • Effect of Pitch on Japanese Word-initial Stop Production by Korean Speakers

    Konishi, T, Kondo, M

    The 17th International Congress of Phonetic Sciences  

    発表年月: 2011年08月

▼全件表示

特定課題研究

  • 日本人英語学習者によるL2英語音声評定の縦断研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、英語の没入教育が行われている早稲田大学国際教養の1年生を対象に、入学直後である4月と、1月に同一音声の評定を行ってもらった。音声学者16名による評定 (相互の相関係数 > 0.9)の平均値と比較した結果、4月時点において英語の習熟度(TOEFL ITPのスコア)が高い学習者の方が総じて音声学者の評定との一致率が高かった一方、同一話者による4月時点と1月時点の評定値の一致率は極めて高く(およそ0.8)、音声学者の評定との一致度の縦断的変化も起こらなかった(相関係数最大0.5程度の変動)。この原因として、4月から1月のおよそ9ヶ月間で、今回の検定に影響を与えるほどの学習が起こらなかったことが想定される。

  • 母語の異なる評定者による日本人L2英語音声の評定値比較分析

    2018年  

     概要を見る

    This is an adjunct study of Kaken Grant-in-Aid for Young Scientists (B) "Acoustic Analysis of Native Japanese Speakers' English Prosody Focusing on Listener Comprehensibility" (17K13513).    In the Kaken research, it was revealed that raters' first language does not affect the evaluation of Japanese-accented English read speech as far as they have backgrounds of phonetics or L2 pronunciation teaching. The raters were L1 speakers of 1)Japanese (n=4), 2)American English (n=4) and 3)other languages (e.g. German, French, Mandarin, Polish; n=1 each).    In the current study, we investigated whether the same consistency was observed for L1 speakers of other languages. We originally aimed to recruit Korean and Spanish learners of English but failed to recruit enough number of them. Instead, 27 Japanese learners of English (7 beginner, 12 intermediate and 8 advanced) without phonetic or English teaching backgrounds were recruited and compared to two native speakers of English. They evaluated 183 Japanese learners reading the North Wind and the Sun.    The results showed that although advanced learners accurately evaluated both segmental and prosodic accuracy of the speech (i.e. consistent with the phoneticians), beginner learners could only tell the accuracy of segments but not prosody. Also, advanced learners focused more on the prosody while native listeners focused more on the segments.

  • 日本語・中国語・韓国語母語話者のL2英語韻律比較分析

    2017年  

     概要を見る

    The project aimed to compare the realisations of Second Language (L2) English stress by native speakers of Japanese, Chinese and Korean.     Previous studies (e.g. Lee, Guion & Harada, 2006; Zhang, Nissen & Francis, 2008; Kondo, 2012; Konishi & Kondo 2015) showed that Japanese, Chinese and Korean learners use different combinations of the parameters to manifest L2 English stress (i.e. vowel intensity, duration, F0 and quality).     Using corpora of L2 English by Japanese learners (n = 72) and Korean learners (n = 139), the current study compared the relative contribution of each of the four parameters by comparing the coefficients of the parameters that significantly contributed to the realisation of stress in regression analyses. Since Chinese data was not available, Japanese and Korean learner groups were compared.    The result revealed that advanced Japanese learners use more of the parameters used by native English speakers (i.e. intensity) and they relied less on the parameters used in Japanese phonology (i.e. F0). For the Korean learner group, transfer of Korean phrasal accent overrode L2 English stress and the analysis was not properly done. The future study will need to control the effect of intonational phonology in the analysis of Korean learners of English.

  • 日本語母語話者の英語の韻律の習得に関する研究

    2016年  

     概要を見る

    Thecurrent project studied speech rhythm of L2 English produced by native Japanesespeakers. Among various factors of English speech rhythm, the study focused onvowel epenthesis that seems to severely impede accurate manifestation of it.    Vowelepenthesis by native Japanese speakers has been extensivelystudied in terms of the articulatory problem and L1 phonological transfer.However, it has not so much been studied in relation to speech rhythm.    Using72 read speech data of The North Wind andthe Sun in J-AESOP corpus,duration of epenthetic vowels was analysed for both beginner and advanced Japaneselearners of English.    Theresult first showed that the advanced speakers produced shorter epentheticvowels than beginner speakers, suggesting that advanced speakers’ English hasbetter rhythm. However, when we took into consideration thespeech rate, which was also shorter for advanced speakers, the statisticallysignificant difference was not observed.    Therefore, unlike the resultsof the previous studies about English reduced vowels, which are shorter foradvanced learners of English, the result of the current study shows that thedevelopmental change in vowel epenthesis by native Japanese speakers is on itsfrequency (less for advanced learners) but not on its realisation.

 

現在担当している科目

▼全件表示