杉本 清香 (スギモト サヤカ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

講師(任期付)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 商学学術院   商学部

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2021年

    大学総合研究センター   兼任センター員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年09月
    -
    2013年11月

    トロント大学大学院   情報学部  

  • 2006年09月
    -
    2008年11月

    トロント大学大学院   情報学部  

  • 2004年09月
    -
    2006年11月

    トロント大学大学院   英文学部  

  • 2004年04月
    -
    2004年09月

    東京大学大学院   人文社会系研究科  

  • 2004年04月
    -
    2004年09月

    東京大学大学院   人文社会系研究科  

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • トロント大学   修士号

  • トロント大学   情報学修士号

  • トロント大学   博士号

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
     

    早稲田大学   人間科学学術院   講師

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    順天堂大学   医学部   助教

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    青山学院大学   社会情報学部   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    三田図書館情報学会

  •  
     
     

    日本図書館情報学会

  •  
     
     

    Japan Association for Language Teaching

  •  
     
     

    外国語教育メディア学会

  •  
     
     

    大学英語教育学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • EMI, CLIL, 情報ニーズ、情報検索行動、内容分析、テキスト分析、Nvivo

論文 【 表示 / 非表示

  • Review of "English-Medium Instruction in Japanese Higher Education: Policy, Challenges, and Outcomes"

    Sayaka Sugimoto

    OnCUE Journal    2021年10月  [査読有り]

  • Qualitative Study of EMI Teachers’ Required Competencies and Support Needs

    Sayaka Sugimoto

    Communities of Teachers and Learners    2021年09月  [査読有り]

  • Students’ experience of EMI classes in medical school in Japan.

    Sayaka Sugimoto

    JALT Journal    2021年05月  [査読有り]

  • Comparing Student Experiences of English-Medium Instruction in Two Japanese Universities

    Sayaka Sugimoto

    Language Education & Technology   57   31 - 60  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    A growing number of universities in Japan have adopted English-medium instruction (EMI) and started offering classes in English. However, EMI has been implemented at such an unprecedented speed that the research in this area has fallen behind the practice. While the literature includes several case studies on student experiences at a single institution, very few studies have attempted to compare those at different institutions or in different departments. This exploratory study aims to contribute to filling this knowledge gap by comparing the experiences of students who enrolled in an EMI course in human sciences with those who took an EMI course in medicine. Employing a quantitative survey, the present study examined human sciences students’ EMI experiences, focusing on motivation, expected outcomes, coping strategies, perceived difficulties, and learning support needs. Despite the disciplinary differences, the comparative analyses revealed considerable similarities in motivation, expected outcomes, perceived difficulties, and coping strategies. However, the findings also highlighted differences in learning support needs, such as in the degree of importance that students placed on specific types of assistance.

  • Implementing Kahoot! to enhance student learning in an EMI environment

    JALT PanSIG Journal     324 - 330  2020年  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 動画で学ぶ英語プレゼンテーション ―覚えておきたい8つのモデル―

    森田彰, 原田慎一, 北村一真, 杉本清香, Bill Benfield 著( 担当: 分担執筆)

    成美堂  2017年04月 ISBN: 9784791934249

     概要を見る

    映像を通して基本となる8つのモデルプレゼンテーションの構造を学び、アカデミック、ビジネスの両分野で的確なプレゼンテーションが行える力を養成する。プレゼンテーションの構造をイメージ化し、プレゼンに必要な語彙や表現を身につける。テキストは、Part I: Basic Knowledge for Presentations、Part II: InformativePresentations、Part III: Persuasive Presentationsの3部構成。Part II、Part IIIでは、実社会で応用できるよう各モデルの「目的」と「応用例」も紹介する。学生用動画はストリーミング再生により、PC、タブレット、スマートフォンで視聴可能。

  • Designing Networks for Innovation and Improvisation

    M. P. Zylka, H. Fuefres, A. Fronzetti Colladon, P. A. Gloor( 担当: 分担執筆)

    Springer International Publishing 

その他 【 表示 / 非表示

  • Research A...

    2011年
     
     

     概要を見る

    Research Assistant,
    Bridgepoint Collaboratory for Research and Innovation, Toronto

  • Founding C...

    2010年
     
     

     概要を見る

    Founding CIHR Fellow,
    Centre for Addiction and Mental Health (CAMH), Toronto

  • Member, Ce...

    2008年
     
     

     概要を見る

    Member, Centre for Global eHealth Innovation, Toronto (- 2013)

  • Member, Centre for Global eHealth Innovation, Toronto (- 2013)

    2008年
     
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • ALISE Travel Grant

    2011年11月   Association for Library and Information Science Education  

  • Ethel W. Auster Scholarship for Doctoral Research

    2011年02月   Council of the Faculty of Information Studies, University of Toronto  

  • Government of Canada Award

    2005年   Foreign Affairs Canada  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 昭和20年代中学就学者への調査に基づく継続的外国語学習を促進する教授法・教材開発

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    第2次世界大戦直後に新制中学で英語学習を開始した学習者の長期に亘る学習状況をデータ化、継続的学習を可能にした要因を検証し、そこから現在の外国語(英語)教育に資する教授法、教材開発を行う。本研究ではこのため、昭和20年代の教室内外での英語教育・学習活動について、まず戦後初期の社会環境、制度を整理し、次に教室内外での活動、教材、教員の資質などについて、当時の生徒にアンケートとインタビューを行う。それらのデータに基づき継続的学習の成功要因と、彼らの学習環境の構築状況について記述、分析する。得られた知見を用い、外国語(英語)教育への新たな教授法・教材開発の可能性を提言する

  • EMIにおける字幕と動画を活用した学習支援システムの構築と評価

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究は2018年度から2021年度にかけてEMI学習支援システムの構築を行い、その導入がEMI受講者にどのような影響を与えるかについて調査を行うのが主な目的であり、2019年度においては支援システムの第1回目の導入を行う予定であった。しかしがら、前年度の報告書にも記した通り、2018年度の申請者の妊娠・出産により、研究に遅れが生じていた。従って2019年度は2018年度に実行できなかった項目(予備実験の実施)を終わらせるに留まり、支援システム第1回目の導入は翌年度以降に延期することとなった。研究計画に遅れが生じてはいるものの、先行研究の調査やシステム構築の準備、予備実験などにより段階的に得られた知見をもとに学会発表や論文執筆は継続して行っており、研究期間開始から2020年4月現在の間にJALT(Japan Association for Language Teaching) 、JACET(Japan Association for College English Teachers)、FLEAT (Foreign Language Education and Technology)、LET(Japan Association for Language Education & Technology)等の全国大会において口頭発表6回を完了、論文発表については前述のJALT、LETの機関紙等において査読付き論文計3本の掲載が決定している。研究期間(2018年4月~2021年3月)のうち、申請者は2018年5月~12月に妊娠を経て12月17日に出産した。高齢出産であったこともあり妊娠期間は体調が極めて不安定であり、研究計画に遅れが生じた。研究を少しでも進めるため育児休暇は取得せず、出産2か月後の2019年2月に職場復帰をするも、免疫力の低下と睡眠を確保できない状況から、1年間病気がちな日々が続き研究を進めることが困難を極めた。本研究で構築・導入を予定していたEMI授業支援システムは対面授業を前提として設計されているが、コロナウイルスによる諸問題の影響を受け、申請者が所属している大学においては2020年度4月以降少なくとも8月までは全ての授業をオンラインで行うことが決定されている。2020年9月以降の授業形式に関しては未定であり、社会状況を顧みても9月以降どのような環境において教育が行われるか予測が難しい状況である。従って、現段階では、9月以降①対面による授業が実施された場合と②されなかった場合、あるいは③両方の混在するハイブリッド環境で授業が実施された場合という3つの可能性を踏まえたうえで、本研究計画の軌道修正を行う必要がある。とりわけ、②と③が現実化した場合において、EMI授業支援システムの主要素である、英語字幕をオンライン授業において導入する方法を考案するのが直近に行う必要のある課題である。比較的時間確保が期待できる8月から9月の間において、英語字幕をオンライン授業に導入するために必要な設備や機材の確保と、導入の可否の判断、可の場合の予備実験を実施することとする。可能であれば9月末からの授業において、EMI授業支援システムの導入の第一回目を実施する

  • 英語による専門科目の授業(EMI)の増加が大学図書館の役割に与える影響

    研究期間:

    2021年06月
    -
    2022年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 英語による専門科目の授業(EMI)における大学生の学習支援ニーズの明確化

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • EMI Teachers: Required Competencies & Support Need

    Sayaka Sugimoto

    JALT2020 Annual International Conference   JALT  

    発表年月: 2020年11月

     概要を見る

    An increasing number of universities in Japan have implemented English-medium instruction (EMI) to teach academic subjects. Despite their popularity and prevalence, few studies have investigated the competencies required to successfully teach EMI courses in universities. This knowledge gap poses challenges when designing and implementing effective training programs or support systems for EMI instructors. To contribute toward filling this knowledge gap, I conducted semi-structured interviews with university instructors to explore their experiences of teaching EMI courses. Specifically, I examined the difficulties faced by them, competencies they believe EMI instructors should have, and types of professional development and additional support they wished to receive to effectively run EMI courses. The findings suggest that EMI instructors should not only have English-related competencies but also wider pedagogical and communicative skills to manage diverse interactions with and between students. I found that the interviewed EMI instructors tended to manage various challenges on their own, which highlights the need for faculty development programs or other opportunities where instructors can share their experiences and know-how to reduce redundant efforts on the part of others. Moreover, the findings emphasize the need for further research to identify the similarities and diversities of the unmet needs of EMI instructors.

  • Comparing EMI Experiences of University Students with Different English Proficiency Levels

    Sayaka Sugimoto

    ICLHE East Asia Symposium   (Gakushuin University, Tokyo) 

    発表年月: 2020年01月

  • Student Experiences of EMI in Two Universities

    Sayaka Sugimoto

    JALT2019 Annual Conference   (WINC AICHI, Nagoya City, Aichi)  JALT  

    発表年月: 2019年11月

  • What is the Minimum English Proficiency Required to Attend EMI Classes in University?

    Sayaka Sugimoto

    JACET 58th International Convention   (Nagoya Institute of Technology, Aichi) 

    発表年月: 2019年08月

  • Integrating Kahoot into EMI Classroom to Enhance Student Motivation Concentration

    Sayaka Sugimoto

    FLEAT/LET VII International Conference   (Waseda University) 

    発表年月: 2019年08月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • EMI教員の支援ニーズの明確化を目的としたインタビュー調査

    2021年  

     概要を見る

    日本で益々多くの大学が英語による専門科目の授業(EMI)を実施している。その普及度にも関わらずEMIを効果的に実施するのに必要とされる能力についてはあまり調査が行われていない。本研究ではEMI授業を実施する教員を対象に半構造化インタビューを行いEMI教員が経験した困難や、必要だと思われるコンピテンシー、EMIを効果的に行う上で受けたい支援について調査した。結果EMI教員は英語力を不可欠なスキルと認識する一方、多様な言語・社会・文化的バックグラウンドを持つ学生に対応するためより広い意味での教育・コミュニケーション能力も必要と感じていることが分かった。希望する支援は多様でキャンパス内の様々な資源や施設を伴うものであった。

  • 英語による授業(EMI)担当教員の支援システム構築へ向けた、教員の支援ニーズの明確化

    2020年  

     概要を見る

    日本で益々多くの大学が専門科目の授業を英語で実施するようになってきた。その普及度にも関わらずそれを効果的に実施するのに必要とされる能力についてはあまり調査が行われていない。本研究ではこのような授業(EMI)を担当する教員を対象に面接調査を行い、教員が経験した困難や、EMI教員に必要だと思われる能力、そしてEMIの授業を効果的に行う上で必要な支援について調査した。結果、EMI教員は英語力を不可欠なスキルと認識する一方、多様な言語・社会・文化的背景を持つ学生に対応するためより広い意味での教育・コミュニケーション能力も必要と感じていることが分かった。

  • EMI担当教員養成プログラムの構築を目的としたコンピテンシーリストの作成

    2019年  

     概要を見る

    本研究の目的は、英語による専門科目の授業(EMI)を効果的に実施する上で必要とされる教員のコンピテンシーを明らかにし、それを具体的な能力・スキル・行動規範等に分類してリスト化することである。この目標を達成するために、本学でEMIの授業の担当経験のある教員を対象に60分の半構造化インタビューを行った。研究者の出産・育児とコロナウイルスによる諸問題の影響を受け、2020年3月現在で目標の10名うち5名分のインタビューが完了している状態である。今後8月末までにデータ収集を継続し、11月までにデータ分析を完了、結果を11月末の全国語学養育学会(JALT)の全国大会にて口頭発表の予定である。

  • EMI(英語による授業)におけるKahootの導入とその評価

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、英語による専門科目の授業(EMI)においてKahoot!(教員のPCと学生のスマホをインターネットで繋ぎリアルタイムでクイズを行うシステム)というソフトウェアの導入が、学生の学習行動に与える影響についてケーススタディを行った。結果、Kahoot!の導入によりポジティブな学習行動の増加と学習効果に少しの改善が見受けられた。導入過程における注意深い観察と細かな調整を継続することによりKahoot!はEMIに伴う困難さのうち集中力やモチベーションに関する問題を緩和し学生の学びを向上させる可能性があることが示された。これらの成果について全国語学教育学会と外国語教育メディア学会の全国大会にて口頭発表を行い、JALT Pan SIG Journalにて論文発表を行った。

  • 英語による専門科目の授業における学生の学習支援ニーズの明確化

    2017年  

     概要を見る

    EMI受講生の学習支援ニーズの明確化を目的に質問紙・面接調査を実施し以下の知見を得た。①学生の過半数が科目に対する興味を動機として授業を履修するが、成果として専門知識の増加だけでなく英語力の向上も望んでいる。EMIは定義上、専門知識の向上を目的とする(英語力の向上ではない)授業形態であるが、定義と受講者が期待する成果にはギャップが存在する。②授業中の困難に対する対応策として「何もしない」「他の学生に相談する」が過半数を占めた。③学生が必要としている学習支援は言語に関するものから授業の運営方法に関わるものまで多岐にわたる。②と③を総合しEMI受講生の満たされていない学習支援ニーズの実情が明らかになった。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
     

    日本私立大学連盟  FD運営委員