吉田 敬 (ヨシダ ケイ)

写真a

所属

社会科学総合学術院 社会科学部

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://sites.google.com/site/philsocsci2/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科

  • 文学学術院   文学部

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年09月
    -
    2005年08月

    カナダ・ヨーク大学   大学院哲学専攻   博士課程  

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    上智大学   大学院哲学研究科   哲学専攻博士前期課程  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    国際基督教大学   教養学部   人文科学科  

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

    上智大学   大学院哲学研究科   哲学専攻博士後期課程中退  

学位 【 表示 / 非表示

  • カナダ・ヨーク大学   Ph.D.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   社会科学総合学術院   准教授

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   社会科学総合学術院   専任講師

  • 2014年02月
    -
    2015年03月

    東京大学   大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)   特任講師

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    東京大学   グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)   特任講師

  • 2018年09月
    -
    2019年01月

    東京大学   大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)   非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    上智大学哲学会

  •  
     
     

    日本ポパー哲学研究会

  •  
     
     

    日本哲学会

  •  
     
     

    日本科学哲学会

  •  
     
     

    応用哲学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 哲学、倫理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 社会科学の哲学

  • 科学哲学

論文 【 表示 / 非表示

  • Re-politicising philosophy of science: A continuing challenge for social epistemology

    Kei Yoshida

    Social Epistemology   26 ( 3-4 ) 365 - 378  2012年12月  [招待有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    The aim of this paper is to investigate how we can reunite social philosophy and philosophy of science to address problems in science and technology. First, referring to Don Howard's, George Reisch's, and Philip Mirowski's works, I shall briefly explain how philosophy of science was depoliticised during the cold war. Second, I shall examine Steve Fuller's criticism of Thomas Kuhn. Third, I shall scrutinise Philip Kitcher's view of well-ordered science. Fourth, I shall emphasise the importance of autonomy and argue that philosophy of science needs to cultivate a critical attitude towards authority. Fifth, drawing upon Ian Jarvie's social reading of Karl Popper, I shall argue that Popper's philosophy can be a model for reuniting social philosophy and philosophy of science.

    DOI

  • Defending scientific study of the social - Against Clifford Geertz (and his critics)

    Kei Yoshida

    Philosophy of the Social Sciences   37 ( 3 ) 289 - 314  2007年09月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    This paper will defend scientific study of the social by scrutinizing Clifford Geertz's interpretive anthropology, and evolutionary psychologists' criticism of it. I shall critically examine Geertz's identification of anthropology with literary criticism, his assumption that a science of society is possible only on a positivist model, his view of the relation between culture and mind, and his anti anti-relativism. Then I shall discuss evolutionary psychologists' criticism of Geertz's view as an exemplar of the so-called "Standard Social Science Model." Finally, I shall claim that both Geertz and evolutionary psychologists misunderstand the aim of the social sciences, which is to explain the unintended consequences of human actions in institutional contexts.

    DOI

  • 「「認識論の自然化」は果たして可能か――方法論的批判」

    吉田 敬

    『哲学論集』(上智大学哲学会)   ( 30 ) 83 - 103  2001年10月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

  • 「非合理的な合理主義?――ファイヤアーベントへの回答」

    吉田 敬

    『ポパーレター』(日本ポパー哲学研究会)   11 ( 1 ) 5 - 16  1999年06月

    担当区分:責任著者

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『社会科学の哲学入門』

    吉田 敬( 担当: 単著)

    勁草書房  2021年08月 ISBN: 9784326102969

    ASIN

  • Special Issue: Selected Papers from Asian Conference on the Philosophy of the Social Sciences, Nankai University, 1-2 June, 2019, Philosophy of the Social Sciences, Volume 50, Issue 3

    Guest Editor, Chor-yung Cheung, Francesco Di Iorio, Paul Dumouchel, Reiko Gotoh, Mark Tamthai, Kei Yoshida( 担当: 共編者(共編著者))

    SAGE Publishing  2020年06月

  • Rationality and Cultural Interpretivism: A Critical Assessment of Failed Solutions

    Kei Yoshida( 担当: 単著)

    Lexington Books  2014年08月 ISBN: 9780739173992  [査読有り]

  • 『福祉社会へのアプローチ――久塚純一先生古稀祝賀』(「心理学の還元可能性について――フォーダーとキムの論争を手がかりに」担当、下巻655–671頁)

    大曽根寛, 森田慎二郎, 金川めぐみ, 小西啓文編( 担当: 分担執筆)

    成文堂  2019年05月 ISBN: 9784792333874

  • The Impact of Critical Rationalism: Expanding the Popperian Legacy through the Works of Ian C. Jarvie ("Jarvie on rationality and cultural relativism"担当、pp. 145–158)

    Raphael Sassower, Nathaniel Laor, eds( 担当: 分担執筆)

    Palgrave Macmillan  2018年07月 ISBN: 9783319908250

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Review essay: Sociology as a political project: Fuller's argument against bioliberalism

    Kei Yoshida

    Philosophy of the Social Sciences   39 ( 1 ) 99 - 106  2009年03月  [招待有り]

    担当区分:責任著者

    書評論文,書評,文献紹介等  

     概要を見る

    In his book, The New Sociological Imagination, Steve Fuller criticizes what he calls gbioliberalism.g According to him, the social sciences are challenged on two sides: humanistic and biological. In particular, Fuller finds the biological challenge serious. Fuller tries to reinvent sociology as a socialist project to counterattack bioliberalism as the biggest threat to the social sciences. First, the author will examine Fuller's argument against bioliberalism, referring to the so-called gliberal eugenics.g Then the author will criticize him. By reinventing sociology as a socialist project, Fuller seems to ignore the relation between value-freedom and education. One of the reasons Max Weber argued for value-freedom was to prevent sociology teachers from imposing their particular views on their students. We must consider this problem of teaching undergraduates sociology and other subjects in a better way if we are to have better social institutions. © 2009 Sage Publications.

    DOI

  • [報告]「社会科学の哲学の現状」

    吉田 敬

    『日本科学哲学会ニューズレター』   ( 40 ) 3 - 5  2008年  [招待有り]

    担当区分:責任著者

  • Book Review: Naturalistic hermeneutics

    Kei Yoshida

    Philosophy of the Social Sciences   37 ( 1 ) 108 - 112  2007年03月  [招待有り]

    担当区分:責任著者

    書評論文,書評,文献紹介等  

    DOI

  • [翻訳]「政治的寛容の二つの概念」

    ジャグディッシュ・ハティアンガディ(吉田 敬訳)

    『ポパーレター』(日本ポパー哲学研究会)   12 ( 2 ) 43 - 60  2000年12月

    その他  

  • [応答]「拙稿再考——立花氏の反批判にお答えして 」

    吉田 敬

    『ポパーレター』(日本ポパー哲学研究会)   12 ( 1 ) 43 - 44  2000年06月

    担当区分:責任著者

受賞 【 表示 / 非表示

  • リサーチアワード(国際研究発信力)

    2016年11月   早稲田大学  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • "Rationality and social institutions"

     [招待有り]

    Rationality in the Transnational World: New Perspectives (10th Birthday Conference of the Collegium, Institute of Advanced Studies of Lyon)   (Collegium, Institute of Advanced Studies of Lyon, France) 

    発表年月: 2019年04月

  • "Beyond naturalism and interpretivism"

     [招待有り]

    Shanxi University Workshop on the Developmental Trend of the Philosophy of Social Sciences   (中国・山西大学) 

    発表年月: 2018年03月

  • "Between Scylla and Charybdis: Investigating a possibility of the social sciences"

    7th Asia-Pacific Conference on Philosophy of Science   (台湾・国立中正大学) 

    発表年月: 2017年12月

  • "A possibility of institutional individualism"

    2016 Philosophy of Social Science Roundtable   (University of South Florida, United States) 

    発表年月: 2016年03月

  • 「方法論的個人主義の制度論的転回」

    公共選択学会   (明海大学) 

    発表年月: 2015年11月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 社会科学の還元可能性――生物学との関係を中心に

    2020年  

     概要を見る

     本年度は、社会科学を生物学に還元しようとする還元主義について考察すると共に、ハロルド・キンケイドの非還元主義擁護論を検討した。キンケイドは還元主義を退けるにあたって、次の三つの理由を挙げた。第一に、社会科学において用いられている社会的な術語は、多重実現可能であること。第二に、個人の行為は文脈に応じて記述されるけれども、その記述は社会制度について言及しているため、個人の行為だけでは不十分であること。最後に、個人の行為を記述するために使われる文脈自体も社会制度の存在を前提とすること。キンケイドの立場は集団主義を全面的に擁護するものではなく、社会レベルの説明と個人レベルの説明を組み合わせたハイブリッドなものであることが判明した。

  • 社会科学の還元可能性

    2019年  

     概要を見る

     本年度は、社会科学の還元可能性を検討するにあたって、ジェリー・フォーダーとジェグォン・キムによる、心理学の還元可能性に関する論争を出発点とした。この論争における重要な概念が多重実現可能性である。これはある心的状態を物理的状態に還元しようとしても、その心的状態を実現するような物理的状態は複数存在しうることを意味するものである。社会科学の哲学においても多重実現可能性の応用可能性が検討されている。本年度は多重実現可能性を軸に、キース・ソーヤーの社会法則擁護論、社会生物学や進化心理学の還元主義的研究プログラム、そして、アレクサンダー・ローゼンバーグの社会科学無効論を検討した。

  • 制度論的個人主義の社会科学への応用に関する哲学的考察

    2016年  

     概要を見る

     本年度は制度論的個人主義を社会科学に応用するにあたって、合理的経済人の仮定をめぐる最近の論争について検討を行った。この仮定に代わるものとして、ハーバート・サイモンは限定合理性という概念を提案した。近年ではサイモンの批判を引き継ぐ形で、実験経済学や行動経済学においても合理的経済人の問題点が指摘されている。このような研究を踏まえて、最近ではハーバート・ギンタスたちによって、強い互恵性という新しい概念が提唱されている。しかし、この概念には様々な疑問や批判が寄せられており、制度論的個人主義と関連づけるにはさらなる考察が必要である。

  • 個別科学の哲学と一般科学哲学の総合による俯瞰的科学哲学の構築

    2015年  

     概要を見る

    本年度は俯瞰的科学哲学の構築を目指すにあたって、特に個別社会科学の関係性について検討を行った。その際に重要な概念として制度に注目し、新制度派経済学の影響を受けたアセモグルとロビンソンによる制度論について考察した。包括的制度と収奪的制度に関する彼らの議論はポパーが提示した、開かれた社会と閉ざされた社会の違いに通ずるところがある。そのような観点から考えてみると、ポパーの立場はアセモグルとロビンソンの立場と補完的な関係にあると捉えることができる。このような制度論的議論を他の社会科学や自然科学と比較検討し、俯瞰的な視座を得ることが今後の重要な課題である。

  • 社会科学における実証主義に関する哲学的考察

    2015年  

     概要を見る

    本年度は社会科学における実証主義を考察するにあたって、オーギュスト・コントの実証哲学とウィーン学団の論理実証主義に注目した。 どちらの立場も社会科学を自然科学に還元しようとするものでは必ずしもない。しかし社会科学と自然科学の間に大きな違いを認めず、自然科学を模範に社会科学を考えていることは共通している。これに対して、いわゆる解釈主義と呼ばれる立場は社会科学と自然科学との間に大きな違いがあることを強調している。この背景には自然や社会とはどのようなものなのかという形而上学的問題が潜んでおり、特に社会とはいかなるものなのかを検討することが社会科学のあり方を考える上で今後の重要な課題である。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    Social Epistemology (Taylor & Francis)  編集委員

  • 2019年01月
    -
    継続中

    Philosophy of the Social Sciences (SAGE Publishing)  編者

  • 2018年02月
    -
    継続中

    Asian Network for the Philosophy of the Social Sciences (ANPOSS)  運営委員

  • 2020年09月
    -
    2021年03月

    Asian Network for the Philosophy of the Social Sciences, European Network for the Philosophy of the Social Sciences, and Philosophy of Social Science Roundtable 2021 Joint Conference  ローカルオーガナイザー(チェア:後藤玲子教授)

  • 2020年03月
    -
    2020年04月

    European Network for the Philosophy of the Social Sciences (ENPOSS) 2020  プログラム委員

全件表示 >>