2022/12/08 更新

写真a

カナイ ケンジ
金井 謙治
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 9

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
理工学術院 理工学術院総合研究所
職名
次席研究員(研究院講師)

他学部・他研究科等兼任情報

  • 理工学術院   創造理工学部

  • 理工学術院   基幹理工学部

  • 政治経済学術院   政治経済学部

学内研究所・附属機関兼任歴

  • 2020年
    -
    2022年

    国際情報通信研究センター   兼任研究員

学歴

  • 2012年
    -
    2015年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   博士後期課程  

  • 2012年
    -
    2015年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   博士後期課程  

  • 2012年
    -
    2015年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   博士後期課程  

  • 2010年
    -
    2012年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   前期課程  

  • 2010年
    -
    2012年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   前期課程  

  • 2005年
    -
    2010年

    早稲田大学   理工学部   コンピュータ・ネットワーク工学科  

▼全件表示

学位

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴

  • 2016年
    -
    2018年

    津田塾大学   非常勤講師

  • 2016年
    -
    2018年

    早稲田大学   助教

  • 2014年
    -
    2016年

    早稲田大学   助手

  • 2013年
    -
    2014年

    早稲田大学   卓越した大学院 アンビエントSoC 研究員(RA)

所属学協会

  •  
     
     

    IEEE Tokyo Young Professionals

  •  
     
     

    IEEE ComSoc

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

 

研究分野

  • 情報ネットワーク

研究キーワード

  • IoT, 映像配信, モバイルアプリケーション, モバイルネットワーキング, マルチメディアシステム

  • IoT, モバイルネットワーク, モバイルコンピューティング

論文

  • Performance Evaluation of Blockchains Towards Sharing of Digital Twins.

    Keisuke Takahashi, Kenji Kanai, Hidenori Nakazato

    LifeTech     128 - 129  2022年

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • A containerized task clustering for scheduling workflows to utilize processors and containers on clouds

    Hidehiro Kanemitsu, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    JOURNAL OF SUPERCOMPUTING   77 ( 11 ) 12879 - 12923  2021年11月

     概要を見る

    Recent advancements of virtualization technologies for parallel processing involve scheduling containerized tasks in a workflow. Since a container can include multiple tasks, it can be reused or shared among applications. If every task in a workflow uses its dedicated container without sharing among any tasks, each container image must be downloaded for each task. As a result, many computational resources are required to process and the communication latency related to container image downloading can become a bottleneck for the makespan. In task scheduling algorithms for workflows, this characteristic produces a new challenging issue that how effectively shares containers among tasks to avoid redundant container image download processes and redundant task allocations. One of the fundamental problems is that no policy has been established for simultaneously satisfying effective container sharing, maintaining the degree of task parallelism, and effective computational resource utilization. In this paper, we propose a clustering-based containerized task scheduling algorithm for clouds, namely, shareable functional task clustering for utilizing virtualized resources (SF-CUV). The objective of SF-CUV is to minimize the makespan with less computational resources and containers than other algorithms by clustering tasks and sharing each container among tasks. SF-CUV consists of two phases: (i)task clustering and pre-virtual CPU (vCPU) allocation phase to derive an accurate scheduling priority, and (ii)task ordering and actual task reallocation phase. Experimental results obtained via simulation and in a real environment show that SF-CUV can utilize both vCPUs and containers with a shorter makespan compared with other approaches.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • VirIoT: A Cloud of Things That Offers IoT Infrastructures as a Service

    Andrea Detti, Hidenori Nakazato, Juan Antonio Martinez Navarro, Giuseppe Tropea, Ludovico Funari, Luca Petrucci, Juan Andres Sanchez Segado, Kenji Kanai

    SENSORS   21 ( 19 ) 6546 - 6546  2021年10月

     概要を見る

    Many cloud providers offer IoT services that simplify the collection and processing of IoT information. However, the IoT infrastructure composed of sensors and actuators that produces this information remains outside the cloud; therefore, application developers must install, connect and manage the cloud. This requirement can be a market barrier, especially for small/medium software companies that cannot afford the infrastructural costs associated with it and would only prefer to focus on IoT application developments. Motivated by the wish to eliminate this barrier, this paper proposes a Cloud of Things platform, called VirIoT, which fully brings the Infrastructure as a service model typical of cloud computing to the world of Internet of Things. VirIoT provides users with virtual IoT infrastructures (Virtual Silos) composed of virtual things, with which users can interact through dedicated and standardized broker servers in which the technology can be chosen among those offered by the platform, such as oneM2M, NGSI and NGSI-LD. VirIoT allows developers to focus their efforts exclusively on IoT applications without worrying about infrastructure management and allows cloud providers to expand their IoT services portfolio. VirIoT uses external things and cloud/edge computing resources to deliver the IoT virtualization services. Its open-source architecture is microservice-based and runs on top of a distributed Kubernetes platform with nodes in central and edge data centers. The architecture is scalable, efficient and able to support the continuous integration of heterogeneous things and IoT standards, taking care of interoperability issues. Using a VirIoT deployment spanning data centers in Europe and Japan, we conducted a performance evaluation with a two-fold objective: showing the efficiency and scalability of the architecture; and leveraging VirIoT's ability to integrate different IoT standards in order to make a fair comparison of some open-source IoT Broker implementations, namely Mobius for oneM2M, Orion for NGSIv2, Orion-LD and Scorpio for NGSI-LD.</p>

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • IoT-centric service function chainingorchestration and its performance validation

    Hibiki Sekine, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidehiro Kanemitsu, Hidenori Nakazato

    2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2021     1 - 4  2021年01月

     概要を見る

    In order to simplify deployment and management of IoT services, Network Function Virtualization (NFV) and Service Function Chaining (SFC) are promising solutions, and much researchers have conducted these topics. To enhance the reliability of former research efforts, in this paper, we propose an orchestration framework for IoT-centric SFC by using Docker and Kubernetes. The framework enables an automatic IoT service deployment by satisfying service requirements and computing and network resource constraints. In such deployment, we apply a Virtual Network Function (VNF)/Service Function (SF) placement problem to achieve efficient utilization of the resources. We set an objective function as minimizing both numbers of SF instances and communications and build a mathematical model based on Integer Linear Programming (ILP). To validate it, we implement a model for the framework and evaluate the performances by carrying out a numerical evaluation and a real experiment. From the evaluation results, we confirm that the proposed approach can reduce the number of SF placements and the number of communications among SF instances.

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance evaluations of channel estimation using deep-learning based super-resolution

    Daiki Maruyama, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2021     1 - 6  2021年01月

     概要を見る

    Thanks to breakthrough and evolution of deep learning in computer vision areas, adaptation of deep learning into communication systems are getting lots of attention to researchers. Recently, a channel estimation method by using a deep learning-based image super-resolution (SR) technique, namely ChannelNet, has been proposed. Inspired by this research, in this paper, we propose a deep SR based channel estimation method by applying more accurate deep learning-based SR network architecture, EDSR. In order to enhance intelligibility and reliability of deep SR based channel estimation methods, we evaluate the performance of several deep SR based channel estimation methods (SRCNN, ChannelNet and EDSR) by carrying out practical 5G simulations. From the evaluations, the results conclude that the deep SR based channel estimation methods can potentially improve accuracy of channel estimation and reduce BER characteristics.

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Deep Pedestrian Density Estimation For Smart City Monitoring.

    Kazuki Murayama, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Heming Sun, Jiro Katto

    ICIP     230 - 234  2021年

    DOI

    Scopus

  • Deep Learning-based R-R Interval Estimation by Using Smartphone Sensors During Exercise

    Satomi Shirasaki, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2021 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (ICCE)     1 - 6  2021年

     概要を見る

    Recently, aging of the population and medical cost inflation are emerging as social issues to be solved. To address this problem, estimations of bioinformation based on Internet of Things (IoT) and machine learning get more attention to researchers. In this paper, in order to estimate R-R Interval (RRI) without using specialized and professional wearable devices, we propose a deep learning based RRI estimation method by using mainly smartphone sensors. For dataset, we collect ECG (for label), 3-axis acceleration, pressure, illuminance, GPS and temperature (for training data) under different exercise types (walking and running) by using a smartphone and smart clothing called hitoe. To construct a regression model, we adopt a dual stage attention-based RNN model. From the evaluation results, we confirm that the proposed method can estimate RRI and LF/HF with acceptable accuracy.

    DOI

    Scopus

  • Road Crack Detection Using U-Net

    Naoki Wada, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Jiro Katto

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020     301 - 302  2020年10月

     概要を見る

    Recently, an efficient and automatic infrastructure maintenance service is mandatory. To address this demand, in this paper, we introduce a segmentation-based road damage detection method by using U-Net. To train the model, we collect 4K images by using a smartphone mounted on a bicycle and build our own road damage dataset. In addition, to improve detection accuracy, we apply focal loss and image patch for loss function and input image, respectively. From the evaluation, the result confirms that the method demonstrates to extract road damages with acceptable accuracy.

    DOI

    Scopus

  • Deep Pedestrian Distance Estimation from Single-shot Image

    Kazuki Murayama, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Jiro Katto

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020     276 - 277  2020年10月

     概要を見る

    In this paper, we propose a deep learning-based distance estimation method from a single-shot image. In the proposal, we model the estimation as a regression problem, and estimate the distance between a pedestrian and a camera by using three main features; size of bounding box, image blur and image features. By using KITTI dataset, we evaluate the accuracy of the proposed model.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Accuracy evaluation of corridor width estimation using RGB-D camera

    Daiki Maruyama, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020     297 - 298  2020年10月

     概要を見る

    Recently, in order to build barrier-free smart cities, Japanese government is actively promoting to construct open data regarding roads and buildings, including existence of bumps, road slope and corridor width. To contribute this activity, in this paper, we introduce a corridor width estimation method by using an RGB-D camera. In this method, we assume that the RGB-D camera is mounted on the electric wheelchairs for a mobile sensing platform. The corridor width estimation is mainly operated by three steps: planes extraction, side walls extraction and distance calculation. We evaluate the accuracy of this method at eight corridors in Waseda University.

    DOI

    Scopus

  • Curb height estimation using 2DLiDAR mounted on e-bike

    Kento Yamamoto, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020     389 - 390  2020年10月

     概要を見る

    To contribute to publishing pedestrian networks as open data, this paper introduces a curb height estimation method by using 2DLiDAR mounted on e-Bike. We develop a prototype system by using e-Bike, 2DLiDAR and other sensors, and collect actual curb data around Waseda University. From accuracy evaluations, the results confirm that the prototype can estimate road level differences and positions with high accuracy.

    DOI

    Scopus

  • Field Experiments of 28 GHz Band 5G System at Indoor Train Station Platform

    Mayuko Okano, Yohei Hasegawa, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE CCNC 2020, Jan.2020.     1 - 6  2020年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • A highly accurate transportation mode recognition using mobile communication quality

    Wataru Kawakami, Bo Wei, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEICE Trans. on Comm. Vol.E102-B, No.4, pp.741-750, Apr. 2019.   E102B ( 4 ) 741 - 750  2019年04月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Light-weight video coding based on perceptual video quality for live streaming

    Yusuke Sakamoto, Shintaro Saika, Masaru Takeuchi, Tatsuya Nagashima, Zhengxue Cheng, Kenji Kanai, Jiro Katto, Kaijin Wei, Ju Zengwei, Xu Wei

    Proceedings - 2018 IEEE International Symposium on Multimedia, ISM 2018     139 - 142  2019年01月

     概要を見る

    In video streaming on the internet, effective encoding recipes (i.e. bitrate-resolution pairs) are a main obstacle to deliver high-quality video streams. We developed a method to generate an encoding recipe that considers subjective visual quality with one just-noticeable difference (JND) distance. However, this method requires excessive computation time, which is not directly applicable for live streaming. In this paper, in order to provide a light-weight method for live streaming, we developed three acceleration techniques: resolution extrapolation, VMAF skipping and sampled objective measure calculation. These techniques are heuristic, but greatly contribute to reducing computational cost. Experimental results demonstrate that the proposed method achieves a significant reduction in computation time without significant effects on rate-JND characteristics.

    DOI

    Scopus

  • Accuracy Evaluations of Contact-Free Heart Rate Measurement Methods Using 4K Facial Images

    M.Yasumaru, Z.Cheng, R.Yokoyama, K.Kanai, J.Katto

    IEEE ICCE 2019, Jan.2019.     1 - 5  2019年  [査読有り]

    DOI

  • IoT Device Virtualization for Efficient Resource Utilization in Smart City IoT Platform

    Keigo Ogawa, Kenji Kanai, Kenichi Nakamura, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    IEEE PerCom 2019, WiP, Mar.2019.     419 - 422  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    18
    被引用数
    (Scopus)
  • TCP throughput characteristics over 5G millimeter-wave network in an indoor train station

    Mayuko Okano, Yohei Hasegawa, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE WCNC 2019, Apr.2019.     1 - 6  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluations of IEEE 802.11ad and Human Pose Detection towards Intelligent Video Surveillance System

    Mayuko Okano, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE 2019 ICCE-TW, May.2019.     1 - 2  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluations of Tile-based 360-degree DASH Streaming with Clustering-based Viewport Prediction

    Yuya Shinohara, Satomi Shirasaki, Yiyan Wu, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE 2019 ICCE-TW, May.2019.     1 - 2  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • Performance Evaluations of IoT Device Virtualization for Efficient Resource Utilization

    Keigo Ogawa, Hibiki Sekine, Kenji Kanai, Kenichi Nakamura, Hidehiro Kanemitsu, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    2019 Global IoT Summit, Jun.2019.     1 - 6  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • A Function Clustering Algorithm for Resource Utilization in Service Function Chaining,

    Hidehiro Kanemitsu, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    IEEE CLOUD 2019, July 2019.     193 - 195  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Road Infrastructure Monitoring System using E-Bikes and Its Extensions for Smart Community

    Jiro Katto, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Heming Sun

    SMAS 2019, ACM Mobicom Workshop, Oct. 2019.     43 - 44  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluations of Viewport Movement Prediction and Rate Adaptation for tile-based 360-degree Video Delivery

    Yuya Shinohara, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE ISM 2019, Dec.2019.     241 - 242  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • Evaluation of Throughput Prediction for Adaptive Bitrate Control Using Trace-Based Emulation

    Bo Wei, Hang Song, Shangguang Wang, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE Access, Vol.7, pp.51346-51356, Apr.2019.   7   51346 - 51356  2019年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    10
    被引用数
    (Scopus)
  • Methods for Adaptive Video Streaming and Picture Quality Assessment to Improve QoS/QoE Performances

    Kenji Kanai, Bo Wei, Zhengxue Cheng, Masaru Takeuchi, Jiro Katto

    IEICE Trans. on Comm., July 2019   E102B ( 7 ) 1240 - 1247  2019年  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Throughput Prediction Using Recurrent Neural Network Model

    Bo Wei, Mayuko Okano, Kenji Kanai, Wataru Kawakami, Jiro Katto

    2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2018     88 - 89  2018年12月

     概要を見る

    To ensure good quality of experience for user when transmitting video content, throughput prediction can contribute to the selection of proper bitrate. In this paper, we propose a throughput prediction method with recurrent neural network (RNN) model. Experiments are conducted to evaluate the methods, and the results indicate that proposed method can decrease the prediction error by a maximum of 29.39% compared with traditional methods.

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • Proactive Interest Adaptation and Content Caching for Adaptive Bit-Rate Video Streaming over NDN

    Suphakit Awiphan, Kanin Poobai, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2018 3rd International Conference on Computer and Communication Systems, ICCCS 2018     187 - 191  2018年09月

     概要を見る

    Named Data Networking (NDN) has been recently introduced as a new network architecture. The implementation of adaptive bit-rate video streaming on NDN is one of the most challenging tasks. The in-network caching feature of NDN could mislead a consumer to overestimate the end-to-end throughput for the next video segment. In this paper, we propose a strategy for more efficient rate adaptation by allowing Interest message adaptation in a hop-by-hop fashion. Moreover, the proactive content caching is designed to be utilized on the related router when a bottleneck on the transmission path was detected. The experiments using NDN-JS and DASH-JS demonstrate that our proposed solution provides better average stream bit-rate than the traditional rate adaptation method. Also, the link bandwidth consumption for video data transmission using the proposed scheme could be reduced efficiently.

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • A Fully-blind and Fast Image Quality Predictor with Convolutional Neural Networks

    Zhengxue Cheng, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEICE Trans. on Fundamentals Vol.E101-A, No.9, pp.1557-1566, Sep.2018.   E101A ( 9 ) 1557 - 1566  2018年09月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • HOAH: A Hybrid TCP Throughput Prediction with Autoregressive Model and Hidden Markov Model for Mobile Networks

    Wei Bo, Kenji Kanai, Wataru Kawakami, Jiro Katto

    IEICE Communication, Vol.E101-B, No.7, Jul.2018   E101B ( 7 ) 1612 - 1624  2018年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Energy-efficient Mobile Video Delivery utilizing Moving Route Navigation and Video Playout Buffer Control

    Kenji Kanai, Sakiko Takenaka, Jiro Katto, Tutomu Murase

    IEICE Communication, Vol.E101-B, No.7, Jul.2018   E101B ( 7 ) 1635 - 1644  2018年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Intelligent Video Surveillance System Based on Event Detection and Rate Adaptation by Using Multiple Sensors

    Kenji Kanai, Keigo Ogawa, Masaru Takeuchi, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEICE Communication, Vol.E101-B, No.3, Mar.2018   E101B ( 3 ) 688 - 697  2018年03月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Edge-centric Field Monitoring System for Energy-efficient and Network-friendly Field Sensing

    Keigo Ogawa, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE EdgeCom 2018, Jan.2018.     1 - 6  2018年

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluations of Multimedia Service Function Chaining in Edge Cloud

    Kentaro Imagane, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda, Hidenori Nakazato

    IEEE CCNC 2018, Jan.2018.     1 - 4  2018年

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Edge-centric Video Surveillance System Based on Event-driven Rate Adaptation for 24-hour Monitoring

    Airi Sakaushi, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE PerFoT 2018, Mar.2018. (to be published)     651 - 656  2018年

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluations of Software-Defined Acoustic MIMO-OFDM transmission

    Airi Sakaushi, Mayuko Okano, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE WCNC 2018, Apr.2018. (to be published)     1 - 6  2018年

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Perceptual Quality Driven Adaptive Video Coding Using JND Estimation

    Masaru Takeuchi, Shintaro Saika, Yusuke Sakamoto, Tatsuya Nagashima, Zhengxue Cheng, Kenji Kanai, Jiro Katto, Kaijin Wei, Ju Zengwei, Xu Wei

    PCS 2018, June.2018.     179 - 183  2018年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    11
    被引用数
    (Scopus)
  • A Fast No-Reference Screen Content Image Quality Prediction using Convolutional Neural Networks

    Zhengxue Cheng, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE MLAI Workshop in ICME 2018, July 2018.     1 - 6  2018年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Machine Learning based Transportation Modes Recognition using Mobile Communication Quality

    Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE ICME 2018, July 2018.     1 - 6  2018年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • TRUST: A TCP Throughput Prediction Method in Mobile Networks

    Bo Wei, Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Jiro Katto, Shangguang Wang

    IEEE Globecom 2018, Dec.2018.     1 - 6  2018年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    18
    被引用数
    (Scopus)
  • Overview of multimedia mobile edge computing

    Kenji Kanai, Kentaro Imagane, Jiro Katto

    ITE Transactions on Media Technology and Applications   6 ( 1 ) 46 - 52  2018年  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    Recently, to provide a low-latency mobile computing platform, Mobile Edge Computing (MEC) is proposed. In this paper, we first summarized the feature capabilities of MEC, such as content distribution and caching, computational offloading and multimedia Internet of Things (IoT). Then, to understand recent research efforts of multimedia MEC, we briefly highlight the research efforts in terms of above three capabilities: how to achieve edge caching in video distribution, how to schedule computational offloading to the cloud and how the communication quality degradation affects to the user experience of multimedia IoT. Finally, we addressed the emerging research issues of multimedia MEC to improve reliability and robustness of multimedia MEC.

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • [奨励講演]通信速度変動を考慮した省電力配信のための消費電力推定モデルの特性評価

    竹中幸子, 金井謙治, 甲藤二郎, 村瀬勉

    電子情報通信学会ICM研究会   ICM2016-63 ( 507 ) 57-62  2017年03月

  • Green Video Delivery System using Moving Route Navigation and Playout Buffer Control

    Sakiko Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase

    IEEE CCNC 2017, Jan.2017.    2017年

  • Adaptive Video Streaming in Hybrid Landslide Detection System with D-S Theory

    Zhi Liu, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Toshitaka Tsuda, Hiroshi Watanabe

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SMART COMPUTING (SMARTCOMP)     352 - 357  2017年

     概要を見る

    Disaster detection is an important research topic and draws great attentions from both industry and academia. In this paper, we study the hybrid landslide detection system, which utilizes the video surveillance camera and multiple kinds of sensors and can detect the landslide automatically. Edge processing is adopted in this hybrid system to fuse the sensor data based on the Dempster-Shafer (D-S) theory, i.e. utilizing multiple sensors' information to calculate the possibility of the landslide. Edge processing can make faster decisions than the control center, the results of the edge processing are then used to schedule the sensor's transmission frequency and video transmission under the network constraints in this system. The simulation results show that the proposed scheme outperforms the competing schemes in typical network scenarios.

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • QoS and QoE Evaluations of 2K and 4K Video Distribution Using MPEG-DASH,

    Tatsuya Nagashima, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2017, Oct.2017.     1 - 2  2017年

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Accuracy Evaluations of Human Moving Pattern Using Communication Quality Based on Machine Learning,

    Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2017, Oct.2017.     1 - 2  2017年

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Image Quality Evaluations of Image Enhancement Under Various Encoding Rates for Video Surveillance System

    Airi Sakaushi, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE GCCE 2017, Oct.2017.     1 - 2  2017年

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • QoS and QoE Evaluations of 2K and 4K DASH Contents Distributions

    Tatsuya Nagashima, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE IMAD 2017, Dec.2017.     453 - 458  2017年

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • A History-based TCP Throughput Prediciton Incorporating Communication Quality Features by Support Vector Regression for Mobile Network

    Bo Wei, Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE ISM 2017, Dec.2017.     374 - 375  2017年

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Proactive Content Caching for Mobile Video utilizing Transportation Systems and Evaluation through Field Experiments

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Jiro Katto, Shinya Yamamura, Tomoyuki Furutono, Takafumi Saito, Hirohide Mikami, Kaoru Kusachi, Toshitaka Tsuda, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato

    IEEE JSAC, Vol.234, Issue. 8, pp.2102-2114, Aug. 2016.   34 ( 8 ) 2102 - 2114  2016年08月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    35
    被引用数
    (Scopus)
  • HISTORY-BASED THROUGHPUT PREDICTION WITH HIDDEN MARKOV MODEL IN MOBILE NETWORKS

    Bo Wei, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA & EXPO WORKSHOPS (ICMEW)     1 - 6  2016年

     概要を見る

    Throughput prediction contributes a lot to adaptive bitrate control, adjusting the quality of video streaming accordingly to offer smooth media transmission and save energy at the same time. To solve the problem of throughput prediction for real time communication, this paper puts forward a new history-based throughput prediction method applying Hidden Markov Model in mobile networks. The main purpose of this method is to predict future throughput for real time communication in mobile network. Our novel approach utilizes Hidden Markov Model (HMM) with Gaussian Mixture Model (GMM) to deal with history time series of throughput and judge fluctuation factor with total variance when predicting future throughput. By conducting experiments with the new methodology, we compare the accuracy of the proposed method with three other conventional prediction methods. Results show our proposed method could identify data fluctuation effectively and predict future 100s throughput with high accuracy in various situations.

    DOI

    Scopus

    10
    被引用数
    (Scopus)
  • Evaluation and Analysis of System Latency of Edge Computing for Multimedia Data Processing

    Kentaro Imagane, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    2016 IEEE 5TH GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS     1 - 2  2016年

     概要を見る

    In order to analyze system latency of edge computing for multimedia data processing, we propose a model of system latency of two different distributed processing scenarios: pipeline and parallel processing. We validate the model by using actual cloud services and human detection processing.

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Quality Evaluations of 8K/60P UHDTV Retransmission for a Broadcasting and Communication Integrated Platform

    Rintaro Harada, Shintaro Saika, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Jiro Katto, Yasutaka Matsuo

    PROCEEDINGS OF 2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MULTIMEDIA (ISM)     111 - 112  2016年

     概要を見る

    In this study, we propose a broadcasting and communication integrated platform that can retransmit 8K broadcasting contents from a TV receiving set to mobile devices. We then evaluate the QoS characteristics and the qualities of 8K contents in this platform. Evaluation results conclude that 8K broadcasting contents can be retransmitted to mobile devices smoothly and their qualities are nearly as high as those of assumed 8K broadcasting service in Japan.

    DOI

    Scopus

  • A Highly-Reliable Buffer Strategy Based on Long-Term Throughput Prediction for Mobile Video Streaming

    Kenji Kanai, Konishi Hidenori, Yuya Ishizu, Jiro Katto

    2015 12TH ANNUAL IEEE CONSUMER COMMUNICATIONS AND NETWORKING CONFERENCE     677 - 682  2015年

     概要を見る

    Providing robust video streaming along with efficient wireless resource usage is necessary for mobile users, especially on subway, and mobile carriers. To achieve this, we propose a highly-reliable buffer strategy based on long-term throughput prediction. Our approach has two elements which are called "long-term throughput prediction" and "guaranteed playout buffer filling mechanism." To avoid any video freeze due to network quality degradation, our approach calculates the optimal amount of playout buffer and schedules video download timing in a theoretical manner. We evaluate its performance via experiments in real environment. Evaluations conclude that our approach can provide highly-reliable video streaming and also achieve to reduce the average playout buffer size on the client.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Implementation Evaluation of Proactive Content Caching using DASH-NDN-JS

    Takeshi Muto, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2015 IEEE WIRELESS COMMUNICATIONS AND NETWORKING CONFERENCE (WCNC)     2239 - 2244  2015年

     概要を見る

    Proactive content caching scheme utilizing transportation systems, especially on trains, was proposed in order to provide a robust content delivery with efficient wireless resource usage. This system requires content servers with NDN capability to be placed on every station and trains. The mechanism is to pre-cache the contents that users request to the station server before the train arrives, and the train server caches the content during its stoppage time. With this mechanism, users are able to have a continuous playback of videos while riding on trains. In this paper, we have proposed a browser-based implementation, called DASH-NDN-JS, for this proactive content caching scheme. We evaluate this scheme, and experiment with multiple users to see how it will affect the video quality each user will achieve and the bandwidth consumption between the connections. Our evaluations conclude that the increase of users lowers the video quality, but avoids congestion depending on what video content each user will want to request.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • QoS Improvement of Mobile 4K Video by Using Radio Quality Map

    Sakiko Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2015 IEEE 4TH GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (GCCE)     541 - 542  2015年

     概要を見る

    Effective use of various wireless network interfaces is expected. In this paper, we evaluate Quality of Service characteristics of mobile 4K video using a radio communication quality map. We collect radio communication quality (e.g. throughput) by smartphones and visualize the quality in a heat map. Using this map, we select two routes that are expected to bring the highest and the lowest communication quality. We then evaluate QoS characteristic of 4K video streaming using MPEG-DASH on these two routes. The result shows that a good route user can achieve 1.5 times higher communication quality than a bad route user.

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Evaluations of 4K/2K Video Streaming Using MPEG-DASH with Buffering Behavior Analysis

    Rintaro Harada, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2015 IEEE 4TH GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (GCCE)     539 - 540  2015年

     概要を見る

    In this paper, we evaluate performances of 4K/2K video streaming using DASH-JS over 2.4/5GHz WiFi networks. We confirmed that fluctuation of reception quality was mainly caused by the minimum representation rate of MPEG-DASH contents and overlapped ON cycles for packet transmission.

    DOI

    Scopus

  • Energy-Efficient Video Streaming over Named Data Networking using Interest Aggregation and Playout Buffer Control

    Yuya Ishizu, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato, Marie Hirose

    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON DATA SCIENCE AND DATA INTENSIVE SYSTEMS     318 - 324  2015年

     概要を見る

    In wireless networks, it is important to realize energy-efficient video delivery. To do this, we introduce energy-efficient video streaming over named data networking (NDN). In our proposed approach, we focus on two areas, namely, to improve the throughput performance by Interest aggregation, and to reduce the overhead energy using playout buffer-size control. We evaluate the power savings realized by our method using a hardware power-measurement tool. Our results show that Interest aggregation can realize an approximately 50% reduction in energy compared to conventional NDN implementation, and a large playout buffer size can reduce the energy by approximately 37% compared to the case of a small playout buffer size.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Energy Consumption Evaluation of ICN Toward Power-Saving Video Delivery

    Daiki Aoki, Sakiko Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato, Marie Hirose

    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON DATA SCIENCE AND DATA INTENSIVE SYSTEMS     390 - 395  2015年

     概要を見る

    Information Centric Networking (ICN) is a new networking paradigm in which the network provides users with named content, instead of communication channels between hosts. However, many issues, such as naming, routing, resource control, and security, still need to be resolved before it can be realized practically. Further, the energy efficiency of ICNs has not been sufficiently considered. In this study, we evaluate the energy consumption of an ICN network by first measuring the power consumption of actual PCs/smartphones and constructing an energy consumption model. Then, by using the model and the simulator ndnSIM, we calculate the energy consumed by the network. We also evaluate the energy consumed for video delivery, with a view toward power-saving video delivery.

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Content Offloading System on CCN Architecture utilizing Transportation Systems

    Hiroto Kisara, Sayo Kurokawa, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2015 IEEE GLOBECOM WORKSHOPS (GC WKSHPS)     1 - 6  2015年

     概要を見る

    In order to tackle recent mobile traffic explosion, content offloading using Wifi access points from cellular network is deployed but the Wifi system itself is sometimes heavily congested. In this paper, we propose a content offloading system using transportation systems such as a train. In addition, we aim to incorporate CCN (Content Centric Networking) into our system to exploit its in-network caching capability. We compare three protocol designs, pure IP, IP+CCN hybrid and pure CCN, and show the efficiency of our system using a network simulator.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluation of Proactive Content Caching for Mobile Video through 50-User Field Experiment

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Jiro Katto, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato, Shinya Yamamura, Tomoyuki Furutono, Takafumi Saito, Hirohide Mikami, Kaoru Kusachi, Toshitaka Tsuda

    2015 IEEE GLOBECOM WORKSHOPS (GC WKSHPS)     1 - 6  2015年

     概要を見る

    Providing robust content delivery service, such as Video on Demand, with efficient wireless resource usage is important for mobile users. To achieve this, we have proposed a proactive content caching scheme utilizing transportation systems (e.g., train). Because our previous prototype is immature and has a scalability issue, in this paper, we introduce an efficient transmission mechanism of Interest messages to improve throughput efficiency in mobile NDN, develop two prototypes based on NDN and HTTP, and then evaluate prototype performances by performing larger-scale field experiments on actual commercial railroad line. Evaluations conclude that our system can achieve high efficient content transfer and fully utilize wireless network bandwidth. As a result, our system can provide high-quality video streaming for up to 50 users simultaneously.

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Analysis and Validation of High QoS Route Navigation for Mobile Users

    Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase

    2014 16TH ASIA-PACIFIC NETWORK OPERATIONS AND MANAGEMENT SYMPOSIUM (APNOMS)     1 - 6  2014年

     概要を見る

    Improving Quality of Service (QoS) in wireless networks is important and necessary for mobile users. We have previously proposed Comfort Route (CR) Navigation, which navigates users to their destinations using high QoS communication areas, such as Wi-Fi APs, rather than the geographical Shortest Route (SR). In this paper, we employ an analytical model to estimate the CR gain in a theoretical manner which assumes that available cellular and Wi-Fi throughputs are uniform within their coverage. The CR gain is computed by using basic parameters, including wireless network bandwidth and transmission time. To validate our model, we compare simulation results and real observation. These results conclude that the CR gain could estimate by using our analytical model.

    DOI

    Scopus

  • Improvement of Throughput Prediction Accuracy for Video Streaming in Mobile Environment

    Hidenori Konishi, Kenji Kanai, Jiro Katto

    2014 IEEE 3RD GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (GCCE)     749 - 750  2014年

     概要を見る

    With the increasing demand for video streaming in mobile environment, we have been tackling a research on throughput prediction based on the measurement history data in order to improve service quality[1][2]. Since throughput fluctuation occurs sharply in mobile environment, useless packet loss or congestion occurs when available network bandwidth is insufficient compared to the bit rate of video contents. Hence, it is possible to improve the quality of service by deducing the available throughput and selecting appropriate bit rate for the video contents. In this paper, we propose a throughput prediction method that considers mobile locations of a train and their throughput history and show promising experimental results.

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Comfort Route Navigation Providing High Communication Quality and Energy Saving for Mobile Devices

    Kenji Kanai, Hidenori Konishi, Jiro Katto, Tutomu Murase

    2014 IEEE 3RD GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (GCCE)     547 - 548  2014年

     概要を見る

    Extending battery life for smartphones while using wireless networks is important. In this paper, we propose Comfort Route for Energy Saving (CRFES), which helps users extend the battery life of their smartphones by navigating to their destinations via Quality of Service (QoS)-compliant energy-efficient spots such as Wi-Fi spots. To create CRFES, we construct maps of Wi-Fi spots using logging software we developed for Android phones. In addition to locations, we record actual throughput and energy consumption observed in cellular/Wi-Fi networks. So comfort route navigation is done by choosing a route which minimizes energy consumption instead of choosing the shortest path. Evaluations are carried out by computer simulation and one real city map. The results conclude that CRFES can save the battery life by approximately 50% by spending 1.6 times time cost to reach their destinations on average.

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Proactive Content Caching utilizing Transportation Systems and its Evaluation by Field Experiment

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Hiroto Kisara, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato

    2014 IEEE GLOBAL COMMUNICATIONS CONFERENCE (GLOBECOM 2014)     1382 - 1387  2014年

     概要を見る

    Providing robust content delivery along with efficient wireless resource usage is important for next generation wireless networks. To achieve this, we propose a proactive content caching scheme utilizing transportation systems, especially trains. In our system, we place content servers with CCN capability to every train and station. Segments of video contents are pre-cached by the station servers before trains arrive at stations. Trains receive the contents via high-speed wireless transport while they stop at the stations. We develop a prototype system based on IP and CCN Hybrid protocols. We evaluate its performance by field experiment and compare with traditional CDN scenarios using cellular networks. Evaluations conclude that our system can achieve high-speed and high-reliable video delivery without freezing.

    DOI

    Scopus

    16
    被引用数
    (Scopus)
  • Performance Evaluations of Comfort Route Navigation Providing High-QoS Communication for Mobile Users

    Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase

    ITE Transactions on Media Technology and Applications   2 ( 4 ) 327 - 335  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    To improve Quality of Service in wireless networks while mobile users travel, we introduce Comfort Route Navigation (CRN) which is a navigation system based on a user centric mobility management for next generation wireless networks. CRN provides an optimal route that satisfies user needs, such as obtaining maximum wireless resources. To achieve CRN, we construct an access point (AP) map of Shinjuku city. To reflect quality of APs in this map, we evaluate throughputs at seven public Wi-Fi spots. Based on these observations, we evaluate performance of our CRN via computer simulations and in a real environment. These evaluations conduct that a CRN user could obtain higher communication quality rather than a Shortest Route (SR) user. These evaluations also conclude that CRN gain depends heavily on the quality and location of the best broadband spot.

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • QoS characteristics on a longcut route with various radio resource models

    Kenji Kanai, Yuri Akamatsu, Jiro Katto, Tutomu Murase

    2012 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PERCOM Workshops 2012     419 - 422  2012年

     概要を見る

    Previous our research has introduced an optimal longcut route problem and a number of solutions to this problem. However, to date, the literature has only presented evaluations based on a single theoretical radio propagation model. Because throughput characteristics derived from radio propagation models significantly affects longcut route performance, this study introduces three simple models by referring to actual measurement values. The results of our evaluation show that there are large differences in performance between the three models. The Non-Line-of-Sight model can have an improvement ratio approximately five times greater than that of the Line-of-Sight Indoor model and six times greater than that of the previous theoretical model. © 2012 IEEE.

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Implementation and Performance Evaluations of Adaptive Rate Control Mechanisms in VIC

    Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Jiro Katto

    Workshop on Picture Coding and Image Processing 2010, Dec.2010.  

  • Evaluation of MPEG-DASH over CCNx over different TCPs

    Takeshi Muto, Wang Wu, Suphakit Awiphan, Kenji Kanai, Jiro Katto

    Packet Video Workshop 2013, Dec.2013.  

  • Performance Evaluations of Edge Computing for Multimedia Data Processing

    Kentaro Imagane, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEICE SISA 2016, Sep.2016.  

▼全件表示

Misc

  • セルラー通信による4K映像監視を想定したシミュレーションによる品質評価 (通信方式)

    岡野 真由子, 坂牛 和里, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 329 ) 85 - 89  2017年11月

    CiNii

  • 高品質・低負荷・省電力なフィールド監視システム (通信方式)

    小川 啓吾, 坂牛 和里, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 329 ) 79 - 84  2017年11月

    CiNii

  • CNNを用いた画風変換による物体検出精度の改善 (通信方式)

    高橋 沙季, 竹内 健, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 329 ) 117 - 122  2017年11月

    CiNii

  • 高品質・低通信量な監視映像システムのためのビットレート制御及び鮮明化制御 (通信方式)

    坂牛 和里, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 329 ) 123 - 128  2017年11月

    CiNii

  • Performance Evaluations of Feedback Control Framework Using IoMT Edge Computings (モバイルネットワークとアプリケーション)

    小川 啓吾, 金井 謙治, 竹内 健, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 308 ) 35 - 40  2017年11月

    CiNii

  • MATLABによるIEEE 802.11n/11ac規格に準拠したパケット伝送特性評価及びミリ波拡張の検討 (通信方式)

    岡野 真由子, 坂牛 和里, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 206 ) 47 - 51  2017年09月

    CiNii

  • MATLABによる可聴域におけるMIMO-OFDM伝送の特性評価 (通信方式)

    坂牛 和里, 岡野 真由子, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 206 ) 41 - 45  2017年09月

    CiNii

  • モバイルセンシングと機械学習を用いた通信品質に基づくユーザ行動推定 (通信方式)

    川上 航, 金井 謙治, Wei Bo, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 156 ) 111 - 116  2017年07月

    CiNii

  • 低遅延マルチメディア処理のためのOpenStackを活用したエッジクラウドシステム (通信方式)

    今金 健太郎, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆, 中里 秀則

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 156 ) 117 - 122  2017年07月

    CiNii

  • 2K/4K DASH配信時のQoS/QoE特性評価 (コミュニケーションクオリティ)

    長島 達哉, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 159 ) 99 - 104  2017年07月

    CiNii

  • 服装の色情報と柄情報を用いた個人識別 : HSV情報とHOG特徴量を用いた個人識別 (画像工学)

    安丸 昌輝, 小川 啓吾, 竹内 健, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 495 ) 13 - 17  2017年03月

    CiNii

  • 多様な環境下におけるMPEG-DASHを用いた4K映像配信時のQoS/QoE評価 (ネットワークシステム)

    長島 達哉, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 484 ) 359 - 364  2017年03月

    CiNii

  • 監視映像システムにおけるセンサ情報をもとにしたイベント検知および動画像レート制御の性能評価 (ネットワークシステム)

    小川 啓吾, 金井 謙治, 竹内 健, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 484 ) 25 - 30  2017年03月

    CiNii

  • モバイル端末によるセンサー情報の省電力アップロード手法の消費電力特性評価 (ネットワークシステム)

    川上 航, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 484 ) 445 - 450  2017年03月

    CiNii

  • MPEG-DASHを用いた8K放送番組再送信プラットフォームにおける映像配信品質特性評価 (画像工学)

    原田 臨太朗, 雑賀 新太郎, 竹内 健, 金井 謙治, 松尾 康孝, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 347 ) 33 - 38  2016年12月

    CiNii

  • MPEG-DASHを用いた8K放送番組再送信プラットフォームにおける映像配信品質特性評価 (放送技術)

    原田 臨太朗, 雑賀 新太郎, 竹内 健, 金井 謙治, 松尾 康孝, 甲藤 二郎

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40 ( 45 ) 33 - 38  2016年12月

    CiNii

  • 奨励講演 無線ネットワーク上でのバッファリング戦略に基づく省電力ビデオ配信の性能評価 (ネットワークシステム)

    石津 裕也, 川上 航, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 中里 秀則, 広瀬 真里枝

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 322 ) 67 - 72  2016年11月

    CiNii

  • 奨励講演 Wi-SUNデバイスを活用した監視システムにおける消費電力特性評価 (ネットワークシステム)

    青木 大樹, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 中里 秀則, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 322 ) 73 - 78  2016年11月

    CiNii

  • 監視映像システムのための複数センサを活用したイベントドリブン型適応レート制御の性能評価 (モバイルネットワークとアプリケーション)

    小川 啓吾, 金井 謙治, 竹内 健, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 305 ) 1 - 6  2016年11月

    CiNii

  • スループット履歴に基づく高信頼且つ省電力映像配信を実現するバッファ制御

    竹中幸子, 金井謙治, 甲藤二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会ICM研究会   ICM2016-8   1-6  2016年07月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 放送・通信連携サービスを想定した8K映像の再送信に関する品質評価 (パターン認識・メディア理解)

    原田 臨太朗, 金井 謙治, 松尾 康孝, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 38 ) 179 - 184  2016年05月

    CiNii

  • エッジコンピューティングを用いた鉄道路線内人物検知システムに関する一検討 (マルチメディア・仮想環境基礎)

    竹内 健, 雑賀 新太郎, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 495 ) 145 - 149  2016年03月

    CiNii

  • 複数移動ユーザ間において無線リソースを有効活用するスマート経路のQoS特性評価

    金井謙治, 竹中幸子, 甲藤二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会     CQ2015-120  2016年03月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 高スループット転送及びバッファリング戦略を活用した移動端末における映像配信省電力化に向けた検討 (コミュニケーションクオリティ)

    竹中 幸子, 石津 裕也, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 496 ) 187 - 192  2016年03月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii

  • ビデオ配信時のバッファリング戦略の違いによる移動通信品質の予測精度評価 (ネットワークシステム)

    野辺 誠, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 483 ) 399 - 403  2016年03月

    CiNii

  • NDN上のビデオ配信におけるバッファリング戦略に基づく電力モデル提案と省電力化への検討 (ネットワークシステム)

    石津 裕也, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 中里 秀則, 広瀬 真里枝

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 483 ) 225 - 230  2016年03月

    CiNii

  • ICNを想定したネットワーク消費電力量評価 (ネットワークシステム)

    青木 大樹, 竹中 幸子, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 中里 秀則, 広瀬 真里枝

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 483 ) 213 - 217  2016年03月

    CiNii

  • BS-4-3 エッジコンピューティングを用いた鉄道路線内人物検知システムに関する一検討(BS-4. 社会インフラのモニタリングシステムを支えるネットワーク技術,シンポジウムセッション)

    竹内 健, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 2 ) "S - 102"  2016年03月

    CiNii

  • BS-3-36 Throughput prediction based on Hidden Markov Model in mobile network(BS-3. Advanced Networking Technologies for Innovative Information Networks)

    Wei Bo, Kanai Kenji, Katto Jiro

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 2 ) "S - 82"-"S-83"  2016年03月

    CiNii

  • BS-4-2 エッジコンピューティングにおける遅延分析モデルの一検討(BS-4. 社会インフラのモニタリングシステムを支えるネットワーク技術,シンポジウムセッション)

    今金 健太郎, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 2 ) "S - 101"  2016年03月

    CiNii

  • B-6-110 放送・通信連携サービスを想定したWi-Fiネットワーク上における8K映像配信の品質評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    原田 臨太朗, 折橋 翔太, 金井 謙治, 松尾 康孝, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 2 ) 110 - 110  2016年03月

    CiNii

  • Energy Consumption Evaluation of ICN Toward Power-Saving Video Delivery (画像工学)

    青木 大樹, 竹中 幸子, 金井 謙治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 350 ) 117 - 122  2015年12月

    CiNii

  • 映像配信における高スループットと省電力を実現するスマート経路ナビゲーションの特性評価 (画像工学)

    竹中 幸子, 金井 謙治, 野辺 誠

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 350 ) 129 - 134  2015年12月

    CiNii

  • Wi-Fiを用いた8K映像の屋内再送信における品質評価 (画像工学)

    原田 臨太朗, 折橋 翔太, 金井 謙治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 350 ) 135 - 140  2015年12月

    CiNii

  • Wi-Fiを用いた8K映像の屋内再送信における品質評価 (放送技術)

    原田 臨太朗, 折橋 翔太, 金井 謙治

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   39 ( 47 ) 135 - 140  2015年12月

    CiNii

  • Energy Consumption Evaluation of ICN Toward Power-Saving Video Delivery (放送技術)

    青木 大樹, 竹中 幸子, 金井 謙治

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   39 ( 47 ) 117 - 122  2015年12月

    CiNii

  • 映像配信における高スループットと省電力を実現するスマート経路ナビゲーションの特性評価 (放送技術)

    竹中 幸子, 金井 謙治, 野辺 誠

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   39 ( 47 ) 129 - 134  2015年12月

    CiNii

  • BS-6-16 Performance Analysis of Multimedia Edge Cloud Computing utilizing Transportation Systems(BS-6.Network and service Design, Control and Management)

    Kanai Kenji, Aoki Daiki, Katto Jiro, Tsuda Toshitaka

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015 ( 2 ) "S - 46"-"S-47"  2015年08月

    CiNii

  • BS-6-28 Throughput prediction based on stochastic model of mobile network(BS-6.Network and service Design, Control and Management)

    Wei Bo, Kanai Kenji, Takenaka Sakiko, Katto Jiro

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015 ( 2 ) "S - 68"-"S-69"  2015年08月

    CiNii

  • 無線環境下でのMPEG-DASHを用いた4K/2K映像配信特性評価 (モバイルネットワークとアプリケーション)

    原田 臨太朗, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 172 ) 7 - 12  2015年08月

    CiNii

  • Performance Evaluation of Proactive Content Caching for Mobile Video through 50-User Field Experiment (画像工学)

    金井 謙治, 武藤 健史, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 171 ) 29 - 34  2015年08月

    CiNii

  • Performance Evaluation of Proactive Content Caching for Mobile Video through 50-User Field Experiment (メディア工学 コンシューマエレクトロニクス)

    金井 謙治, 武藤 健史, 甲藤 二郎

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   39 ( 29 ) 29 - 34  2015年08月

    CiNii

  • 招待講演 高品質なコンテンツ配信のための交通機関を活用した先回り配信に関する取り組み (情報通信マネジメント)

    金井 謙治, 武藤 健史, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 132 ) 39 - 44  2015年07月

    CiNii

  • 実環境における無線ネットワーク品質可視化の一検討 (情報通信マネジメント)

    竹中 幸子, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 132 ) 21 - 26  2015年07月

    CiNii

  • 高速なコンテンツ配信のための交通機関を活用したコンテンツオフロード方式 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 黒川 沙代, 木皿 寛人, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 477 ) 445 - 450  2015年03月

     概要を見る

    本稿では,配信サーバヘのコンテンツ到達時間を削減することを目的とした交通機関を活用したコンテンツオフロード方式を紹介した.本提案手法では,輻輳,障害エリアに居るユーザは,コンテンツ配信する際に,コンテンツを交通機関へ一時的に預け,交通機関が非輻輳エリアまで運搬し,転送を試みる方式である.性能評価として,理論モデルを構築し,シミュレーション評価を用い,その精度検証および性能評価を行った.実環境を想定した評価では,データ転送量が大きくなるほど大幅にコンテンツ到達時間を抑えられることを確認した.

    CiNii

  • B-7-65 NDNxの輻輳制御方式の改善(B-7.情報ネットワーク,一般セッション)

    石津 裕也, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) 215 - 215  2015年02月

    CiNii

  • B-6-104 省電力動画像配信に向けたICN消費電力評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    青木 大樹, 金井 謙二, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) 104 - 104  2015年02月

    CiNii

  • B-6-26 OBSS環境下におけるキャプチャエフェクトを活用した高効率HCCAの提案(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    神田 正則, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) 26 - 26  2015年02月

    CiNii

  • B-6-88 交通機関を活用したオフロード方式とスケジューリングの提案(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    黒川 沙代, 木皿 寛人, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) 88 - 88  2015年02月

    CiNii

  • B-6-126 4K/2K映像を用いたマルチユーザDASH配信評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    原田 臨太朗, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) 126 - 126  2015年02月

    CiNii

  • B-6-127 移動環境におけるビデオストリーミングのためのスループット予測(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    小西 秀典, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) 127 - 127  2015年02月

    CiNii

  • 奨励講演 移動端末を対象とした快適経路のコンテンツ先回り配信およびオフローディングシステムへの応用 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 竹中 幸子, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 297 ) 87 - 92  2014年11月

     概要を見る

    本稿では,移動端末を対象とした快適経路ナビゲーションのコンテンツ先回り配信およびオフローディングシステムへの応用を検討した.コンテンツ先回り配信システムで提案されている配信スケジューリングを経路探索手法へ適応することで,安定した品質でビデオ配信を実現する快適経路の提案を行う.非常に単純なグラフ上で性能評価を行ったところ,ホットスポットのみで通信することから,セルラー配信時と比較して,大幅に通信時間を抑えることができ,端末の省電力効果が期待できることが分かった.

    CiNii

  • 4K映像を用いた移動無線ネットワーク上でのDASH配信評価 (ネットワークシステム)

    竹中 幸子, 原田 臨太朗, 黒川 沙代, 武藤 健史, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 297 ) 69 - 74  2014年11月

     概要を見る

    本稿では,スマートフォン上でMPEG-DASHを活用し,様々な無線規格を用いて4K映像配信時におけるQuality of Serviceの評価を行うことを目的としている.Long Term Evolution(LTE)や公衆無線LANサービスを利用し,周辺ユーザ数の影響,配信サーバへの同時接続端末数の影響,ユーザの状態(e.g.静止,徒歩,地下鉄移動)の影響を比較評価した.その結果,最も通信品質が良かったものは,5GHz帯のWi-Fiを利用時で,次にLTEであった.2.4GHz帯のWi-Fiは,最も品質が悪く,これは,周辺のAPの乱立による干渉が主な原因である.本実験で活用した4K映像では,2.4GHz帯のWi-Fi利用時を除き,選択されたビデオの品質も高く,再生フリーズも無かった.地下鉄乗車中においても,LTEを利用することで安定した再生が望めた.

    CiNii

  • 長期的スループット予測技術に基づく高信頼ビデオストリーミングのためのバッファリング戦略の提案 (モバイルネットワークとアプリケーション)

    金井 謙治, 小西 秀典, 石津 裕也, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 210 ) 7 - 12  2014年09月

     概要を見る

    交通機関を利用しているユーザを対象とした高信頼ビデオストリーミングのためのバッファリング戦略手法の提案をする.本手法は,長期的スループット予測技術およびバッファ補充保証技術で構成される.長期的スループット予測技術を利用して,通信品質の変動を予測し,それに応じて確保する受信バッファ量を適応変化させるものである.その際,理論モデルにより,バッファ補充タイミングを算出することで,バッファ補充の保証を行う.性能評価として,実機評価したところ,通信品質が劣化したとしても,途切れない再生の実現を確認した.

    CiNii

  • 1-4 4K 映像を用いた移動無線ネットワーク上でのDASH配信評価(第1部門 メディア工学(応用))

    原田 臨太朗, 黒川 沙代, 竹中 幸子, 武藤 健史, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   ( 2014 ) 1 - 4-1"-"1-4-2"  2014年09月

     概要を見る

    We evaluated various characteristics of 4K video streaming using DASH-JS over LTE, public Wi-Fi services and WiMAX. We did experiments while stopping, walking, and riding the train. We found that a mobile user could enjoy smooth video streaming by using these networks even 4K video.

    CiNii

  • 交通機関を活用したコンテンツ先回り配信システムのフィールド実験評価

    金井 謙治, 武藤 健史, 木皿 寛人, 甲藤 二郎, 津田 俊隆, 亀山 渉, 朴 容震, 佐藤 拓朗

    研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)   2014 ( 30 ) 1 - 6  2014年05月

     概要を見る

    筆者らは,近年のモバイルトラフイックの爆発的な増加に対処するために,交通機関を活用したコンテンツ先回り配信システムを提案している.本稿では,その性能評価をするために,フィールド実験として,試験線を用いた実車両実験を行った.従来の CDN を想定したセルラーによる配信と比較し,先回り配信システムの有効性を明らかにした.We propose proactive content caching scheme utilizing transportation systems for robust video streaming with efficient wireless resources usage. In this paper, we develop a prototype system and evaluate its performances by using actual train vehicles and computer simulations. Evaluations conclude that our system can achieve higher-speed and highly-reliable video streaming rather than traditional CDN scenarios using cellular networks.

    CiNii

  • 交通機関を活用したコンテンツ先回り配信システムのフィールド実験評価

    金井 謙治, 武藤 健史, 木皿 寛人, 甲藤 二郎, 津田 俊隆, 亀山 渉, 朴 容震, 佐藤 拓朗

    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2014 ( 30 ) 1 - 6  2014年05月

     概要を見る

    筆者らは,近年のモバイルトラフイックの爆発的な増加に対処するために,交通機関を活用したコンテンツ先回り配信システムを提案している.本稿では,その性能評価をするために,フィールド実験として,試験線を用いた実車両実験を行った.従来の CDN を想定したセルラーによる配信と比較し,先回り配信システムの有効性を明らかにした.We propose proactive content caching scheme utilizing transportation systems for robust video streaming with efficient wireless resources usage. In this paper, we develop a prototype system and evaluate its performances by using actual train vehicles and computer simulations. Evaluations conclude that our system can achieve higher-speed and highly-reliable video streaming rather than traditional CDN scenarios using cellular networks.

    CiNii

  • 交通機関を利用したコンテンツ配信システムにおける先回り配信スケジューリングの提案とその実機検証 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 武藤 健史, 甲藤 二郎, 津田 俊隆, 亀山 渉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 472 ) 479 - 484  2014年03月

     概要を見る

    筆者らは,交通機関を活用したコンテンツ先回り配信アプリケーションの提案を行っている.本稿では,その一つの重要要素である配信スケジューリング,スマートスケジューラの提案を行う。スマートスケジューラでは,中継点に先回り配信するコンテンツの品質,量,配信場所,配信タイミングを決めるものである.スマートスケジューラの性能評価および実機検証を行った結果,中継点におけるコンテンツサーバ間,列車サーバ間の帯域が十分に確保されている場合,スマートスケジューラは有効に機能していることが分かった.

    CiNii

  • HetNetにおける高品質な通信を実現する快適経路の解析モデル提案とその実機検証 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 472 ) 531 - 536  2014年03月

     概要を見る

    我々は,高品質な通信を実現する快適経路の解析モデル提案をこれまで行ってきた.本稿では,より現実的な環境下として,HetNet環境下への拡張を行う.提案するモデルの検証として,実機実験との比較を行うため,実験フィールドである高田馬場における公衆無線LANスポットの評価を行った.具体的な実機検証では,移動経路,寄り道スポット数を変化させた実験シナリオを複数用意し,モデル検証を行った.その結果,いずれの実験シナリオにおいてもモデル精度は非常に良いことが分かった.

    CiNii

  • B-6-75 移動環境におけるスループット予測の精度向上に関する一検討(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    小西 秀典, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 2 ) 75 - 75  2014年03月

    CiNii

  • B-6-94 交通機関を利用したコンテンツ配信システムにおける先回り配信スケジューリング(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    甲藤 二郎, 金井 謙治, 津田 俊隆, 亀山 渉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 2 ) 94 - 94  2014年03月

    CiNii

  • B-6-35 スマートフォンを用いたビデオストリーミングにおける消費電力量評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    石津 裕也, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 2 ) 35 - 35  2014年03月

    CiNii

  • B-6-39 先回り配信スケジューリングの特性評価と複数チャネル拡張(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆, 亀山 渉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 2 ) 39 - 39  2014年03月

    CiNii

  • B-6-125 スマートフォンを用いた動画配信アプリケーションの消費電力評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    青木 大樹, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 2 ) 125 - 125  2014年03月

    CiNii

  • 携帯端末における省電力を実現する快適経路ナビゲーションの性能解析 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 292 ) 97 - 102  2013年11月

     概要を見る

    近年,モバイル端末におけるバッテリー寿命を延ばすことが重要な課題となっている.すでに,我々は,携帯端末における省電力を実現する快適経路ナビゲーションの提案を行っている.本稿では,より詳細な性能を解析,さらに推定するために,消費電力量をメトリックに加えた快適経路の解析モデルを提案する.解析モデルによると,省電力効果は,セルラーおよびWi-Fiのスループット,セルラー,Wi-Fi通信および非通信時の消費電力量,快適経路および最短経路のセルラー利用率,快適経路の寄り道度合で決定されることが分かった.また,モデル検証をするために,シミュレーション評価結果と比較したところ,解析モデルの精度は非常に良いことが分かった.

    CiNii

  • 移動端末における高品質な通信を実現する快適経路の性能解析 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 244 ) 43 - 48  2013年10月

     概要を見る

    近年,無線ネットワークにおけるQuality of Service (QoS)の向上が重要課題として挙げられ,すでに,我々は,移動端末において高品質な通信を実現する快適経路ナビゲーションの提案を行っている.本稿では,より詳細に性能解析をするため,また,快適経路の性能を推測するために,快適経路の解析モデルを提案する.解析モデルのモデル検証として,シミュレーション評価との比較を行ったところ,我々の解析モデルの精度は非常に良いことが分かった.解析モデルによると,快適経路の効果は,セルラー,Wi-Fiのスループット比率,最短経路のWi-Fiカバー率,快適経路のセルラー利用率,ユーザコストによって決定され,特に,セルラー,Wi-Fiのスループット比率の影響が大きいことが分かった.

    CiNii

  • BS-7-16 Performance Analysis of Comfort Route Navigation Providing High Communication Quality for Mobile Devices

    Kanai Kenji, Katto Jiro, Murase Tutomu

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 ( 2 ) "S - 63"-"S-64"  2013年09月

    CiNii

  • BS-7-4 A Simulation Study for Video Streaming over Content-Centric Networking

    Kisara Hiroto, Kanai Kenji, Awiphan Suphakit, Wang Yu, Muto Takeshi, Katto Jiro

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 ( 2 ) "S - 39"-"S-40"  2013年09月

    CiNii

  • クラウドサーバーを用いた携帯端末におけるリソースの最適化

    神田正則, 金井謙治, 大木哲史, 甲藤二郎

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集   2013   2014 - 2018  2013年07月

    CiNii

  • 無線環境における異なるTCP上のMPEG-DASH / HTTP Live Streamingの性能比較

    武藤健史, 野崎寛也, 金井謙治, 大木哲史, 甲藤二郎

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集   2013   923 - 927  2013年07月

    CiNii

  • 無線LAN APにおける混雑度可視化に向けた一検討 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 463 ) 37 - 42  2013年03月

     概要を見る

    近年,Wi-Fiスポットが非常に混んでいると言われており,混雑度状況を可視化することが望まれている.本稿では,混雑度可視化を行うために,スループットとアクティブユーザ数の関係性を実機実験に基づき単純な近似式で表現し,またアクティブユーザ数の推移をモデル化する.また,混雑度の指標として利用するために,スループットだけでなく,アクティブユーザ数の推移によって期待されるスループット変動率の算出を試みる.また,混雑度の定義として,スループットとスループットの変動率を利用して4段階に分類し,精度評価を行った.今回の条件下では,70〜90%という比較的高い精度で混雑度推定が可能となることがわかった.

    CiNii

  • B-6-142 WiFiを用いたIndoor Fingerprint Localizationにおける精度の検討(B-6.ネットワークシステム)

    小西 秀典, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 ) 142 - 142  2013年03月

    CiNii

  • B-6-91 クラウドを用いた携帯端末におけるリソースの最適化(B-6.ネットワークシステム)

    神田 正則, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 ) 91 - 91  2013年03月

    CiNii

  • B-6-144 無線環境における異なるTCP上のMPEG-DASH/HTTP Live Streamingの性能比較(B-6.ネットワークシステム)

    武藤 健史, 野崎 寛也, 金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 ) 144 - 144  2013年03月

    CiNii

  • B-6-24 無線LAN APにおける混雑度可視化に向けた一検討(B-6.ネットワークシステム)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 ) 24 - 24  2013年03月

    CiNii

  • Wi-Fiを用いたIndoor Fingerprint Localizationにおける精度の検討

    小西秀典, 大木哲史, 金井謙治, 甲藤二郎

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013 ( 2 )  2013年

    J-GLOBAL

  • 消費電力量を考慮したComfort Routeの提案とその特性評価 (ネットワークシステム)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 350 ) 121 - 126  2012年12月

     概要を見る

    近年,スマートフォンやタブレット端末の普及,多様化により,今やスマートフォンの存在は人々の生活において無くてはならないものとなりつつあり,スマートフォンのバッテリー残量に非常に敏感になっている.このような背景のもと,我々は,すでに発表している最適寄り道経路に,端末の消費電力量をメトリックに加えたComfort Route for Energy Saving (CRFES) を提案する.CRFESでは,獲得通信量と消費電力量を両立した経路であり,Wi-Fi通信を利用することで,目的地へ向かうまでの所要時間が長くなるが,大きな省電力につながることがわかった.

    CiNii

  • BS-4-2 消費電力量を考慮したComfort routeの提案とその特性評価(BS-4. 新世代の無線・有線ネットワークのための通信品質・ネットワーク制御技術,シンポジウムセッション)

    金井 謙治, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012 ( 2 ) "S - 18"-"S-19"  2012年08月

    CiNii

  • B-6-22 無線LANの実スループット特性に基づく寄り道経路探索の評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    金井 謙治, 赤松 祐莉, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 ( 2 ) 22 - 22  2012年03月

    CiNii

  • 無線LANの実スループット特性に基づく寄り道経路探索の評価

    金井 謙治, 赤松 祐莉, 甲藤 二郎, 村瀬 勉

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   111 ( 468 ) 487 - 492  2012年03月

     概要を見る

    近年,無線携帯端末,無線インフラの普及により,街中,移動中にインターネットサービスを受ける需要が高まっている.本稿では,無線LAN通信を効率良く利用するための最適寄り道経路手法を,従来の理論モデルによる評価の替わりに,実環境の実測データに基づくスループット特性モデルを用いて評価を行った.実環境の実測データとして,公衆無線LANサービスにおける実スループット特性を評価した.さらに、その結果を利用して,新宿を想定した評価マップにおける最適寄り道経路をシミュレーション評価,実機評価,両面において,最適寄り道経路の有効性を示した.シミュレーション評価,実機評価ともに,約15倍もの大きな寄り道効果が得られることがわかった.

    CiNii

  • B-6-63 動画像配信向け適応レート制御方式の性能評価(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011 ( 2 ) 63 - 63  2011年02月

    CiNii

  • 動画像配信向け適応レート制御方式の性能評価

    金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   110 ( 448 ) 705 - 710  2011年02月

     概要を見る

    近年,インターネットの高速化,同時に,動画像圧縮技術の向上により,インターネットを利用した様々な動画像サービスが提供されている.特に,スマートフォンの登場により,多くの人々は,無線携帯端末上で動画像配信を楽しむ機会が増加した.その結果,よりいっそう無線環境での動画像配信を想定したネットワーク,画像圧縮両面における制御を考える必要がある.本稿では,TV会議用ツールであるVIC(video Conferencing Tool)に,適応レート制御として新たに,VTP,Hybrid-TFRCを組み込み,過去に性能評価を行ったVIC-TFRCとの性能比較を様々な環境下で行った.

    CiNii

  • B-6-56 VICを用いた無線有線混在網上の動画像配信実験(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010 ( 2 ) 56 - 56  2010年03月

    CiNii

  • VICを用いた有線無線混在網上の動画像配信実験

    金井 謙治, 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   109 ( 448 ) 445 - 450  2010年02月

     概要を見る

    近年,無線端末の普及と多様化,また,動画像圧縮技術の向上により,インターネットを利用した様々な動画像サービスが提供されている.結果,より多くの人々が動画像配信を利用する機会が増えたため,よりいっそうの無線環境での動画像配信を想定したネットワーク制御を考える必要がある.本稿では,ストリーミング配信の参照ソフトウェアであるVIC(Videoconferencing Tool)を用いた有線無線混在網上における動画像配信実験を行った.VICを用いたRTP/UDPパケットと,iperfを用いた各種TCP(Reno,CUBIC,Vegas,Fusion,ならびにその改良版)を競合させた際のVICの受信レートと各種TCPの特性を観測した.

    CiNii

  • 人に優しいディスプレイと環境問題への提案(<特集>環境と人間 : 持続可能な社会の実現に向けて)(第47回オフィス・オートメーション学会)

    金井 謙二

    オフィス・オートメーション   24 ( 2 ) 42 - 47  2003年07月

     概要を見る

    オフィスオートメーション(OA)技術の中の情報化技術(IT)の進歩は多枝に亘っている.その中で,人に優しいマンマシン・インターフェースの1分野である液晶ディスプレイ(LCD)の技術進歩は著しい.少ない消費電力で,高輝度,高精細,高画質が実現されてきており,ディスプレイは,超大型ディスプレイと,この種のディスプレイに大別される感がある.一方,産業革命以降,化石燃料の使用量増加に伴い,大気中に排出されるニ酸化炭素増大による,大気の温室効果が顕著になり始め,地球温暖化問題が深刻になり始めてきた.これは,エネルギー問題であり,経済発展に大きく関係している.このような背景の中,自然エネルギーを利用した二酸化炭素吸収と利用を目的とし,この液晶ディスプレイの中核技術である導光板と微細生物の光合成を組み合わせた,自然太陽光エネルギーを利用した光合成システムについて提案した.

    CiNii

  • 1情報化技術による地球温暖化問題への1提案

    "金井 謙二", "カナイ ケンジ", Kenji" "KANAI

    経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集   10 ( 1 ) 53 - 66  2002年07月

     概要を見る

    情報化技術(IT)の進歩は多枝に亘っている、その中でも、重要なマンマシン・インターフェースの1分野である液晶ディスプレイ(LCD)の技術進歩は著しい。少ない消費電力で、高輝度、高精細、高画質が実現されてきており、超大型ディスプレイと、この種のディスプレイに大別される感がある。一方、産業革命以降、化石燃料の使用量増加に伴い、大気中に排出される二酸化炭素増大による、大気の温室効果が顕著になり、地球温暖化問題が深刻になり始めてきた。これは、エネルギー問題であり、経済発展に大きく関係している。このような背景の中、自然エネルギーを利用した二酸化炭素吸収と利用を目的とし、この液晶ディスプレイの中核技術である導光板と微細生物の光合成を組み合わせた、自然太陽光エネルギーを利用した光合成システムについて提案した。

    CiNii

▼全件表示

産業財産権

  • コンテンツ配信システム及び方法

    甲藤 二郎, 佐藤 拓朗, 津田 俊隆, 亀山 渉, 金井 謙治

    特許権

受賞

  • 情報通信マネジメント研究賞

    2017年   電子情報通信学会  

  • 山下記念研究賞

    2017年   情報処理学会  

  • 英語セッション奨励賞

    2014年   電子情報通信学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 無線LANを用いた車載APの広域被覆配置による広域高速大容量通信

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究では、IEEE802.11技術の無線LANを用いた車載APの広域被覆配置による「広帯域かつミッションクリティカルな通信サービス」を実現することを目的とする。第五世代移動通信(5G)では不可能な「高速かつ大量収容」のネットワークを提供するために、次の3つの技術を開発する。(1) AP(アクセスポイント)を提供する車を最適に選択し、移動している車であることを考慮して、APが必要な場所に効率よく配車(通過させる)する技術、(2) APの干渉を抑え、なおかつ複数のAPから通信が良好なAPを時々刻々と選択する技術、(3) 移動する車に対する瞬間的な通信を良好に行う技術

  • 無線通信品質予測を活用した高速かつ省電力なコンテンツ配信手法

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究開発は、平成29年度~31年度まで実施した。平成31年度は、主に基盤技術1:「多次元時系列データを利用した無線通信品質予測技術」に関連した通信品質を利用したユーザ移動状態推定技術について取り組んだ。具体的には、モバイルサービスを利用中のスマートフォンから観測可能な通信に利用したスループット、RSSI、基地局ID、ユーザの位置情報といった情報を利用し、これらの情報を色情報と定義し、画像により可視化を行った。さらに、これらの情報を深層学習ベースの分類問題によりユーザの移動状態を高精度に推定した。さらに、前年度まで研究開発した技術を、より効率的にネットワーク内でサービス提供するために、ネットワーク仮想化技術を活用し、研究開発した項目をネットワークサービスと見立て、ネットワーク内でサービスファンクションとして分散配備し、サービスファンクションチェイニング技術によって実現した。また、研究開発した技術の応用として効率的な360度映像配信技術への適用についても検討した。研究開発期間全体を通して、機械学習による高精度な無線通信品質予測技術、ナビゲーション技術と連携し、高速かつ省電力なコンテンツ配信技術、さらに、ネットワーク内で効率的に実現するネットワーク制御技術について研究開発を行った。また、これら技術をスマートフォン上で動作するプロトタイプ実装をし、早稲田大学周辺のフィールドを利用して実機評価を行い、これら研究開発項目の有効性を実証した

  • 世界最高水準のモバイルICT環境を実現する次世代情報通信基盤と応用実証

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本申請の研究開発項目として以下を設定している。基盤技術として、(1) 無線通信履歴の取得、(2) 無線通信履歴を活用した通信品質予測、(3) 品質予測に基づく適応配信制御と最適経路探索。拡張技術として、(4) クラウド拡張、セキュリティ、センサー活用、新無線技術、QoE評価、(5) アプリケーションの具体化とプロトタイプ実装。(1)では、初年度に開発したスマートフォンアプリを使用し、大学周辺の無線通信品質計測を進めている。この時、移動手段や時間情報による場合分けも進めている。(2)では、初年度から継続して隠れマルコフモデルと線形予測分析を併用したスループット予測の検討を進めており、国際学会発表を行うと共に、論文誌投稿を準備している。(3)では、通信品質履歴を活用し、スループットを最大化、もしくは消費電力を最小化する移動経路を提示し、実機実験によって有効性を実証し、国際学会で成果発表を行った。(4)でば、クラウド拡張として、研究室内にパーソナルクラウド、学外に商用クラウドを配し、携帯端末情報をエッジ処理する階層化クラウド環境を整備した。セキュリティに関しては、マルウェア対策のためのトラヒック分析に関する成果発表を行った。センサー活用に関しては、可視光カメラ、赤外線カメラ、測距センサーなどを配した実験環境を構築し、イベント検知に基づく適応配信制御に関する成果発表を行った。無線技術に関しては、5Gを想定した実験環境の情報収集と整備を開始した。QoE評価に関しては、新指標の構築を目指した注視点計測等の成果発表を行った。(5)では、高効率・省電力映像配信アプリケーション、家庭内の8K映像再配信、各種IoTデバイスを用いたセンサーアプリケーション、などのプロトタイプ実装を進めた。これらに加え、次世代ネットワークや無線LANの効率的な制御技術に関する招待講演も行った。本研究課題はおおむね順調に進展している。また、昨年度は研究費の前倒し申請を行い、研究開発の加速に役立てた。(1)では、初年度に開発したスマートフォンアプリを活用し、大学周辺の無線通信品質の計測を進めている。また、アプリ拡張として、ダウンロードに加えてアップロード時の省電力化を図る工夫を加えている。(2)では、現状の隠れマルコフモデルと線形予測分析によるアプローチに加え、機械学習を活用した方式検討の準備を進めている。(3)では、実機実験評価として提案方式の有効性を確認し、論文誌投稿の準備を開始した。(4)では、クラウド拡張では、OpenStackによるパーソナルクラウド構築をほぼ完了し、次年度以降の通信実験、ならびに応用実験の目途を付けた。セキュリティでは、研究成果の論文誌投稿の準備を進めている。センサー活用では、上記クラウド拡張と連携し、エッジコンピューティングも活用した効率的かつ柔軟な応用開発を目指している。無線技術は2020年の5G実用化を想定した実験準備を開始し、シミュレーション評価、実機評価実験の二面から準備を進めている。QoE評価に関しては、観測可能な変数(瞬断時間など)からのQoE推定式も活用した評価実験を進めている。(5)のアプリケーション開発では、各種のプロトタイプ実装と評価に加え、上記クラウド拡張とセンサー活用を統合した今後の新規なプロトタイプ実装の準備を進めている。(1)の通信履歴取得では、スマートフォンアプリの開発・改良を進め、試験的な公開を目指す。ユーザに不要なストレスを与えないインライン計測は昨年度からの継続課題であり、今後も継続する。(2)の通信品質予測では、国際学会の動向も踏まえ、深層学習の導入が緊急の課題であり、新規課題としての検討を進める。このとき、(4)のクラウド拡張を踏まえた深層学習の計算環境整備も課題になる。(3)の適応配信制御と最適経路探索に関しては、プロトタイプ実装も含めた評価として、基礎検討に関しては一通りの目途を付けた。今後は、規模の拡大や無線通信環境の動的な変化への対応など、実用的な課題検討にシフトする。(4)の拡張技術に関しては、まずクラウド拡張とセンサー活用を統合し、各種の通信実験と応用実験への拡張を図る。具体的には、SDN拡張やビッグデータ拡張が可能であり、必要に応じて拡張テーマを設定し、外部資金による新規の研究費申請も検討する。また、(1)の通信履歴取得とセンサー活用の統合も図り、通信履歴取得に加え、人間の行動分析等への拡張を図る。また、新無線技術は5Gへの対応を図り、4K/8K映像配信のシミュレータ・エミュレータ評価を開始し、今後の実機評価に向けた準備を進める。QoEに関しては、人間の知覚特性の計測と反映を継続すると共に、客観指標の活用によるプロトタイプ実装評価への適用を図る。(5)のアプリケーション開発に関しては、最終年度も想定し、各種のプロトタイプ実装を開始する

  • 稠密な無線LANの高品質化を実現するユーザ移動制御方法

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    当初の計画通り,ユーザ(人,車)が所用のためでは無く,通信のために移動する場合における,移動に伴う,通信性能の影響を調査した.[A].インフラモードにおける,移動に伴う通信性能の特性を評価した.ユーザ移動にあたって,スマートフォンにより収集した通信履歴を用いて最適なスループットや消費電力が得られる経路を推定するモデル式を確立した.応用として,映像アプリケーションにおける省電力な映像配信方式の検討を進めた.キャプチャ効果が期待できる無線LAN環境において,双方向フローのスループット向上を目指したMAC制御を検討・評価した.無線LANのQoS向上を目指したMAC制御およびTCP制御のQoE特性評価を実施した.モバイルエッジコンピューティングにおけるサーバ移動が性能に与える影響を評価した.ユーザの過般型無線LAN(テザリング,WiFiルータなど)を移動させることにより,全体の品質向上が図れることを定量的に明らかにした.その応用として,帯域確保型優先制御方法においても,ユーザ移動制御が有効であることを確認した.その応用として,車車間および歩車間通信など,非常に多くのユーザ同士が干渉し合う場合でも,ユーザ移動制御が有効であることを無線LANの場合およびLTE方式の場合において確認した.[B].アドホックモードにおける,移動に伴う通信性能の特性を評価した.アドホックネットワークにおけるユーザ移動(この場合は,ネットワークの移動)制御が品質向上に有効であることを明らかにした.3つ以上の複数のユーザ移動における最適移動地点に関する知見を得た.アドホックネットワークにおけるノード間の最適接続(最適トポロジー)に関して,ユーザが移動することで,最適接続関係を変化させるべきであることを定量的に明らかにした.今年度は,学会などにおける有識者との議論および研究分担者・研究協力者との打ち合わせを頻繁に行い,多くの成果を得た.上述の研究結果を,学会などで発表し,議論を広げることで多くの知見を得ることができた.また,研究自体への外部からの期待も高く,電子情報通信学会情報通信マネジメント研究賞などを受賞したほか,ジャーナルや国際会議にも多く採択された.計画通りに進んでおり,概ね順調と判断している.今年度と同様に,学会などにおける有識者との議論および研究分担者・研究協力者との打ち合わせを頻繁に行い,シナジー効果をねらう.また,同様に研究結果を,学会などで発表し,議論を広げることで多くの知見を得る所存である

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2017年
    -
     

    IEICE 通ソ IoT関連ワークショップ実行委員会  実行委員

  • 2017年
    -
     

    電子情報通信学会 MoNA研究会  専門委員

  • 2017年
    -
     

    電子情報通信学会 通信方式研究会  幹事補佐

  • 2016年
    -
    2017年

    電子情報通信学会 CS研究会  専門委員

  • 2016年
    -
     

    電子情報通信学会 Dソサエティ 英文論文誌編集委員会  編集委員

  • 2015年
    -
     

    情報処理学会 オーディオビジュアル複合情報処理研究会  運営委員

  • 2012年
    -
    2014年

    IEEE Student Branch at Waseda University  Chair

  • 2012年
    -
    2014年

    IEEE Student Branch at Waseda University  Chair

▼全件表示