2021/12/08 更新

写真a

カナイ ケンジ
金井 謙治
所属
理工学術院 理工学術院総合研究所
職名
次席研究員(研究院講師)

兼担

  • 理工学術院   創造理工学部

  • 理工学術院   基幹理工学部

  • 政治経済学術院   政治経済学部

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    国際情報通信研究センター   兼任研究員

学歴

  • 2012年
    -
    2015年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   博士後期課程  

  • 2012年
    -
    2015年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   博士後期課程  

  • 2012年
    -
    2015年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   博士後期課程  

  • 2010年
    -
    2012年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   前期課程  

  • 2010年
    -
    2012年

    早稲田大学   基幹理工学研究科 情報理工学専攻   前期課程  

  • 2005年
    -
    2010年

    早稲田大学   理工学部   コンピュータ・ネットワーク工学科  

▼全件表示

学位

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴

  • 2016年
    -
    2018年

    津田塾大学   非常勤講師

  • 2016年
    -
    2018年

    早稲田大学   助教

  • 2014年
    -
    2016年

    早稲田大学   助手

  • 2013年
    -
    2014年

    早稲田大学   卓越した大学院 アンビエントSoC 研究員(RA)

所属学協会

  •  
     
     

    IEEE Tokyo Young Professionals

  •  
     
     

    IEEE ComSoc

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

 

研究キーワード

  • IoT, 映像配信, モバイルアプリケーション, モバイルネットワーキング, マルチメディアシステム

  • IoT, モバイルネットワーク, モバイルコンピューティング

論文

  • Implementation and Performance Evaluations of Adaptive Rate Control Mechanisms in VIC

    Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Jiro Katto

    Workshop on Picture Coding and Image Processing 2010, Dec.2010.  

  • QoS Characteristics on a Longcut Route with Various Radio Resource Models

    Kenji Kanai, Yuri Akamatsu, Jiro Katto, Tutomu Murase

    IEEE PERCOM Workshop 2012, pp.419-422, Mar.2012.  

  • Evaluation of MPEG-DASH over CCNx over different TCPs

    Takeshi Muto, Wang Wu, Suphakit Awiphan, Kenji Kanai, Jiro Katto

    Packet Video Workshop 2013, Dec.2013.  

  • Performance Analysis and Validation of High QoS Route Navigation for Mobile Users

    Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase

    APNOMS 2014, Sep.2014.  

  • Improvement of throughput prediction accuracy for video streaming in mobile environment

    Hidenori Konishi, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2014, pp.749-750, Oct.2014.  

  • Comfort Route Navigation Providing High Communication Quality and Energy Saving for Mobile Devices

    Kenji Kanai, Hidenori Konishi, Jiro Katto, Tutomu Murase

    IEEE GCCE 2014, pp.547-548, Oct.2014.  

  • Proactive content caching utilizing transportation systems and its evaluation by field experiment

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Hiroto Kisara, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato

    IEEE Globecom 2014, pp.1399-1404, Dec.2014.  

  • A Highly-Reliable Buffer Strategy Based on Long-Term Throughput Prediction for Mobile Video Streaming

    Kenji Kanai, Konishi Hidenori, Yuya Ishizu, Jiro Katto

    IEEE CCNC 2015, pp.677-682, Jan.2015.  

  • Implementation Evaluation of Proactive Content Caching using DASH-NDN-JS,

    Takeshi Muto, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE WCNC 2015, pp.2239-2244, Mar.2015.  

  • QoS Improvement of Mobile 4K Video by Using Radio Quality Map

    Sakiko Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2015, Oct.2015.  

  • Evaluations of 4K/2K Video Streaming Using MPEG-DASH with Buffering Behavior Analysis

    Rintaro Harada, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2015, Oct.2015.  

  • Energy Efficient Video Streaming over Named Data Networking using Interest Aggregation and Playout Buffer Control

    Yuya Ishizu, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato, Marie Hirose

    IEEE GreenCom 2015, pp.318-324, Dec.2015.  

  • Energy Consumption Evaluation of ICN Toward PowerSaving Video Delivery

    Daiki Aoki, Sakiko Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato, Marie Hirose

    IEEE GreenCom 2015, pp.390-395, Dec.2015.  

  • Content Offloading System on CCN Architecture utilizing Transportation Systems

    Hiroto Kisara, Sayo Kurokawa, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE ICNS 2015, Dec.2015.  

  • Performance Evaluation of Proactive Content Caching for Mobile Video through 50-User Field Experiment

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Jiro Katto, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato, Shinya Yamamura, Tomoyuki Furutono, Takafumi Saito, Hirohide Mikami, Kaoru Kusachi, Toshitaka Tsuda

    IEEE ICNS 2015, Dec.2015.  

  • History-Based Throughput Prediction with Hidden Markov Model in Mobile Networks,

    Wei Bo, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE Packet Video Workshop, Jul.2016.  

  • Performance Evaluations of Edge Computing for Multimedia Data Processing

    Kentaro Imagane, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEICE SISA 2016, Sep.2016.  

  • Evaluation and Analysis of System Latency of Edge Computing for Multimedia Data Processing,

    Kentaro Imagane, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE GCCE 2016, Oct.2016.  

  • Quality Evaluations of 8K/60P UHDTV Retransmission for a Broadcasting and Communication Integrated Platform

    Rintaro Harada, Shintaro Saika, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Jiro Katto, Yasutaka Matsuo

    IEEE ISM 2016, Dec.2016.  

  • Green Video Delivery System using Moving Route Navigation and Playout Buffer Control

    Sakiko Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase

    IEEE CCNC 2017, Jan.2017.  

  • Adaptive Video Streaming in Hybrid Landslide Detection System with D-S Theory,

    Zhi Liu, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Toshitaka Tsuda, Hiroshi Watanabe

    IEEE Smart Multimedia2017, May 2017.  

  • QoS and QoE Evaluations of 2K and 4K Video Distribution Using MPEG-DASH,

    Tatsuya Nagashima, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2017, Oct.2017.  

  • Accuracy Evaluations of Human Moving Pattern Using Communication Quality Based on Machine Learning,

    Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE GCCE 2017, Oct.2017.  

  • Image Quality Evaluations of Image Enhancement Under Various Encoding Rates for Video Surveillance System

    Airi Sakaushi, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE GCCE 2017, Oct.2017.  

  • QoS and QoE Evaluations of 2K and 4K DASH Contents Distributions

    Tatsuya Nagashima, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE IMAD 2017, Dec.2017.  

  • A History-based TCP Throughput Prediciton Incorporating Communication Quality Features by Support Vector Regression for Mobile Network

    Bo Wei, Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE ISM 2017, Dec.2017.  

  • Edge-centric Field Monitoring System for Energy-efficient and Network-friendly Field Sensing

    Keigo Ogawa, Kenji Kanai, Masaru Takeuchi, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE EdgeCom 2018, Jan.2018.  

  • Performance Evaluations of Multimedia Service Function Chaining in Edge Cloud

    Kentaro Imagane, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda, Hidenori Nakazato

    IEEE CCNC 2018, Jan.2018.  

  • Edge-centric Video Surveillance System Based on Event-driven Rate Adaptation for 24-hour Monitoring

    Airi Sakaushi, Kenji Kanai, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEEE PerFoT 2018, Mar.2018. (to be published)  

  • Performance Evaluations of Software-Defined Acoustic MIMO-OFDM transmission

    Airi Sakaushi, Mayuko Okano, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE WCNC 2018, Apr.2018. (to be published)  

  • Perceptual Quality Driven Adaptive Video Coding Using JND Estimation

    Masaru Takeuchi, Shintaro Saika, Yusuke Sakamoto, Tatsuya Nagashima, Zhengxue Cheng, Kenji Kanai, Jiro Katto, Kaijin Wei, Ju Zengwei, Xu Wei

    PCS 2018, June.2018.    [査読有り]

  • A Fast No-Reference Screen Content Image Quality Prediction using Convolutional Neural Networks

    Zhengxue Cheng, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE MLAI Workshop in ICME 2018, July 2018.    [査読有り]

  • Machine Learning based Transportation Modes Recognition using Mobile Communication Quality

    Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE ICME 2018, July 2018.    [査読有り]

  • TRUST: A TCP Throughput Prediction Method in Mobile Networks

    Bo Wei, Wataru Kawakami, Kenji Kanai, Jiro Katto, Shangguang Wang

    IEEE Globecom 2018, Dec.2018.    [査読有り]

  • Accuracy Evaluations of Contact-Free Heart Rate Measurement Methods Using 4K Facial Images

    M.Yasumaru, Z.Cheng, R.Yokoyama, K.Kanai, J.Katto

    IEEE ICCE 2019, Jan.2019.    [査読有り]

  • IoT Device Virtualization for Efficient Resource Utilization in Smart City IoT Platform

    Keigo Ogawa, Kenji Kanai, Kenichi Nakamura, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    IEEE PerCom 2019, WiP, Mar.2019.    [査読有り]

  • TCP throughput characteristics over 5G millimeter-wave network in an indoor train station

    Mayuko Okano, Yohei Hasegawa, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE WCNC 2019, Apr.2019.    [査読有り]

  • Performance Evaluations of IEEE 802.11ad and Human Pose Detection towards Intelligent Video Surveillance System

    Mayuko Okano, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE 2019 ICCE-TW, May.2019.    [査読有り]

  • Performance Evaluations of Tile-based 360-degree DASH Streaming with Clustering-based Viewport Prediction

    Yuya Shinohara, Satomi Shirasaki, Yiyan Wu, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE 2019 ICCE-TW, May.2019.    [査読有り]

  • Performance Evaluations of IoT Device Virtualization for Efficient Resource Utilization

    Keigo Ogawa, Hibiki Sekine, Kenji Kanai, Kenichi Nakamura, Hidehiro Kanemitsu, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    2019 Global IoT Summit, Jun.2019.    [査読有り]

  • A Function Clustering Algorithm for Resource Utilization in Service Function Chaining,

    Hidehiro Kanemitsu, Kenji Kanai, Jiro Katto, Hidenori Nakazato

    IEEE CLOUD 2019, July 2019.    [査読有り]

  • Road Infrastructure Monitoring System using E-Bikes and Its Extensions for Smart Community

    Jiro Katto, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Heming Sun

    SMAS 2019, ACM Mobicom Workshop, Oct. 2019.    [査読有り]

  • Performance Evaluations of Viewport Movement Prediction and Rate Adaptation for tile-based 360-degree Video Delivery

    Yuya Shinohara, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE ISM 2019, Dec.2019.    [査読有り]

  • Field Experiments of 28 GHz Band 5G System at Indoor Train Station Platform

    Mayuko Okano, Yohei Hasegawa, Kenji Kanai, Bo Wei, Jiro Katto

    IEEE CCNC 2020, Jan.2020.    [査読有り]

  • *** International conferences ***

     

  • Performance Evaluations of Comfort Route Navigation Providing High-QoS Communication for Mobile Users

    Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase

    ITE Trans. on MTA, Vol.2, No.4, pp.327-335, 2014.    [査読有り]

  • Proactive Content Caching for Mobile Video utilizing Transportation Systems and Evaluation through Field Experiments

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Jiro Katto, Shinya Yamamura, Tomoyuki Furutono, Takafumi Saito, Hirohide Mikami, Kaoru Kusachi, Toshitaka Tsuda, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato

    IEEE JSAC, Vol.234, Issue. 8, pp.2102-2114, Aug. 2016.    [査読有り]

  • Overview of Multimedia Mobile Edge Computing

    Kenji Kanai, Kentaro Imagane, Jiro Katto

    ITE Trans. on MTA Jan. 2018 (invited paper).    [査読有り]  [招待有り]

  • Intelligent Video Surveillance System Based on Event Detection and Rate Adaptation by Using Multiple Sensors

    Kenji Kanai, Keigo Ogawa, Masaru Takeuchi, Jiro Katto, Toshitaka Tsuda

    IEICE Communication, Vol.E101-B, No.3, Mar.2018    [査読有り]

  • HOAH: A Hybrid TCP Throughput Prediction with Autoregressive Model and Hidden Markov Model for Mobile Networks

    Wei Bo, Kenji Kanai, Wataru Kawakami, Jiro Katto

    IEICE Communication, Vol.E101-B, No.7, Jul.2018    [査読有り]

  • Energy-efficient Mobile Video Delivery utilizing Moving Route Navigation and Video Playout Buffer Control

    Kenji Kanai, Sakiko Takenaka, Jiro Katto, Tutomu Murase

    IEICE Communication, Vol.E101-B, No.7, Jul.2018    [査読有り]

  • A Fully-blind and Fast Image Quality Predictor with Convolutional Neural Networks

    Zhengxue Cheng, Masaru Takeuchi, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEICE Trans. on Fundamentals Vol.E101-A, No.9, pp.1557-1566, Sep.2018.    [査読有り]

  • A highly accurate transportation mode recognition using mobile communication quality

    Wataru Kawakami, Bo Wei, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEICE Trans. on Comm. Vol.E102-B, No.4, pp.741-750, Apr. 2019.    [査読有り]

  • Evaluation of Throughput Prediction for Adaptive Bitrate Control Using Trace-Based Emulation

    Bo Wei, Hang Song, Shangguang Wang, Kenji Kanai, Jiro Katto

    IEEE Access, Vol.7, pp.51346-51356, Apr.2019.    [査読有り]

  • Methods for Adaptive Video Streaming and Picture Quality Assessment to Improve QoS/QoE Performances

    Kenji Kanai, Bo Wei, Zhengxue Cheng, Masaru Takeuchi, Jiro Katto

    IEICE Trans. on Comm., July 2019    [査読有り]  [招待有り]

  • *** TRANSACTIONS / JOURNALS ***

     

▼全件表示

産業財産権

  • コンテンツ配信システム及び方法

    甲藤 二郎, 佐藤 拓朗, 津田 俊隆, 亀山 渉, 金井 謙治

    特許権

受賞

  • 情報通信マネジメント研究賞

    2017年   電子情報通信学会  

  • 山下記念研究賞

    2017年   情報処理学会  

  • 英語セッション奨励賞

    2014年   電子情報通信学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 無線LANを用いた車載APの広域被覆配置による広域高速大容量通信

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究では、IEEE802.11技術の無線LANを用いた車載APの広域被覆配置による「広帯域かつミッションクリティカルな通信サービス」を実現することを目的とする。第五世代移動通信(5G)では不可能な「高速かつ大量収容」のネットワークを提供するために、次の3つの技術を開発する。(1) AP(アクセスポイント)を提供する車を最適に選択し、移動している車であることを考慮して、APが必要な場所に効率よく配車(通過させる)する技術、(2) APの干渉を抑え、なおかつ複数のAPから通信が良好なAPを時々刻々と選択する技術、(3) 移動する車に対する瞬間的な通信を良好に行う技術

  • 無線通信品質予測を活用した高速かつ省電力なコンテンツ配信手法

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究開発は、平成29年度~31年度まで実施した。平成31年度は、主に基盤技術1:「多次元時系列データを利用した無線通信品質予測技術」に関連した通信品質を利用したユーザ移動状態推定技術について取り組んだ。具体的には、モバイルサービスを利用中のスマートフォンから観測可能な通信に利用したスループット、RSSI、基地局ID、ユーザの位置情報といった情報を利用し、これらの情報を色情報と定義し、画像により可視化を行った。さらに、これらの情報を深層学習ベースの分類問題によりユーザの移動状態を高精度に推定した。さらに、前年度まで研究開発した技術を、より効率的にネットワーク内でサービス提供するために、ネットワーク仮想化技術を活用し、研究開発した項目をネットワークサービスと見立て、ネットワーク内でサービスファンクションとして分散配備し、サービスファンクションチェイニング技術によって実現した。また、研究開発した技術の応用として効率的な360度映像配信技術への適用についても検討した。研究開発期間全体を通して、機械学習による高精度な無線通信品質予測技術、ナビゲーション技術と連携し、高速かつ省電力なコンテンツ配信技術、さらに、ネットワーク内で効率的に実現するネットワーク制御技術について研究開発を行った。また、これら技術をスマートフォン上で動作するプロトタイプ実装をし、早稲田大学周辺のフィールドを利用して実機評価を行い、これら研究開発項目の有効性を実証した

  • 世界最高水準のモバイルICT環境を実現する次世代情報通信基盤と応用実証

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本申請の研究開発項目として以下を設定している。基盤技術として、(1) 無線通信履歴の取得、(2) 無線通信履歴を活用した通信品質予測、(3) 品質予測に基づく適応配信制御と最適経路探索。拡張技術として、(4) クラウド拡張、セキュリティ、センサー活用、新無線技術、QoE評価、(5) アプリケーションの具体化とプロトタイプ実装。(1)では、初年度に開発したスマートフォンアプリを使用し、大学周辺の無線通信品質計測を進めている。この時、移動手段や時間情報による場合分けも進めている。(2)では、初年度から継続して隠れマルコフモデルと線形予測分析を併用したスループット予測の検討を進めており、国際学会発表を行うと共に、論文誌投稿を準備している。(3)では、通信品質履歴を活用し、スループットを最大化、もしくは消費電力を最小化する移動経路を提示し、実機実験によって有効性を実証し、国際学会で成果発表を行った。(4)でば、クラウド拡張として、研究室内にパーソナルクラウド、学外に商用クラウドを配し、携帯端末情報をエッジ処理する階層化クラウド環境を整備した。セキュリティに関しては、マルウェア対策のためのトラヒック分析に関する成果発表を行った。センサー活用に関しては、可視光カメラ、赤外線カメラ、測距センサーなどを配した実験環境を構築し、イベント検知に基づく適応配信制御に関する成果発表を行った。無線技術に関しては、5Gを想定した実験環境の情報収集と整備を開始した。QoE評価に関しては、新指標の構築を目指した注視点計測等の成果発表を行った。(5)では、高効率・省電力映像配信アプリケーション、家庭内の8K映像再配信、各種IoTデバイスを用いたセンサーアプリケーション、などのプロトタイプ実装を進めた。これらに加え、次世代ネットワークや無線LANの効率的な制御技術に関する招待講演も行った。本研究課題はおおむね順調に進展している。また、昨年度は研究費の前倒し申請を行い、研究開発の加速に役立てた。(1)では、初年度に開発したスマートフォンアプリを活用し、大学周辺の無線通信品質の計測を進めている。また、アプリ拡張として、ダウンロードに加えてアップロード時の省電力化を図る工夫を加えている。(2)では、現状の隠れマルコフモデルと線形予測分析によるアプローチに加え、機械学習を活用した方式検討の準備を進めている。(3)では、実機実験評価として提案方式の有効性を確認し、論文誌投稿の準備を開始した。(4)では、クラウド拡張では、OpenStackによるパーソナルクラウド構築をほぼ完了し、次年度以降の通信実験、ならびに応用実験の目途を付けた。セキュリティでは、研究成果の論文誌投稿の準備を進めている。センサー活用では、上記クラウド拡張と連携し、エッジコンピューティングも活用した効率的かつ柔軟な応用開発を目指している。無線技術は2020年の5G実用化を想定した実験準備を開始し、シミュレーション評価、実機評価実験の二面から準備を進めている。QoE評価に関しては、観測可能な変数(瞬断時間など)からのQoE推定式も活用した評価実験を進めている。(5)のアプリケーション開発では、各種のプロトタイプ実装と評価に加え、上記クラウド拡張とセンサー活用を統合した今後の新規なプロトタイプ実装の準備を進めている。(1)の通信履歴取得では、スマートフォンアプリの開発・改良を進め、試験的な公開を目指す。ユーザに不要なストレスを与えないインライン計測は昨年度からの継続課題であり、今後も継続する。(2)の通信品質予測では、国際学会の動向も踏まえ、深層学習の導入が緊急の課題であり、新規課題としての検討を進める。このとき、(4)のクラウド拡張を踏まえた深層学習の計算環境整備も課題になる。(3)の適応配信制御と最適経路探索に関しては、プロトタイプ実装も含めた評価として、基礎検討に関しては一通りの目途を付けた。今後は、規模の拡大や無線通信環境の動的な変化への対応など、実用的な課題検討にシフトする。(4)の拡張技術に関しては、まずクラウド拡張とセンサー活用を統合し、各種の通信実験と応用実験への拡張を図る。具体的には、SDN拡張やビッグデータ拡張が可能であり、必要に応じて拡張テーマを設定し、外部資金による新規の研究費申請も検討する。また、(1)の通信履歴取得とセンサー活用の統合も図り、通信履歴取得に加え、人間の行動分析等への拡張を図る。また、新無線技術は5Gへの対応を図り、4K/8K映像配信のシミュレータ・エミュレータ評価を開始し、今後の実機評価に向けた準備を進める。QoEに関しては、人間の知覚特性の計測と反映を継続すると共に、客観指標の活用によるプロトタイプ実装評価への適用を図る。(5)のアプリケーション開発に関しては、最終年度も想定し、各種のプロトタイプ実装を開始する

  • 稠密な無線LANの高品質化を実現するユーザ移動制御方法

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    当初の計画通り,ユーザ(人,車)が所用のためでは無く,通信のために移動する場合における,移動に伴う,通信性能の影響を調査した.[A].インフラモードにおける,移動に伴う通信性能の特性を評価した.ユーザ移動にあたって,スマートフォンにより収集した通信履歴を用いて最適なスループットや消費電力が得られる経路を推定するモデル式を確立した.応用として,映像アプリケーションにおける省電力な映像配信方式の検討を進めた.キャプチャ効果が期待できる無線LAN環境において,双方向フローのスループット向上を目指したMAC制御を検討・評価した.無線LANのQoS向上を目指したMAC制御およびTCP制御のQoE特性評価を実施した.モバイルエッジコンピューティングにおけるサーバ移動が性能に与える影響を評価した.ユーザの過般型無線LAN(テザリング,WiFiルータなど)を移動させることにより,全体の品質向上が図れることを定量的に明らかにした.その応用として,帯域確保型優先制御方法においても,ユーザ移動制御が有効であることを確認した.その応用として,車車間および歩車間通信など,非常に多くのユーザ同士が干渉し合う場合でも,ユーザ移動制御が有効であることを無線LANの場合およびLTE方式の場合において確認した.[B].アドホックモードにおける,移動に伴う通信性能の特性を評価した.アドホックネットワークにおけるユーザ移動(この場合は,ネットワークの移動)制御が品質向上に有効であることを明らかにした.3つ以上の複数のユーザ移動における最適移動地点に関する知見を得た.アドホックネットワークにおけるノード間の最適接続(最適トポロジー)に関して,ユーザが移動することで,最適接続関係を変化させるべきであることを定量的に明らかにした.今年度は,学会などにおける有識者との議論および研究分担者・研究協力者との打ち合わせを頻繁に行い,多くの成果を得た.上述の研究結果を,学会などで発表し,議論を広げることで多くの知見を得ることができた.また,研究自体への外部からの期待も高く,電子情報通信学会情報通信マネジメント研究賞などを受賞したほか,ジャーナルや国際会議にも多く採択された.計画通りに進んでおり,概ね順調と判断している.今年度と同様に,学会などにおける有識者との議論および研究分担者・研究協力者との打ち合わせを頻繁に行い,シナジー効果をねらう.また,同様に研究結果を,学会などで発表し,議論を広げることで多くの知見を得る所存である

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2017年
    -
     

    IEICE 通ソ IoT関連ワークショップ実行委員会  実行委員

  • 2017年
    -
     

    電子情報通信学会 MoNA研究会  専門委員

  • 2017年
    -
     

    電子情報通信学会 通信方式研究会  幹事補佐

  • 2016年
    -
    2017年

    電子情報通信学会 CS研究会  専門委員

  • 2016年
    -
     

    電子情報通信学会 Dソサエティ 英文論文誌編集委員会  編集委員

  • 2015年
    -
     

    情報処理学会 オーディオビジュアル複合情報処理研究会  運営委員

  • 2012年
    -
    2014年

    IEEE Student Branch at Waseda University  Chair

  • 2012年
    -
    2014年

    IEEE Student Branch at Waseda University  Chair

▼全件表示