鈴木 由希 (スズキ ユキ)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

准教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    東京大学地震研究所 外来研究員

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    東京大学   地震研究所   客員准教授

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

    東京大学地震研究所 外来研究員

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   教育・総合科学学術院   専任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    American Geophysical Union

  •  
     
     

    日本地質学会

  •  
     
     

    日本鉱物科学会

  •  
     
     

    日本火山学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 防災工学

  • 固体地球科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 火山灰

  • マグマ

  • 火山噴火

論文 【 表示 / 非表示

  • Conduit processes during the climactic phase of the Shinmoe-dake 2011 eruption (Japan): Insights into intermittent explosive activity and transition in eruption style of andesitic magma

    Yuki Suzuki, Fukashi Maeno, Masashi Nagai, Hitomi Shibutani, Syouhei Shimizu, Setsuya Nakada

    Journal of Volcanology and Geothermal Research   358   87 - 104  2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 Elsevier B.V. The climactic phase of the Shinmoe-dake 2011 eruption was characterized by sub-Plinian events (January 26 p.m., 27 a.m., and 27 p.m.) and lava accumulation in the crater (late on January 27 to January 29), all of which were accompanied by Vulcanian events. The magma discharge rate for lava accumulation was close to that of the sub-Plinian events. We discuss evolution of syneruptive magma ascent through the climactic phase on the basis of decompression-induced crystallization of groundmass microlites, in order to reveal how the final eruption style was determined at the explosive–effusive transition. We examined pumice and lava-like pyroclasts from three sub-Plinian events, the January 28 Vulcanian event, and a lava block ballistically ejected during the February 1 Vulcanian event. The samples exhibit variable groundmass textures due to variable syneruptive ascent conditions, not due to pre-eruptive inhomogeneity of the andesitic magma and different degrees of syneruptive volatile exsolution preceding quenching. Eruptive units were first characterized according to bulk density, assuming that slower ascent resulted in higher density. A decrease in the magma ascent rate led to a gradual shift to an effusive eruption style. There was little variation in ascent rate among magmas erupted simultaneously during the first and second sub-Plinian events (bulk density 0.8–2.1 g/cm3), but differences increased in the third sub-Plinian and January 28 Vulcanian eruptions with minor appearance of slow magma (0.9–2.8 g/cm3). Only slow magma occupied the shallow conduit at the completion of lava accumulation (February 1 lava; 2.1 g/cm3). Among the first and second sub-Plinian units, the early stage of the second sub-Plinian event had the greatest variation in ascent rate, with extension to a slightly higher bulk density (1.0–2.1 g/cm3) than the other events (0.8–1.7 g/cm3). Ascent-rate variations in the early stage of the second sub-Plinian event, the third sub-Plinian event, and the January 28 Vulcanian event are all due to the preceding calm phase in the intermittent explosive activity. The moving magma column, which showed a vertical zonation in the degree of degassing, formed in the shallow conduit during the calm phase due to a decrease in the discharge rate, and this resulted in the co-ejection of magmas with variable degassing upon the start of explosive events. The crystal size distribution (CSD) of plagioclase microlites constrains the syneruptive branching (i.e., a point of divergence) in ascent rate and eruption style, which occurred after the start of microlite crystallization. The CSDs of the different samples show differences only in small crystal sizes; slope at these size fractions is smallest for low-density (<2.0 g/cm3) pyroclasts from all eruptive phases, medium for high-density pyroclasts and lava (>2.0 g/cm3) of the January 28 and February 1 events, and greatest for high-density pyroclasts (>2.0 g/cm3) of the third sub-Plinian event. We propose, based on the similarity in CSD, that the shallow magma-feeding system was common for the two craters active during the January 28 explosive–effusive hybrid activity, where the Vulcanian event and emplacement of lava of the later February 1 event occurred in different parts of the original crater. The samples have variable plagioclase microlite number densities (1.4 × 105–3.5 × 106 mm−3), based on variations in small crystal sizes among different CSDs. This variability resulted not only from the usual increasing trend in number density with increasing degree of undercooling, but also the decreasing trend associated with the strong undercooling during explosive eruptions.

    DOI

  • Growth process of the lava dome/flow complex at Sinabung Volcano during 2013–2016

    Setsuya Nakada, Akhmad Zaennudin, Mitsuhiro Yoshimoto, Fukashi Maeno, Yuki Suzuki, Natsumi Hokanishi, Hisashi Sasaki, Masato Iguchi, Takahiro Ohkura, Hendra Gunawan, Hetty Triastuty

    Journal of Volcanology and Geothermal Research (Published online)    2017年06月  [査読有り]

  • インドネシア・シナブン火山 2014-2015年噴火の火山灰の石基マイクロライト組織

    久保田 聡士, 鈴木 由希, 中田 節也

    日本火山学会講演予稿集   2017 ( 0 ) 223 - 223  2017年  [査読有り]

    DOI CiNii

  • IAVCEI(国際火山学地球内部化学協会)2017年大会参加報告

    橋本 武志, 田中 良, 上澤 真平, 山田 大志, 長谷川 健, 小園 誠史, 萬年 一剛, 中道 治久, 隅田 まり, 鈴木 由希, 田島 靖久, 高木 朗充

    火山   62 ( 4 ) 189 - 196  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    担当部執筆(解説・紹介)

    DOI CiNii

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金審査委員表彰

    2017年10月  

    受賞者: 鈴木 由希

  • 日本火山学会研究奨励賞

    2008年05月  

    受賞者: 鈴木由希

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マッシュ状マグマの再流動化時間と噴火規模-斑晶の元素拡散記録からの制約-

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    鈴木 由希

    担当区分: 研究代表者

  • 複数種斑晶の拡散現象を用いたマッシュ状珪長質マグマ噴火準備·誘発モデルの高精度化

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    鈴木由希

    担当区分: 研究代表者

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 成層火山の小規模カルデラ噴火の推移とマグマ供給系

    2019年  

     概要を見る

    榛名火山で45kaに起きたカルデラ噴火が研究対象である。前年度までに、この噴火で生成した白川・里見火砕流堆積物の軽石には岩石学的な差異がないことを明らかにしていた(全岩SiO262-66wt.%;斑晶組み合わせは斜長石+斜方輝石+角閃石+カミングトン閃石+Fe-Ti&nbsp;酸化物+石英)。白川火砕流堆積物について榛名山南麓の荒神露頭の最上部ユニットを追加で分析した。軽石全岩SiO2量は62-63wt.%という前述の中では低い値に集中しており、今後その成因を明らかにする必要が生じた。白川・里見火砕流堆積物の両方の軽石から、代表的試料を選び出しモード分析も行った。斑晶量が45-60 vol.%の範囲にあり、噴火に関わった珪長質マグマがマッシュ状であることが確かめられた。

  • 斑晶中の元素拡散から探るマッシュ状マグマ再流動化時間・複数噴火のマッシュの関係

    2018年  

     概要を見る

    榛名火山新期活動(45ka〜)のマグマを研究し、次を明らかにした。1)どの噴火でも結晶に富むマッシュ状珪長質マグマが関与しており、それに高温マグマが注入して噴火に至ったこと、2)マッシュはどの噴火でもデイサイト質である。二ツ岳の2噴火(渋川・伊香保;5〜6世紀)のマグマは互いに良く似ており、同一のマグマ溜りに由来した可能性が高いこと、3)45 ka〜10kaに活動した高温マグマは二ツ岳伊香保噴火(Suzuki and Nakada, 2007)の高温マグマと類似した組成であること。以上に基づき、マッシュ状マグマの噴火準備・誘発過程を探る科研費を申請したところ採択された(2019〜2021年度)。&nbsp; &nbsp;&nbsp;

  • 珪長質マグマ噴火の誘発過程の岩石学的研究

    2015年  

     概要を見る

     珪長質マグマの噴火誘発過程に関する岩石学的研究を実施した。対象の一つは、新期榛名火山の活動で形成された山頂溶岩ドーム群である。これらは、マッシュ状珪長質マグマが、高温マグマと混合したか、高温マグマにより加熱されることで形成されたもので、榛名山最新の二ツ岳ドームと同様の噴火誘発過程が働いていることが分かった。もう一つの対象は、鬼界7.3kaのカルデラ噴火に先立ち噴出した長浜溶岩である。カルデラ形成期に珪長質マグマと高温マグマの混合マグマが噴出していることから、長浜溶岩に高温マグマの先駆的注入の記録があることを期待した。しかし珪長質マグマそのものが噴出したものであることが判明した。

  • 安山岩質マグマの噴火様式決定過程-新燃岳2011年噴火の例-

    2014年  

     概要を見る

    新燃岳2011年噴火の最盛期を対象に火道でのマグマ上昇の進化と噴火様式の関連を研究した。準プリニー式噴火の軽石並びに火口蓄積溶岩の石基結晶を解析した。石基結晶度はマグマの上昇速度を反映するが軽石と比べ溶岩で高く、石基結晶度が高い程“みかけ密度”も高い。すなわち火道での上昇速度が遅いほど脱ガスも進み、噴火が非爆発的になる機構が働いていた。準プリニー式噴火は約12時間の噴火“静穏期・休止期”を挟んで3度起きた。 活動再開直後の堆積物には“みかけ密度”“石基結晶度”が高い粒子が含まれる。これらは噴火の静穏期・休止期に低速で上昇し脱ガスも進んだマグマに由来し、直後のイベントで集中的に放出された。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 自然科学総合実験

    東北大学  

  • 地球科学

    東北大学  

  • 顕微鏡実習

    東北大学  

  • 夏期地質調査実習

    東北大学  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    文部科学省・科学技術・学術審議会 測地学分科会(第11期)  火山研究推進委員会 専門委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    次世代火山研究者育成プログラム  プログラム担当者

  • 2020年05月
    -
    2021年02月

    文部科学省・科学技術・学術審議会 測地学分科会(第10期)  火山研究推進委員会 専門委員

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    東京大学地震研究所  共同利用委員会委員

  • 2016年07月
    -
    2018年06月

    日本火山学会  庶務委員

全件表示 >>