酒井 哲也 (サカイ テツヤ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://sakailab.com/tetsuya/

プロフィール

http://sakailab.com/tetsuya/

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェース、インタラクション

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 情報アクセス、情報検索、自然言語処理

論文 【 表示 / 非表示

  • Randomised vs. Prioritised Pools for Relevance Assessments: Sample Size Considerations

    Sakai. T, Xiao, P

    Proceedings of AIRS 2019    2020年

  • Generating Short Product Descriptors based on Very Little Training Data

    Xiao, P, Lee, J.-Y, Tao, S, Hwang, Y.-S, Sakai, T

    Proceedings of AIRS 2019    2020年

  • Unsupervised Answer Retrieval with Data Fusion for Community Question Answering

    Kato, S, Shimizu, T, Fujita, S, Sakai, T

    Proceedings of AIRS 2019    2020年

  • Towards Automatic Evaluation of Reused Answers in Community Question Answering

    Liu, H.-W, Fujita, S, Sakai, T

    Proceedings of AIRS 2019    2020年

  • Arc Loss: Softmax with Additive Angular Margin for Answer Retrieval

    Suzuki, R, Fujita, S, Sakai, T

    Proceedings of AIRS 2019    2020年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Proceedings of the Open-Source IR Replicability Challenge (OSIRRC 2019)

    Clancy, R, Ferro, N, Hauff, C, Lin, J, Sakai, T, Wu, Z.-Z

    2019年

  • Laboratory Experiments in Information Retrieval: Sample Sizes, Effect Sizes, and Statistical Power

    Sakai, T

    Springer  2018年

  • Proceedings of AIRS 2018 (LNCS 11292)

    Tseng, Y.-H, Sakai, T, Jiang, J, Ku, L.-W., Park, D.H., Yeh, J.-F., Yu, L.-C, Lee, L.-H, Chen, Z.-H

    2018年

  • Proceedings of SPIRE 2016 (LNCS 9954)

    Inegaga, S, Sadakane, K, Sakai, T

    2016年

  • 情報アクセス評価方法論~検索エンジンの進歩のために~,

    酒井哲也

    コロナ社  2015年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • "ベイズ統計を用いた文書ファイルの自動分析手法,"

    後藤正幸, 伊藤潤, 石田崇, 酒井哲也

    経営情報学会2003年度秋季全国研究発表大会予稿集,函館   pp.28-31  2003年

  • 「インターネットを用いた研究活動支援システム」システム構成

    平澤茂一, 松嶋敏泰, 鴻巣敏之, 酒井哲也, 中澤真, 李相協, 野村亮

    2001PCカンファレンス    2001年

受賞 【 表示 / 非表示

  • CSS 2019 Best Paper Award (fifth author)

    2019年  

  • ACM Distinguished Member

    2018年  

  • 第6回WASEDA e-Teaching Award

    2018年  

  • ACM Recognition of Service Award (SIGIR'17 Co-chair)

    2017年  

  • ACM Senior Member

    2016年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ナゲットに基づくタスク指向対話の自動評価に関する研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    コンペティション型国際会議NTCIR-14にてShort Text Conversation (STC-3) タスクをスケジュール通りに運営し、早稲田大学酒井研究室を含む12の研究機関から結果を提出してもらうことができた。このタスクは、顧客・ヘルプデスク間の対話の品質を推定するものであり、この技術は将来的に対話システムの応答戦略に応用可能である。タスクの評価方法については情報検索会議の最高峰SIGIRにて発表を行い、データセットに関してはJournal of Information Processingにてまとめた。後者はWebDB Forum 2018にてbest paper runner-upに選出された。<BR>・Zeng, Z., Luo, C., Shang, L., Li, H., and Sakai, T.: Towards Automatic Evaluation of Customer-Helpdesk Dialogues, Journal of Information Processing, Volume 26, pp.768-778, 査読あり, 2018. WebDB Forum 2018 Best Paper Runner-up<BR>・Sakai, T.: Comparing Two Binned Probability Distributions for Information Access Evaluation, Proceedings of ACM SIGIR 2018, pp.1073-1076, 査読あり, 2018.以下のスケジュールに沿ってタスク運営を進めることができた。4月 データのクローリング+アノテーションツールの開発、5-8月 データのアノテーション、9月 学習用データ公開、11月 評価用データ公開・結果提出締切、2月 タスクオーバービュー論文暫定版公開、3月 タスク参加者論文暫定版投稿2019年度の計画は以下の通りである。・NTCIR-14にてタスク運営者およびタスク参加者としての研究成果を発表・対話データセットDCH-1の中英翻訳を進め、より広くの対話研究者が使えるようにする・NTCIR-15における対話タスクの設計と提案、推

  • 利用者の状況を考慮する探索的検索の技術

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    (1)ユーザの状況の捕捉: ユーザ実験によって収集したインタラクションデータ(検索行動ログ、視線、検索前後のアンケート・コンセプトマップ・インタビューなど)を用い、検索過程における個々のユーザの状況の捕捉を研究した。タスクの認知的複雑さ(Complexity)、背景知識、タスクの自覚する困難さや満足度との関係を解析した。対象は、法律・学術における「調査」、Web、音楽を取り上げた。中国・清華大の協力により、モバイル端末を用いた検索インタラクションとユーザ背景知識、香港大学の協力により音楽検索などの「楽しみのための探索的検索Search for fun」とタスクの認知的複雑性の影響について検討した。さらに新たなインタラクション環境として、美術館博物館の来館者のタブレット端末を用いたデジタル空間での探索行動と実空間での探索閲覧行動の両面を補足し、それらを用いてよりよい探索エクスペリエンス提供を目指すすサブ課題に着手した。<BR>(2)ユーザの状況に応じて、ユーザを支援する技術:異なる認知的複雑さタスクを選定し、検索過程でユーザを支援する技術のプロトタイプを提案した。具体的には (a)クエリマイニングによる代替検索戦略提案:コミュニティQAコーパスの質問・解答構造を利用して、同じ検索意図や目的のための異なる検索戦略をユーザに提示、(b)マルチファセット検索UIのベースラインシステムを構築し、随時、サブカテゴリや検索Trail提示の仕組みを提案した。これらの支援メカニズムが有用な状況やユーザ特性について検討を深める。さらに、情報源のスタンスなどより包括的な視点の有用性も検討した。(c)コンセプトマップが探索に与える影響について検討した。<BR>(3) 検索の基礎技術: 今年度は、自然言語対話、モバイル端末におけるタッチインタラクション、検索実験計画法と評価法について研究をすすめた。いくつかの対象領域に焦点を当て、ユーザの探索行動の捕捉とも出るかのための解析、探索過程で状況に応じて探索の方向性を提案する検索支援について、研究を進めることができた。中国・清華大の協力により、モバイル端末を用いた検索インタラクション、香港大学の協力により音楽検索など、予定よりも豊かな研究対象に取り組むことができた。さらに、今年度後半から、より豊かな探索インタラクションデータを捕捉できる環境として、従来のデジタル空間での探索行動に加え、センサー等によりユーザの物理空間での探索・閲覧行動も捕捉して、両者を連携して、よりよい探索インタラクション経験を提供するメカニズムについても検討を進めていくこととした。(1)ユーザの状況の捕捉: 既有のインタラクションデータに加え、新たにユーザ検索実験によりインタラクションデータを収集し、より多面的に解析を行う。<BR>(2)ユーザの状況に応じて、ユーザを支援する技術:異なる認知的複雑さタスクを選定し、検索過程でユーザを支援する技術のプロトタイプについて、ユーザを支援するメカニズムが、有用である、状況、タスクの特性、ユーザの特性との関係をより明らかにできるように検討をすすめる。<BR>(3) 検索の基礎技術: 必要に応じて研究をすすめ、(2)のユニットに適用する

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 擬似アノテーションにもとづく日本語ツイートの極性判定

    小橋賢介, 酒井哲也

    DEIM 2019  

    発表年月: 2019年

  • FigureQAタスクにおける抽象画像を考慮したアプローチ

    坂本凜, 酒井哲也

    DEIM 2019  

    発表年月: 2019年

  • Convolutional Neural Networkを用いたFake News Challengeの検討

    雨宮佑基, 酒井哲也

    DEIM 2019  

    発表年月: 2019年

  • 音声ユーザインタフェースにおける処理エラーによるユーザフラストレーションに関する調査

    呉越思瑶, 酒井哲也

    DEIM 2019  

    発表年月: 2019年

  • Query-Focused Extractive Summarization based on Deep Learning: Comparison of Similarity Measures for Pseudo Ground Truth Generation

    Yuliska, Tetsuya Sakai

    DEIM 2019  

    発表年月: 2019年

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • ベイズ統計に基づく情報アクセス評価体系の構築

    2017年  

     概要を見る

    I published the following full paper at SIGIR 2017, the top conference in information retrieval.The following is the abstract:Using classical statistical signifi€cance tests, researchers can onlydiscuss P(D+|H), the probability of observing the data D at hand orsomething more extreme, under the assumption that the hypothesisH is true (i.e., the p-value). But what we usually want is P(D+|H),the probability that a hypothesis is true, given the data. If we useBayesian statistics with state-of-the-art Markov Chain Monte Carlo(MCMC) methods for obtaining posterior distributions, this is nolonger a problem. Th‘at is, instead of the classical p-values and 95%confi€dence intervals, which are oft‰en misinterpreted respectivelyas “probability that the hypothesis is (in)correct” and “probabilitythat the true parameter value drops within the interval is 95%,” wecan easily obtain P(H|D) and credible intervals which representexactly the above. Moreover, with Bayesian tests, we can easilyhandle virtually any hypothesis, not just “equality of means,” andobtain an Expected A Posteriori (EAP) value of any statistic thatwe are interested in. We provide simple tools to encourage theIR community to take up paired and unpaired Bayesian tests forcomparing two systems. Using a variety of TREC and NTCIR data,we compare P(H|D) with p-values, credible intervals with con€fidence intervals, and Bayesian EAP eff‚ect sizes with classical ones.Our results show that (a) p-values and confi€dence intervals canrespectively be regarded as approximations of what we really want,namely, P(H|D) and credible intervals; and (b) sample eff‚ect sizesfrom classical signifi€cance tests can diff‚er considerably from theBayesian EAP eff‚ect sizes, which suggests that the former can bepoor estimates of population e‚ffect sizes. For both paired and unpairedtests, we propose that the IR community report the EAP, thecredible interval, and the probability of hypothesis being true, notonly for the raw diff‚erence in means but also for the eff‚ect size interms of Glass’s delta.

  • 統計的手法を用いた情報検索テストコレクション横断評価および情報検索論文の評価

    2016年  

     概要を見る

    I published five international conference papers (SIGIR, SIGIR, SIGIR(short), ICTIR, AIRS),two international workshop papers (EVIA, EVIA), and a workshop report (SIGIR Forum).Moreover, I gave a tutorial at an international conference (ICTIR) and a keynote at a Japanese symposium (IPSJ SIGNL) on this topic.

  • 「寡黙なユーザ」のための情報検索技術に関する研究

    2015年  

     概要を見る

    We published one international journal paper, one international conference paper, one evaluation conference overview (TREC), and two unrefereed domestic papers.

  • 情報アクセス評価基盤の体系化および評価

    2015年  

     概要を見る

    We published one book, one international journal paper, one international conference paper, one domestic IPSJ workshop paper and organised an international workshop.

  • 最小限のインタラクションを介した情報アクセスに関する研究

    2014年   Koji Yatani, Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Virgil Pavlu, Javed Aslam, Fernando Diaz

     概要を見る

    Wecollaborated with various researchers from outside Waseda and published severalpapers related to information access via minimal interactions. We ran a taskcalled MobileClick at NTCIR and a track called Temporal Summarization at TREC.It is worth noting that ourMobileHCI paper (collaboration with the University of Tokyo) received anHonourable Mention Award.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>