MUNEMASA, Yuki

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Education 【 display / non-display

  • 2012.10
    -
    2015.09

    The University of Tokyo   Graduate School, Division of Engineering  

  • 2006.04
    -
    2008.03

    The University of Tokyo   Graduate School, Division of Engineering  

  • 2006.09
    -
    2007.08

    Technische Universität München  

  • 2002.04
    -
    2006.03

    The University of Tokyo  

Degree 【 display / non-display

  • 東京大学   博士(工学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2015.11
    -
    Now

    Researcher

  • 2015.10
    -
    2019.03

    Tokyo Denki University   School of Science and Engineering, Division of Architectural, Civil and Environmental Engineering

  • 2013.09
    -
    2016.03

    Waseda University   School of Human Sciences

  • 2008.04
    -
    2011.12

    一級建築士事務所 株式会社鵜飼哲矢事務所

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     

    日本都市計画学会

  •  
     
     

    人間・環境学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Architectural planning and city planning

Research Interests 【 display / non-display

  • 都市解析

  • 都市計画

  • 建築計画

Papers 【 display / non-display

  • COMMERCIAL EQUILIBRIUM DISTRIBUTION CONSIDERING LOCATIONAL COST AND FACILITY CAPACITY BY MATHEMATICAL OPTIMIZATION METHOD

    Mondo SUGIYAMA, Yudai HONMA, Yuki MUNEMASA

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   83 ( 745 ) 427 - 434  2018

    DOI

  • 市場均衡を考慮した数理計画問題による商業分布の導出

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集    2017.09

  • 立地コストと施設容量を考慮した商業均衡分布の導出法に関する一般化

    日本建築学会学術講演梗概集   ( 2017 ) 777 - 778  2017.08

  • Constrained Optimum Arrangement Model Which Minimizes Movement Costs of Residence, Jobs and Commercial

    In Proceedings of 15th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities i    2016.11  [Refereed]

  • Equilibrium and Optimum Location Problem of Housings and Jobs with Constrained Capacity

    In Proceedings of EURO Working Group on Locational Analysis XXIII    2016.09  [Refereed]

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 正しくない都市(<連載>住むことから考える東京2020(7))

    Other 

    2015.03
    -
     

Awards 【 display / non-display

  • 学術振興基金「論文賞」

    2018.01   東京電機大学  

    Winner: 宗政 由桐

  • 7th Joint Student Seminar on Civil Infrastructure, ``Excellent Presentation Award''

    2015.08  

    Winner: 宗政 由桐

Presentations 【 display / non-display

  • 容量制約付き職住分布の最適・均衡配置問題

    日本建築学会大会学術講演会 

    Presentation date: 2016.08

  • 容量制約を考慮した職住分布の均衡・最適配置問題:国内10都市の実データに基づく分析例

    日本都市計画学会学術研究発表会 

    Presentation date: 2015.11

  • 移動コストを考慮した平面都市の容量制約付き職住配置

    日本建築学会大会学術講演会 

    Presentation date: 2015.09

  • 街路ネットワークを用いた都市空間における回遊行動の評価の試み : 媒介中心性と建築物の属性の関係

    日本建築学会大会学術講演会 

    Presentation date: 2014.09

Specific Research 【 display / non-display

  • 階層型コンパクトシティへの数理的アプローチ

    2020  

     View Summary

    本研究は,コンパクト・プラス・ネットワークの施策を行う上で有効な手段と考えられる階層型コンパクトシティの数理的手法の構築を目指すものである.一般的なコンパクトシティは,中核となる都市とそれに付随する都市という2段階での都市構造を目指しているが,本研究では入子状の都市構造モデルを構築し,任意の都市に適用可能なツールを開発している.研究成果として,スケールを落とした建築空間での入子状のモデルを構築し,事例検証を行うことでツールの有効性を示すことに成功した.

  • ソーニングを考慮した平面計画における室配置の数理最適化

    2019  

     View Summary

    本研究は,複数のプログラムからなる建築物を設計する際に,ゾーニングと室配置という二重で考えなければならない問題を数理的に解決する最適化モデルを提案するものである.最適化を行うにあたっては,内壁長の最小化問題を取り上げ,室配置を行う際の部屋の形状を整形にするための拘束条件を導入する.また,数値解析例から経験則による設計では導出不可能な事例を示し,本研究の実務設計への応用可能性を示すものである.

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019.03
    -
    Now

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 インフラのOR的展望研究部会  委員

  • 2018.10
    -
    Now

    日本建築学会 空間研究小委員会 空間研究調査分析方法WG  幹事

  • 2018.10
    -
    Now

    日本建築学会 空間研究小委員会  幹事

  • 2018.04
    -
    Now

    日本建築学会 関東支部 埼玉支所  幹事

  • 2019.04
    -
    2021.03

    日本建築学会 価値探求の場としての設計空間[若手奨励]特別研究委員会  委員

display all >>