三浦 哲都 (ミウラ アキト)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

准教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    東京大学   大学院総合文化研究科   博士課程  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    東京大学   大学院総合文化研究科   修士課程  

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   スポーツ科学部   スポーツ医科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(学術)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学人間科学学術院   Faculty of Human Sciences   准教授

  • 2017年09月
    -
    2019年03月

    東京大学大学院総合文化研究科   Graduate School of Arts and Sciences   助教

  • 2015年09月
    -
    2017年09月

    早稲田大学スポーツ科学学術院   Faculty of Sport Sciences   助教

  • 2013年04月
    -
    2015年09月

    日本学術振興会   特別研究員(PD)

  • 2014年06月
    -
    2015年03月

    モンペリエ大学(仏)EuroMov研究所   客員研究員

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 体育、身体教育学

  • 社会心理学

  • 実験心理学

  • 感性情報学

  • 認知科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • パフォーマンス

  • ダンス

論文 【 表示 / 非表示

  • Vocal interaction during rhythmic joint action stabilizes interpersonal coordination and individual movement timing.

    Kohei Miyata, Manuel Varlet, Akito Miura, Kazutoshi Kudo, Peter E Keller

    Journal of experimental psychology. General     (in press)  2020年08月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Because work songs are ubiquitous around the world, singing while working and performing a task with a coactor is presumably beneficial for both joint action and individual task performance. The present study investigated the impact of interpersonal rhythmic vocal interaction on interpersonal phase relations and on individual motor timing performance, which was evaluated by a synchronization-continuation paradigm requiring whole-body movement with or without visual contact. Participants repeated the syllable "tah" or remained silent in a manipulation of vocal interaction, and they were oriented toward or away from their partner to manipulate visual interaction. Results indicated the occurrence of spontaneous interpersonal coordination, evidenced by interpersonal phase relations that were closer to 0° and less variable when participants interacted both visually and vocally. At the individual level, visual interaction increased the variability of synchronization with the metronome but did not modulate the variability of continuation movements, whereas vocal interaction helped to decrease the variability of synchronization and continuation movements. Visual interaction therefore degraded individual movement timing while vocal interaction improved it. Communication via the auditory modality may play a compensatory role in naturalistic contexts where visual contact has potential destabilizing effects. (PsycInfo Database Record (c) 2020 APA, all rights reserved).

    DOI PubMed

  • Correlation between degree of hallux valgus and kinematics in classical ballet: A pilot study

    Haruka Seki, Akito Miura, Nahoko Sato, Jun Yuda, Toshiko Shimauchi

    PLOS ONE   15 ( 4 ) e0231015 - e0231015  2020年04月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

  • Practice motions performed during preperformance preparation drive the actual motion of golf putting

    Yumiko Hasegawa, Akito Miura, Keisuke Fujii

    Frontiers in Psychology   11   Article 513  2020年03月  [査読有り]

    DOI

  • State anxiety and low-frequency heart rate variability in high-level amateur golfers while putting under pressure

    Yumiko Hasegawa, Katsuhiro Sumi, Akito Miura

    International Journal of Sport and Health Science   18   144 - 153  2020年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

    DOI

  • Motor control of practice and actual strokes by professional and amateur golfers differ but feature a distance-dependent control strategy

    Yumiko Hasegawa, Keisuke Fujii, Akito Miura, Keiko Yokoyama, Yuji Yamamoto

    European Journal of Sport Science   19 ( 9 ) 1204 - 1213  2019年10月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    We explored how practice and actual putting strokes differed between professionals and high-level golf amateurs, and how practice strokes reflected subtle differences in putting distances. We analysed swing amplitude, impact velocity, and acceleration profile of the club-head. The acceleration profiles showed that the motor control pattern of the practice stroke differed from that of the actual stroke. To clarify the effects of different putting distances on the practice stroke and to analyse how much the actual stroke could be explained by the practice stroke, we conducted individual regression analyses. The practice strokes of all participants could be divided into three strategies and five types by the coefficient of determination and the slope. This implies that the purpose of the practice stroke varied among golfers. Most golfers used the individual velocity criteria in their practice strokes, which resulted in different putting distances based on their criteria. Unexpectedly, we found no significant difference in skill level between professionals and high-level amateurs. The results of this study imply that the practice stroke does not duplicate the actual stroke, even for professional golfers with excellent skills. However, most high-level golfers adopted distance-dependent control strategies for slightly different putting distances.

    DOI PubMed

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究会優秀賞

    2020年06月   一般社団法人人工知能学会  

    受賞者: 井川大樹, 三浦哲都, 工藤和俊

  • 日本認知科学会大会賞

    2019年09月   日本認知科学会  

    受賞者: ヒュース由美, 三浦哲都, 向井香瑛, 工藤和俊

  • 原島賞

    2019年09月   日本顔学会  

    受賞者: 向井香瑛, 三浦哲都, 横山梓, 小池耕彦, 工藤和俊

  • 奨励賞

    2019年03月   日本ダンス医科学研究会  

    受賞者: 横山梓, 三浦哲都, 向井香瑛, 工藤和俊

  • トレーニング科学研究賞奨励賞

    2017年10月   日本トレーニング科学会  

    受賞者: 三浦哲都, Varlet Manuel, 紅林亘, 礒繁雄, 彼末一之

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 外反母趾とバレエテクニックの関係

    2019年  

     概要を見る

    本課題研究は学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」課題名「科学の知見に基づく指導法をバレエの世界に届けたい」によるプロジェクトの一部を担うものである。バレエダンサーは外反母趾の罹患率が高く、外反母趾は職業病であるという認識が一般的である。指導の現場では、外反母趾は間違ったバレエのテクニックから生じるとされているが、それらの運動学的な関係は十分に検証されていない。そこで本研究では、バレエダンサーが様々なバレエテクニックを行う際の運動を計測し、外反母趾の程度との関連を調査することを目的とした。これまでに予備実験を行い本実験における実験条件を詳細に検討した。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年01月
    -
    継続中

    Journal of Dance Medicine & Science  Editorial board member

  • 2019年04月
    -
    継続中

    Advances in cognitive psychology  Editorial board member

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    日本体育学会  体育学研究編集委員