佐藤 政充 (サトウ マサミツ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

ホームページ

http://msmicrotubule.blogspot.com/

プロフィール

細胞や組織において微小管などの細胞骨格はどのように形態を作り、どのような機能を担っているのかについて研究を展開しています。
特に、微小管形成の分子メカニズム、組織における微小管の形態と機能の制御、さらに細胞周期における遺伝子発現と細胞の運命決定の解析を研究しています。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    東京大学   理学系研究科   生物化学専攻  

  •  
    -
    1998年

    東京大学   理学系研究科   生物化学専攻  

  •  
    -
    1996年

    東京大学   理学部   生物化学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   先進理工学部生命医科学科   教授

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   先進理工学部生命医科学科   准教授

  • 2009年09月
    -
     

    ~2012.3 JSTさきがけ研究員「生命システムの動作原理と基盤技術」領域(中西重忠領域総括)を兼任

  • 2006年09月
    -
     

    ~2013.3 東京大学・大学院理学系研究科・生物化学専攻 (助手〜)助教

  • 2006年04月
    -
     

    ~2006.9 日本学術振興会・海外特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     

    日本細胞生物学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝学

  • 分子生物学

  • 細胞生物学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子発現制御

  • 卵母細胞

  • シングルセル

  • 細胞分裂

  • 体細胞分裂

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • シングルセルRNA-seq解析から明らかになった分裂酵母の目覚め機構

    露崎隼, 細川正人, 竹山春子, 佐藤政充

    バイオサイエンスとインダストリー(B&I)   78 ( 6 ) 507 - 509  2020年11月  [招待有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

  • Time-lapse single-cell transcriptomics reveals modulation of histone H3 for dormancy breaking in fission yeast.

    Hayato Tsuyuzaki, Masahito Hosokawa, Koji Arikawa, Takuya Yoda, Naoyuki Okada, Haruko Takeyama, Masamitsu Sato

    Nature communications   11 ( 1 ) 1265 - 1265  2020年03月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:最終著者, 責任著者

     概要を見る

    How quiescent cells break dormancy is a key issue in eukaryotic cells including cancer. Fungal spores, for example, remain quiescent for long periods until nourished, although the mechanisms by which dormancy is broken remain enigmatic. Transcriptome analysis could provide a clue, but methods to synchronously germinate large numbers of spores are lacking, and thus it remains a challenge to analyse gene expression upon germination. Hence, we develop methods to assemble transcriptomes from individual, asynchronous spore cells of fission yeast undergoing germination to assess transcriptomic changes over time. The virtual time-lapse analyses highlights one of three copies of histone H3 genes whose transcription fluctuates during the initial stage of germination. Disruption of this temporal fluctuation causes defects in spore germination despite no visible defects in other stages of the life cycle. We conclude that modulation of histone H3 expression is a crucial 'wake-up' trigger at dormancy breaking.

    DOI PubMed

  • Module-based construction of plasmids for chromosomal integration of the fission yeast Schizosaccharomyces pombe

    Yasutaka Kakui, Tomonari Sunaga, Kunio Arai, James Dodgson, Liang Ji, Attila Csikasz-Nagy, Rafael Carazo-Salas, Masamitsu Sato

    OPEN BIOLOGY   5 ( 6 )  2015年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Integration of an external gene into a fission yeast chromosome is useful to investigate the effect of the gene product. An easy way to knock-in a gene construct is use of an integration plasmid, which can be targeted and inserted to a chromosome through homologous recombination. Despite the advantage of integration, construction of integration plasmids is energy-and time-consuming, because there is no systematic library of integration plasmids with various promoters, fluorescent protein tags, terminators and selection markers; therefore, researchers are often forced to make appropriate ones through multiple rounds of cloning procedures. Here, we establish materials and methods to easily construct integration plasmids. We introduce a convenient cloning system based on Golden Gate DNA shuffling, which enables the connection of multiple DNA fragments at once: any kind of promoters and terminators, the gene of interest, in combination with any fluorescent protein tag genes and any selection markers. Each of those DNA fragments, called a 'module', can be tandemly ligated in the order we desire in a single reaction, which yields a circular plasmid in a one-step manner. The resulting plasmids can be integrated through standard methods for transformation. Thus, these materials and methods help easy construction of knock-in strains, and this will further increase the value of fission yeast as a model organism.

    DOI PubMed

  • The Kinetochore Protein Kis1/Eic1/Mis19 Ensures the Integrity of Mitotic Spindles through Maintenance of Kinetochore Factors Mis6/CENP-I and CENP-A

    Hayato Hirai, Kunio Arai, Ryo Kariyazono, Masayuki Yamamoto, Masamitsu Sato

    PLOS ONE   9 ( 11 ) e111905  2014年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Microtubules play multiple roles in a wide range of cellular phenomena, including cell polarity establishment and chromosome segregation. A number of microtubule regulators have been identified, including microtubule-associated proteins and kinases, and knowledge of these factors has contributed to our molecular understanding of microtubule regulation of each relevant cellular process. The known regulators, however, are insufficient to explain how those processes are linked to one another, underscoring the need to identify additional regulators. To find such novel mechanisms and microtubule regulators, we performed a screen that combined genetics and microscopy for fission yeast mutants defective in microtubule organization. We isolated approximately 900 mutants showing defects in either microtubule organization or the nuclear envelope, and these mutants were classified into 12 categories. We particularly focused on one mutant, kis1, which displayed spindle defects in early mitosis. The kis1 mutant frequently failed to assemble a normal bipolar spindle. The responsible gene encoded a kinetochore protein, Mis19 (also known as Eic1), which localized to the interface of kinetochores and spindle poles. We also found that the inner kinetochore proteins Mis6/CENP-I and Cnp1/CENP-A were delocalized from kinetochores in the kis1 cells and that kinetochore-microtubule attachment was defective. Another mutant, mis6, also displayed similar spindle defects. We conclude that Kis1 is required for inner kinetochore organization, through which Kis1 ensures kinetochore-microtubule attachment and spindle integrity. Thus, we propose an unexpected relationship between inner kinetochore organization and spindle integrity.

    DOI

  • CDK-dependent phosphorylation of Alp7-Alp14 (TACC-TOG) promotes its nuclear accumulation and spindle microtubule assembly

    Naoyuki Okada, Takashi Toda, Masayuki Yamamoto, Masamitsu Sato

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   25 ( 13 ) 1969 - 1982  2014年07月  [査読有り]

     概要を見る

    As cells transition from interphase to mitosis, the microtubule cytoskeleton is reorganized to form the mitotic spindle. In the closed mitosis of fission yeast, a microtubule-associated protein complex, Alp7-Alp14 (transforming acidic coiled-coil-tumor overexpressed gene), enters the nucleus upon mitotic entry and promotes spindle formation. However, how the complex is controlled to accumulate in the nucleus only during mitosis remains elusive. Here we demonstrate that Alp7-Alp14 is excluded from the nucleus during interphase using the nuclear export signal in Alp14 but is accumulated in the nucleus during mitosis through phosphorylation of Alp7 by the cyclin-dependent kinase (CDK). Five phosphorylation sites reside around the nuclear localization signal of Alp7, and the phosphodeficient alp7-5A mutant fails to accumulate in the nucleus during mitosis and exhibits partial spindle defects. Thus our results reveal one way that CDK regulates spindle assembly at mitotic entry: CDK phosphorylates the Alp7-Alp14 complex to localize it to the nucleus.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Systems level understanding of cell polarity regulation

    Attila Csikasz-Nagy, Federico Vaggi, James Dodgson, Anatole Chessel, Marco Geymonat, Marco Giordan, Kunio Arai, Masamitsu Sato, Rafael Edgardo Carazo Salas

    YEAST   32   S247 - S247  2015年09月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学リサーチアワード

    2018年02月   早稲田大学  

    受賞者: 佐藤 政充

  • 早稲田大学ティーチングアワード総長賞

    2018年   早稲田大学  

  • 早稲田大学ティーチングアワード

    2016年12月   早稲田大学  

    受賞者: 佐藤 政充

  • 文部科学大臣表彰・若手科学者賞

    2012年04月  

  • HFSP若手グラント

    2009年09月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 減数分裂における制御機構

    特別推進研究

  • 減数分裂第一・第二間における特殊な細胞周期制御機構の解析

    若手研究(B)

  • 減数分裂組み換えと染色体分配を連携させる微小管新規機能の研究

    若手研究(A)

  • 分裂酵母における減数分裂の制御機構

    基盤研究(S)

  • 減数分裂における細胞分裂装置の再編成機構

    特定領域研究

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 微小管の時空間的制御のメカニクス異常が原因で起きる疾患を組織レベルで追究する

    2020年  

     概要を見る

    微小管は細胞内に形成される繊維状の骨組み因子として知られる。微小管の機能は多岐にわたるが、未だに明らかにされていない機能があると考えられ、我々はそのような微小管の新規構造・新機能の発見を目指して研究を遂行している。これまでの研究の結果、微小管の制御が破綻することで、小腸上皮細胞の形態に異常が発生することが明らかにされている。そこで我々は、微小管結合タンパク質CAMSAP3の異常がどのようなメカニズムで細胞形態の異常を引き起こすのか、組織学的な解析をおこなった。解析の結果、微小管の異常が細胞小器官の配置異常を引き起こすことで、細胞の形態や機能に影響をもたらす可能性があると推測するに至った。

  • シングルセル・オミクス解析による、細胞が休眠から目覚める分子機構の解明

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、休眠状態の細胞が、周囲の環境の変化に伴い休眠を打破して活動を開始する際に、どのような分子機構が働くのか、その解明を目指している。分裂酵母は減数分裂の結果として配偶子に相当する胞子を形成する。胞子は栄養に乏しい状態でも長期にわたり休眠状態を維持するが、周囲の栄養状態が改善すると、これを認識して発芽をおこない、その後通常見られるような体細胞分裂周期に入り、増殖を繰り返す。我々は休眠打破の分子機構を解明するために、遺伝子発現解析をおこなうことで、休眠から発芽にかけて、どのような遺伝子が発現変動するのかを調べた。

  • クロマチン動態解析のためのシングルセル・オミクス基盤技術の整備

    2018年  

     概要を見る

    本研究では、分裂酵母におけるシングルセルにもとづく遺伝子発現解析を可能とする実験手法を確立することを目的としている。本研究の成果として、栄養増殖状態にある分裂酵母の1個の細胞からRNAを抽出し、これをRNA-seq法により発現解析することをおこなった。その結果として得られた発現プロファイルは、既存の方法で作成された発現プロファイルと極めて高い相関性を示したため、本方法が有効であることが示された。

  • 高齢卵子における微小管異常と不妊との関連

    2017年  

     概要を見る

    出産の高齢化や不妊がおおきな社会問題となっている昨今,その原因を追究して不妊治療に応用する必要性が重視されてきている。しかしながら現段階では,これらの原因はじゅうぶんに追究されていない。そこで本研究では,ほ乳類の減数分裂(卵母細胞形成)に焦点を当てて,卵母細胞の経年劣化の原因の一端を探りたいと考えた。我々は紡錘体微小管に注目し,この異常が卵子の経年劣化や不妊の原因となっている可能性について実験をおこない,今後の研究の質的な基盤を固めたいと考えた。

  • 構造クラスタ分類によるncRNA新機能の発見

    2017年  

     概要を見る

    分裂酵母S. pombeにおいては,およそ1,800種類の非コードRNAが存在することが知られている。これらには細胞内でなんらかの機能を発揮するものがあると考えられるが,これまでのところ機能が解明されているものはごく一部のみであり,大部分は機能未定の状態である。そこで本研究では,これらの非コードRNAのなかから細胞内で何らかの機能を発揮するものを探索することを主目的としてスクリーンをおこなっている。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>