2022/08/11 更新

写真a

ババ キヨマサ
馬場 健誠
所属
理工学術院 創造理工学部
職名
講師(任期付)

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    リサーチイノベ オープンイノベーション推進セクション   兼任センター員

学位

  • 工学   博士

  • 建築学   修士

所属学協会

  •  
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     

    日本都市計画学会

 

研究キーワード

  • シビックテクノロジー

  • 景観まちづくり

  • 都市計画

  • Civic Technology

  • Landscape Architecture

  • Urban Planning

▼全件表示

Misc

  • 新宿ゴールデン街における新旧店舗の混在とその更新の実態に関する研究:店舗更新時の旧店主からのアドバイスに着目して

    下山 萌子, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    都市計画論文集   52 ( 3 ) 1074 - 1080  2017年

     概要を見る

    バラック飲み屋街の大部分は、近年において開発の危機や店主の引退により減少傾向にある。しかし同時に、地域資源として積極的にその価値を評価する立場も存在している。そのような中で新宿ゴールデン街は観光地化や若い世代からの出店の増加が近年進んでおり、新旧の店舗が併存し地域全体が転換期にあると言える。以上より、新宿ゴールデン街における店舗の更新実態を、地域社会を活かし共有されてきた店主間のアドバイスとともに記録し、地域の共有財として継承する必要性を再認識することは、今後地域の都市更新を考える上で重要である。本研究では、新宿ゴールデン街の更新過程において新旧の店舗の混在という点に着目し、その更新の様相を詳細に捉える。またそのために、更新過程において店主間で交わされたアドバイスの内容とその機会を把握する。より具体的には以下の3点を明らかにする。1)店舗数の増減から見た歴史的特徴(第2章),2)新旧店舗の混在とその更新の実態(第3章),3)店舗更新時における店主間のアドバイスとその継承の機会(第4章)以上より新宿ゴールデン街の更新とそれに伴う店主間のアドバイスを把握し、今後の課題について論じる。

    DOI CiNii

  • 景観規制が商店街の商業空間と生活空間に与えた影響:-沼津アーケード名店街における美観地区制度に着目して-

    清水 有愛, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    日本建築学会計画系論文集   82 ( 733 ) 723 - 733  2017年

     概要を見る

     The Numazu Shopping District is distinct as it is the first and only shopping district to enact the Aesthetic Area Law. However currently redevelopment plans of the shopping district are being discussed due to aging buildings and decline in business demand. Therefore, it is essential to review the influences of the enacted Aesthetic Area Law upon shopping districts, especially from the point of view of the spatial changes in commercial and living space.<br><br> The following three objectives will be clarified: 1) The historical construction process and changes in commercial demand within the shopping district. 2) The changes in space utilization influenced by the commercial demand. 3) The changes in the view of Aesthetic Area Law of building owners. In order to clarify these objectives, the lifestyle between building owners within Numazu Arcade Shopping District will be documented.<br><br> First, the Aesthetic Area Law was enacted upon the Numazu Arcade Shopping District as a deregulation measure to construct buildings over the sidewalk. Through the review of commercial demand within the shopping district, it has been identified that there were three main phases that had an impact on the spatial transformation of the shopping district buildings. These changes were especially seen from the 1960s to the 1980s during the "Period of Commercial Peak", when many shop owners have expanded their buildings using their backyard space. This backward expansion was mainly cased by the regulation of the Aesthetic Area Law, as construction and expansion along the street side was restricted.<br><br> Next, in order to look into detail of the transformation and spatial utilization within the Numazu Arcade Shopping District, a fieldwork survey was carried out. As a result, during the "Period of Commercial Peak", there was a demand for stockrooms and living space for employees, and many shops expanded their buildings. Yet, when the shopping district hit the "Period of Commercial Decline", large portions of the expanded space became unused, and it was also identified that there was a shift in the social occupancy of the buildings.<br><br> Finaly, a hearing survey was conducted to identify the changes in view of Aesthetic Area Law between building owners. During the construction period, the building owners had maintained the townscape and took the Aesthetic Area Law into account. However, due to aging of the building and owners, it is becoming difficult to maintain the building facade and townscape. As a result, the importance of the Aesthetic Area Law had faded out within the building owners minds. On the on contrary, there are movements to improve the townscape of the shopping district, such as the installation of street furniture and plantation of flowers along the sidewalk. This act shows that building owners are raising consciousness of the townscape beyond the restrictions of the Aesthetic Area Law.

    DOI CiNii

  • 東京23区高層マンション集積地における既存住民と新規住民のコミュニティ構築に関する研究:開発の特徴と町内会の体制に着目して

    劉 冬晴, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    都市計画論文集   51 ( 3 ) 987 - 993  2016年

     概要を見る

    1990年代後半から、急速な高層マンション建設により都心回帰が起こり、東京の都心部における新規住民流入が著しい。既存住民と新規住民の地域交流における問題は数多く指摘されており、近年は地縁の希薄化などにより町内会の重要性が再認識され始めている。このような背景を踏まえ、人口流入の多い高層マンション集積地において、町内会における新規住民と既存住民の関係性や交流に着目する必要性がある。本研究では、東京23区の主な高層マンション集積地に着目してその特徴を整理し、各町内会が運営する地域活動と既存住民と新規住民の交流の実態を把握する。また、既存住民と新規住民の活発な交流が多数行われている町内会を選定し、コミュニティ構築を促す取組みと体制を明らかにする。以上の2点から、高層マンション集積地における開発と町内会体制の関係性を整理することにより、今後の町内会運営への示唆とする。

    CiNii

  • 首都圏のフードトラックによるパブリックスペースの利活用の実態に関する研究:フードトラックの出店形態と空間マネジメントに着目にして

    今井 梨花, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    都市計画論文集   51 ( 3 ) 627 - 633  2016年

     概要を見る

    パブリックスペースとは多種多様な活動を受け入れる都市において重要な空間であり、その質の向上に向けて様々な取り組みがなされている。取り組みの一例として、オープンカフェや屋台等、食を通した屋外での賑わい創出が着目されている。一方で、臨機応変に営業することが可能な移動販売車(以下、フードトラック)も米国をはじめ脚光を浴びるようになり、また、近年では我が国においてもパブリックスペースの簡易的な活用方法として注目され、社会実験を通して実用化に向けた検討がされるようになった。 これらを踏まえ、フードトラックをパブリックスペースの賑わい創出の活用手段として、現状の出店状況や事業者目線からみた空間利用や課題を整理し、今後の政策に繋げることは重要である。 本研究では、フードトラックに着目し、首都圏における出店の現状を把握するにあたり、以下の2点を明らかにする: (1)空間利用許可を踏まえた首都圏における出店傾向(3章) (2)営業形態に応じた空間マネジメントの課題(4章) 以上より、今後パブリックスペースにてフードトラックを活用していく上でのマネジメントの知見を提示する。

    CiNii

  • 地域分析のための多様な地理空間情報をひもづけた口述史データの情報特性

    馬場 健誠, 後藤 春彦

    日本建築学会計画系論文集   80 ( 718 ) 2897 - 2906  2015年

     概要を見る

     In recent years there is a strong interest in identifying and utilizing the local landscape or lifescape elements within planning and design. One method to identify these local characteristics is the <i>Machizukuri Oral History Survey</i> method. This method primarily focuses on gathering the memories of the local residents, living within a particular region and identifies the communal values relating to space, people, things and events. Although this method is effective, there can be a limit in collecting large amount of data due to time and human resource constraints. Thus in order to reduce the burden of the researcher or investigator, many interactive digital archives, allowing the documentation and visualization of local based historical data, utilizing the latest technology have been developed over the years. Currently many of these digital archives mainly utilize point-based geographic data sets, due to its nature in spatial accuracy. But on the other hand, since these systems do not utilize line-based or area-based geographic data sets, it can be argued that there may be a limited capacity in collecting a variety of data and information relating to the spatial widespread or extension of seen in a regional area. The purpose of this research is to identify the informational attributes, which can be obtained though the utilization of diverse geo-tag features (point-based, line-based, area-based) when gathering local historic data.

    DOI CiNii

  • 首都圏におけるストリートダンスの活動場所と配慮行動の実態:-損保ジャパンビルを中心として活動するストリートダンサーに着目して-

    車戸 高介, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    都市計画論文集   50 ( 3 ) 650 - 655  2015年

     概要を見る

    現在文化活動としてのストリートダンスは計画者の意図と異なり、都市空間を私的に利用する形で表出している。公共空間を私的利用しているストリートダンサーはしばしば「不良」のように問題視されてしまっている。しかし、このような状況下においてもストリートダンスは都市空間のいたる所で出没し活動を続けている。これは成熟した都市である東京首都圏が、新たな文化活動としてのストリートダンスを空間的・社会的に何らかの形で受容していると考えられる。本研究ではストリートダンスにおいて象徴的な活動場所である損保ジャパンビルを中心に利用しているダンサーを対象に、二次・三次的な活動場所の利用実態の分析を通して、首都圏において持続して活動を行う為の空間的・社会的要素について明らかする。これにより現代のような空間管理社会における文化活動が根付く為の公共空間のあり方について新しい視座を与える。

    CiNii

  • 秋葉原における商業集積の重層的混在に関する研究<br>-フロアー・マッピングを用いた業種立地の変化の分析-

    鈴木 淳, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    日本建築学会計画系論文集   80 ( 712 ) 1307 - 1317  2015年

     概要を見る

    &amp;nbsp;The purpose of this research is to observe the multi-layered-mixture of commercial accumulation in Akihabara. This paper will focus particularly on mixture of various business types and will create a three dimensional floor map for analysis. The summarised result are as follows: 1) The inter-mixed relationship within each building is composed of not only various business types, but old-new stores inter-mixed within a building. 2) When focusing on the change of Akihabara&#039;s commercial structure, the city had become widely diverse where each building is configured of several business types. 3) In order to identify the changes in each business inter-mixture type within Akihabara, a hearing survey was carried out. Through inquiring the local merchant association and traditional shopkeepers, it has been identified that it is difficult for buildings being occupied by one store to continue its business due to the lack of flexibility to meet modern day market needs. On the other hand traditional businesses and modern subculture stores are more sustainable due to its small in scale operation.

    DOI CiNii

  • 秋葉原における商業集積の重層的混在に関する研究—フロアー・マッピングを用いた業種立地の変化の分析ー

    鈴木淳, 後藤春彦, 馬場健誠

    日本建築学会計画系論文集   第80巻 ( 第712号 ) 1307 - 1317  2015年

    DOI

  • 繁華街におけるデジタルサイネージの掲出実態:銀座地区の店舗表層に現れる映像広告物の全数調査

    加藤瞭, 後藤春彦, 馬場健誠

    日本都市計画学会 都市計画論文集   第49巻 ( 第3号 ) 717 - 722  2014年

     概要を見る

    現代の繁華街空間は様々なメディアで溢れている。近年では、建築物の表層や内部の空間においてデジタルサイネージの普及が進んでいる。本研究では、独自のデザインルールをベースとして、地元組織が主体となり都市景観の整備を行っている銀座地区におけるデジタルサイネージの全数調査を通じて、DSの掲出実態に関して以下の2点を明らかにした。(1)デジタルサイネージの分布からみる設置傾向。DSの分布とその設置傾向から、DSは表通りや裏通りなど、その立地ごとに異なる設置傾向をもつということを明らかにした。(2)デジタルサイネージの映像が持つ情報と分布の傾向。DSの映像が持つ情報数と内容の傾向から、DSの映像は設置業種によってその傾向が異なるということを明らかにした。以上から、掲出実態を明らかにし、DSのデザインコントロールにむけた、協議対象や今後の方策について論じている。

    DOI CiNii

  • 米国におけるビッグデータを活用したシビック・テクノロジーの実態と課題

    馬場健誠, 後藤春彦

    日本建築学会計画系論文集   第79巻 ( 第706号 ) 2711 - 2719  2014年

     概要を見る

    The utilisation of big data and civic technology has grown tremendously in the public sector since 2010. Within the field of urban planning and design, the usage of data generated by civic technology applications, in order to identify the needs of a particular community or region, is starting to gain attention. However on the other hand additional research and exploration is called for to better understand the issues revolving around the development of useful civic technology tools. The purpose of this research is to identify the following. 1)Identify the general functions of civic apps which have been currently developed, and its rate of utilisation by local government organisations. 2) Identify the current structural data properties of big data being generated by civic apps. 3)Identify the current issues in developing useful (participatory) and flexible (collaborative, transparent) civc technology tools and the phase (from the development of applications to utilisation of data) in which these issues are centered .

    DOI CiNii

  • 7049 テキストマイニングを用いた都市のマイクロ・ブログ解析 : その(1):都市景観評価へのビッグデータ活用に向けた考察(景観と市街地の解析・シミュレーション,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    高橋 洸介, 後藤 春彦, 馬場 健誠

    学術講演梗概集   2013 ( 0 ) 97 - 98  2013年08月

    CiNii

  • 7050 テキストマイニングを用いた都市のマイクロ・ブログ解析 : その(2):「都市のイメージ」エレメントと観察者イメージの相互関係(景観と市街地の解析・シミュレーション,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    馬場 健誠, 後藤 春彦, 高橋 洸介

    学術講演梗概集   2013 ( 0 ) 99 - 100  2013年08月

    CiNii

  • 沿道の風土・歴史的要素が都市内高速道路の車窓シークエンス景観に与える影響

    高嶺翔太, 後藤春彦, 馬場健誠, 山村宗

    日本建築学会計画系論文集   78 ( 686 ) 857 - 865  2013年

     概要を見る

    This study aims to clarify the effects of the morphology of the urban fabric upon the sequential scenery from the Metropolitan Expressway. The morphology of the urban fabric specified within this research is topography, land use during Edo Period and the land use prior to the construction of the Metropolitan Expressway. Through two experiments, cognitive and visual, the following has been identified.&lt;br&gt;1) The topography and land use prior to the construction of the Metropolitan Expressway, effects the form of the expressway impacting the cognitive change in sequential scenery.&lt;br&gt;2) The green space left from the Edo Period land use effects the cognitive change in sequential scenery.

    DOI CiNii

  • 7225 米国における土地の共有を基礎としたコミュニティデザインのための組織連携の萌芽 : コミュニティ・ランド・トラストによる地域環境管理に関する研究 その5(海外都市計画(欧米),都市計画)

    佐藤 宏亮, 後藤 春彦, 田口 太郎, 馬場 健誠

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   2008   473 - 474  2008年07月

    CiNii

  • 7224 米国におけるLT団体の歴史的経緯とCLTの位置づけ : コミュニティ・ランド・トラストによる地域環境管理に関する研究 その4(海外都市計画(欧米),都市計画)

    馬場 健誠, 後藤 春彦, 田口 太郎, 佐藤 宏亮

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   2008   471 - 472  2008年07月

    CiNii

  • 7223 Northern California Land Trustによる地域マネジメントに関する研究 : コミュニティ・ランド・トラストによる地域環境管理に関する研究 その3(海外都市計画(欧米),都市計画)

    田口 太郎, 後藤 春彦, 佐藤 宏亮, 馬場 健誠

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   2008   469 - 470  2008年07月

    CiNii

▼全件表示

受賞

  • 日本都市計画学会2012年度優秀ポスター賞

    2012年  

  • 日本都市計画学会2011年度優秀ポスター賞

    2011年  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • -

  • -

講演・口頭発表等

  • テキストマイニングを用いた都市のマイクロ・ブログ解析 : その(1):都市景観評価へのビッグデータ活用に向けた考察

    日本建築学会 学術講演梗概集 2013  

    発表年月: 2013年

  • テキストマイニングを用いた都市のマイクロ・ブログ解析 : その(2):「都市のイメージ」エレメントと観察者イメージの相互関係

    日本建築学会 学術講演梗概集 2013  

    発表年月: 2013年

  • Micro Blog Urban Analysis through Text Mining : Part1 : The Application of BIG DATA for Landscape Analysis

    発表年月: 2013年

  • Micro Blog Urban Analysis through Text Mining : Part 2 : The Relationships Between "Image of the City" Elements and Observer Image

    発表年月: 2013年

  • 考現学のデジタル化による都市空間の再解釈と可能性

    都市計画学会ポスターセッション  

    発表年月: 2012年

  • The Potentials in the Digitalisation of Moderology and Redefining Urban Space

    City Planning Association Poster Session  

    発表年月: 2012年

  • ランドスケープアバニズムの拡大と生活景〜ランドスケープ教育の発展とアジアの役割〜

    発表年月: 2011年

  • まちづくりオーラル・ヒストリーからはじまるまちづくり活動へのアプローチ

    都市計画学会ポスターセッション  

    発表年月: 2011年

  • The Growth of Landscape Urbanism and the Lessons Learned from Lifescape ~The Development of Landscape Architecture Education and the Roles of Asia~

    APSA (Asian Planning Schools Association) CONGRESS 2011  

    発表年月: 2011年

  • The Approaches to Machizukuri Utilising Oral History

    City Planning Association Poster Session  

    発表年月: 2011年

  • ランドスケープ教育の発展〜生活景の可能性〜

    発表年月: 2010年

  • The Development of Landscape Architecture Education ~The Potentials Seen in the Concept of Lifescape~

    World Society for EKISTICS Annual Meeting 2010  

    発表年月: 2010年

▼全件表示

特定課題研究

  • デジタル考現学を用いた都市の社会的イメージ構造の解釈とマッピング技術に関する研究

    2013年  

     概要を見る

     我が国において高度成長期以降、地域全体の調和・美観・伝統を軽視した構造物が次々と建造され自然 景観やまちなみとの調和や地域ごとの特色が失われつつあり、2005年に「景観法」が定められた。こ の景観法の改正により、多様なレベルの景観行政において、都市・地域・街なみの固有性を守り・育む取 り組みが進み大きな成果をあげているが、実践的な計画技術に関する蓄積は不十分である。 都市空間の構造を読み解く古典として、クリストファー・アレグザンターのパターンランゲージ理論な どがあげられるが、その実践は建築ないし街区的なスケールにとどまり、都市全体を俯瞰した広がりのあ る空間スケールへの応用には至っていない。また、物理的空間形成を基盤としている為、多様な人々によ る空間の共有やその可能性における視点にも限りがある。 一方、ドローレス・ハイデン (Dolores Hyden) は「場所の力」(Power of Place)において、一般市民の 生活の歴史(パブリック・ヒストリー)に計画の根拠を見出そうとし、その歴史の記憶が帰結する「場所」 の存在の重要性について論じている。こうした、ハイデンの理論を受け、近年の欧米での地域資源の活用 を重視したコミュニティー再生の事例では、プレイス・メイキング (Place Making) を中心概念と位置づけ られる事が多い。また、我が国において場所の性質を読み取る手法として、現代の社会現象を場所・時間 を定めて組織的に調査し、世相や風俗を分析・解説する考現学があげられるが、多様な市民が共有できる 象徴的な「場所性」の創出やわかりやすい空間ビジョンを示すプロセスは未だに確立できていない。 しかし、かつて考現学の提唱者である今和次郎が詳細なスケッチを通じて現代の社会現象を分析・解説 した頃と比べ、様々なスマートデバイスやアプリケーション等が開発され、これらを活用し都市の社会的 イメージ構造を再解釈することによって多様な住民における空間の共有や生活に密着した計画技術の構築 が大いに可能性として広がっている。 以上の背景から、「考現学」は今和次郎によって提唱された学問領域であり、詳細なスケッチ等を通じて、数字だけでは把握しづらい現代の社会現象を、調査・分析する点にその特徴がある。近年、様々なスマートデバイス やアプリケーションが日常生活に浸透する中、考現学が提唱された当初と比べ、その調査と分析の手法 に関して模索しうる新しい可能性は大いに広がっている。 本研究では、情報技術の進歩した現代社会において、考現学の可能性を広げ、都市の動態をより克明 に描き出すことができる新たな手法として、携帯型デジタル端末に着目する。その中で生活者が都市空 間に捉える価値観や意味を「社会的イメージ空間」とし、その解釈技術と空間的マッピング技術の構築 をめざす。これらを通じて、今後の都市デザイン・計画分析における多様な人々の「社会的イメージ空間」 を地理的な基盤情報として提示することを研究の目的とする。 研究の目的を推進するにあたり本年度では、以下の3点に関連した研究を進めた。①まちなみ景観計画の構築行うにあたり100人を 対象としたオーラルヒストリー調査を実施データを用いて、「過去の社会イメージ構造」の把握を行なった。個人のライフヒストリーの定量的分析(テキストマイニング)と生活環境イメージを可視化する手法によって生活環境イメージの構造を明らかにし、地域まちづくりに対した効果的なライフヒストリー活用を可能にする方法の検討を行なった。②ICT技術を活用し市民参加を促す計画支援ツール(シビック・アプリ)の開発者とアプリを活用している行政機関に対して、データベース分析とヒアリング調査を通じて、収集されているシビック・ビッグデータの性質及び、アプリ開発やデータ活用時における一連のプロセスからみた課題。③I B M 社の T e x t

 

現在担当している科目

▼全件表示