村松 慶一 (ムラマツ ケイイチ)

写真a

所属

附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター

職名

准教授(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2014年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   人間科学専攻  

    博士後期課程

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    早稲田大学   人間科学研究科   人間科学専攻  

    修士課程

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   人間科学部   人間情報科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   グローバルエデュケーションセンター   准教授(任期付)

  • 2016年04月
    -
    2020年08月

    埼玉大学   先端産業国際ラボラトリー   助教

  • 2014年09月
    -
    2020年08月

    埼玉大学   大学院理工学研究科   助教

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    文教大学   文学部   非常勤講師

  • 2012年04月
    -
    2014年08月

    早稲田大学   人間科学学術院   助手

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本感性工学会

  •  
     
     

    人工知能学会

  •  
     
     

    日本色彩学会

  •  
     
     

    Japan Society of Kansei Engineering

  •  
     
     

    The Japanese Society for Artificial Intelligence

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感性情報学

  • ソフトコンピューティング

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アカデミックエモーション

  • 色彩感情

  • オントロジー

  • Academic Emotions

  • Color Emotions

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Perceptual holistic color combination analysis of Papilionidae butterflies as aesthetic objects

    Erina Kakehashi, Keiichi Muramatsu, Haruo Hibino

    PLoS ONE   15 ( 10 October ) e0240356  2020年10月  [国際誌]

     概要を見る

    In this study, we clarified the holistic color combination rules of human-preferred Papilionidae butterflies by examining the hue, lightness, and chroma. A set of 118 Papilionidae butterfly images used in our previous study was analyzed. These images were classified via hierarchical density-based spatial clustering based on perceptual similarities of colors that were obtained from a subjective image classification experiment. The color combinations of the clustered images were determined based on representative colors that were analyzed by a Gaussian mixture model with minimum message length and the color combination types defined in our previous study. Consequently, we obtained the following holistic color combination rules for Papilionidae: 1) contrasting lightness, similar chroma, and similar hue, 2) contrasting lightness, contrasting chroma, and similar hue, 3) similar lightness, similar chroma, and complementary hue, and 4) similar lightness, similar chroma, and similar hue. These rules suggest that minority color harmony theories are valid under particular conditions.

    DOI PubMed

  • Computational color combination analysis of Papilionidae butterflies as aesthetic objects

    Erina Kakehashi, Keiichi Muramatsu, Haruo Hibino

    Color Research and Application   45 ( 1 ) 65 - 84  2020年02月

     概要を見る

    In this study, our aim is to clarify the color combination rules of the human-preferred Papilionidae butterflies as aesthetic objects. A set of 118 butterfly images, including color polyphenism from the 47 Papilionidae species that are generally preferred by humans, was selected. These images were classified using hierarchical cluster analysis based on similarities of lightness, chroma, and hue attributes in CIELAB space, determined using histogram intersection. Then, the color distributions and combinations in each cluster were analyzed using a Gaussian mixture model and the color combination types defined in the present study. Accordingly, we obtained the following main color combination rules of human-preferred Papilionidae: (a) dominant low lightness and contrasting lightness components, (b) dominant low chroma and similar chroma components, and (c) dominant orange to yellow-green hue and similar hue components. These rules partly agree with the robust harmony principles found in previous research. We infer that the cognitive effects concerning the processing fluency through these color combination rules influence human aesthetic responses.

    DOI

  • Evaluating the Interaction Between Human Walking and Two-Dimensional Emotion Variation by Using Physiological Signals

    Jyun Rong Zhuang, Guan Yu Wu, Ya Jing Guan, Keiichi Muramatsu, Keiichi Watanuki, Eiichiro Tanaka

    Advances in Intelligent Systems and Computing   952   40 - 47  2020年

     概要を見る

    The purpose of this study is to assess the interaction between walking and emotion variation. Two-dimension walking condition map and the two-dimension emotion map were used to understand their relation. According to the tendency of the changing walking gait in response to the emotion variation, we found that two factors can be influenced by each other. Therefore, by using this relation, we proposed an evaluation method for the user obtaining a better rehabilitation effect while using the assistive device. We recommended that the patient should walk comfortably through following the personal walking limitation, they thus can freely two-way control the emotion and walking while using an assistive device. To conclude, our proposed evaluation method can be employed for various assistive devices.

    DOI

  • Development of an LED lighting system through evaluation of legibility and visual fatigue

    Keiichi Muramatsu, Keiichi Watanuki, Naoya Mashiko, Yoichiro Watanabe, Masutsugu Tasaki

    Emotional Engineering, Vol. 8: Emotion in the Emerging World     229 - 240  2020年01月

     概要を見る

    Light-emitting diodes (LEDs) are commonly used to backlight text indicators in vehicles, among other uses. It is desirable that such text indicators are both easily legible and have low fatigue-inducing qualities. Suitable spectral distributions for text presentation in vehicles have not yet been clarified. This study examined the legibility and fatigue experienced by participants when reading sentences presented through backlight emission for 10 min in a dark room. The backlight indicators employed both colored and white LEDs. The participants were asked to answer questionnaires to evaluate the LEDs’ legibility and fatigue. Moreover, the participants’ critical fusion frequency and brain activity were measured to objectively evaluate fatigue. The questionnaire results show that all of the colored backlighting displayed an almost equal legibility. The overall results suggest that participants were most (least) fatigued when viewing text illuminated by high color-rending (greenish white backlighting). Thus, fatigue can be reduced by using LEDs with different spectral distributions.

    DOI

  • Evaluation of Psychological Emotions During Fragrance Exposure by Chaotic Analysis of Fingertip Plethysmography

    Tomofumi Sakata, Keiichi Watanuki, Keiichi Muramatsu, Kazunori Kaede

    Advances in Intelligent Systems and Computing   952   167 - 176  2020年

     概要を見る

    Fragrance influences the psychophysiological state of a person; the volume of fingertip plethysmography is consequently affected by the aspiration of aroma. In this study, stimulation threshold at the time of aroma suction and emotional change around the discrimination threshold were evaluated by analyzing both a questionnaire and fingertip plethysmograph measurement. We built a fragrance generator to confirm the stimulus threshold, discrimination threshold, and acclimatization time of smell. Participants were asked to take a subjective evaluation of aroma intensity, comfortableness (comfort/discomfort), and aroma frequency in real time. The results confirmed the chaotic nature of the time series data of the fingertip plethysmographs. Moreover, the fingertip plethysmographs fluctuated when the participants responded that it did not smell in the subjective evaluation and when the maximum Lyapunov exponent increased, as the aroma fluctuation of the fingertip plethysmographs enlarged, corresponding to the uncomfortable values of the subjective evaluation.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 動的時間伸縮法を用いた音色可視化手法および音色生成手法

    久保田 晧貴, 綿貫 啓一, 楓 和憲, 村松 慶一

    年次大会   2020 ( 0 ) S12103  2020年

     概要を見る

    <p>In recent years, composers are required to have a high level of understanding of musical equipment due to the diversification of equipment, and researches on musical instruments and timbre understanding support systems have been conducted. Some of the previous studies use the overtones of the instruments as features and support them with illustrations based on principal component analysis, but further investigation of the correspondence with the overtone parameters is needed. In this study, the similarity of the overtone components was calculated using the dynamic time warping method and illustrated by clustering and principal component analysis, and the correspondence between the parameters was discussed in detail. As a result, it was suggested that there may be a correspondence between the visualized figure and the fundamental frequency components in the middle and high frequency range.</p>

    DOI CiNii

  • 遮蔽物透過映像における透過度が奥行き知覚に及ぼす影響の三次元注視点を用いた評価:(注視点の推定手法について)

    本間 流星, 綿貫 啓一, 楓 和憲, 村松 慶一

    年次大会   2020 ( 0 ) S11526  2020年

     概要を見る

    <p>In this study, we examine influence of difference in estimation method of point of gaze on evaluation of transparency during watching see-through vision. There are the two methods of estimating point of gaze, which are the method that uses the midpoint of the line segment that shows the shortest distance between the two lines of sight in three-dimensional space or the method of estimating it from intersection of two lines of sight on the two-dimensional plane. We compared these methods. As the result, there are significant differences in estimation error of convergence distance and there is relatively small variance in the three-dimensional point-of-gaze estimation methods. This result suggests that the three-dimensional point-of-gaze estimation method is more effective in evaluating transparency.</p>

    DOI CiNii

  • ドライビングシミュレータ使用時における臨場感の印象評価

    小林 海登, 綿貫 啓一, 楓 和憲, 村松 慶一

    年次大会   2020 ( 0 ) S11523  2020年

     概要を見る

    <p>When using a driving simulator, there is a problem that if the driving environment is not realistic enough, there will be a deviation from actual driving. On the other hand, it is said that using a head-mounted display (HMD), which has become widespread in recent years, improves the sense of reality in a VR environment.</p><p>In this study, for the purpose of creating an index to evaluate the sense of presence, we simulated driving under two conditions of HMD and flat display, and classified the factors from subjective impression evaluation.</p>

    DOI CiNii

  • 積層造形法により形成した立体形状とその触察の印象評価

    鈴木 哲博, 綿貫 啓一, 楓 和憲, 村松 慶一

    年次大会   2020 ( 0 ) S11511  2020年

     概要を見る

    <p>In this study, we conducted an experiment using the SD method questionnaire to find out how the impression of the person who touched the line is affected by the difference in the three-dimensional shape of the line formed by the laminate shaping method. We conducted a factor analysis on the questionnaire results and compared the impressions of each line. As a result of the factor analysis, five factors were extracted, the tendency of the line impression was found from the result of the questionnaire, and a significant difference was found in the impression difference of some lines. In addition, the relationship between the adjective pairs used in the SD method and the five senses was compared, and it was suggested that the lines used this experiment give the impression of being highly related to vision.</p>

    DOI CiNii

  • 香り提示により生じる感情における主観および客観的評価

    影山 晴香, 村松 慶一, 楓 和憲, 綿貫 啓一

    IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集   2020 ( 0 ) 1B02  2020年

     概要を見る

    The olfactory brain that controls olfaction overlaps with the emotional brain that controls emotions, and is thought to have contributed greatly to the development of the emotional brain. Therefore, the sense of smell is considered to be more connected to emotions than other senses, and attention has been focused on manipulating the psychological state to a desirable state by using scent. However, it is thought that there is a gender difference in aroma. According to Oloveira et al., Women have a large number of neurons and neurons in the olfactory bulb, which play the role of receiving olfactory information, and women are superior in the smell separation test (1). Other studies have found that repeated exposure to odors increased olfactory sensitivity only in postpubertal women. From the previous case, it is considered that there is a gender difference in the intensity and type of emotion that occurs even when the same scent is presented. Therefore, in this study, we aimed to clarify the gender difference of psychological changes caused by scents.

    DOI CiNii

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 感性シミュレーションのためのモデル統合オントロジーの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    村松 慶一

  • AIとデザイナによる協調デザインに向けたアイデア発想支援システム

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    加藤 健郎, 村松 慶一, 井関 大介

  • 学習価値を高めるコンテキスト共有プロセスの解明とその授業実践を支援するツール開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    木見田 康治, 松居 辰則, 村松 慶一, 石井 隆稔, 下村 芳樹

     概要を見る

    本研究では、サービス科学における知見を高等教育に適用することにより、価値共創の視点から学習の価値を高めることを最終的な目的とする。具体的には、学習の価値が、学業、将来の進路、社会状況などの様々な文脈(コンテキスト)により規定されることに着目し、教師と学生が互いのコンテキストを共有することで、学習に対する価値を合意し、適切な教授行動と主体的な学習行動を促すための実践的な方法を構築した。具体的な事例として、社会人学生を対象としたサービスイノベーション教育を対象とした。

  • 学習者の生体計測と教授者・学習支援システムを結ぶ学習者理解基盤システムの試作

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    小島 一晃, 松居 辰則, 村松 慶一

     概要を見る

    近年の知的学習支援研究におけるEducational Data Mining (EDM)では,生体計測データなどを取得して心的状態などにも学習者理解の側面を広げているが,この学習者理解は人間の教授者との共有が難しいという課題がある.本研究では,EDMの技術を応用した知的学習支援システムの実現にあたり,学習者の心的状態の背景にある振る舞いを抽出し,人間の教授者と共有可能な学習者理解の情報を提供できるシステム基盤の試作を行った.対象データを視線,心的状態を確信とする事例において,問題に解答する学習者の振る舞いを視線に基づいて抽出し,学習者の確信の背景を人間の教授者に提供することを試みた.

  • 知識工学的アプローチによる感性価値認識のモデル構築と生体情報のマッピング

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

    村松 慶一, 綿貫 啓一, 松居 辰則, 田中 英一郎, 木見田 康治, 石井 隆稔

     概要を見る

    生体情報に基づいた感性評価に関する知見を体系化することで,感性価値認識という心の構造を統一的に理解することを目指し,感性評価に用いる語句を整理することによって感覚同士の関連性について分析を行った上で,視覚,聴覚,嗅覚の刺激に対する主観評価とそれに対応する生体情報について基礎的な知見を得るための印象評価実験を行った.これらの結果に基づいて,実験参加者の認知・心理状態に対応する生体情報データの表れ方の類型化を試みた.その上で,感情や感覚などのユーザの状態を定義したオントロジーを構築した.これにより,感性評価に関わる感情や感覚などのユーザの状態を表現する基盤が得られた.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 学習者の心的状態に関する知識記述と管理に向けたAcademic Emotionの概念整理

    第27回日本人工知能学会全国大会  

    発表年月: 2013年

  • Control-value theoryに基づく学習者の心的状態の構造化

    第68回先進的学習科学と工学研究会  

    発表年月: 2013年

  • Academic Emotionsの概念に基づいた学習者の心的状態に関するオントロジー記述の試み

    第15回日本感性工学会大会  

    発表年月: 2013年

  • Ontological Organization of Academic Emotions toward Knowledge Description and Management about Learners Mental States

    The 21st International Conference on Computers in Education (ICCE2013)  

    発表年月: 2013年

  • ユーザの共感によるキャラクター・エージェントに対する印象の構造比較

    第14回日本感性工学会大会  

    発表年月: 2012年

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 熟達設計者の設計知識の表出と行為モデルに基づく知識共有による設計力向上の評価

    2013年  

     概要を見る

    日本の製造業が競争力をつけていくためには,品質,コスト,納期を確保する必要性が指摘されている.製品開発を行う中の上流工程となる開発・設計においては,設計品質の向上および設計力向上を目的として(1) 設計の自動化,(2) 設計ミスの撲滅,(3) 設計資産の再活用といった設計業務の効率化が多くの企業で取り組まれている.(1) 設計の自動化に必要な諸々の数値解析や数値制御のためには,人が設計の中で行っていることを形式知化する必要がある.(2) 設計ミス撲滅に関しては,設計の開始前,途中段階,最終段階のそれぞれにおいて設計者および設計関係者が設計情報のレビューを行いながら,情報の共有を行う必要がある.(3) 設計資産の再活用については,設計資産の蓄積を図りながらデータベースの整備を行う必要がある.これらの取り組みにおいて共通した課題は,人が設計する際に用いる経験やノウハウといった暗黙的な知識を明示的に記述し共有するということであり,それを阻害している最大の要因は,設計に関わる知識が設計者の熟達レベルに強く依存していることである.そこで,本研究では,設計力向上に向けて熟達者が行っている設計方法に関して,設計者が持っている知識とノウハウを表出し,共有,伝承することを目的とした.具体的には,半導体基板の設計を題材として(1) 設計者の観点による設計行為(知識)の表出および設計行為モデルの記述,(2) 設計行為モデルに基づいた設計品質および設計力向上の実務的な評価である.本研究の成果は,設計力向上に向けて熟達者が行っている設計方法とその知識を表出・共有するための設計行為モデルの構築である.このモデルは既往研究で提案されている人間行動モデル CHARM(Convincing Human Action Rationalized Model)に基づいている.既往研究では看護行為を対象にして看護をする動作を扱ったのに対して,本研究の設計行為においては設計者の思考過程を扱った点が異なる.まず,設計者が設計行為を行う際に使用する設計手順書,設計基準書,そして作業マニュアルをもとに設計行為を熟達者の視点から整理することによって,設計の熟達者が何を考えて設計を行っているかということを明示することができた.さらに,構築した設計行為モデルの有用性を検討するために,(1) リファレンスを与えない初心者,(2) 作業マニュアルを与えた初心者,(3) 設計行為モデルを与えた初心者,(4) 熟達者による設計データを比較した.その結果,構築した設計行為モデルは初心者が設計に対する理解を進めるために有用であることが示唆された.ただし,同一の実験参加者の設計経験,参照するリファレンスの情報量の差による影響が明確でないという点が今後の課題として残されている.

  • 色彩感情に関するセマンティックギャップ解決に向けた色彩感情オントロジーの構築

    2012年  

     概要を見る

    画像の特徴量から類似した画像を検索するという,内容に基づいた画像検索(Content-Based Image Retrieval)において,画像の表現と画像の意味内容が直接的に結びつかないことが問題である.画像の表現というlow-levelな特徴量と,画像の意味内容というhigh-levelな概念との間の隔たりはsemantic gapと呼ばれており,その解決のための一つのアプローチとして,画像を構成するオブジェクトに関する概念を記述したオントロジーを利用されている.本研究では,色彩感情に関する概念をオントロジーとしてまとめると共に,色彩感情に基づく画像検索のsemantic gap解決に向けたオントロジーの適用を検討した.オントロジーを利用するアプローチでは,low-levelな特徴量および中間レベルの語彙を構成要素としてhigh-levelな概念が記述された体系を参照モデルとして利用する.例えば,画像における「空」というhigh-levelな概念は,上方領域で青色成分の頻度が高いというlow-levelな特徴量を指していると考えられ,さらに概念と特徴量との中間レベルの粒度では「空間的位置が上かつ色が青」と表すことができる.ここでの「空間的位置」「上」「色」「青」という語彙がオントロジーとして記述されるものであり,概念と特徴量を意味的・内容的に仲介する役割を果たしている.類似した色彩感情を与える画像を検索する際のsemantic gapを解決するためには,画像内のオブジェクトに関するオントロジーではなく,それによって生じる色彩感情に関するオントロジーが必要となる.色彩感情に関する多くの研究成果に共通して,明度はheavy/light,彩度はactive/passive,色相はwarm/coolの反応と対応することが指摘されている.そこで,それらの測定に用いられるSemantic Differential尺度の形容語を取集し,心理的な属性および属性値の概念として定義した.具体的には,明度,彩度,色相という属性概念と明度量,彩度量,色相量という属性値の概念である.これらの概念を定義するにあたり,上位オントロジーであるYAMATO (Yet Another More Advanced Top-level Ontology)を参照した.本研究の成果として,オントロジーで定義した明度量,彩度量,色相量の概念を用いて形容語と色空間座標の関係を明示することができた.画像検索で利用する場合には,ユーザが意図する色彩感情の概念についてオントロジーから形容語と色空間座標の関係を抽出することで,画像検索に用いる特徴量に対して適切な制約を課すことが可能になると考えられる.また,検索結果を出力する際に個々の画像と関連した形容語を提示することも可能であると考えられる.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>