山田 和芳 (ヤマダ カズヨシ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

    東京都立大学大学院   理学研究科   地理科学専攻  

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京都立大学大学院   理学研究科   地理学専攻  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    東京都立大学   理学部   地理学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京都立大学   博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    静岡大学   防災総合センター   客員教授

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    ふじのくに地球環境史ミュージアム   教授

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    ふじのくに地球環境史ミュージアム   准教授

  • 2014年06月
    -
    2017年03月

    静岡大学   防災総合センター   客員准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本堆積学会

  •  
     
     

    地球環境史学会

  •  
     
     

    日本地球惑星科学連合

  •  
     
     

    東京地学協会

  •  
     
     

    日本サイエンスコミュニケーション協会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

  • 地球人間圏科学

  • 固体地球科学

  • 博物館学

  • 文化財科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 自然地理学

  • 環境考古学

  • 科学コミュニケーション

  • 環境史学

  • 災害史

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Long-term changes in morphological traits of Daphnia pulex in Lake Fukami-ike, Japan

    Yurie Otake, Hajime Ohtsuki, Jotaro Urabe, Kazuyoshi Yamada, Takehito Yoshida

    Limnology   22 ( 3 ) 329 - 336  2021年08月  [査読有り]

     概要を見る

    How a population adapts to environmental changes is a central topic in ecology, but long-term changes in the phenotype of an organism have rarely been studied in aquatic systems. In this study, we examined the morphological changes in Daphnia pulex from the initial establishment stage, using paleolimnological analysis, in Lake Fukami-ike (Nagano Prefecture, Japan). We measured morphological traits of ephippia and subfossils of D. pulex and compared the results with the population dynamics assessed in an earlier study. D. pulex established a stable population in the lake in the early 2000s. The length of the ephippia significantly increased in the mid-2000s and then decreased more recently, whereas the length of the post-abdominal claw as a proxy of body size did not show significant changes. This suggests that their adult body size was larger, and the time to maturity was delayed or the shift to the dormant phase got later in the mid-2000s, although the mean body size did not change. Subfossils of Chaoborus and the historical records suggest that planktivorous fish were less abundant and Chaoborus larvae were more abundant in the mid-2000s than in more recent periods. These results suggest that D. pulex adaptively changed phenotypic traits in response to changes in the predator community in the studied lake.

    DOI

  • A Lacustrine Biomarker Record From Rebun Island Reveals a Warm Summer Climate in Northern Japan During the Early Middle Holocene Due to a Stronger North Pacific High

    Masanobu Yamamoto, Fangxian Wang, Tomohisa Irino, Kenta Suzuki, Kazuyoshi Yamada, Tsuyoshi Haraguchi, Katsuya Gotanda, Hitoshi Yonenobu, Xuan Yu Chen, Pavel Tarasov

    Frontiers in Earth Science   9  2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    The summer climate of northern Japan since the last glacial period has likely been determined by atmospheric and oceanic dynamics, such as changes in the North Pacific High, the position of the westerlies, the Kuroshio Current, the Tsushima Warm Current (TWC), and the East Asian summer monsoon. However, it is unclear which factor has been most important. In this study, we analyzed leaf wax δ13C and δD and glycerol dialkyl glycerol tetraethers (GDGTs) in sediments from Lake Kushu, Rebun Island, northern Japan, and discuss changes in climate over the past 17,000 years. The GDGT-based temperature, the averaged chain length, δ13C and δD of long-chain n-fatty acids indicated that the climate was cold during the Oldest Dryas period ∼16 ka and warm in the early Middle Holocene from ∼9 to 6 ka. This climate change is consistent with the sea surface temperature in the Kuroshio–Oyashio transition, but inconsistent with changes in the TWC in the Sea of Japan. The results imply that the summer climate of northern Japan was controlled mainly by changes in the development of the North Pacific High via changes in the position of the westerly jet and East Asian summer monsoon rainfall, whereas the influence of the TWC was limited over a millennial timescale.

    DOI

  • Characteristics in trace elements compositions of tephras (B-Tm and To-a) for identification tools

    Fumiko Watanabe Nara, Tatsunori Yokoyama, Shin-ichi Yamasaki, Masayo Minami, Yoshihiro Asahara, Takahiro Watanabe, Kazuyoshi Yamada, Noriyoshi Tsuchiya, Yoshinori Yasuda

    Geochemical Journal   55 ( 3 ) 117 - 133  2021年06月  [査読有り]

  • 博物館における小学生を対象としたSTEM/STEAM教育プログラムの開発と実践-博物館ならではの科学教室の在り方の模索-

    坂田尚子, 池谷 渉, 菅原大助, 山田和芳, 熊野善介

    静岡県博物館協会研究紀要   44   56 - 61  2021年03月

  • Long-term dynamics of a cladoceran community from an early stage of lake formation in Lake Fukami-ike, Japan

    Yurie Otake, Hajime Ohtsuki, Jotaro Urabe, Shigeko Kimura, Kazuyoshi Yamada, Takehito Yoshida

    Ecology and Evolution   11 ( 3 ) 1240 - 1253  2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    An increase in nutrient levels due to eutrophication has considerable effects on lake ecosystems. Cladocerans are intermediate consumers in lake ecosystems; thus, they are influenced by both the bottom-up and top-down effects that occur as eutrophication progresses. The long-term community succession of cladocerans and the effects cladocerans experience through the various eutrophication stages have rarely been investigated from the perspective of the early-stage cladoceran community assemblage during lake formation. In our research, long-term cladoceran community succession was examined via paleolimnological analysis in the currently eutrophic Lake Fukami-ike, Japan. We measured the concentration of total phosphorus and phytoplankton pigments and counted cladoceran and other invertebrate subfossils in all layers of collected sediment cores, and then assessed changes in the factors controlling the cladoceran community over a 354-year period from lake formation to the present. The cladoceran community consisted only of benthic taxa at the time of lake formation. When rapid eutrophication occurred and phytoplankton increased, the benthic community was replaced by a pelagic community. After further eutrophication, large Daphnia and high-order consumers became established. The statistical analysis suggested that bottom-up effects mainly controlled the cladoceran community in the lake's early stages, and the importance of top-down effects increased after eutrophication occurred. Total phosphorus and phytoplankton pigments had positive effects on pelagic Bosmina, leading to the replacement of the benthic cladoceran community by the pelagic one. In contrast, the taxa established posteutrophication were affected more by predators than by nutrient levels. A decrease in planktivorous fish possibly allowed large Daphnia to establish, and the subsequent increase in planktivorous fish reduced the body size of the cladoceran community.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 百年先 : 地方博物館の大きな挑戦

    ふじのくに地球環境史ミュージアム( 担当: 編集)

    静岡新聞社  2021年01月 ISBN: 9784783805564

  • 環境考古学と富士山 第4号

    ふじのくに地球環境史ミュージアム, 静岡県富士山世界遺産センター( 担当: 共編者(共編著者))

    雄山閣  2020年03月 ISBN: 9784639024675

  • 実践 統合自然地理学: あたらしい地域自然のとらえ方

    岩田 修二

    古今書院  2018年06月 ISBN: 4772242074

    ASIN

  • 環境考古学と富士山 第2号

    岸本 年郎, 田代 一葉

    雄山閣  2018年03月 ISBN: 4639025629

    ASIN

  • 浜名湖は本当に塩水化したか-明応巨大地震(1498年)の大津波を考える-

    瀬戸浩二, 香月興太, 山田和芳( 担当: 分担執筆)

    月刊さなるこ新聞  2018年02月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 生物個体群は移入先の環境にどのように適応するか:湖沼堆積物と休眠卵を用いた,長野県深見池におけるミジンコ個体群の環境適応の分析

    大竹裕里恵, 大槻朝, 占部城太郎, 陶山佳久, 松尾歩, 廣田峻, 印南秀樹, 木村成子, 山田和芳, 吉田丈人, 吉田丈人

    日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web)   22nd  2020年

    J-GLOBAL

  • 金の違法製錬が引き起こす水銀汚染の影響の実態解明に向けて-年縞環境史の新展開-

    山田和芳, 村尾智

    Proceedings of Symposium on Geo-Environments and Geo-Technics   30th  2020年

    J-GLOBAL

  • 小川原湖堆積物の微量元素分布から推定される後期完新世における海水準変動

    奈良郁子, 奈良郁子, 山崎慎一, 渡邊隆広, 土屋範芳, 山田和芳, 安田喜憲

    日本地球化学会年会要旨集(Web)   67th  2020年

    J-GLOBAL

  • ミジンコ個体群の新生息地移入に伴う環境適応機構:湖沼堆積物と休眠卵を用いた遺伝構造と形質の時系列変動分析から

    大竹裕里恵, 大槻朝, 占部城太郎, 陶山佳久, 松尾歩, 廣田峻, 印南秀樹, 木村成子, 山田和芳, 吉田丈人, 吉田丈人

    日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集   2020  2020年

    J-GLOBAL

  • 平成29年度 名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業 「東海の地球環境史を学ぼう」活動報告

    南 雅代, 北川 浩之, 山田 和芳, 菅原 大助, 北村 晃寿, 榎並 正樹, 加藤 丈典, 池田 晃子, 奈良 郁子, 栗田 直幸, 山根 雅子, 西田 真砂美, 木田 梨沙子, 中村 俊夫, Minami Masayo, Kitagawa Hiroyuki, Yamada Kazuyoshi, Sugawara Daisuke, Kitamura Akihisa, Enami Masaki, Kato Takenori, Ikeda Akiko, Nara Fumiko, Kurita Naoyuki, Yamane Masako, Nishida Masami, Kida Risako, Nakamura Toshio

    名古屋大学年代測定研究   2   92 - 97  2018年03月

     概要を見る

    We, the members of the Division for Chronological Research at the Institute for Space-Earth Environmental Research at Nagoya University, held a regional contribution program for the higher grade elementary school students on August 3–4, 2017: "Investigation of natural and environmental history in the Tokai region". Twenty-seven students observed natural samples to experience earth and archaeological sciences. The first day began with lectures on tephra chronology and dendrochronology. After the lecture, the students took part in several hands-on experiments by using tephra and annual tree rings. On the second day they travelled to Shizuoka by bus and visited the Museum of Natural and Environmental History, Shizuoka to study natural and environmental history in the Tokai region. Later in the day they went to Miho no Matsubara to observe the states of coastal erosion and pine wilt disease. Finally, they went to Nihondaira to study about a movement of the earth's crust. The program ended a success. The post-program questionnaire shows that the participants enjoyed the program and learned many new things.宇宙地球環境研究所年代測定研究部は,静岡県ふじのくに地球環境史ミュージアムの山田和芳教授,菅原大助准教授,静岡大学理学部の北村晃寿教授と協力し,平成29年8月3日(木)と4日(金)の2日間にわたり,小学高学年生27名を対象とした夏休み体験学習「東海の地球環境史を学ぼう」を行いました.教室での講義だけでは得られ難い実体験の機会は,子どもたちの科学への興味や関心をより高めるきっかけになり,本体験学習の目的は十分達成できたと考えられる.

    CiNii

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀ポスター賞

    2019年09月   日本陸水学会第84回大会   ミジンコ個体群の遺伝的多様性の歴史:湖沼堆積物と休眠卵による湖沼定着初期からの解析  

    受賞者: 大竹裕里恵, 大槻朝, 占部城太郎, 陶山佳久, 松尾歩, 廣田峻, 木村成子, 山田和芳, 吉田丈人

  • 最優秀ポスター賞

    2019年08月   日本進化学会大21回大会   Reconstruction of population dynamics and adaptation of a Daphnia pulex population since its colonization in a new habitat: analysis using varved sediments and dormant eggs  

    受賞者: Yurie Otake, Hajime Ohtsuki, Jotaro Urabe, Shigeko Kimura, Kazuyoshi Yamada, Takehito Yoshida

  • 講演賞

    2018年12月   社会地質学会 第28回環境地質シンポジウム   年縞にみる環境史学の現状と課題  

    受賞者: 山田 和芳

  • 最優秀ポスター賞

    2018年03月   日本生態学会 第65回大会   トレンドとイベントから成る長期環境変動に対するプランクトン群集の応答:年縞堆積物を用い過去に遡る  

    受賞者: 大竹裕里恵, 大槻朝, 占部城太郎, 木村成子, 山田和芳, 吉田丈人

  • 最優秀口頭発表賞

    2017年09月   日本陸水学会第82回大会   長野県深見池における長期環境変動と枝角類群集の形成過程:年縞堆積物による長期動態の解明  

    受賞者: 大竹裕里恵, 大槻朝, 占部城太郎, 木村成子, 山田和芳, 吉田丈人

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 年縞を用いたASGMによる環境汚染の実態解明

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    山田 和芳、村尾 智、冨安卓滋、奥野 充、瀬戸浩二、香月興太、中西利典、

    担当区分: 研究代表者

  • Society 5.0に応える日本型STEM教育改革の理論と実践に関する実証研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    熊野 善介, 今村 哲史, 竹内 勇剛, 佐藤 真久, 山下 修一, 齊藤 昭則, 安藤 雅之, 田代 直幸, 畑中 敏伸, 郡司 賀透, 松元 新一郎, 山本 高広, 紅林 秀治, 山田 和芳, 遠山 一郎, 竹本 石樹, 齊藤 智樹

  • 目に見えない地層の縞(黒色有機年縞)がもつ古環境アーカイヴとしての有用性評価

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2021年07月
    -
    2023年03月
     

    山田和芳、藤木利之

    担当区分: 研究代表者

  • フィンランドに分布する厚層年縞堆積物を用いた人新世高精度環境情報の抽出

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2020年07月
    -
    2022年03月
     

    鹿島 薫, 福本 侑, 山田 和芳

  • 八郎潟調整池における近年の底質環境変化の解明

    研究期間:

    2021年06月
    -
    2022年02月
     

    山田和芳,鹿島 薫

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Sedimentary science to access mercury in 'varves'

    Kazuyoshi yamada

    Online Seminar on Geological and Environmental Research Methodology for ASGM  

    発表年月: 2021年11月

  • ボーリングコアの分析結果から見る鹿児島県藺牟田池の環境変化について(概報)

    吉元周平, 山田和芳, 中西利典, 村尾 智

    第31回社会地質学シンポジウム  

    発表年月: 2021年11月

  • 鹿児島県藺牟田池ボーリングコアの層序・年代と古環境学的価値について

    山田和芳, 藺牟田池プロジェクトメンバー

    第31回社会地質学シンポジウム  

    発表年月: 2021年11月

  • 中田島砂丘の消長と人間活動史

    山田和芳

    汽水域研究会第12回大会(第9回例会)  

    発表年月: 2021年01月

  • 金の違法製錬が引き起こす水銀汚染の影響の実態解明に向けて -年縞環境史の新展開

    山田和芳, 村尾 智

    第30回環境地質学シンポジウム  

    発表年月: 2020年11月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 伊豆半島における過去の南海トラフ巨大地震・津波の発生履歴の解明

    2020年  

     概要を見る

    本研究は、伊豆半島西部における過去1,000年間程度の津波履歴を解明することを目的とした。明神池湖底から採取したコアに対して、物性・粒度・CNS含有量の分析とともに、放射性炭素年代測定を実施した。その結果、堆積物の組成が大きく異なる18-19世紀の間に堆積したイベント地層があった。この地層は硫黄含有量や含砂率の高い層準という特徴が認められた。この地層の形成原因を考察するため、18-19世紀に伊豆を襲った宝永・安政東海地震津波をシミュレーションで再現したところ、安政東海地震の際は津波が西部の浜提を迂回して北側の井田の田園から明神池に流入したことから、この層は安政東海地震によるイベント堆積物である可能性がある。

  • 一ノ目潟における湖沼年縞の堆積機構の解明

    2014年  

     概要を見る

    本研究は、男鹿半島(秋田県)に位置する一の目潟に堆積する湖沼年縞について、その堆積機構を明らかにすることを目的としている。

  • 年輪年代学的手法による一ノ目潟湖沼年縞の編年精度の検証

    2013年  

     概要を見る

    本研究の目的は、秋田県一ノ目潟に現堆積している湖沼年縞堆積物の年縞計数による編年誤差の程度を知るために、年代誤差を持たない樹木年輪年代学の手法を用いて検討することである。その上で、将来的には年縞気候学という新分野開拓の足がかりにするものである。本研究課題では、まず現地調査をおこなった。2013年6月にリミノスコアラーによって、ミニアイスフィンガーコア堆積物の採取をおこなった。合計3本の良質なコアを採取することができた。コアは、採取後すぐに、鉛直方向に2分割して、堆積断面をデジタルカメラによって画像保存後、半分は年輪年代学的手法用に残し、残りの半分を堆積物薄片作製用、鉛・セシウム年代測定用にケースなどを用いて分割した。年輪計測システムおよび堆積物薄片の観察から年縞の層厚をもとめ、それを基準にして、2006、2011、2012年にすでに採取している同地点のコアの年縞と比較した結果、年縞の年毎形成が確実に確認された。これは、日本の湖沼では初めてであり、世界でもフィンランドの年縞に次ぐ結果である。 さらに、年縞計数の確実性を検証するために、セシウム-137年代測定を実施した。その結果、一ノ目潟の堆積物では、セシウム-137濃度は、1954年から増加し、1963年に増大ピークを取ることが明らかになった。この変動傾向は、1960年代前半の水爆実験に由来するものと考えられ、一ノ目潟の年縞年代が極めて確度があると証明できた。次に、このように信頼度が高い一ノ目潟の年縞編年のひとつの応用例として、挟在タービダイト層を用いた古地震記録に関する研究をおこなった。一の目潟堆積物には、上方細粒化構造を持つタービダイト層が年縞堆積物中に数多く挟在している。このタービダイト層の成因については,一般的に,洪水,地震,津波,波浪等と諸要因があげられるものの,一の目潟の地形等を考慮に入れると地震によって形成されたものと判断できる。その結果、1910年までの期間において、6枚の上方細粒化構造を持つ単一タービダイト層と、1枚の砂泥互層になっている複合タービダイト層が確認できた。年縞編年に基づくと、単一タービダイト層の形成時期は、上位から西暦1983 年、1964年、1945年、1939年、1935年、および1914年であることが明らかになった。これらの堆積年代と過去100年間における男鹿半島付近で起きたマグニチュード6.0以上の巨大地震を比べると、その多くが対応していることがわかり、1983年5月26日の昭和58年日本海中部地震(M7.7)、1964年5月7日の男鹿半島沖地震(M6.9)、1939年5月1日の男鹿地震(M6.8)、1914年3月15日の強首地震(M7.1)と確実に対応していることが明らかになった。つまり、一ノ目潟の年縞堆積物では、日本海東縁部秋田沖の海底地震や、内陸部で浅い深度を震源とする地震を推定できることが示唆された。さらに、タービダイト層の層厚と震度の関係を検討した結果、一ノ目潟において最も揺れ(震度)が大きかった1939年の男鹿地震では、タービダイト層の層厚が最も厚くなっている。このことから、タービダイト層の層厚から強震強度などを復元することができる可能性がある。一方、1916 年に堆積した複合タービダイト層は,同年ごろに行われていた農業用の取水トンネル工事の影響によるものである。このように一ノ目潟の年縞編年によって復元した堆積物記録は,歴史記録と一対一で対応していることが明白である。今後、有史以前に環境変動を高精度に読み解く可能性が秘められている。

  • 古気候プロキシーとしての湖沼堆積物中の生物源シリカ量の評価

    2012年  

     概要を見る

    本研究では、滋賀県琵琶湖および秋田県一の目潟において過去数百年の湖沼堆積物の高時間分解能な生物源シリカ量変化を求め、各調査地点の最近場所気象観測データと照らし合わせることで、生物源シリカ量が何の気象要素に起因して変化するのか解明することを最終的な目的とした。この研究を遂行するため、まず計画通り現地でのコアリング調査を計画し実行した。調査は2か所で実施した。ひとつは、2012年7月1日から4日にかけて琵琶湖(滋賀県)北部湖盆の高島沖(水深70 m地点)にて、他方は2012年8月5日から8日にかけて一の目潟(秋田県)中央部(水深45 m)である。両湖沼とも、それぞれリミノスグラビティーサンプラーを用いて、表層約40cm程度の表層堆積物を採取して、粉末ドライアイスを用いて急速凍結させた未擾乱コアを各湖沼で3本ずつ採取した。これら凍結試料は、高時間分解能な試料分析を行うために、大学実験室に持ち帰り、5mm幅での切断を行った。しかしながら、ここで大きな問題点が生じた。それは、この切断に関して、従来考えていた一般的なのこぎりを用いた切断ではできないことである。そのため、試料分析のステップに行く前に、テスト凍結サンプルを用いて、様々な切断方法、すなわちのこぎりのほか、カンナ、電熱カッター、超音波カッター等を試し、切断の容易さ及び正確さをテストした。その結果、最終的には、スチロールカッターに熱伝導度が高い銅線をつなげて、熱で溶かしながら試料切断する方法が最も優れていることがわかった。以上のような実験を経て、琵琶湖および一ノ目潟で採取した試料の切断を行った。現在、堆積年代の測定のためにPb-210およびCs-137の測定を、一方、生物源シリカ量を測定するために試料のモリブデンイエロー法を測定している。しかしながら、上述した切断に関する事項で、当初の予定したスケジュールが遂行できないため、すべてのコアについてまだ、分析を終えることができていない。そのため、当初予定していた分析データと観測データの対比を十分に行うことができていない。今後、早い段階で、現在進行形の分析を終わらせるともに、観測データとの対比検討のための、データ解析を行い、当初の目的のための成果を出していく予定である。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 世界地誌学

    早稲田大学  

    2019年10月
    -
    継続中
     

  • 基礎地理学

    早稲田大学  

    2019年10月
    -
    継続中
     

  • 現代の地球科学

    早稲田大学  

    2019年10月
    -
    2020年03月
     

  • ムセイオン:MUSEUMと文化

    静岡県立大学  

  • シズオカ学

    静岡県立大学  

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年11月
    -
    継続中

    社会地質学会  評議委員

  • 2021年08月
    -
    継続中

    日本第四紀学会 渉外委員長

  • 2021年04月
    -
    継続中

    静岡県環境審議会 廃棄物リサイクル部会委員

  • 2020年01月
    -
    継続中

    汽水域研究会  情報幹事

  • 2019年08月
    -
    継続中

    日本第四紀学会  評議員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 科学情報の収集と取捨選択について

    静岡科学館る・く・る 

    2021年11月
    -
     

  • 海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて

    裾野市婦人会 

    2021年10月
    -
     

  • 三保半島の成り立ち

    静岡市  静岡市環境大学 

    2021年08月
    -
     

  • 遠州遺産100プロジェクト 中田島砂丘 ー天竜川が造った遠州遺産-

    遠州遺産100プロジェクト YouTubeチャンネル 

    2021年06月
    -
     

  • 海洋プラスチックごみ問題に関する指導法講座2(解説編)

    静岡県公式YouTubeチャンネル 

    2021年06月
    -
     

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 駿府城の堀 水質調査に着手 利活用、保全へ研究チームなど

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    静岡新聞  

    2021年07月

  • 絶対に訪ねたくなる浜名湖展

    日本養殖新聞  

    2020年03月

  • 浜名湖ウナギの歴史紹介

    静岡新聞  

    2020年03月

  • カードゲームで資源考えよう

    静岡新聞  

    2020年03月

  • プラごみ減 方策考える

    静岡新聞  

    2020年03月

全件表示 >>