岩瀬 英治 (イワセ エイジ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.iwaselab.amech.waseda.ac.jp/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    東京大学   情報理工学系研究科   知能機械情報学専攻  

  •  
    -
    2005年

    東京大学   Graduate School of Information Science and Technology   Department of Mechano-Informatics  

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    東京大学   工学系研究科   機械情報工学専攻  

  •  
    -
    2002年

    東京大学   Graduate School of Engineering   Department of Mechano-Informatics  

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    東京大学   工学部   機械情報工学科  

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(情報理工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院 基幹理工学部 機械科学・航空学科   教授

  • 2018年08月
    -
    継続中

    文部科学省   研究振興局   学術調査官(兼任)

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学   理工学術院 基幹理工学部 機械科学・航空学科   准教授

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    早稲田大学   理工学術院 基幹理工学部 機械科学・航空学科   専任講師

  • 2010年06月
    -
    2012年03月

    Harvard University   School of Engineering and Applied Sciences (SEAS)   Postdoctoral Fellow

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    応用物理学会

  •  
     
     

    電気学会

  •  
     
     

    Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

  •  
     
     

    日本ロボット学会

  •  
     
     

    日本機械学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機械力学、メカトロニクス

  • ロボティクス、知能機械システム

  • ナノマイクロシステム

  • 知能ロボティクス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • マイクロマシン・MEMS

論文 【 表示 / 非表示

  • Rapid prototyping of fluoropolymer microchannels by xurography for improved solvent resistance

    Takuma Hizawa, Atsushi Takano, Pravien Parthiban, Patrick S. Doyle, Eiji Iwase, Michinao Hashimoto

    Biomicrofluidics   12 ( 6 ) 064105 - 064105  2018年11月  [査読有り]

    DOI

  • Design of Substrate Stretchability using Origami-Like Folding Deformation for Flexible Thermoelectric Generator

    Kana Fukuie, Yoshitaka Iwata, Eiji Iwase

    Micromachines   9 ( 3 ) 135  2018年06月  [査読有り]

    DOI

  • Measurement of conformability and adhesion energy of polymeric ultrathin film to skin model

    Junki Sugano, Toshinori Fujie, Hiroyasu Iwata, Eiji Iwase

    Japanese Journal of Applied Physics   57 ( 6 ) 06HJ04  2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We measured the conformability and adhesion energy of a polymeric ultrathin film "nanosheet" with hundreds of nanometer thickness to a skin model with epidermal depressions. To compare the confirmability of the nanosheets with different thicknesses and/or under different attaching conditions, we proposed a measurement method using skin models with the same surface profile and defined the surface strain ϵS as the quantified value of the conformability. Then, we measured the adhesion energy of the nanosheet at each conformability through a vertical tensile test. Experimental results indicate that the adhesion energy does not depend on the liquid used in wetting the nanosheet before attaching to the skin model and increases monotonously as the surface strain ϵS increases.

    DOI

  • Self-rolling up micro assembly using temperature - Responsive hydrogel sheet with rigid plate array

    Yoshitaka Iwata, Shuhei Miyashita, Eiji Iwase

    Proceedings of the IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)   2018-   93 - 96  2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose a design method of a micro self-rolling up structure using a temperature-responsive hydrogel sheet with rigid plate array. Our self-rolling up is a method for developing a micro three-dimensional (3D) structure performed by rolling up a two-dimensional (2D) flat sheet, like making a croissant, through a continuous self-folding. The local curvature of the self-rolled up structure could be controlled by the length of rigid plates. By controlling the local curvature, we designed and developed self-rolled up structures with or without gaps between the self-rolled up layers, such as cylindrical and croissant-like ellipsoidal structures. In addition, all the structures demonstrated repetitive deformation of forward and backward rolling up by changing a temperature of water.

    DOI

  • Crack-configuration analysis of metal conductive track embedded in stretchable elastomer

    Tomoya Koshi, Eiji Iwase

    Micromachines   9 ( 3 ) 130  2018年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper reports the analysis of the crack configuration of a stretched metal conductive track that is embedded in a stretchable elastomer. The factor determining the crack configurations is analyzed by modeling as well as experiments. The modeling analysis indicates that the crack configuration is determined by the ratio of the elongation stiffness of the track and elastomer, and is classified into two types: multiple-crack growth and single-crack growth. When the track stiffness is considerably lower than the elastomer stiffness, multiple-crack growth type occurs
    in the opposite case, single-crack growth type occurs. Hence, to verify the modeling analysis, metal conductive tracks with different thicknesses are fabricated, and the cracks are studied with respect to the crack width, number of cracks, and crack propagation speed. In this study, two conventional metal-track shapes are studied: straight-shaped tracks with track thickness of 0.04-1.17 μm, and wave-shaped tracks with track thickness of 2-10 μm. For straight-shaped tracks, multiple-crack growth type occurred, when the track thickness was 0.04 μm, and the crack configuration gradually changed to a single crack, with the increase in the track thickness. For wave-shaped tracks with track thickness of 2-10 μm, only single-crack growth type occurred
    however, the crack propagation speed decreased and the maximum stretchability of the track increased, with the increase in the track thickness.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Origami6: II. Technology, Art, Education

    Eiji Iwase, Isao Shimoyama( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Magnetic Self-Assembly of Three-Dimensional Microstructures)

    American Mathematical Society  2016年01月 ISBN: 9781470418762

  • ウェアラブルデバイスの小型、薄型化と伸縮、柔軟性の向上技術

    岩瀬英治, 古志知也( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 自己修復型金属配線の開発とウェアラブル機器への応用可能性, (第2章 第6節))

    技術情報協会  2015年12月 ISBN: 9784861046063

Misc 【 表示 / 非表示

  • 自己修復型金属配線と伸縮デバイス応用

    古志知也, 岩瀬英治

    応用物理   86 ( 12 ) 1061 - 1064  2017年12月  [査読有り]  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 伸縮性電気配線および自己修復機能を有する金属配線

    古志知也, 岩瀬英治

    接着の技術   37 ( 2 ) 21 - 25  2017年  [査読有り]  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 単一センサによる音源定位のためのキリギリス規範音響センサ

    稲葉亮, NGUYEN Minh Dung, 高橋英俊, 岩瀬英治, 松本潔, 下山勲

    日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   27th   ROMBUNNO.2I1-03  2009年09月

    J-GLOBAL

  • パララックスバリアとマイクロレンズアレイを用いた立体視ディスプレイ

    奥野和秀, 岩瀬英治, 松本潔, 下山勲

    日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   27th   ROMBUNNO.3A3-06  2009年09月

    J-GLOBAL

  • 昆虫型羽ばたき機を用いた翼面圧力の計測

    青山雄一郎, 大澤一治, 高橋英俊, 岩瀬英治, 松本潔, 下山勲

    日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   27th   ROMBUNNO.1M3-07  2009年09月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 紙とテクノロジー,「折り紙の呼吸 Breathing of ORIGAMI」展,紙に命を与える折りと技術 ((株)竹尾,見本帖本店展示企画)

    2014年
     
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • 異能(Inno)vation ジェネレーションアワード部門,センシング・データ部門賞

    2017年11月   総務省  

    受賞者: 岩瀬 英治

  • 新分野開拓表彰

    2017年11月   日本機械学会 マイクロ・ナノ工学部門  

    受賞者: 岩瀬 英治

  • 早稲田大学リサーチアワード(国際発信力)

    2016年11月   早稲田大学  

    受賞者: 岩瀬 英治

  • 大隈記念学術褒賞(奨励賞)

    2016年11月   早稲田大学  

    受賞者: 岩瀬 英治

  • 第19回 丸文研究奨励賞

    2016年04月   丸文財団  

    受賞者: 岩瀬 英治

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 折り紙エレクトロニクス

    研究期間:

    2018年
    -
    2020年
     

    岩瀬 英治

    担当区分: 研究代表者

  • 断線を自ら診断し自己修復する金属配線

    研究期間:

    2016年08月
    -
    2018年
     

    岩瀬 英治

    担当区分: 研究代表者

  • 単一駆動部による多自由度MEMSスキャナの制御とそのデバイス応用

    研究期間:

    2015年
    -
    2017年
     

    岩瀬 英治

    担当区分: 研究代表者

  • さまざまな模様・質感が提示可能な柔軟シート

    研究期間:

    2015年
    -
    2016年
     

    岩瀬 英治

    担当区分: 研究代表者

  • スタンピング転写を用いた大面積・機能集積・フレキシブルMEMSデバイス

    研究期間:

    2007年
    -
    2008年
     

    岩瀬 英治

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Programmable Medicine: Autonomous, Ingestible, Deployable Hydrogel Patch and Plug for Stomach Ulcer Therapy

    Alexis du, Plessis d’Argentre, Samuel Perry, Yoshitaka Iwata, Haruna Iwasaki, Eiji Iwase, Assunta Fabozzo, Iain Will, Daniela Rus, Dana Damian, Shuhei Miyashita

    Proceedings of the 2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2018)  

    発表年月: 2018年05月

  • Self-Rolling up Micro Assembly using Temperature-Responsive Hydrogel Sheet with Rigid Plate Array

    Yoshitaka Iwata, Shuhei Miyashita, Eiji Iwase

    Proceedings of the 31st IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS2018)  

    発表年月: 2018年01月

  • Micro Sample Chamber by Laminated Fluorinated Films for NMR Spectroscopy of a Micro-volume Spherical Sample

    Takuma Hizawa, Masato Takahashi, Eiji Iwase

    Proceedings of the 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2017)  

    発表年月: 2017年11月

  • Measurement of Conformability and Adhesion Energy of Ultrathin Film to Skin Model

    Junki Sugano, Toshinori Fujie, Hiroyasu Iwata, Eiji Iwase

    Proceedings of the 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2017)  

    発表年月: 2017年11月

  • Epidermal pH-Sensor Capable of Operating only with NFC Energy Harvesting

    Shun Miyabayashi, Hiroki Hayata, Eiji Iwase, Toshinori Fujie, Hiroyasu Iwata

    Proceedings of the 8th International Conference on Flexible and Printed Electronics (ICFPE2017)  

    発表年月: 2017年07月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 折り畳みを利用した伸縮変形可能なシート型デバイス 

    2017年  

     概要を見る

    本申請課題の目的は、蛇腹折りやミウラ折りのような折り畳みを利用することで、伸縮変形や曲面への貼付けが可能なシートデバイスを実現することである。例えば、基板の中立面に電気配線を配置し、曲げ変形を受けない平板部に発光素子やセンサ素子を配置すれば、電気配線や発光素子・センサ素子に曲げ耐性・伸縮耐性がなかったとしても、デバイス全体としては伸縮耐性を有することができる。これにより、金属や半導体など、曲げ耐性・伸縮耐性を有しないが高性能・高機能な材料を用いて、伸縮変形可能なデバイスを実現することが可能となる。研究成果として、2次元の折り畳み方法の1つであるミウラ折りに切り込みを設けることで変形の自由度を増した構造による伸縮変形可能なLEDデバイスを実現した。

  • 少数電極駆動による多自由度MEMSスキャナ

    2014年  

     概要を見る

    本申請課題の目的は、支持梁の幾何形状を工夫することで各自由度に対する共振周波数を設計し、その構造を用いることで少数駆動電極による多自由度のMEMSスキャナの設計と実現可能性の検証を行うことである。3自由度(x軸回転、y軸回転、z軸回転)を有するMEMSスキャナを対象として、理論的に梁の設計を行うとともに有限要素法シミュレーションにより解析を行った。その結果、1対の梁によって、3自由度の共振周波数の離れた梁形状を設計することができた。さらに、マイクロファブリケーションを用いてMEMSスキャナの試作を行った。試作したMEMSスキャナの共振周波数特性を計測した結果、シミュレーションによる値と同等の特性を得ることができた。

  • 液体を用いた伸縮可能なMEMS配線

    2012年  

     概要を見る

     近年フレキシブルデバイスの研究が盛んになっているが、曲げのみならず伸縮に耐えられる配線材料はほとんどない。ゴム材料に導電性材料を混ぜた導電性ゴムの電気伝導率は10^1 S/m程度であり、これは固体の配線材料として用いられているAuが4.6×10^7 S/mであることと比べると非常に低い。そのため、高い伝導率と高い伸縮耐性とを兼ね備えた電気配線が求められている。 そこで、本研究では液体を利用することによる曲げられかつ伸縮可能な電気配線を目的とした。柔軟基板上に金属の配線部とそれを覆うように液体を配置した構造を基本とし、MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)の加工技術により製作する。金属としてはAuを、柔軟基板としてはシリコーンゴムの一種であるPDMS(polydimethylsiloxane)を用いた。液体としては、イオン液体を用いることとした。その理由としては、高いイオン伝導率を持つことに加え、水に比べ広い電位窓をもつため電気的に利用しやすいこと、化学的安定性が高いことが挙げられる。しかしながら、未硬化のPDMSをイオン液体と接した状態で硬化させようとすると硬化阻害が起こり、PDMSが硬化しないという問題が発生した。10 hPa程度の低真空でCVD(Chemical Vapor Deposition: 化学的気相堆積)が可能なパリレンは、シリコーンオイルやグリセリンのような低蒸気圧の液体上に直接成膜することができることが知られている。イオン液体もまた低蒸気圧の液体であるため、イオン液体をパリレン膜で封止した後に未硬化のPDMSを流し込み柔軟基板への埋め込みを行った。 伸縮配線を抑える治具と計測用の電極端子が直動ステージに取り付けられた計測セットアップを用いて歪みに対する伝導率の変化の計測を行った。その結果、歪みが0 %での電気伝導率が8.1×10^6 S/mであったのに対して、歪みが24 %のときにでも2.5×10^6 S/mと10^6オーダの電気伝導率が得られた。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    継続中

    文部科学省 研究振興局  学術調査官

  • 2018年08月
    -
    継続中

    (一社)電気学会 センサ・マイクロマシン部門  MSS技術委員会,委員

  • 2018年08月
    -
    継続中

    (一社)日本機械学会 若手の会  委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    (一社)日本機械学会 情報・知能・精密工学部門  編集委員会,幹事

  • 2018年04月
    -
    継続中

    (一社)日本機械学会 情報・知能・精密工学部門  運営委員会,委員

全件表示 >>