OMATA, Tomofumi

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Education 【 display / non-display

  • 2007.04
    -
    2017.05

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2000.04
    -
    2004.03

    Waseda University   School of Letters, Arts and Sciences I  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田   博士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
    2020.03

    Japan Society for the Promotion of Science

  • 2017.04
    -
    2020.03

    Waseda University   School of Education

  • 2014.09
    -
    2020.03

    Waseda University   School of Humanities and Social Sciences

  • 2011.04
    -
    2014.03

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本ロシア思想史学会

  •  
     
     

    日本ロシア文学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • History of thought

Papers 【 display / non-display

  • フョードロフ『共同事業の哲学』翻訳をめぐって

    小俣 智史

    比較文学年誌   ( 55 ) 45 - 63  2019  [Refereed]

  • フョードロフにおける合唱の概念

    小俣 智史

    ロシア語ロシア文学研究   ( 46 ) 95 - 109  2014  [Refereed]

  • ニコライ・フョードロフの思想形成とその諸要因

    小俣 智史

    早稲田大学大学院文学研究科紀要 第2分冊   ( 59 ) 177 - 192  2014  [Refereed]

  • 『善の弁明』をめぐるフョードロフのソロヴィヨフ批判

    小俣 智史

    ロシア文化研究   ( 20 ) 1 - 14  2013  [Refereed]

  • セトニツキイによるフョードロフ解釈――オイコノミアとエコノミーの視点から

    小俣 智史

    ロシア語ロシア文学研究   ( 44 ) 175 - 192  2012  [Refereed]

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • ロシア宇宙主義とは何か

    小俣智史

    ユーラシア研究   ( 61 ) 41 - 45  2020.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • コスミズム

    小俣智史

    ロシア文化事典     584 - 585  2019.10

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • Понятия соборности и хора в философии Н.Ф. Федорова

    Московский Сократ: Николай Федорович Федоров (1829-1903). Сборник научных статей.     56 - 60  2018

  • Толкование концепции самодержавия Н.Ф.Федорова сквозь призму концепции домостроительства

    Московский Сократ: Николай Федорович Федоров (1829-1903). Сборник научных статей.     78 - 82  2018

    Research paper, summary (international conference)  

  • 書評と紹介 桑野隆著『20世紀ロシア思想史 宗教・革命・言語』

    小俣 智史

    ロシア文化研究   ( 25 ) 89 - 92  2018

Awards 【 display / non-display

  • 学会賞

    2015.11   日本ロシア文学会  

    Winner: 小俣 智史

Research Projects 【 display / non-display

  • 19世紀後半から20世紀前半のロシア思想における技術の問題

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

    小俣 智史

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • 『創造の理論と心理学の諸問題』誌におけるП.К.エンゲリメイエルの創造の理論

    小俣智史

    日本ロシア文学会第69回研究発表会 

    Presentation date: 2019.10

    Event date:
    2019.10
     
     
  • Расстояние и техника в философии Н. Ф. Федорова

    OMATA Tomofumi

    XVIII Международные научные чтения памяти Н. Ф. Федорова 

    Presentation date: 2019.06

  • Толкование мысли Федорова c точки зрения нормы науки

    小俣 智史

    ICCCEES IX World Congress 2015 

    Presentation date: 2015.08

  • Понятия соборности и хора в философии Н.Ф. Федорова

    小俣 智史

    XIV Международные научные чтения памяти Н.Ф.Федорова 

    Presentation date: 2013.12

  • Толкование концепции самодержавия Н.Ф.Федорова сквозь призму концепции домостроительства

    小俣 智史

    XIII Международные научные чтения памяти Н.Ф.Федорова 

    Presentation date: 2011.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 20世紀前半におけるフョードロフの影響史

    2011  

     View Summary

     本課題の目的は、20世紀前半におけるフョードロフ受容の状況に光を当て、フョードロフの思想が思想家自身の死後どのような文脈で現れ、評価されてきたのかを整理し明らかにすることにあった。フョードロフの死後、その思想の擁護および普及活動を担ったН.П.ペテルソンは1910年代中頃からЕ.Н.トルベツコイやС.А.ゴロヴァネンコと論争を行い、その結果、伝統的キリスト教理解との齟齬、極端な理性主義的傾向などがフョードロフの思想の抱える問題として露わになった。しかし、こうした傾向での批判は革命後、20年代に入ると新たな傾向に取って代わられる。この傾向は10年代にすでにС.Н.ブルガーコフなどのフョードロフ論によってその萌芽を見せていたが、それを明らかなものとしたのはハルピンで活動したН.А.セトニツキイであった。セトニツキイは20年代末にユーラシア主義左派へと接近し、当時焦眉の問題であったマルクス主義を克服するための思想としてフョードロフを紹介した。このときフョードロフの思想は、10年代に批判を受けた人の手による内在的・物質的な復活説などではなく、世界に対する人間の働きの能動性にその主眼が置かれ、10年代にゴロヴァネンコらにより伝統的・正統的なキリスト教理解の立場から批判を受けたにもかかわらず、キリスト教思想として扱われた。このことは、見方を変えれば、マルクス主義を比較対象とすることにより10年代の批判を乗り越えようとする狙いに基づくものであったとも考えられる。 今回の助成により、20世紀前半におけるフョードロフ思想の受容には上述のような画期が存在し、その評価は時代背景に左右されてきたことが明らかになった。このことは近年の「ロシア・コスミズム」におけるフョードロフ論をはじめとする既存の研究において十分に考慮されているとは言いがたい。ゆえに、この画期をふまえることでフョードロフ研究に新たな視座をもたらすことができると思われる。今後は雑誌論文や博士論文の形で今回の成果を示していくことになる。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>