田口 素子 (タグチ モトコ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    2022年

    スポーツ栄養研究所   プロジェクト研究所所長

学位 【 表示 / 非表示

  • 日本女子体育大学   修士(スポーツ科学)

  • 早稲田大学   博士(スポーツ科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
     

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ栄養学

論文 【 表示 / 非表示

  • Within-Day Energy Balance and Metabolic Suppression in Male Collegiate Soccer Players

    Sihyung Lee, Kuniko Moto, Seungah Han, Taewoong Oh, Motoko Taguchi

    Nutrients   13 ( 8 ) 2644 - 2644  2021年07月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    Metabolic suppression due to relative energy deficiency can cause various physiological impairments in athletes. The purpose of this study was to evaluate within-day energy balance (WDEB) and the ratio between measured and predicted resting energy expenditure (REEratio) and to investigate the relationships between the markers of metabolic suppression. Ten male collegiate soccer players completed a 7-day food diary, physical activity, and heart rate records during the training and rest days. Energy intake (EI) and energy expenditure (EE) were analyzed to evaluate WDEB components. Body composition was measured using dual-energy X-ray absorptiometry (DXA), and blood sampling was conducted for hormonal analysis. The REE was measured using the Douglas bag method and predicted using the DXA-predicted method to calculate the REEratio. Participants were categorized into the normal (REEratio ≥ 0.94, n = 5) and suppressed (REEratio < 0.94, n = 5) groups. There were no group differences in the components of WDEB, except diet-induced thermogenesis (DIT), but EI was significantly higher in the normal group than in the suppressed group (7-day total: 3660 ± 347 vs. 3024 ± 491 kcal/day, p = 0.046 and rest days: 3772 ± 463 vs. 2796 ± 800 kcal/day, p = 0.046). Analysis of hormonal markers of metabolic suppression only showed a significant positive association between insulin-like growth factor-1 (IGF-1) and REEratio (r = 0.771, p = 0.009). The relationships between metabolic suppression and the markers of energy deficiency were inconclusive. There are possible associations of insufficient EI and IGF-1 levels with metabolic suppression, and further study is required to understand energy deficiency in male soccer players.

    DOI

  • Habitual Dietary Status and Stress Fracture Risk Among Japanese Female Collegiate Athletes

    Tatsuya Ishizu, Suguru Torii, Motoko Taguchi

    Journal of the American College of Nutrition     1 - 8  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

  • Prebiotic Food Intake May Improve Bone Resorption in Japanese Female Athletes: A Pilot Study

    Tatsuya Ishizu, Eri Takai, Suguru Torii, Motoko Taguchi

    Sports   9 ( 6 ) 82 - 82  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    The aim of the present study was to clarify the influence of inulin and lactulose-fortified prebiotic food intakes on bone metabolism turnover among Japanese female athletes. The participants included 29 female athletes aged 18–25 years. They were requested to consume their habitual foods or drinks with one pack of prebiotic food every day for 12 weeks. Dietary intake, training time, body composition, blood sample, and fecal microbiota were assessed during this intervention period. Body composition, total energy intake, and training time of the participants revealed no significant changes during the intervention period. The occupation ratio of Bifidobacterium spp. was significantly increased at 3 and 4 weeks (18.0 ± 8.3% and 17.6 ± 8.5%, respectively) compared to that of pre-intervention (11.7 ± 7.3%) (p = 0.019 and p = 0.035, respectively). The serum TRACP-5b level was significantly decreased at 12 weeks (363 ± 112 mU/dL) compared to that at baseline (430 ± 154 mU/dL) (p = 0.018). These results suggest that the prebiotic food used in this study might have beneficial effects on bone health and gut microbial environment among female athletes. Further studies are warranted to identify the mechanism of the prebiotics–gut–bone axis.

    DOI

  • Development and validation of a food frequency questionnaire for Japanese athletes (FFQJA)

    Kazuko Ishikawa-Takata, Kaori Okamoto, Motoko Taguchi

    Journal of the International Society of Sports Nutrition     18:34  2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Food frequency questionnaires are considered an effective method for assessing habitual dietary intake, but they must be developed or validated with the target population. Portion size, supplement use and food choice are thought to be especially important methodological considerations for assessing athletes’ dietary intake. This study aimed to develop and validate a food frequency questionnaire for Japanese athletes using data from this population.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    We used dietary records from 440 Japanese athletes involved in our previous projects. Food items were analyzed using cumulative percentage contributions and multiple regression analysis, to give a selection of 62 basic food items and four supplemental items. The validity of the questionnaire was evaluated among another 77 Japanese athletes by comparing nutrient intakes assessed using the questionnaire with dietary records. Reproducibility was evaluated by comparing a second questionnaire completed 2–3 weeks later by 36 of the athletes in the validation study. Validity was assessed using crude Spearman’s correlation coefficients (CCs), energy-adjusted CCs, intraclass CCs (ICCs), and Kappa index values. Reproducibility was assessed by CCs, energy-adjusted CCs, and ICCs.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    In the validation analysis, the median crude CC for all of the nutrients was 0.407, ranging from 0.222 for dietary fiber to 0.550 for carbohydrate. The median energy-adjusted CC was 0.478, and the median ICC was 0.369. When we divided the athletes into quartiles, 65% (vitamin B1) to 86% (iron) of athletes were classified into the same or adjacent categories using the questionnaire and dietary records, with a median Kappa statistic of 0.32. In the reproducibility analysis, the median crude CC between the two completed questionnaires was 0.654, ranging from 0.582 (carbohydrate) to 0.743 (vitamin B2). The median energy-adjusted CC was 0.643, and the median ICC was 0.647.


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    The new 62-item food frequency questionnaire is both reliable and valid and may be useful for assessing food intake in Japanese athletes.


    </sec>

    DOI

  • Increasing Meal Frequency in Isoenergetic Conditions Does Not Affect Body Composition Change and Appetite During Weight Gain in Japanese Athletes

    Motoko Taguchi, Akiko Hara, Hiroko Murata, Suguru Torii, Takayuki Sako

    International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism   31 ( 2 ) 109 - 114  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    For athletes to gain body mass, especially muscle, an increase in energy consumption is necessary. To increase their energy intake, many athletes consume more meals, including supplementary meals or snacks. However, the influence of meal frequency on changes in body composition and appetite is unclear. The aim of this study was to determine the effect of meal frequency on changes in body composition and appetite during weight gain in athletes through a well-controlled dietary intervention. Ten male collegiate rowers with weight gain goals were included in this study. The subjects were randomly classified into two groups, and dietary intervention was implemented using a crossover method. During the intervention period, all subjects were provided identical meals aimed to provide a positive energy balance. The meals were consumed at a frequency of either three times (regular frequency) or six times (high frequency) a day. Body composition was measured using dual energy X-ray absorptiometry, and the visual analog scale was used for the evaluation of appetite. In both trials, body weight, fat-free mass, and fat mass significantly increased; however, an interaction (Trial × Time) was not observed. Visual analog scale did not vary between trials. Our data suggest that partitioning identical excess dietary intakes over three or six meals does not influence changes in body composition or appetite during weight gain in athletes.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • エビデンスに基づく 競技別・対象別スポーツ栄養

    髙田和子, 田口素子, 浜野純, 松本恵, 村田浩子, 鈴木いづみ, 高戸良之, 木村典代, 辰田和佳子, 飯野直美, 松本範子, 元永恵子, 近藤衣美, 山田優香, 小清水孝子, 目加田優子( 担当: 共編者(共編著者))

    2021年04月

  • ジュニアアスリートキッチン : スポーツをがんばる子どものためのお悩み解決レシピ

    BS朝日, 田口, 素子( 担当: 監修)

    文化工房  2020年05月 ISBN: 9784990828462

  • アスリートのための朝食術

    早稲田大学スポーツ栄養研究所, エームサービス株式会社, 田口 素子( 担当: 監修)

    女子栄養大学出版部  2020年05月 ISBN: 9784789551373

  • エッセンシャルスポーツ栄養学

    日本スポーツ栄養学会監修( 担当: 分担執筆,  担当範囲: ウエイトコントロール (増量))

    市村出版  2020年03月 ISBN: 9784902109542

  • アスリートの栄養アセスメント

    早稲田大学スポーツ栄養研究所( 担当: 編集)

    第一出版  2017年12月 ISBN: 9784804113746

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 【持久系スポーツによる運動器障害I-その魅力と理解のための基礎知識-】 持久系スポーツの特殊性 持久系スポーツの特徴 食事と栄養

    村田 浩子, 田口 素子

    臨床スポーツ医学   34 ( 6 ) 556 - 561  2017年06月

  • Influence of Carbohydrate Intake on Muscle Glycogen Recovery after Exercise in Endurance-Trained Subjects

    Keiko Motonaga, Takuya Osawa, Keisuke Shiose, Emi Kondo, Akiko Kamei, Shiori Ouchi, Takashi Kawahara, Motoko Taguchi, Hideyuki Takahashi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   47 ( 5 ) 866 - 866  2015年05月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI

  • Fat-free Mass Gain By Physical Training And Overfeeding Increases Resting Energy Expenditure In Male Athletes

    Satomi Oshima, Suguru Torii, Motoko Taguchi, Mitsuru Higuchi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   46 ( 5 ) 709 - 709  2014年05月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • スポーツをする小学生の体力特性と栄養摂取の現状

    長坂聡子, 田口素子, 鈴木志保子, 木村典代, 古旗照美, 田中千晶, 金子香織, 樋口満

    日本スポーツ栄養研究誌   1 ( 1 ) 13 - 13  2008年04月

    J-GLOBAL

受賞 【 表示 / 非表示

  • 功労賞

    2021年07月   日本スポーツ栄養学会  

  • 秩父宮記念スポーツ医・科学賞 奨励賞

    2010年06月  

  • エイボンスポーツ賞

    2007年11月  

  • 日本栄養改善学会 奨励賞

    2003年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 競技者のからだ作りにおける適正な朝食摂取の有用性

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 日本人女性アスリートのエナジー・アベイラビリティー適正値の検討と評価方法の確立

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本研究は、女性アスリートと一般女性を対象にエネルギーバランス(EB)及びエナジー・アベイラビリティー(EA)を化学的な分析方法を用いて精度高く求め、月経状況や骨密度、貧血、ホルモン状況などの身体的パラメータとの関連を検討することにより、日本人女性アスリートにおけるエナジー・アベイラビリティーの適正値及び閾値を検出し、評価方法を導くことを目的としている。平成28年度は女性アスリート10名と一般女性3名を対象として、総エネルギー摂取量、総エネルギー消費量、運動時エネルギー消費量、エナジー・アベイラビリティー、血液生化学的指標、身体組成及び骨密度の測定を実施した。基礎体温、月経記録、排卵検査薬の併用により月経周期を確定し、正常月経者は卵胞期に測定を実施した。総エネルギー摂取量は摂取食品をすべて集めて成分分析を行う公定法、総エネルギー消費量は二重標識水法、運動時エネルギー消費量は心拍法、身体組成測定はDXA法を用いた。女性アスリート、一般女性ともに総エネルギー摂取量が低く、負のエネルギーバランス状態にあると考えられた。従来の食事記録法によるエネルギー摂取量のデータと、公定法によるデータは高い相関関係が認められた(r=0.83, p<0.001)。総エネルギー摂取量が低いことにより日本人女性アスリートのエナジー・アベイラビリティーは、これまで欧米人を対象に示されている値(45kcal/kg FFM)よりも低値を示し、閾値(30kcal/kg FFM)を下回る対象者も見られた。また、月経状況と血液生化学的指標、身体組成には関連が認められた。月経異常を有する女性アスリートは、T3や体脂肪率が低く、エネルギー代謝にも影響を及ぼす可能性が示唆された。今後は人数を増やして測定を行い、EB、 EAと月経状況、血液生化学的指標及び身体組成との関連について検討を加える予定である。現在のところ女性アスリート10名、一般女性3名の測定が終了している。引き続き一般女性の被験者を募集し、研究への協力を依頼しているところである。主に被験者募集に関わる作業とエネルギー摂取量の評価を担当していた研究分担者1名が、8月末から産前産後の休暇及び育児休業を取得したため、研究実施計画の変更が必要となった。28年度の後半は研究分担者からはずれることになったため、被験者募集を一旦停止し、測定を滞りなく行うための人的体制を整えるために時間を要した。そのため、測定実施が全体的に後ろ倒しになった。その後少しずつ被験者募集と測定を再開し、年度末ぎりぎりまで調査・測定を実施したものの、当初予定していた人数の測定ができなかった。また、エネルギー摂取量と消費量の分析結果が出るまでには分析を依頼してからおよそ1か月を要すため、28年度中に調査・測定した被験者のデータを28年度末までに全てそろえることができなかった。本学術院には運動習慣のない一般女性がほとんどいないため、他学術院や他大学に所属する女子大学生に対して被験者募集を行っている。内諾が得られた被験者から順次、月経周期の把握を行い、測定を継続中である。月経周期の確認には時間がかかるため、被験者との連絡を密にし、測定タイミングを外さないように日々努力をしているところである。予定している被験者の測定が全て終了したところで、これまでに得られたデータの集計と解析作業を進める予定である。本研究は日本人女性アスリートのエナジー・アベイラビリティーの適正値及びカットオフ値を検出し、スポーツ現場で応用可能な評価方法を導き出すことを目的としている。そのため、エナジー・アベイラビリティーの算出方法について、これまでに報告されている先行研究を参考として、いくつかの方法を用いて求めた値について比較検討を行いたいと考えている。また、エナジー・アベイラビリティーやエネルギーバランス状態と月経状況、骨密度、貧血、ホルモン状況等との関連についても詳細な検討を行い、知見をまとめる。このまま順調に研究が推進できれば、29年度の秋頃までにはすべてのデータの分析値が揃う予定である。その後は研究分担者や測定に関わっている大学院生も含めてデータ検討及びディスカッションを行い、本研究で得られた成果のまとめとスポーツ現場で応用可能な評価方法を導き出すための手順及び社会への研究成果の還元方策についての確認を行いたいと考えている。そして、国際学会にて発表する準備及び論文としてまとめる作業に移る。被験者を追加して測定を実施し、翌年度分の助成金と合わせて支払う予定である。29年度には当初予定していた測定を全て行える見通しがついており、遅れは取り戻せると考えている。そのため、28年度及び29年度の予定額はほぼ全額使用する見込みである

  • アスリートの基礎代謝量の個人差は競技特性で説明できるか?

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年
    -
    2014年
     

     概要を見る

    本研究は、アスリートの基礎代謝量の個人差に影響を及ぼすと考えられる要因のうち、まだ解明されていない身体組成と競技特性に焦点を絞り、アスリートの各臓器・組織量と基礎代謝量との関係を明らかにし、さらには、褐色脂肪細胞の影響と遺伝子多型についても検討し、身体組成や競技特性と基礎代謝量との関係に影響する要因を導き出すことを目的としている。
    平成24年度(1年目)には、アメリカンフットボール選手11名、水泳選手12名及びボート選手12名を対象として、基礎代謝量測定、血液検査、身体組成測定(DXA法)、MRIによる全身撮像、食事調査、二重標識水法(DLW法)による1日の総エネルギー消費量、最大酸素摂取量測定を実施した。MRI画像から臓器量(脳、肝臓、腎臓、心臓)を推定するのは多大な労力を要するため、現在データ解析を継続中である。
    平成25年度(2年目)は、エネルギー代謝に影響を及ぼす可能性が考えられる褐色脂肪細胞と遺伝子多型について測定した。1年目と同様の被験者に19度で2時間の寒冷暴露を行い、暴露前後における体表温度の変化、代謝率の変化、呼吸交換比などの変化から、基礎代謝量に褐色脂肪細胞が影響する可能性について検討を行った。
    また、β3-アドレナリン受容体遺伝子、脱共役たんぱく質(UCP1)遺伝子、β2-アドレナリン受容体遺伝子などはエネルギー代謝に影響を及ぼす遺伝子であることが一般人を対象とした先行研究で明らかとなっている。そこで本研究では被験者の血液からこれらの遺伝子多型の有無について測定した。
    現時点までに、本研究で予定していた測定をすべて終了し、データ整理を進めているところである。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日中トップレベルジュニアスポーツ選手の栄養摂取状況:体格・体力・身体組成・環境、栄養、消化

    第45回日本体力医学会大会  

  • 日中トップレベルジュニアスポーツ選手の栄養摂取状況

    第46回日本体力医学会大会  

  • 高校生スポーツ選手の栄養摂取状況

    第38回日本栄養改善学会学術総会  

  • エアロビクス・インストラクターの身体特性と食生活

    第45回日本体力医学会大会  

  • バルセロナオリンピック陸上競技選手団における栄養サポート活動

    第97回日本体力医学会関東地方会  

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • アジアの女性アスリートにおけるエナジー・アベイラビリティーの実態と評価方法の検討

    2018年   高井恵理, イ シヒョン, 本 国子

     概要を見る

    &nbsp;The concept of energyavailability is recognized as energy expended for essential physiologicalprocesses. Accumulated research data help to set up the guideline with theconcepts of Female Athletes Triad (FAT) and Relative Energy Deficiency inSports (RED-S) model. However, it is required further scientific progresses,and one of them is studying on male athletes and in different ethnicity group.From this, we investigated energy status of Korean athletes in the presentstudy. We recruited collegiate soccer players in Korea, and collected energyintake data from 7-days dietary records, exercise energy expenditure from heart-ratemonitoring during training, non-exercise activity thermogenesis from physicalactivity records with accelerometer, and total energy expenditure from doublylabeled water (DLW) measurements. Also, we conducted VO2 max test,resting energy expenditure measurement, dual-energy x-ray absorptiometry (DXA)measurement, and blood analysis to calculate energy availability and analyzethe relationships. Analyzed data shows low energy availability level than cutoff value (30 kcal/kgFFM/d, FFM: fat-free mass) in the subjects. Some valuesshow relation with low energy availability, but it needs more analyzation andscientific evidences for further explanation. For the next research, we areplanning to investigate Japanese collegiate soccer players applying samemethods.

  • IAAO法を用いた日本人アスリートのたんぱく質摂取ガイドラインの策定

    2015年  

     概要を見る

    最適なたんぱく質必要量の算出が可能な標識アミノ酸酸化法を用い、日本人アスリートのたんぱく質摂取量の算定を行っている。指標アミノ酸必要量の算出および購入と測定機器の準備を行い、被験者の選定およびプロトコールの決定を行った。現在被験者1名、2試行(体重1kgあたり1.0g、3.0g/day)の測定が終了しており、最終の呼気採取時の体重1kgあたりの13C標準二酸化炭素量はそれぞれ3.3‰、17.8‰であり、体重1gあたり3gのたんぱく質を摂取させた時の方が高値を示した。今後試行数及び被験者数を増やしデータ解析を進める。

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 日本人女性アスリートのエナジー・アベイラビリティー適正値の検討と評価方法の確立

    2018年10月
    -
    2019年09月

    アメリカ合衆国   University of Arizona

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本陸上競技連盟 医事委員会 スポーツ栄養部 部長

    2018年
    -
    継続中

  • 日本体力医学会 評議員

    2013年
    -
    継続中

  • 日本陸上競技連盟 医事委員

    2007年
    -
    継続中

  • 日本栄養改善学会 評議員

    2007年
    -
    継続中

  • 日本スポーツ栄養学会 理事

    2014年
    -
    2021年08月

全件表示 >>