2022/08/17 更新

写真a

ドボルザーク グレッグ
ドボルザーク グレッグ
所属
国際学術院 国際教養学部
職名
教授
プロフィール
グレッグ・ドボルザークは早稲田大学の国際学術院(国際コミュニケーション研究科・国際教養学部兼任)の専任教授で、太平洋・アジアの歴史学とカルチュラルスタディーズ、アート、ジェンダースタディーズの専門家である。米国フィラデルフィア生まれ。マーシャル諸島共和国と米国ニュージャージ州で育ち、高校時代に宮崎県に留学し、1年間早稲田大学にも在学。2004年、ハワイ大学太平洋諸島地域研究専攻の修士課程を修了。オーストラリア国立大学アジア・太平洋地域研究所やジェンダー研究所で比較文化と歴史学を専攻し2008年に博士号を取得。一橋大学と東京大学の教員を経て、2017年より現職。早稲田大学国際教養学部・国際文化コミュニケーション研究科ではカルチュラルスタディーズ、ジェンダー論 、ミリタリズムやポストコロニアルスタディーズ、アジアと太平洋諸島地域論、現代アート論を担当。「Coral and Concrete: Remembering Kwajalein Atoll between Japan, America, and the Marshall Islands」(University of Hawaiʻi Press, 2018; ペーパバック版 2020) の著者であり、他にも学術誌、「COLORS」マガジンなどの大衆文化やアート関係の雑誌や「トーキョートーテム」などのデザイン・建築関係の本などにも貢献し、"The Life-Sized City" という国際的に放送されているドキュメンタリー番組などにもコメンテーターとしてテレビ出演している。太平洋諸島地域におけるマイノリティの現代アートを中心に、草のネットワーク「プロジェクト35(さんご)」を立ち上げ、キュレータとしても活動中。2017年のホノルルビエンナーレや2018年のブリスベン(オーストラリア)のアジア太平洋トリエンナーレのアドバイザーとしても活躍した。2021年にも向けて、第10回のアジア太平洋トリエンナーレのキュレータにも勤めている。2019年に、山形国際ドキュメンタリー映画祭の特別上映プログラム『アムネシア〜オセアニアの忘れられた「群島」』というプログラムのキュレータ・コーディネーターとしても活動した。同年にフィリピンのアート財団、ベラス・アルテス・プロジェクツでもキュレータとしてのレジデンシープログラムを行った。それに関連したテーマで、2019年に、太平洋諸島の先住民アーティストがどのようにグローバルアートネットワークを脱植民運動として活かしているのかという3年間科研費プロジェクトが採択された。 早稲田大学において、英語で歴史・ジェンダー、エリアスタディーズ、トランズナショナル文化を中心にした「トランズオセアニアシリーズ」(「Transoceania 1: Pacific Perspectives on Empire, War, and Globalization と Transoceania 2: The Pacific in the 21st Century World)という学部授業を毎年の秋学期に教えている。春学期にもカルチャーとアイデンティティーとジェンダーをテーマにしたコア授業も担当中。1年生セミナール(演習)では「取り残されたコミュニティー」(特にジェンダーとセクシュアルマイノリティー)を主に考え、中級セミナール(演習)では太平洋諸島などにおける植民地史と脱植民地運動をテーマにしている。上級セミナールでは、カルチュラルスタディーズとフェミニズムのアプローチをつかって様々な問題について考えてディスカッションしている。卒業論文として、戦争の記憶、ミリタリズム、先住民の問題、マイノリティーの問題、クイア関連の研究、男らしさ女らしさの研究、太平洋諸島地域や日本における文化などをテーマにする学生がいる。大学院レベルでも、国際文化コミュニケーション研究科において上記のテーマについて、より専門的な指導と教育を担当している。

兼担

  • 国際学術院   国際コミュニケーション研究科

学歴

  • 2008年07月
    -
    2010年09月

    東京大学   情報学環   学術振興会特別研究院(PD)  

  • 2004年04月
    -
    2008年07月

    オーストラリア国立大学   アジア太平洋地域研究所   学際比較文化研究科博士課程(歴史・人類学専攻)  

  • 2002年08月
    -
    2004年05月

    東西センター   大学院研究者奨励金制度   国際カルチュラルスタディーズ専攻  

  • 2002年08月
    -
    2004年05月

    ハワイ大学(マノア校)   太平洋諸島地域研究所   太平洋諸島学研究科修士課程  

  • 1992年09月
    -
    1996年05月

    ラトガーズ大学   教養学部   東アジア地域学(日本文学専攻)・心理学副専攻  

  • 1993年09月
    -
    1994年05月

    プリンストン大学   アジア学研究科(特別コース)   日本文学学科  

▼全件表示

学位

  • オーストラリア国立大学   博士号

  • ハワイ大学   修士号

  • ラトガーズ大学   教養学士

経歴

  • 2020年04月
    -
     

    早稲田大学   国際教養学部・国際コミュニケーション研究科   教授(専任)

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   国際教養学部・国際コミュニケーション研究科   准教授 (専任)

  • 2011年04月
    -
    2018年03月

    大阪大学   超域イノベーション博士課程プログラム   非常勤講師・顧問

  • 2011年04月
    -
    2017年03月

    一橋大学   大学院法学研究科   准教授 (専任)

  • 2011年04月
    -
    2017年03月

    一橋大学   大学院法学研究科   准教授 (専任)

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   国際教養学部   非常勤講師

  • 2009年10月
    -
    2012年03月

    東京大学   教養学部(駒場キャンパス)   非常勤講師

  • 2007年01月
    -
    2007年12月

    オーストラリア国立大学   アジア太平洋学部   日本語講師

  • 2000年10月
    -
    2002年07月

    株式会社アドメディア   ブランドヴィジョン・ウルフオリンズ   ブランド企画コンサルタント

  • 1999年09月
    -
    2000年08月

    宮崎県九州沖縄サミット協力推進協議会   広報係   リエゾン

  • 1996年08月
    -
    1999年07月

    日本自治体国際化協会   旧宮崎県南郷町役場企画課   国際交流員

  • 1998年11月
    -
    1999年02月

    Benetton 社(イタリア)ファーブリカ   カラーズマガジン   ゲストエディター

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

    日本放送協会   宮崎局   コメンテーター・リポーター

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    アメリカ歴史学会

  •  
     
     

    太平洋人類学学会

  •  
     
     

    アジア学会

  •  
     
     

    太平洋美術学会

  •  
     
     

    ヨーロッパ太平洋諸島学会

  •  
     
     

    オセアニア学会

  •  
     
     

    日本太平洋諸島学会

  •  
     
     

    太平洋歴史学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 地域研究

研究キーワード

  • 気候変動・環境問題

  • 冷戦

  • 戦争

  • 文化

  • 記憶

  • 歴史

  • 美術史

  • 表象

  • 大衆文化

  • マイノリティ

  • ジェンダー

  • ポストコロニアル

  • ミクロネシア

  • マーシャル諸島

  • オセアニア

  • 太平洋諸島地域

▼全件表示

論文

  • S/pacific Islands: Some Reflections on Identity and Art in Contemporary Oceania

    グレッグ・ドボルザーク

    e-flux Journal   ( 112 (October 2020) ) (online) - (online)  2020年10月  [招待有り]

  • "Kwajalein Atoll, the Marshall Islands, and American Policy in the Pacific"(review)

    グレッグ・ドボルザーク

    The Journal of Pacific History   53 ( 3 ) 351 - 352  2018年08月  [査読有り]  [招待有り]

  • “Oceanizing American Studies”

    American Quarterly   67 ( 3 ) 609 - 617  2015年09月  [査読有り]  [招待有り]

  • “Who Closed the Sea?: Postwar Japanese Amnesia and the Pacific Islands”

    グレッグ・ドボルザーク

    Pacific Historical Review   83 ( 2 ) 350 - 372  2014年10月  [査読有り]  [招待有り]

  • Who Closed the Sea? Archipelagoes of Amnesia Between the United States and Japan

    Greg Dvorak

    PACIFIC HISTORICAL REVIEW   83 ( 2 ) 350 - 372  2014年05月  [査読有り]

     概要を見る

    There is a profound lack of awareness among younger generations about Jap an's prewar engagement with the Pacific Islands, let alone other colonial sites, yet arguably, this amnesia is not a spontaneous phenomenon. Forgetting about Micronesia and erasing it from the Japanese mass consciousness was a project in which both Japanese and American postwar forces were complicit. Focusing on stories of Japanese amnesia and selective memory in the Marshall Islands, I explore the Marshallese notion of "closing the sea," how U.S. power has long been a mediating factor in why Japanese forget their Pacific past, and also why Marshall Islanders remember it.

  • “Connecting the Dots: Teaching Pacific History in Archipelagic Japan”

    The Journal of Pacific History   45 ( 3 ) 236 - 243  2011年09月  [査読有り]  [招待有り]

  • “Atolls of Amnesia: Touring Japan’s Pacific Past”

    Pacific Asian Inquiry   2 ( 1 ) 69 - 84  2011年03月  [査読有り]  [招待有り]

  • “Connecting the Dots: Teaching Pacific History in Archipelagic Japan”

    The Journal of Pacific History   46 ( 2 ) 236 - 243  2011年  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • "Morning Comes so Soon" (review)

    The Contemporary Pacific   21 ( 2 ) 404 - 406  2009年08月  [査読有り]  [招待有り]

  • “Three Beaches: The Death of Greg Dening”

    グレッグ・ドボルザーク

    The Contemporary Pacific   21 ( 2 ) 315 - 321  2009年08月  [査読有り]  [招待有り]

  • “Rey Ventura's Into the Country of Standing Men” (review)

    グレッグ・ドボルザーク

    Intersections Journal: Gender and Sexuality in Asia and the Pacific   1 ( 19 ) (online)  2009年02月  [査読有り]  [招待有り]

  • Seeds from Afar, Flowers from the Reef: Re-membering the Coral and Concrete of Kwajalein Atoll

    グレッグ・ドボルザーク

       2008年07月  [査読有り]

  • "The 'Martial Islands': Making Marshallese Masculinities Between Japanese and American Militarism”

    グレッグ・ドボルザーク

    The Contemporary Pacific   20 ( 1 ) 55 - 86  2008年  [査読有り]  [招待有り]

  • “From Islands to Atolls”

    Katerina Teaiwa, Greg Dvorak (auth

    Indigenous Encounters (Occasional Papers Series)   ( 43 ) 63 - 84  2007年06月  [査読有り]  [招待有り]

  • "Man/making Home : Breaking through the Concrete of Kwajalein Atoll"

    グレッグ・ドボルザーク

    Australian National University Gender Centre Working Paper Series   1 ( 13 ) 1 - 21  2005年12月  [査読有り]  [招待有り]

  • Remapping Home: Touring the Betweenness of Kwajalein Atoll

    グレッグ・ドボルザーク

       2004年08月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

▼全件表示

その他

  • ハワイ大学太平洋諸島...

    2020年02月
     
     

     概要を見る

    ハワイ大学太平洋諸島研究所の設立75周年記念のため、The Contemporary Pacific(学術誌)に太平洋諸島学についてインタビューを受けた。http://manoa.hawaii.edu/tcp/node/57

  • 日本と太平洋諸島のコ...

    2012年04月
     
     

     概要を見る

    日本と太平洋諸島のコミュニティをアートと学問で繋げる草の根ネットワーク「プロジェクトさんご(PROJECT35)」を設立。現在まで、太平洋諸島地域と日本の研究者・現代アーティスト・キュレーターとコラボレーションしている。「トランズオセアニアシンポジウム」も定期的に日本で開き、国際的に太平洋諸島専門の研究者を集めている。太平洋諸島地域研究を早稲田大学に設立予定。

受賞

  • トヨタ財団奨励金制度

    2010年11月   トヨタ財団  

  • 日本学術振興会奨励金制度

    2008年09月   日本学術振興会  

  • 日本国際交流基金奨励金制度

    2008年07月   日本国際交流基金  

  • ウェナー・グレン研究助成金制度

    2008年03月   ウエンナー・グレン人類学研究財団  

  • オーストラリア国立大学賞

    2004年07月   オーストラリア国立大学  

  • ノーマン・メラー太平洋地域研究賞

    2004年07月   ハワイ大学太平洋諸島研究所  

  • 東西センター奨励金制度

    2002年03月   東西センター(ホノルル)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • The Archipelago Speaks Back: Pacific Islander Art and Resistance between Oceania, Japan, and Postcolonial Metropoles

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    This project aims to explore how Pacific Islanders speak back to colonialism and climate change through the medium of contemporary art on a global scale. The project will work toward an exhibition and symposium in Japan as well, engaging indigenous communities with their counterparts in Oceania.1. conducted extensive research and studio visits throughout Japan, coordinating with institutions in Kyoto, Osaka, Aomori, Hokkaido, Okinawa2. facilitated and undertook successful and significant research workshops in Guam, Republic of the Marshall Islands, the Federated States of Micronesia, and Philippines.3. successfully surveyed museum and gallery collections, interviewed artists in UAE (Sharjah), Europe (Italy and Germany) and the United States (New York);4. presented research in several forums and coordinated a special four-day research symposium program with Pacific Islander artists as part of the Yamagata Film Festival (October);5. published findings in peer-reviewed Japanese book, peer-reviewed English book (Routledge), and submitted essay to Cambridge University PressFor the first year, I had planned it would take longer to conduct research in the Republic of the Marshall Islands and other Pacific and European sites, expecting to have to completely build my research project myself with minimal local support. However, I was lucky to be able to affiliate with local collaborators who were doing similar projects and enabled me to conduct my own research within their institutions or projects. I was thus able to utilize research funds productively, meet with influential artists/experts swiftly, and gain access to rare works and sites. I was also able to add a trip to the UAE when I learned artists I was researching were exhibiting there. This, together with work in the Philippines, strengthened and supported my original project significantly.Unexpected events due to the COVID-19 pandemic have resulted in making it necessary for me to postpone most or all of the international research trips I had planned for FY2020, but this is unlikely to actually delay my project. I now have a robust network of collaborators thanks to last year's research, so I am able to focus on conducting domestic research in Japan this year, exploring online collections and working with artists and collaborators especially in Okinawa, Hokkaido, and Aomori. Therefore I am rearranging the research schedule while also writing, holding an online symposium instead of an in-person workshop, and preparing for in-depth extended travel later this year or next year, when I will also be curating an exhibit in Brisbane as an outcome of this project in 2021

  • トランスオセアニア ―日本列島とミクロネシア間の戦争・帝国・グローバル化に関する太平洋アプローチ

    トヨタ財団  国内助成プログラム

    研究期間:

    2010年11月
    -
    2012年10月
     

  • 南洋ノスタルジー〜太平洋の珊瑚礁における日本の記憶について(第二段落)

    日本学術振興会  外国人特別研究員事業

    研究期間:

    2008年10月
    -
    2010年09月
     

  • Seeds of Empire: Retracing Marshall Islander-Japanese Roots and Routes

    ウェナー・グレン人類学財団  Post-Ph.D. Research Grant

    研究期間:

    2008年03月
    -
    2009年02月
     

  • 南洋ノスタルジー〜太平洋の珊瑚礁における日本の記憶について (第一段落)

    日本国際交流基金  日本国際交流基金奨励金制度

    研究期間:

    2008年06月
    -
    2008年08月
     

講演・口頭発表等

  • Elephants in the Living Room: Resistance, Resistance, and Solidarity Despite Japanese and American Empires

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    HYPHENATED BIENNIAL 2020 SYMPOSIUM: "Contemporary art and Resistance in the Asia Pacific – a Regional View of First Nations-Asia Intersections"   (メルボルン(オンライン))  Monash University/Melbourne Hyphenated Biennial 2020-2021  

    発表年月: 2020年12月

  • Art in Oceania after Imperialism: A View from the North

     [招待有り]

    Symposium: Sovereign Pacific / Pacific Sovereign   (ニュージーランド、ポリルア)  Presented by CIRCUIT in association with Pātaka Art + Museum, Porirua  

    発表年月: 2020年10月

  • 「マーシャル・アイランド」への再上陸〜オセアニアにおける日米の軍国主義とマーシャル諸島の人々のレジスタンス

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    島嶼地域科学研究所講演シリーズ   琉球大学  

    発表年月: 2020年07月

  • Which War? Reframing Visual Histories Of Militarism Between America And Japan In Oceania

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    Asia Pacific: Visual Histories of War and Postwar   (マニラ)  エスクェーラ〜ベラス・アルテス・プロジェクトツ  

    発表年月: 2019年08月

     概要を見る

    This lecture and related workshops, led by Pacific/Asia cultural historian and curator Greg Dvorak, professor at Waseda University in Tokyo, invites participants to visually explore the deeper patterns of violence, dehumanization, resistance, and empowerment that run through the colonized and militarized landscapes and seascapes connected to, but beyond the horizon of, the Filipino experience. Focusing especially on the region of Northern Oceania (a region commonly known as Micronesia), the Philippines’ closest Pacific neighborhood, Dvorak will draw together diverse and transoceanic ideas around propaganda, art, resistance, visibility and invisibility between major nations and small communities. When asked about “the war” in the Pacific and their memories about it, Islanders tend to ask, “what war?” For Micronesians, and many Islanders, war is a topic that extends back through at least five hundred years of Western and Asian colonial history, and also into ancestral time over thousands of years. The Pacific War is not the only war that Islanders are aware of: In their consciousness exists many other battles, such as the struggle against militarism and nuclear testing, the struggle against the “environmental colonialism” that is causing climate change and sea level rise, and the ongoing struggle for sovereignty and self-determination. In a deeper perspective, Islanders also look back to the battles fought over land by their brave ancestors who navigated to these islands. Indigenous people throughout the Pacific region, dating back to the time of Ferdinand Magellan, share a great deal in common with the Filipino people, but this is not a history ordinarily taught in the Philippines. Additionally, the indigenous people of the Philippines share deep ancestral Austronesian roots with the people who settled the Pacific Islands. Paying attention to these visual and genealogical histories in the 20th and 21st centuries, while being mindful of the larger context of the ongoing wars in Oceania, will help participants gain a better literacy of contemporary decolonization and demilitarization as seen in art from the region, and how that links or does not link with conversations happening in the contemporary Philippines.

  • Part II of “The Ocean in Us - Flows of Art, Culture, and History Between Japan and the Pacific Islands.”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    第35回「アージェントトーク」   (東京)  森美術館  

    発表年月: 2019年07月

  • Part I of “The Ocean in Us - Flows of Art, Culture, and History Between Japan and the Pacific Islands.”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    第34回「アージェントトーク」   (東京)  森美術館  

    発表年月: 2019年04月

  • Coral Reefs and Blasted Sands: A Conversation on Art as Ritual in the Marshall Islands

    グレッグ・ドボルザーク, キャシー, ジェトニル・キジナー  [招待有り]

    太平洋アート協会   (ブリズベン)  クイーンズランド美術館  

    発表年月: 2019年03月

     概要を見る

    A conversation between writers/artists Greg Dvorak and Kathy Jetnil-Kijiner, both with roots in the Marshall Islands. Greg’s background of growing up as an American on the US military base of Kwajalein atoll, one of the largest atolls in the Marshall Islands chain, and Kathy’s as an indigenous Marshallese raised in Hawai‘i, barred from living or visiting Kwajalein due to US military protocols against Marshallese, offers a disjuncture of place and un/settlement, a conflict that Greg and Kathy have regularly explored through conversations on art and history. Marshall Islands as a site of study also reintroduces Micronesia, a region that has, up to this year, had minimal presence in the Asia Pacific Triennial. Rather than signifying a vacuum of creativity, it instead points to the ways in which Micronesia has been largely silent in the curatorial work of Oceania, as well as demonstrating a need to break down what constitutes contemporary art versus handicrafts - the primary means of local Marshallese women’s economies, which now includes the traditional, intricately woven jaki-ed currently on display in APT9. The jaki-ed, as well as other forms of creation in the Marshall Islands, allows the curator and artist to understand how the intersections of colonialism and militarization, environment and gender, and queering and creativity, manifest in art as rituals. Rituals that are rooted in Marshallese traditions, such as Greg’s meditations on Kwajalein as a ritualized space, as well as new rituals, such as the rituals Kathy creates in her video poems or recent performance with APT9. Through this conversation, the hope is to share new ideas that have grown from memories rooted in the coral-scape of the Marshalls.

  • "(Em)powering Paradise: Performances of Gender, Art, and Diplomacy at Japan's Spa Resort Hawaiians"

    グレッグ・ドボルザーク

    Pacific History Association Biennial Conference 2018 (The Gift of the Pacific: Place and Perspective in Pacific History)   (ケンブリッジ)  The Pacific History Association/University of Cambridge  

    発表年月: 2018年12月

  • APT9 Symposium panel | Connectivities: Conditions for Contemporary Art in Spaces of Trans-regionality

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    第9回アジア太平洋現代アートトリエンナーレ   (ブリスベン)  クイーンズランド州立美術館・現代美術館(QAGOMA)  

    発表年月: 2018年11月

  • Archipelagoes of Amnesia: Empire, Environment, and Representation in the Marshall Islands

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    Griffith Asia Institute - Perspectives Asia Seminar   (ブリスベン)  The Griffith Asia Institute, Griffith University and the Australian Centre of Asia-Pacific Art, Queensland Art Gallery  

    発表年月: 2017年11月

  • Art and Resistance in Oceania

    グレッグ・ドボルザーク

    15th Asia Pacific Conference   (大分県別府市)  立命館アジア太平洋大学  

    発表年月: 2017年11月

  • Worlding the Reef, Reefing the World: Marshallese Visualizations of the Transoceanian Now

    グレッグ・ドボルザーク

    11th Conference of the European Society for Oceanists (ESFO)   (ミュンヘン)  European Society for Oceanists (ESFO)  

    発表年月: 2017年07月

  • “Re-invading ‘the Martial Islands’: American Militarism in Oceania and Marshall Islander Resistance”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    アメリカ学会第51回年次大会   (東京)  アメリカ学会・早稲田大学  

    発表年月: 2017年06月

  • "2016: Invading the Future in the Marshall Islands"

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    The Pacific History Association 22nd Conference   (グアム)  The Pacific History Association  

    発表年月: 2016年05月

  • 「ヌークリアーフリー〜オセアニアにおける核兵器と女性のレジスタンス」

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    大分大学国際フォーラム   (大分市)  大分大学  

    発表年月: 2014年11月

  • “Who Closed the Sea?: Postwar Japanese Amnesia and the Pacific Islands”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    American History Association, Pacific Coast Branch Conference   (サンディエゴ)  American History Association, Pacific Coast Branch  

    発表年月: 2012年08月

  • “Art, Gender, and Resistance to Japanese and American Empires”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    トヨタ財団トランズオセアニアシンポジウム   (東京)  トヨタ財団・東京大学  

    発表年月: 2012年07月

  • “Uploading Oceania: ICT, Japan, and Oceanian Cultures”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    ICT and Oceanian Cultures Conference   (スヴァ)  南太平洋大学フィジーキャンパス  

    発表年月: 2012年02月

  • 「クイア・ジャパンとクイア・アメリカ」

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    大阪大学GLOCOL事業の特別講義   (大阪)  大阪大学  

    発表年月: 2011年07月

  • 「日本列島と「ミクロネシア」戦争・帝国・グローバル化をめぐる太平洋からのアプローチ」

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    明治大学リバティーアカデミー特別講義   (東京)  明治大学・太平洋諸島センター  

    発表年月: 2011年01月

  • Coconuts and Shoyu: Visual Representation and Postcolonial Pacificasian Articulations between Micronesia and Japan

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    Colonial Migrations and Legacies in the Pacific Islands Conference   (台北)  中央研究院  

    発表年月: 2010年11月

  • Connecting the Dots: Teaching Pacific Islands Studies in Archipelagic Japan

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    60th anniversary conference of the University of Hawai’i Center for Pacific Islands Studies   (ホノルル)  University of Hawai'i Center for Pacific Islands Studies  

    発表年月: 2010年11月

  • 「現代社アートにおける「多様性」のシンボルとしての太平洋の島々」

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    瀬戸内国際シンポジウム   (岡山県犬島)  福武財団  

    発表年月: 2010年08月

  • “Pilgrimages of Sand and Sorrow: Japanese War Memory in Oceania.”

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    European Society of Oceanists (ESFO) Biennial Conference   (アバディーン)  European Society of Oceanists (ESFO)  

    発表年月: 2010年07月

  • 「『環礁論』〜マーシャル諸島出身のアメリカ人の委任統治領南洋群島や戦後のミクロネシアへのアプローチについて」

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    太平洋学会総会   (東京)  太平洋学会  

    発表年月: 2009年06月

  • "Triangulating Men and Masculinities between Japan, America, and the Marshall Islands"

    グレッグ・ドボルザーク  [招待有り]

    Moving Masculinities   (キャンベラ)  The Australian National University Research School of Pacific and Asian Studies  

    発表年月: 2005年12月

▼全件表示

特定課題研究

  • Re-gendering Oceania: Art, Activism, and Gender/Sexual Minorities Across the Pacific and Asia

    2021年  

     概要を見る

    This special project (Tokutei Kadai), proposed originally in 2019 for AY2020 but delayed unavoidably because of the global coronavirus pandemic, was undertaken mainly in the 2021 academic year.  Originally, the proposal was to travel to New Zealand, but since overseas travel was mostly restricted and New Zealand’s borders remained closed, this project was modified to concentrate instead on the work of indigenous and minority artists within Japan. Building on the first phase of my 2019-2021 Kakenhi project, this special project (Tokutei Kadai) successfully established a new research base that now addresses the field of gender studies to both complement my research as well as establish a basis for curatorial and ethnographic research around decolonization and sexual and gender minorities in Japan. My research on "Decolonizing Japan" entailed ethnographic and art-related research in Okinawa, particularly Okinawa island and Yonaguni Island.  I met with numerous artists who work with themes of feminism, gender, and queer identity.  Later, I also surveyed art exhibits and met with artists in the Tohoku region that dealt with Ainu themes of gender, as well as the major Feminisms exhibit at the Kanazawa 21st Century Museum of Art. 

  • Transoceanian Trajectories: Tracing Global Flows of Representation and Resistance among Pacific Islander Artists

    2017年  

     概要を見る

    Special Research Project 2017S-157 "Transoceanian Trajectories: Tracing Global Flows of Representation and Resistance among Pacific Islander Artists" was designed, proposed, and executed as a preliminary phase to a larger project planned for 2019 onwards, a joint research and curatorial project which will entail a symposium, exchange, and exhibition around issues of art, identity, memory, environment, gender, and self-determination between the Pacific Islands and Japan.  It was an initial project to complement some of the early work I had already been doing in surveying the work of Pacific Islander (indigenous) contemporary artists, which I conducted in the Marshall Islands, the Federated States of Micronesia, Palau, Sāmoa, the Cook Islands, Fiji, Tonga, and New Zealand.  For this special project, I attended the Venice Biennale of contemporary art in August 2017, where I engaged with Pacific artists there who have succeeded in showing their art internationally, and other non-Pacific artists who work with themes surrounding Oceania.  With each of these artists and curators, I conducted visits and interviews, while also viewing how various international audiences engaged with their work.  I also viewed the overall exhibitions in Venice and Florence as a way to gain more contextual knowledge of the international art world.  This research led to a profound understanding of how difficult it is for indigenous artists, especially artists from the Pacific Islands region, to gain access to international audiences-- but also, how effective art can be when they do succeed in communicating their messages.  For instance, Lisa Reihana's work, "Emissaries," won many awards and communicated a devastating history of European colonization in the Pacific Islands which is not easily relatable through mere textual or archival knowledge.  These art interventions, together with more creative but rigorous academic work, are required to cultivate better, equal, transoceanic, trans-regional alliances between Japan and its Pacific neighborhood in the 21st century, and this initial research sets the stage for further programs that bridge historical and contemporary understandings of place around urgent themes of climate change, militarism, and globalization.  

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2019年08月
    -
    2022年04月

    Queensland Gallery of Art, Modern Art (QAGOMA)  Curator (Co-curator) for Northern Oceania, Asia Pacific Triennial 10

  • 2019年08月
    -
    2022年04月

    クイーンズランド美術館  キュレータ(コ・キュレータ)、北オセアニア地域、第10回アジア太平洋トリエンナーレ

  • 2018年06月
    -
    2020年08月

    Bellas Artes Projects  Curator in Residence

  • 2018年06月
    -
    2020年08月

    ベラス・アルテス・プロジェクツ  キュレーター・イン・レジデンス

  • 2017年09月
    -
    2018年12月

    Asia Pacific Triennial of Art Planning Division  Advisor/Interlocutor

  • 2017年09月
    -
    2018年12月

    アジア太平洋トリエンナーレ企画委員会  顧問(インターロキューター)

  • 2015年07月
    -
    2017年05月

    Honolulu Biennial Foundation  Special Advisor/Curatorial Advisor

  • 2015年07月
    -
    2017年05月

    ホノルルビエンナーレ財団  特別顧問(東京)

  • 2005年04月
    -
    2011年09月

    Marshall Islands Bereaved Families Association  Honorary Member

  • 2005年04月
    -
    2011年09月

    マーシャル方面遺族会  篤志会員

▼全件表示

社会貢献活動

  • キュレータ、第10回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(APT)

    クイーンズランド美術館  APT10 10th Asia Pacific Triennial  (展覧会〜オーストラリア ブリズベン(グアム、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国での研究)) 

    2019年08月
    -
    2022年04月

  • アースカンパニーインパクトヒーロイベント、対談

    NGOアースカンパニー  インパクトヒーローデイ2019  (東京) 

    2019年10月
    -
     

  • 2019年山形国際ドキュメンタリー映画祭プログラムコーディネーター、キュレーター、プロデューサー

    山形国際ドキュメンタリー映画祭2019  「アムネシア〜オセアニアの忘れられた「群島」」  (山形県山形市) 

    2019年10月
    -
     

     概要を見る

    多くの島々が連なる太平洋。オセアニアと呼ばれるその広大な海洋地域は青い“大陸”とも呼ばれ、世界でもっとも広い人間居住地域である。しかし、20世紀初頭から今日にいたるまで日本および米国の帝国支配を受け、地球上でもっとも植民地化、軍事化の進んだ地域のひとつともなっている。「AM/NESIAアムネシア」はこれまで日本と米国によって声を奪われ忘れられ辺境に追いやられてきた土地と人々、その交流を描いた作品群を特集する。そのうち「土地ランズ」では、人々のアイデンティティと密接に結びついている先祖代々の土地や海の、まさにその場所で行われる核実験や気候変動の影響に粘り強く抵抗を続ける人々の姿を描いた作品を取り上げ、「身体ボディーズ」では、変わりつつあるジェンダー観や島民男性の高い収監率、兵役問題など、オセアニア地域の人々の身体や暮らしが植民地政策によっていかに周辺化され消し去られ、変容させられてきたかを追う。また「交差クロッシングス」では、顧みられることのない移民問題、文化交流、そして日本列島と太平洋諸島地域の間に位置するオセアニア中間地域の問題などを展望。戦前のプロパガンダ映画から元入植者や軍人たちの証言、そして国籍の曖昧な人々の状況、フラダンスの広がりといった事柄まで、幅広く批判的に検証し、古くから日本と近隣太平洋地域とを結んできたルート(経路)とルーツ(起源)を探りたい。

  • ピースボート水先案内人(海上特別講師)

    NGO ピースボート  第81回航路  (横浜〜シンガポール) 

    2013年11月
    -
    2013年12月

学術貢献活動

  • 客員キュレータ、ベラス・アルテス・プロジェクツ

    学術調査

    ベラス・アルテス・プロジェクツ   フィリピン バターン、バギオ、マニラ

    2019年08月
    -