宮下 政司 (ミヤシタ マサシ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年12月

    Loughborough University   School of Sport and Exercise Sciences   博士課程修了  

  •  
    -
    2002年12月

    Loughborough University   School of Sport and Exercise Sciences   修士課程修了  

  •  
    -
    2001年07月

    Loughborough University   Department of Physical Education, Sports Science and Recreation Managemen   学士課程卒業  

学位 【 表示 / 非表示

  • Loughborough University   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
     

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   准教授

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    東京学芸大学   芸術・スポーツ科学系 健康スポーツ科学講座   准教授

  • 2009年10月
    -
    2012年03月

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   研究院助教

  • 2006年10月
    -
    2009年09月

    筑波大学   大学院人間総合科学研究科   研究員

  • 2006年10月
    -
    2009年09月

    筑波大学   大学院人間総合科学研究科   研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本学校保健学会

  •  
     
     

    韓国運動生理学会

  •  
     
     

    日本咀嚼学会

  •  
     
     

    日本発育発達学会

  •  
     
     

    日本スポーツ栄養学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 栄養学、健康科学

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 回復

  • コンディショニング

  • 機能性食品

  • 運動パフォーマンス

  • 食欲調節ホルモン

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Energy replacement diminishes the postprandial triglyceride-lowering effect from accumulated walking in older women

    Miyashita M, Hamada Y, Fujihira K, Nagayama C, Takahashi M, Burns SF, Thackray AE, Stensel DJ

    European Journal of Nutrition   59   2261 - 2270  2020年01月  [査読有り]

  • Gum chewing while walking increases fat oxidation and energy expenditure

    Kanno S, Shimo K, Ando T, Hamada Y, Miyashita M, Osawa, K

    Journal of Physical Therapy Science   31   435 - 439  2019年04月  [査読有り]

  • Effects of increased daily physical activity on mental health and depression biomarkers in postmenopausal women

    Takahashi M, Lim PL, Tsubosaka M, Kim H-Y, Miyashita M, Suzuki K, Tan EL, Shibata S

    Journal of Physical Therapy Science   31   408 - 413  2019年04月  [査読有り]

  • The effects of isomaltulose ingestion on gastric parameters and cycling performance in young men

    Miyashita M, Hamada Y, Fujihira K, Namura S, Sakazaki M, Miyasaka K, Nagai Y

    Journal of Exercise Science and Fitness   17   101 - 107  2019年01月  [査読有り]

  • The effects of water temperature on gastric motility and energy intake in healthy young men

    Fujihira K, Hamada Y, Yanaoka T, Yamamoto R, Suzuki K, Miyashita M

    European Journal of Nutrition    2019年01月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Physical activity in the prevention of atherosclerosis: focus on oxidative stress and oxidised low-density lipoprotein(分担執筆)

    Springer Japan, Tokyo  2015年04月

  • メディカルフィットネス研究会(編集):メディカルフィットネスQ&A.(分担執筆)

    2014年01月 ISBN: 9784789468602

  • 公益社団法人日本プロボウリング協会(監修):健幸華齢ボウリングQ&A.(分担執筆)

    株式会社社会保険研究所(東京)  2014年01月

  • エクササイズ科学:健康体力つくりと疾病・介護予防のための基礎と実践(田中喜代次・田端泉 編)(分担執筆)

    文光堂(東京)  2012年02月 ISBN: 9784830651779

Misc 【 表示 / 非表示

  • High-Intensity Interval Exercise and Postprandial Triacylglycerol

    Stephen F. Burns, Masashi Miyashita, David J. Stensel

    SPORTS MEDICINE   45 ( 7 ) 957 - 968  2015年07月

    書評論文,書評,文献紹介等  

     概要を見る

    This review examined if high-intensity interval exercise (HIIE) reduces postprandial triacylglycerol (TAG) levels. Fifteen studies were identified, in which the effect of interval exercise conducted at an intensity of >65 % of maximal oxygen uptake was evaluated on postprandial TAG levels. Analysis was divided between studies that included supramaximal exercise and those that included submaximal interval exercise. Ten studies examined the effect of a single session of low-volume HIIE including supramaximal sprints on postprandial TAG. Seven of these studies noted reductions in the postprandial total TAG area under the curve the morning after exercise of between similar to 10 and 21 % compared with rest, but three investigations found no significant difference in TAG levels. Variations in the HIIE protocol used, inter-individual variation or insufficient time post-exercise for an increase in lipoprotein lipase activity are proposed reasons for the divergent results among studies. Five studies examined the effect of high-volume submaximal interval exercise on postprandial TAG. Four of these studies were characterised by high exercise energy expenditure and effectively attenuated total postprandial TAG levels by similar to 15-30 %, but one study with a lower energy expenditure found no effect on TAG. The evidence suggests that supramaximal HIIE can induce large reductions in postprandial TAG levels but findings are inconsistent. Submaximal interval exercise offers no TAG metabolic or time advantage over continuous aerobic exercise but could be appealing in nature to some individuals. Future research should examine if submaximal interval exercise can reduce TAG levels in line with more realistic and achievable exercise durations of 30 min per day.

    DOI

  • 一過性のガム咀嚼・高強度運動が食欲関連ホルモン及びエネルギー摂取量に及ぼす影響

    柏原杏子, 城所哲宏, 柳岡拓磨, 宮下政司

    日本咀嚼学会雑誌   印刷中   -  2015年05月

  • Effects of breaking sitting by standing and acute exercise on postprandial oxidative stress

    Takahashi, Masaki, Miyashita, Masashi, Park, Jong Hwan, Sakamoto, Shizuo, Suzuki, Katsuhiko

    Asian Journal of Sports Medicine   6 ( 3 ) -  2015年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2015, Sports Medicine Research Center.Background: Sedentary behavior, which includes sitting and TV viewing, has been identified as an independent risk factor for type 2 diabetes and cardiovascular disease. Breaking sedentary behavior improves metabolic health such as postprandial glycaemia and insulinemia. However, the mechanisms underlying this effect are unclear. Objectives: Here, we examined whether breaking sitting by standing and acute exercise reduces postprandial oxidative stress. Patient and Methods: Fifteen participants performed 3 trials (sitting, standing, and exercise), each lasting 2 days, in a randomised order. On day one of sitting trial, participants sat in a chair. For the standing trial, the participants stood 6 times, for a 45-minute period each time. For the exercise trial, the participants walked or ran at approximately 60% of age-predicted maximum heart rate for 30 minutes. On day two of each trial, participants rested and consumed the standardised breakfast and lunch. Blood samples were collected in the morning and afternoon on day one, and fasting and at 2, 4, and 6 hours postprandially on day two. Results: The concentrations of serum derivatives of reactive oxygen metabolites (d-ROMs) measured at 4 hours (P = 0.064) and 6 hours (P = 0.071) tended to be higher than that in the fasting state in the sitting trial, but not standing and exercise trial (two-factor analysis of variance (ANOVA), trial × time interaction, P = 0.006). Conclusions: Our results indicate the importance of reducing sitting time for improving postprandial oxidative stress status.

    DOI

  • 異なるアクティブリカバリー方法がサッカー審判員の血中乳酸濃度に及ぼす影響

    柳岡拓磨, 宮下政司, 瀧井敏郎

    トレーニング科学   印刷中   -  2015年

  • Comment on Bazzano

    Burns SF, Miyashita M

    Annals of Internal Medicine   162   391 -  2015年

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 【外部研究費】産学連携共同研究(民間企業1社)

    2014年10月
    -
     

  • 【競争的外部研究費】研究代表者:宮下政司 2014年度 科学研究費補助金 若手研究(B)(1,690,000円)「高齢者における食後中性脂肪に対する身体活動の役割:実験室から日常生活への展開」

    2014年04月
    -
     

  • 【競争的外部研究費(共同研究者)】高橋将記、宮下政司、荒尾孝、内田直、稲山貴代.公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 2014年度パブリックヘルス科学研究助成金(1,000,000円)「身体不活動が高齢者のメンタルヘルスに及ぼす影響:うつ病バイオマーカーを用いた検討」

    2014年03月
    -
     

  • 【競争的外部研究費】宮下政司(研究代表者:宮下政司)公益財団法人ロッテ財団、平成25年度奨励研究助成(3,000,000円)「運動と食欲に関する研究」

    2013年12月
    -
     

  • 【公募型内部研究費】研究代表者:宮下政司 2013年度トップマネジメント経費 東京学芸大学 (4,066,000円)「スポーツ科学系の教育環境設備」

    2013年07月
    -
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)

    2019年02月   早稲田大学  

    受賞者: 宮下政司

  • Best Paper Award (Oral Presentation)

    2018年08月   2018 The Society of Chinese Scholars on Exercise Physiology and Fitness & 2018 The Society of Taiwan Scholars on Exercise Physiology and Fitness   The effects of masticatory frequency on appetite and energy metabolism assessed by 13C-labelling technique in healthy young men  

    受賞者: Hamada Y, Yanaoka T, Kashiwabara K, Yamamoto R, Suzuki K, Miyashita M

  • 第31回日本体力医学会奨励賞

    2018年08月   日本体力医学会   日本人小・中学生における体力および肥満度と血中脂質性状との関連  

    受賞者: 城所哲宏, 枝元香菜子, 柳岡拓磨, 柏原杏子, 田中英登, 宮下政司

  • 最優秀賞

    2015年06月   ヨーロッパスポーツ科学学会   Associations between various intensities of physical activity and physical fitness in adolescents  

    受賞者: Kidokoro T, Yanaoka T, Kashiwabara K, Yamagami J, Tanaka H, Miyashita M

  • 学会奨励賞

    2014年08月   日本フットボール学会   サッカーの試合における、主審、副審の活動形態と運動強度の違い  

    受賞者: 長谷川雅, 宮下政司

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 閉経後女性に対する断続性身体活動による食後代謝改善の有用性

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    平成29年度に実施した研究は、研究規模上、2年弱をかけて実施する当初通りの計画として、まだ終了していない。しかしながら、当初の計画以上に早いペースで研究を進めており、平成30年の夏ごろを予定にデータ採取については、終える予定で進めている。【背景・目的】当該研究では、閉経後女性を対象に一日を通した身体活動による座位継続時間の中断が食後中性脂肪に及ぼす影響を食事によるエネルギー出納を合わせた条件を用い検討を行っている。身体活動による座位中断が食後の代謝へ及ぼす影響を検討した先行研究では、活動によりエネルギー出納が負となった上で評価をしている(Med Sci Sports Exerc 2015 47:2053-61)。当該研究では、1回あたり1.5分の歩行を1日20 回繰り返す断続性身体活動が、 断続性身体活動中に食事によるエネルギー補充を行う場合と比較し、食後中性脂肪値を同等に抑制させるか否か、閉経後高中性脂肪血症女性及び閉経後女性を対象に比較検討を行っている。【研究デザイン】それぞれの対象ごとに3試行による無作為化交差実験【プロトコル】参加者は、座位安静試行、断続性歩行試行、断続性歩行+食事補充試行の3試行に1週間の間隔を空け参加している。座位安静試行では8時から16 時の間座位安静としている。断続性歩行試行では、1回1.5分、合計30分のトレッドミルでの歩行を9時から16時の間に計20 回実施している。断続性歩行+食事補充試行では、断続性歩行試行に加え計30分で消費したエネルギーを朝食と昼食で補充している。静脈血を空腹時、食後 2、4、6、8 時間に採取している。<BR>今後は、さらに予定している人数(30名)まで例数を増やし、評価項目を中心とした分析や統計解析を進める。計画通りよりも早いペースで実験を進めており、データの採取について問題なく進めることができている。また、学会やシンポジウムの招待演者として得られたデータを平成30年度に発表予定をしており、外部へ研究成果を積極的に発信する。またデータの採取が終わり次第、国際学術誌に論文として投稿するため、準備もしている。平成29年度から30年度に実施している当該報告書の課題を発展させるため、断続性の身体活動(運動・生活活動)が食後中性脂肪に及ぼす影響について、より長期的に検証を行うことで実用化を図る。具体的には、閉経後女性を対象に、対象者を断続性身体活動群、座位行動時間軽減群、連続性身体活動群に無作為に振り分け、3ヶ月の間、日常生活中にそれぞれの活動を「健康づくりための身体活動指針」に則した時間・強度として1日計 10 分以上の自由な活動強度で実施する。身体活動量の増加に伴う他の時間への影響及び食欲への影響の両視点より、日常生活の中で応用可能な具体的な健康支援プログラムの開発のために、科学的知見の創出を目指す

  • ガム咀嚼と運動の組み合わせは食欲を低下させるのか?~効率的な減量法を探る

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

  • 高齢者における食後中性脂肪に対する身体活動の役割:実験室から日常生活への展開

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    研究1より、閉経後女性において週末の身体活動量を増やすことで食後の中性脂肪値が低減することを明らかにした。研究2より、閉経後女性において1日の身体活動量を継続して4週間増やした結果、食後の中性脂肪値に影響を与えないことを明らかにした。研究3より、閉経後女性において短時間の歩行を断続的に実施することで食後の中性脂肪値の上昇を抑制することを明らかにした。得られたデータは、いかに低・中等度の活動を頻繁に繰り返すことや座位時間を短くするために短時間の活動を取り入れることが心血管疾患の危険要因である食後高中性脂肪血症の予防に有効であることを支持する結果である

  • 食欲減衰のための縄跳び運動の可能性

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    本研究は、縄跳びのような重心の上下動を伴う運動は、一過性の運動による食欲の低下を効率的に引き起こすだけでなく、重心の上下動を伴わない運動と比較して、運動由来の食欲低下にグレリンやペプチドYY などの食欲関連ホルモンの貢献度がそれほど大きくないことを明らかにした。加えて、一過性の運動後の食欲は、男性と比較して女性で速やかに亢進(回復)することがわかった。これらの結果は、性別を考慮した肥満の予防・改善のための運動処方作成におけるエビデンスの一つになるだろう

  • 生活習慣病者における分散運動が食後高脂血症に及ぼす影響

     概要を見る

    背景と目的:生活習慣病の予防を意図した身体活動に関する健康づくり指針は、一日30分以上の中強度の身体活動をできれば毎日実施する事を推奨している。またできれば毎日、一回10分以上の身体活動を一日通し計30分以上中強度で行う事も推奨している。しかし、健康に対する一回10分未満の短時間の身体活動の実質効果を調べた研究は不足している。本研究では、生活習慣病者を対象に心臓血管病の危険因子である食後の中性脂肪について、中強度で3分10回と30分1回の自転車漕ぎ運動が食後の中性脂肪値に及ぼす影響を比較した。対象・方法:8名の男性肥満者(27±2歳)は連続した2日間の工程を1週間の間隔を空け3試行に参加した。実験一日目、安静試行では参加者は運動を行わず安静を保ち、運動試行では最大心拍数の60%の強度で自動車漕ぎを3分、1日を通し10回(30分の休憩をはさみながら)、または30分1回の自転車漕ぎ運動を行った。各試行とも実験2日目、参加者は10時間の空腹の後、中脂肪食を朝食に取り、その後安静を6時間保った。血液を実験2日目の空腹時、食後2時間後、4時間後、6時間後に採取した。結果:実験2日目の食後の中性脂肪値は安静試行と比較し、分散運動試行、一過性運動試行でそれぞれ有意に低値を示した。両運動試行の間には有意な差は認められなかった。結論:男性の肥満者において、一日を通し一回あたり短時間の累積した30分の分散運動は30分の一過性運動と同程度、食後の中性脂肪値を低減することを明らかにした。従って、長時間運動が行うことができない人においても、一回あたり短時間の累積した運動は生活習慣病予防の観点で有効である

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 運動療法ガイドライン策定に向けた取り組み

    宮下政司

    第74回日本体力医学会大会   (茨城)  日本体力医学会  

    発表年月: 2019年09月

  • 運動と食欲

    宮下政司  [招待有り]

    日本スポーツ栄養学会第6回大会   (東京)  日本スポーツ栄養学会  

    発表年月: 2019年08月

  • Physical activity for older adults – Implication for postprandial triacylglycerol metabolism (Invited talk)

    宮下政司  [招待有り]

    2018 The Society of Chinese Scholars on Exercise Physiology and Fitness & 2018 The Society of Taiwan Scholars on Exercise Physiology and Fitness   (台中) 

    発表年月: 2018年08月

  • Effect of tea catechin-rich beverage intake on exercise performance (Invited talk)

    宮下政司  [招待有り]

    The 8th International Conference on Sports and Exercise Science   (バンコク)  Chulalongkorn University  

    発表年月: 2018年06月

  • Impact of physical activity and physical inactivity on postprandial metabolism in older adults (Invited talk)

    宮下政司  [招待有り]

    2018 Food, Exercise and Technology for Health Promotion   (シンガポール)  Waseda University  

    発表年月: 2018年01月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 上肢及び下肢運動が運動時のエネルギー代謝応答と食後の血中代謝応答に及ぼす影響

    2020年  

     概要を見る

    This study aimed toinvestigate the effects of a single bout of upper or lower body exercise onpostprandial triglyceride (TG) concentrations in healthy young men. Ninehealthy young men (aged 22 ± 2, body mass index 22 ± 2, mean ± SD ) underwentthree, 8-h experimental trials with at least a 7-day washout period: 1) control(C), 2) upper-body exercise (U) and 3) lower-body exercise (L). On the C trial,participants sat in a chair for 8 h. For the exercise trials, participantsperformed one 30-min bout of upper-body or lower-body exercise in the morning(0900-0930 h). Except for exercise, both exercise trials mimicked the controltrial. In each trial, participants consumed a standardised breakfast (1000 h)and lunch (1300 h). Blood samples were collected in the fasted state,immediately after exercise or rest (0.5 h), and at 2, 4, 6, and 8 h after thecommencement of each trial. Serum TG concentrations differed among trials andwere higher in the U trial than L and C trials. The present study demonstratesthat an acute bout of upper-body exercise increases postprandial TGconcentrations, partly due to a transient insulin resistance by thephysiological stress of unfamiliar exercise.

  • 閉経後女性における3ケ月間の断続性身体活動が食後中性脂肪に及ぼす影響

    2019年  

     概要を見る

    This studywas to examine the chronic effect of increased physical activity of dailyliving on postprandial triacylglycerol (TAG) in postmenopausal women. Twentysixpostmenopausal women, aged 72 ± 5 years (mean ± SD), were randomly divided intotwo groups: active (n=11) and control (n=15) groups. The participants in theactive group were asked to increase their activities above their usuallifestyle levels &nbsp;for 3 months; freely deciding the duration andintensity of their chosen activities (i.e.,at least 10 minutes per day). The participants in thecontrol group maintained their usual lifestyle for 3 months. All participantswere asked to wear a uniaxial accelerometer for 3 consecutive months. Atbaseline, after 1 month and after 3 months, all participants rested andconsumed a standardised breakfast after a 24-hour period of physical activityavoidance. Blood samples were collected in the fasted state (0 hour) and at 2,4 and 6 hours after breakfast. There was no difference in the pattern ofpostprandial TAG response between groups. Postprandial TAG was not reducedafter performing self-selected activities under free-living in postmenopausalwomen when these responses aredetermined 24 hours after the last physical activity bout.

  • 閉経後女性における断続性歩行が食後中性脂肪に及ぼす影響:エネルギー補充との比較

    2018年  

     概要を見る

    Purpose: The present study examined the effect of multiple short bouts of exercise, with and without dietary replacement of the exercise-induced energy deficit, on postprandial TG in older women. Methods: Seventeen postmenopausal women underwent three, 8-hour laboratory-based trials in a random order: 1) control, 2) accumulated walking and 3) accumulated walking with energy replacement. During the control trial, participants rested for 8 hours. The accumulated walking trial comprised twenty 1.5 min bouts of brisk walking performed at a pre-determined self-selected pace with 15 min seated rest between walks. In each trial, participants consumed a standardised breakfast (0800, 0 h) and lunch (1100, 3 h). The breakfast in the accumulated walking with energy replacement trial included replacement of the same energy deficit induced by exercise. Venous blood samples were collected fasted and at 2, 4, 6 and 8 h after breakfast. Results: Time-averaged postprandial serum TG concentrations over 8 hours were lower after accumulated walking than control and accumulated walking with energy replacement. There was little difference between control and accumulated walking with energy replacement. Conclusions: Replacing the energy expenditure induced by accumulating 30 min of brisk walking in short (1.5 min) bouts diminishes the postprandial TG-lowering effect in postmenopausal women.

  • 胃の拡張がグレリンの分泌動態に及ぼす影響

    2016年  

     概要を見る

    若年男性を対象に、異なる量の2つの飲料(①低質量試行②高質量試行)摂取後の消化管の動態を調べるために超音波診断装置を用いて胃幽門部断面積の計測をおこなった。その結果、胃幽門部断面積は高質量試行において低質量試行と比較して有意に高い値を示した。また、主観的な満腹感は高質量試行において上昇し、甘味・塩味への欲求は減少したものの、自由摂取の食事量調査におけるエネルギー摂取量は高質量試行において有意に高い値を示した。2時間中の胃収縮回数は高質量試行にて有意に高い値を示した。血糖、中性脂肪、遊離脂肪酸においては試行間に差は見られなかった。本研究より高質量の飲水後は、低質量の飲水後と比較して胃幽門部断面積が増加し、一時的に主観的な食欲が低下することが明らかとなった。しかし、高質量の飲水後は胃収縮回数が増加し、飲水2時間後のエネルギー摂取量の増加に繋がる可能性が示唆された。

  • 閉経後脂質異常症・2型糖尿病女性に対する断続性身体活動による食後代謝改善の有用性

    2016年   鈴木克彦

     概要を見る

    Purpose: Although a single bout of continuous exercise (≥30 min) reduces postprandial triglyceride (TG), little evidence is available regarding the effect of short (≤10 min) bouts of exercise on postprandial TG in at-risk individuals. This study compared the effect of different patterns of walking on postprandial TG in older women with hypertriglyceridemia. Methods: Twelve older women (aged 71 ± 5 yrs, mean ± S.D.) with hypertriglyceridemia (fasting TG ≥ 1.70 mmol/L) completed three, one-day trials in a random order: 1) control, 2) continuous walking, and 3) short bouts of walking. On the control trial, participants rested for 8 hours. For the walking trials, participants walked briskly in either one 30-min bout in the morning (0900-0930) or twenty 90-sec bouts over 8 hours. Venous blood samples were collected in the fasted state and at 2, 4, 6 and 8 h after breakfast. Results: The serum TG incremental area under the curve was 35% and 33% lower on the continuous and short bouts of walking trials than the control trial (8.2 ± 3.1 vs 8.5 ± 5.4 vs 12.7 ± 5.8 mmol∙8h/L respectively, P = 0.001). Conclusions: Accumulating walking in short bouts limits postprandial TG in at-risk, older women with fasting hypertriglyceridemia.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
     

    東京都港区部活動の在り方検討委員会  委員長

  • 2016年07月
    -
     

    Japan Sports Nutrition Association  International Committee

  • 2016年07月
    -
     

    日本スポーツ栄養学会  国際交流委員会

  • 2015年09月
    -
     

    Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine  Programme Committee

  • 2015年09月
    -
     

    日本体力医学会  プログラム委員会

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「生活活動の増加によるメタボリックシンドロームに対する予防・改善策」講師

    日本栄養士会  メタボリックシンドローム予防のための健康セミナー  (長野) 

    2016年11月
     
     

  • 「運動や抗酸化物質が酸化ストレス指標に及ぼす影響」講師

    株式会社ウィスマー  第3回スポーツと酸化ストレス・抗酸化ストレスセミナー  (東京) 

    2016年10月
     
     

  • 「子どもたちの身体活動実施の現状」講師

    長野県佐久市立平根小学校学校保健委員会  長野県佐久市立平根小学校学校保健委員会  (長野) 

    2016年08月
     
     

  • 「断続性身体活動による食後中性脂肪値への影響:運動介入から生活活動介入まで」講師

    株式会社ロッテ  講演会  (埼玉) 

    2016年01月
     
     

  • 「生活習慣介入が酸化ストレス指標に及ぼす影響」講師

    株式会社ウィスマー  第2回スポーツと酸化ストレス・抗酸化ストレスセミナー  (東京) 

    2015年11月
     
     

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 調査委員会特別委員

    公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会  

    東京  

    2014年12月