石井 香織 (イシイ カオリ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

准教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2009年

    東京医科大学大学院   医学研究科   社会医学系公衆衛生学講座  

  •  
    -
    2005年

    桜美林大学大学院   国際学研究科   人間科学専攻健康心理学専修  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京医科大学   博士(医学)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 栄養学、健康科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 発育発達学、公衆衛生学、健康教育学、健康心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • Joint Associations of Leisure Screen Time and Physical Activity with Academic Performance in a Sample of Japanese Children.

    Kaori Ishii, Kenryu Aoyagi, Ai Shibata, Mohammad Javad Koohsari, Alison Carver, Koichiro Oka

    International journal of environmental research and public health   17 ( 3 )  2020年01月  [査読有り]  [国際誌]  [国際共著]

     概要を見る

    Studies have shown the potential effects of sedentary behavior and physical activity on not only physical and mental health but also academic performance in children. Nevertheless, studies have only focused on either sedentary behavior or physical activity. Examining the joint effects of both behaviors on academic performance provides detailed insights into the patterns of these behaviors in relation to children's academic achievement. The present study investigated the joint longitudinal associations of physical activity and screen time with academic performance among Japanese children. The screen time and physical activity of 261 children aged 7-10 years were assessed, and their academic performance was evaluated one year later. Multivariate logistic regression analysis was used to examine the joint associations of screen time and physical activity with academic performance adjusted for demographic characteristics. Children with low screen time and physical activity had 2.04 (95% confidence interval: 1.11-3.78) times greater odds of having high academic performance compared to children with high screen time and low physical activity, while children with low screen time and high physical activity had 2.75 (1.17-6.43) times greater odds (boys; 4.12 (1.19-14.24)). Low screen time was related to high academic performance after one year, regardless of the physical activity level.

    DOI PubMed

  • Local‐Area Walkability and Socioeconomic Disparities of Cardiovascular Disease Mortality in Japan

    Mohammad Javad Koohsari, Tomoki Nakaya, Tomoya Hanibuchi, Ai Shibata, Kaori Ishii, Takemi Sugiyama, Neville Owen, Koichiro Oka

    Journal of the American Heart Association    2020年06月  [査読有り]  [国際誌]  [国際共著]

     概要を見る

    Background

    There are spatial disparities in cardiovascular disease (CVD) mortality related to area‐level socioeconomic status (SES) disadvantage, but little is known about the spatial distribution of CVD mortality according to built environment factors. We examined joint associations of neighborhood walkability attributes and SES with CVD mortality rates through linkage of Japanese national data sets.
    Methods and Results

    National data were used from the 1824 municipalities (of the 1880 potentially eligible municipalities) across Japan. The outcome was mortality from CVD for a 5‐year period (2008–2012) for each municipality. A national index of neighborhood deprivation was used as an indicator of municipality‐level SES. A national walkability index (based on population density, road density, and access to commercial areas) was calculated. Compared with higher SES municipalities, relative rates for CVD mortality were significantly higher in medium SES municipalities (relative rate, 1.05; 95% CI, 1.02–1.07) and in lower SES municipalities (relative rate, 1.09; 95% CI, 1.07–1.12). There were walkability‐related gradients in CVD mortality within the high and medium SES areas, in which lower walkability was associated with higher rates of mortality; however, walkability‐related CVD mortality gradients were not apparent in lower SES municipalities.
    Conclusions

    CVD mortality rates varied not only by area‐level SES but also by walkability. Those living in areas of lower walkability were at higher risk of CVD mortality, even if the areas have a higher SES. Our findings provide a novel element of the evidence base needed to inform better allocation of services and resources for CVD prevention.

    DOI

  • Associations between the traditional and novel neighbourhood built environment metrics and weight status among Canadian men and women

    Nichani V, Koohsari M. J, Oka K, Nakaya T, Shibata A, Ishii K, Yasunaga A, Turley L, McCormack, G. R

    Canadian Journal of Public Health    2020年06月  [査読有り]  [国際共著]

  • Environmental attributes and sedentary behaviours among Canadian adults

    Mohammad Javad Koohsari, Koichiro Oka, Tomoki Nakaya, Ai Shibata, Kaori Ishii, Akitomo Yasunaga, Gavin R McCormack

    Environmental Research Communications   2 ( 5 ) 051002 - 051002  2020年05月  [査読有り]

    DOI

  • Accelerometer-Measured Diurnal Patterns of Sedentary Behavior among Japanese Workers: A Descriptive Epidemiological Study

    Kurosawa, S, Shibata, A, Ishii, K, Koohsari, M, Oka, K

    International Journal of Environmental Research & Public Health   17 ( 11 ) 3814  2020年05月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Increased sedentary behavior (SB) can adversely affect health. Understanding time-dependent patterns of SB and its correlates can inform targeted approaches for prevention. This study examined diurnal patterns of SB and its sociodemographic associations among Japanese workers. The proportion of sedentary time (% of wear time) and the number of breaks in SB (times/sedentary hour) of 405 workers (aged 40–64 years) were assessed using an accelerometer. SB patterns and sociodemographic associations between each time period (morning, afternoon, evening) on workdays and nonworkdays were examined in a series of multivariate regression analyses, adjusting for other sociodemographic associations. On both workdays and nonworkdays, the proportion of sedentary time was lowest in the morning and increased towards evening (b = 12.95, 95% CI: 11.28 to 14.62; b = 14.31, 95% CI: 12.73 to 15.88), with opposite trend for breaks. Being male was consistently correlated with SB. Other sociodemographic correlates differed depending on time-of-day and day-of-the-week. For instance, desk-based workstyles and urban residential area were associated with SB during workday mornings and afternoons, being single was related to mornings and evenings, workdays and nonworkdays. Initiatives to address SB should focus not only on work-related but time-of-day contexts, especially for at-risk subgroups during each period.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Cardiorespiratory Fitness and Prevalence of Lifestyle-related Diseases In Japanese Men And Women: WASEDA'S Health Study

    Susumu S. Sawada, Ryoko Kawakami, Kumpei Tanisawa, Hiroki Tabata, Nobuhiro Nakamura, Kim Hyeon-Ki, Masayuki Konishi, Tomoko Ito, Chiyoko Usui, Taishi Midorikawa, Mitsuru Higuchi, Katsuhiko Suzuki, Suguru Torii, Lee I-Min, Steven N. Blair, Isao Muraoka, Kaori Ishii, Koichiro Oka, Shizuo Sakamoto

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   51 ( 6 ) 218 - 219  2019年06月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI

  • Characteristics of Domain-Specific Sedentary Behavior Among Japanese Older Adults

    Kaori Ishii, Ai Shibata, Koichiro Oka

    JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   24   S76 - S77  2016年06月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Patterns of Accelerometer-Determined Sedentary Behavior Among Older Japanese

    Koichiro Oka, Ai Shibata, Kaori Ishii

    JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   24   S77 - S77  2016年06月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Association Between Objectively-Measured Sedentary Behavior and Skeletal Muscle Mass

    Ai Shibata, Koichiro Oka, Kaori Ishii

    JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   24   S70 - S71  2016年06月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Neighborhood Built Environment and Walking for Specific Purposes Among Japanese Seniors

    Yung Liao, Ai Shibata, Kaori Ishii, Koichiro Oka

    JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   24   S52 - S53  2016年06月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回一般社団法人日本健康教育学会奨励賞

    2014年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 子どもの座位行動が健康・学力に与える長期的影響を解明するための観察および介入研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

  • 仕事中の座りすぎを是正する個人、環境、組織アプローチによる包括的介入の効果

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    本研究の目的は、就労者の中でも座位行動時間の長いデスクワーカーを対象に、3か月間の座りすぎを減らすための個別、環境、組織アプローチを組み合わせた包括的介入プログラムの短期的、長期的効果をクラスター非ランダム化比較試験にて検討することである。平成30年度は、まず我が国の就労者の座位行動の現状を把握するために、客観的に評価した座位行動の記述疫学的検討を行った。具体的には、40-64歳の常勤就労者345名を対象に7日間の加速度計の装着および生活記録表の記入を依頼した。また、主な就業形態について「座り仕事・デスクワーク」、「立ち仕事」、「歩き回る仕事」、「力仕事」の中から最も当てはまるものを尋ねた。就業日および休日、就業時間および非就業時間における総座位行動時間、30分以上続く長時間の座位行動時間、座位行動の中断回数、低強度身体活動時間、中高強度身体活動時間を算出し、主な就業形態4群における差異を検討した。その結果、座り仕事が主である就業者の座位行動時間は、就業時間の約70%占めていた。また、座り仕事が主である就業者は、他の就業形態に属する就業者と比較して、有意に就業時間内の総座位行動時間および長時間の座位行動時間が長く、低強度身体活動時間および中高強度身体活動時間が短いことが明らかとなった。同様の傾向は就業日のみで認められた。一方、休日および非就業時間においては、全ての座位行動指標や身体活動指標に関して4つ就業形態における有意な差異はなかった。以上の結果から、就労者全体の半数以上とも推定されるデスクワーカーを対象に就業時間内の座位行動を減らすための効果的な介入プログラムを開発することは極めて重要であることが確認できた。次年度は包括的介入プログラムの開始を予定している。当初予定していた対象企業とは別の企業にて介入を実施することとなったが、研究は概ね計画通り順調に進んでいる。概ね予定通り進展しているため、次年度以降は引き続き、介入プログラムの実施および学術論文の準備・投稿を進めていく予定である

  • 児童の座位行動に影響を与える要因およびその健康影響を解明するための縦断的研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 児童の座位行動に影響を与える要因およびその健康影響を解明するための縦断的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年
     

  • 地域在住高齢者における座り過ぎの健康影響および決定要因を解明するための縦断研究

    研究期間:

    2015年03月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究の目的は、高齢者における座位行動の現状と健康影響を明らかにすることであった。ベースライン調査・測定の結果、一日の覚醒時間のうち座位行動が占める割合は58%(8.7時間)で、1回30分以上継続する長時間の座位行動は4.4回(総座位行動時間の42%)であった。男性、後期高齢者、過体重・肥満者における総座位時間等が最も長かった。テレビの視聴における座位行動が最も座りすぎを助長する生活場面(46.9%)であった。また、10分間の座位行動から中等度以上の身体活動への置換は、健康関連QOLや多くの身体機能(歩行能力等)の改善に有用である可能性が明らかとなった。今後は、縦断的検討を行っていく

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 児童の座位行動に影響を与える要因およびその健康影響を解明するための縦断的研究

    2020年   岡浩一朗

     概要を見る

    子どもの客観的・主観的に評価した座位行動の実態を示すと伴に、座りすぎ(長時間の座位行動)の健康への影響及び決定要因を縦断コホート研究デザインにて明らかにすることを本研究の目的とした。具体的には、2018年度に調査した住民基本台帳より無作為抽出した児童3,000名に、座位行動の決定要因及び健康影響を調査するため縦断調査(2年間の追跡)を行った。方法は、郵送法による質問紙調査及び加速度計7日間連続装着による座位行動の評価及び関連要因を調査した。2年間での客観的及び主観的座位行動の変化に影響を与える要因及びそれらがアウトカム変数に与える影響を社会人口学的要因を層化または調整変数とした多変量解析を行っていく。これらの検討により、座位行動により引き起こされる健康影響及び座位行動を減少させるために働きかけるべき要因を特定していく。

  • 児童の座位行動に影響を与える要因およびその健康影響を解明するための縦断的研究

    2019年  

     概要を見る

     本研究の目的は、子どもの客観的・主観的に評価した座位行動の実態を示すと伴に、座りすぎ(長時間の座位行動)の健康への影響及び決定要因を縦断コホート研究デザインにて明らかにすることであった。具体的には、2017年度に調査した住民基本台帳より無作為抽出した児童3,000名に、座位行動の決定要因及び健康影響を調査するため縦断調査(2年間の追跡)を行った。方法は、郵送法による質問紙調査及び加速度計7日間連続装着による座位行動の評価及び関連要因を調査した。2年間での客観的及び主観的座位行動の変化に影響を与える要因及びそれらがアウトカム変数に与える影響を社会人口学的要因を層化または調整変数とした多変量解析を行っていく。これらの検討により、座位行動により引き起こされる健康影響及び座位行動を減少させるために働きかけるべき要因を特定していく。

  • どのような公園が子どもの身体活動を増進させ、座位行動を減少させるのか?

    2018年   岡浩一朗, 柴田愛

     概要を見る

    本研究の目的は、どのような条件(利便性や特徴)を持つ公園が子どもの主観的・客観的に測定した身体活動を増加させ、座位行動を減少させるのかを明らかにすることとした。対象者は、東京都の2つの市の住民基本台帳より無作為に抽出した小学1年~6年生の男女2,400名およびその保護者とした。無作為抽出の方法は、性および学年で重み付けし、1世帯から1名のみを抽出した。この2,400名に対し調査依頼を行い、協力に同意が得られた620名に調査一式を送付した。調査に回答のない対象者については、2週間後に督促を行った。調査は郵送法により行い、質問紙調査および加速度計7日間連続装着による身体活動・座位行動の評価および関連要因を調査した。質問紙調査は、身体活動および座位行動と公園に関する利便性や特徴、その他の関連要因として、自宅近隣や学校内などの環境的要因や心理的要因、社会的要因を調査した。結果として、525名の者が調査・測定を完遂した。本調査により取得したデータより、身体活動・座位行動それぞれに公園の利便性および特徴が関連していることが示された。今後は公園に着目した児童の身体活動推進のための方策を構築することが望まれる。

  • 児童の座位行動が学力および体力に与える影響の解明

    2017年  

     概要を見る

    子どもの長時間の座位行動と学力・体力との関連を明らかにすることを目的とした。小学校3-6年生を対象とし、質問紙への回答を求めた。体力・学力のデータは学校より得た。調査内容は、平日及び休日の場面別座位時間 (読書/音楽鑑賞、テレビ視聴、テレビ/ビデオゲーム利用、インターネット利用、学業、夜間の携帯電話利用、車移動)、学校の学業成績、新体力テスト、社会人口学的要因(性、学年、身長、体重)、中等度以上身体活動とした。座位行動とアウトカムとの関連について、社会人口統計学的要因及び身体活動を調整変数とした相関係数を算出した。本研究の結果より、学業以外の座位行動の長さは体力及び学業成績の悪さとの有意な相関が認められた。

  • 学校の朝の休み時間における子供の身体活動を推進する効果的なプログラムの開発

    2014年  

     概要を見る

    本研究の目的は、始業前の時間帯における運動介入が、始業前の児童の身体活動に与える影響について検討することとした。対象者は、東京都の公立小学校4校に在籍する5年生310名(男子177名)のうち、保護者より調査参加の同意が得られデータに欠損のない152名とした。本研究は始業前の時間帯における運動介入(2013年5~7月)と、介入前(T1)、介入後(T2)の2時点に測定を行った。調査参加への同意を得た研究参加校4校を介入校2校と対照校2校に振り分けた。介入校2校に対して、各校の始業前の時間帯に大学生指導者2名による運動遊びの介入を実施した。介入時間は、介入の内容や時間によって児童の身体活動推進の効果に異なる影響を与えることから(Ickes et al., 2012)、15分間の介入を行う学校と30分の介入を行う学校の2群に分けた。始業前の時間帯において、男子については30分の運動介入が、女子については15分の運動介入が身体活動推進のうえで効果的であることが明らかとなった。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>