Updated on 2022/05/25

写真a

 
KOMATSU, kaori
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute

  • 2020
    -
    2022

    高等研究所   兼任研究所員

Education

  •  
     
     

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Humanities   Oriental History  

Degree

  • Ochanomizu University   Master of Arts

  • University of Tokyo   Doctor of letters

Professional Memberships

  •  
     
     

    史学会

  •  
     
     

    日本中東学会

  •  
     
     

    日本オリエント学会

  •  
     
     

    日本イスラム協会

 

Research Areas

  • History of Asia and Africa

Research Interests

  • History of the Ottoman Empire and Modern Turkey

Papers

  • Welfare and War in the modern Ottoman Empire

    Kaori Komatsu

      ( 30 ) 15 - 28  2020.04

    Authorship:Lead author

  • Pension System and People's Life in the Ottoman Empire ― Case of the State Steamship Company ―

    Kaori Komatsu

    Gakujutsu Kenkyu(Academic Studies and Scientific Research)Cultural Science and Social Science   ( 66 ) 169 - 186  2018.03

  • The Military Ethos of Modern Turkey

    Kaori Komatsu

    Bulletin of the Graduate School of Edudation of Waseda University   27   17 - 31  2017.03

  • Civil Society in the Ottoman Modern Period as Seen in "Maritime Personnel Records"

    Kaori Komatsu

    Memoirs of The Research Department of The Toyo Bunko   72   125 - 160  2014  [Refereed]

  • A Consideration of Economic Nationalism in the Ottoman Empire

    Kaori Komatsu

    The Toyoshi-Kenkyu, The Journal of Oriental Researches   71 ( 1 ) 156 - 190  2012.06  [Refereed]

  • オスマン帝国末期の海洋活動と黒海沿岸民

    小松香織

    歴史人類   ( 38 ) 1 - 23  2010.03

  • オスマン帝国近代史史料としての『特別局給与台帳』について

    小松香織

    歴史人類   ( 35 ) 61 - 81  2007.03

  • 19世紀のオスマン海軍における非ムスリム任用問題—「徴兵抽選拒否事件」関係史料の分析を通じて—

    小松香織

    歴史人類   ( 33 ) 47 - 73  2005.03

  • オスマン海運におけるカボタージュ権問題—英国汽船をめぐって—

    小松香織

    歴史人類   ( 29 ) 1 - 18  2001.03

  • オスマン帝国のカボタージュ権問題—イズミル港湾の事例について—

    小松香織

    自然・ 人間・文化—地域統合と民俗統合—     1 - 18  2001.03

  • Financial Problems of The Navy during the Reign of Abdulhamid II

    Kaori Komatsu

    Oriente Moderno   ( 20 ) 209 - 219  2001

  • XIX. Yüzyıl Osmanlı-İngiliz Deniz Münasebetlerinde‘Kabotaj’Meselesi

    Kaori Komatsu

    Osmanlı   3   371 - 379  1999.12

  • オスマン帝国末期の黒海海運

    小松香織

    イスラム世界   ( 51 ) 1 - 22  1998.07

  • アブデュルハミト二世時代の官営汽船—「特別局」とオスマン海軍—

    小松香織

    史学雑誌   107 ( 6 ) 1 - 35  1998.06

  • オスマン帝国末期の英国黒海汽船海運—『英国領事報告書』より—

    小松香織

    歴史人類   ( 26 ) 127 - 166  1998.03

  • 1896’da Osmanlı Bahriyesi’nde Yabancılar ve Gayri Müslimler

    Kaori Komatsu

    Tarih ve Toplum   ( 139 ) 16 - 22  1995.06

  • イダーレイ・マフスーサ—近代オスマン海運に関する一考察—

    小松香織

    日本中東学会年俸   ( 10 ) 1 - 25  1995.03

  • アブデュル・ハミト2世時代のオスマン海軍(1878-1897)—「沈黙の艦隊」の実像—

    小松香織

    お茶の水史学   ( 35 ) 27 - 48  1992.04

  • 19世紀末のオスマン海軍—財政問題を中心に—

    小松香織

    東洋学報   73 ( 1.2 ) 1 - 26  1992.01

  • 100’üncü Yıldönümü Münasebetiyle 《ERTUĞRUL FIRKATEYNİ》 Faciası

    小松香織

    日本中東学会年報   ( 5 ) 113 - 172  1990.03

  • アブデュル・ハミト2世と19世紀末のオスマン帝国—「エルトゥールル号事件」を中心に—

    小松香織

    史学雑誌   98 ( 9 ) 40 - 82  1989.09

▼display all

Books and Other Publications

  • オスマン帝国の近代と海軍

    小松香織

    山川出版社  2004.02 ISBN: 4634347903

  • オスマン帝国の海運と海軍

    小松香織

    山川出版社  2002.10 ISBN: 4634673800

Awards

  • 第25回流沙海西奨学会賞

    1992  

Research Projects

  • 19世紀を中心とした軍事的学知をめぐる人と書物の交錯

    Project Year :

    2019.04
    -
    2024.03
     

     View Summary

    本研究は、国民国家が形成される19世紀を中心とし、軍人のグローバルな移動による人的ネットワークと、軍事関連書の翻訳・流通・受容という分析視角から、軍事的学知の交錯を研究するものである。日本・フランス・ドイツを主とし、オランダ・オスマン帝国・清朝を参照系と位置づけ、軍人と軍事関連書(人とモノ)の移動から、軍事的学知(学知)に光を当てることにより、軍事史的観点からみた新たな世界史像を提起したい

  • Towards a global standard of dignity as a philosophical concept: theoretical approaches, conceptual histories, and cross-cultural comparisons

    Project Year :

    2018.06
    -
    2023.03
     

  • 年金制度にみる近代トルコ社会

    Project Year :

    2018.04
    -
    2023.03
     

     View Summary

    本研究は、オスマン帝国において近代的な社会保障システムとしての年金制度が、いつから、どのような形で整備されていったのか、また、それがトルコ共和国にどのように継承されたのか、さらに、こうした制度が人々の生活にどのような影響を及ぼしたのかについて、オスマン帝国・トルコ共和国の公文書と公営・私営企業が所蔵する一次史料、新聞・雑誌等を手掛かりに考察し、イスラーム社会における社会保障のあり方、オスマン帝国末期からトルコ共和国初期の社会の実像、具体的には家族や就業のあり様といった人々のくらしの実態を明らかにしようと試みるものである。同時にオスマン帝国とトルコ共和国の連続性に関する議論に社会史的観点から新たな見解を提示することを目標とする。2019年度は、トルコ共和国に長期間滞在することができたため史料調査に重点を置き、オスマン帝国およびトルコ共和国における年金制度や社会福祉関係の史料を広範囲にわたって収集することができた。前半期はアンカラの共和国文書館所蔵のオスマン海運局の経営会議議事録のすべてに目を通した。通常はネット上の閲覧しかできないが、特別の許可を得て史料の現物を確認することができ、多くの情報を得られた。後半期はイスタンブルにおいてトルコ共和国大統領府オスマン朝文書館で史料調査を行い多くの文書をCDに収録した。特に年金制度のルーツを明らかにするため、16世紀までさかのぼって様々な史料の中から関連する文書を抽出した。また19世紀末から20世紀初頭の年金制度の運用の実態についての文書も収集した。さらに膨大な数に及ぶため収集・データベース化・分析に相当な時間を要する年金授与文書について、カタログから優先度の高い文書を選び画像を取得した。イスタンブルにおいて現地研究者との情報交換を行い、数回にわたり研究集会を開催した他、これまでの研究成果を論文にまとめて発表した。今年度はトルコ共和国に長期間滞在することができたため、研究期間のうち当初2年間の目標としていた「できるだけ多くの史料の収集とデータベースの構築」において、特に史料の収集面で大きな成果を上げることができた。2019年4~7月にアンカラの共和国文書館で史料調査を行い、オスマン海運局関係の公開されているすべての史料を閲覧し、多くの文書史料を収集することができた。9月以後はイスタンブルのトルコ共和国大統領府オスマン朝文書で史料調査を行い、多数の史料を収集することができた。当初の研究計画では、研究をすすめるにあたって、(1)オスマン帝国における年金制度の成立の経緯と制度の実態の解明、(2)年金制度が個人の人生に及ぼした影響の考察、という2つの大きなテーマを設定し、定量的かつ定性的な分析を行うとしていた。(1)について、最初に制度が導入された公務員と軍人に対する年金について、その背景、法律の制定過程・内容、運営の実態、問題点を明らかにすることをめざす。主な史料としては、オスマン朝文書館所蔵の勅令、国政会議文書、枢密院文書、ユルドゥズ文書等の公文書とオスマン帝国法令集、官報、新聞・雑誌等を用い、データベースを構築し分析を行っていくとしていた。今年度はこの計画に加えて、年金制度のルーツを探るべく時代をさかのぼり、枢密会議議事録等の史料にも範囲を拡大した。今後はこれらの文書の分析も行っていく。(2)について、年金受給者の個人記録文書をできるだけ多く収集し、パーソナル・ヒストリーの集積から全体像の把握に繋げていく。オスマン朝文書館所蔵の史料の中で、昨年度行ったカタログ調査で特定の公務員や軍人に関する年金関連の記録が2千件以上に及ぶことが確認されたので、これらの文書を収集し活用していく。本年度は優先順位の高いと思われるものから着手したので、今後は網羅的に収集作業を継続していく。こうした史料中心の研究の傍ら、これまでと同様、オスマン帝国の軍事・教育・福祉という3分野の近代化について問題関心を共有するトルコ人研究者たちとの共同研究を推進し、議論を深め発展させていく

  • Civil Society in the Late Ottoman Empire as Seen in Pension System

    Project Year :

    2013.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    This research aimed to examine (1) the pension system as the social insuarance of the Islamic society and (2) personnel lives in the late Ottoman society based on personnel records of the state steampship company, the Ottoman public redords and regulations. As a result, we made clear the real state of the pension system and its problems as well as its effects on individual lives

  • A Comparative Study of Honor, Loyalty and Patriotism in 18th and 19th Centuries from the Viewpoint of Military History

    Project Year :

    2014.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    Using a comparative frame, our project team researched the characteristics of the military ethos of warriors from Japan, China, the Ottoman empire,Germany, and France in what is called the “modern transitional period”(18th and 19th centuries). We took into consideration various direct and indirect relations among these regions in the fields of politics, economy, military affairs, modern scientific thought, and so on. Our research showed that military values such as honor, loyalty, and patriotism were grounded in notions such as rank, status, and class in early modern society and traditional way of thinking, and resulted from of a complex combination of elements such as newly developed military technology, newly adopted military education, the military conscription system, ethnic and religious identity, and nationalism

  • The Social Changes in the Modern Ottoman Empire as seen from the Marine Personnel Records

    Project Year :

    2008.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    This research aims to reconsider the Ottoman social constracture by means of analyzing personal histories of these who engaged in maritime activities. As the source we used various data from the marine personnel records. As a result, we found a set of tendency of their background (nationality, relicion, birth place, social status, v.s.) and career patterns, and made clear the importance of personals of the Black Sea region by origin in marine acitivities of the late Ottoman society

  • A Study of Modern Ottoman Marine Transportation

     View Summary

    The purpose of this study is to analyze the process of modernization of Ottoman marine transportation and clarify some issues pertaining to the, incorporation of the Ottoman Empire into the capitalist world economy.Specifically, the following three questions were examined.(1) The participation of the Ottoman navy in commercial shipping(2) The competition with foreign steamship companies(3) The antagonism between Turk-Muslim officers and bureaucrats and non-Muslim capitalists and bureaucratsBy analyzing the above three questions, this survey should help to explain the reason why the Ottomans failed to make domestic shipping more modem and self-reliant

  • Modern Ottoman Maritime Transportation and Navy

     View Summary

    The purpose of this study is to analyze the process of modernization of the Ottoman maritime transportation and navy and to clarify the effects of economical colonization and nationalism on the socio-economic structure of the Ottoman Empire. More concretely, the following questions were examined. (1) "cabotage right" problems, (2) establishment of the state steamshipping company, (3) ethnic and religious issues in the navy. In (1) and (2), I investigated the difficulties of developing a homeland shipping system under the rule of unequal treaties and the competition with the foreign capital. In (3), the conscript problems of the navy were considered in connection with focal points such as the effect, of nationalist movements among non-Muslim peoples and the opposing ideology of Pan-Islamism. As a result, we can say it is obvious that the loss of the human capital made up of the Greeks played decisive role in the decline of the Ottoman Navy and increase in the number of Muslim crew contributed to the foundation of the Republican nav

  • Ethnic and Regional Characters of the Modern Ottoman Society

     View Summary

    This research aimed to reconsider the social structure of the late Ottoman Empire by analyzing the ethnic and regional characters of those who engaged in the oceanic activities. The project held two subjects; first, the ethnicity, Rum (Greek)'s role in the shipping and second, the regional character, the personnel supply from Black Sea coast region to Istanbul, As to the 1st subject, based on historical materials related to the conscription, I clarified that the Greek independence had a serious influence on the Ottoman Navy in recruiting, those who were talented in maritime morks. As to the 2nd subject, I researched the "Kunye Defteri" (the service record of the Navy) at the Turkish Museum and collected the data of birthplaces of officers and sailors. And for shopping, I looked into the "Maas Defteri" (payment register of the national steamship company named I dare-I Mahsusa) in the Turkish Maritime Company's archives. I choose 29 registers among them and analyzed the data of the birthplaces of the crew.As the result of these researches I came to the conclusion that the Black Sea coast region provided a great number of maritime personnel for the Ottoman Navy as well as the national steamship company

▼display all

Presentations

  • Osmanlıların Deniz Ticareti Üzerinde Düşünceleri

    Kaori Komatsu  [Invited]

    International 9th Symposium on History of Turkish Sea Trading  (Istanbul)  Istanbul University

    Presentation date: 2017.05

Specific Research

  • 「海の人事録」にみる近代オスマン帝国社会の変容

    2010  

     View Summary

    本研究は、オスマン帝国後期の海軍や海運など海事にたずさわった人々の出自(民族、宗教、出身地、社会階層等)を新たに発掘した人事関係等の史料を分析することにより明らかにし、近代オスマン帝国社会構造とその変容を「ヒト」を核として見直そうと試みるもので、同時に、こうした作業を通して当該史料のオスマン帝国社会経済史研究史料としての重要性を提示することも目的としている。すでにこの研究は平成20年度より、科学研究費補助金(基盤研究(C))の同テーマの研究において進めており、本研究はこれまでの研究成果をさらに促進することを目指すものである。 具体的な研究活動としては、トルコ共和国イスタンブルにおいて、同国総理府オスマン朝文書館、海軍博物館付属歴史文書館、トルコ海運公社史料室、アタテュルク図書館の所蔵する一次史料の調査と、収集した文献・史料を整理し、データ・ベース化すること、およびその分析、考察を行った。とくに重点を置いたのが、トルコ海運公社の所蔵する19世紀末から20世紀初頭にかけてオスマン帝国官営汽船会社に雇用された人々の人事記録である。この史料は主に二つあり、一つは給与支払簿、もう一つは個人人事記録簿である。給与支払簿は長期間にわたるので、本研究では『特別局給与台帳』に限定し、さらにその中から全134冊にうちの40冊余りを取り上げて、そこに記載された情報について、汽船の乗組員の出身地に関する統計をとり、分析を行った。人事記録簿についてはデジタルカメラによる撮影を行ったが、完了するには至らず、再調査が必要である。 以上の調査の結果、データ・ベースの構築が完了した『特別局給与台帳』について、一定の結論を導き出すことができた。時期的な変動はあるものの、19世紀末から20世紀初頭(スルタン・アブデュルハミト2世の治世期(1876-1909))官営汽船の乗組員の約半数を黒海沿岸地域出身者が占めていたことがわかった。このことは、オスマン帝国がギリシアの独立によって大量に失った海上活動の担い手であるルーム(ギリシア系臣民)の人材を埋めたのが黒海沿岸地域の人々であったことを示すものであり、当該地域の後期オスマン帝国社会における重要性の一端が明らかとなった。

Overseas Activities

  • 年金制度にみる近代トルコ社会

    2019.03
    -
    2020.03

    トルコ共和国   アンカラ大学

    トルコ共和国   ボアジチ大学

 

Syllabus

▼display all