尾形 祥 (オガタ ショウ)

写真a

所属

法学学術院 法学部

職名

准教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 商学学術院   大学院会計研究科

  • 政治経済学術院   政治経済学部

  • 法学学術院   大学院法学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    早稲田大学   法学研究科博士後期課程民事法学専攻  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   法学研究科修士課程民事法学専攻  

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    早稲田大学   法学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   法学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   法学学術院   准教授

  • 2014年04月
    -
    2020年03月

    高崎経済大学   経済学部   准教授

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    高崎経済大学   経済学部   専任講師

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    法政大学経済学部   Faculty of Economics   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    国士舘大学法学部   Faculty of Law   非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    東京商事法研究会

  •  
     
     

    日本私法学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 民事法学   商法、会社法、金融商品取引法、保険法

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 保険法

  • 金融商品取引法

  • 商法

  • 会社法

論文 【 表示 / 非表示

  • 生命保険募集における説明義務-特定保険契約を中心として-

    生命保険論集   ( 213 ) 193 - 223  2020年12月

  • 学校法人の評議員会制度をめぐる法的課題

    法律時報   92 ( 4 ) 105 - 109  2020年04月

  • 支配株主による会社支配と企業統治

    尾形 祥

    私法   ( 79 ) 199 - 205  2017年07月

  • スウェーデン会社法の下での株主の平等的取扱いと少数派株主の保護

    尾形 祥

    現代商事法の諸課題-岸田雅雄先生古稀記念論文集-     185 - 203  2016年07月

  • スウェーデンにおける会社支配と企業統治

    尾形 祥

    博士論文(早稲田大学)     1 - 258  2016年03月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 論文演習会社法下巻第2版

    上田純子, 松嶋隆弘, 大久保拓也編( 担当: 共著,  担当範囲: 103-110,197-204)

    2021年02月

  • 商法演習Ⅰ 会社法

    鳥山恭一, 福島洋尚編( 担当: 共著,  担当範囲: 新株の不公正発行, 286-295)

    株式会社成文堂  2020年03月

  • 会社法重要判例〔第3版〕

    酒巻俊雄, 尾崎安央, 川島いづみ, 中村信男編( 担当: 共著,  担当範囲: 36, 84, 131-132)

    株式会社成文堂  2019年10月

  • 論文演習会社法下巻

    松嶋隆弘, 上田純子編( 担当: 共著,  担当範囲: 119-126, 218-225)

    勁草書房  2017年02月

  • 会社法重要判例〔第2版〕

    酒巻俊雄, 尾崎安央, 川島いづみ, 中村信男編( 担当: 共著,  担当範囲: 36, 79, 126-127)

    株式会社成文堂  2016年09月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • (判例評釈)株主総会の開催場所の変更等を理由とする違法行為差止めの可否

    尾形 祥

    新・判例解説Watch   ( 28 ) 155 - 158  2021年04月

  • (判例評釈)吸収分割による賃借人の地位の変更と信義則による賃貸人の保護

    尾形 祥

    金融・商事判例   ( 1572 ) 2 - 7  2019年08月

  • 2018 判例回顧と展望 商法 保険法

    尾形 祥

    法律時報6月臨時増刊     136 - 143  2019年06月

  • (判例評釈)取締役解任を株主総会の議案とする取締役会決議と特別利害関係取締役

    尾形 祥

    新・判例解説Watch   ( 23 ) 131 - 134  2018年10月

  • (判例評釈)詐欺行為に関与した会社とその取締役として登記されていた者の第三者に対する責任

    尾形 祥

    金融・商事判例   ( 1546 ) 2 - 7  2018年08月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 会社法のコーポレート・ガバナンスからみた学校法人ガバナンスの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    尾崎 安央, 尾形 祥, 山本 真知子, 川島 いづみ

    担当区分: 研究分担者

     概要を見る

    研究会を東京と大阪で数度開催し、大学を設置している学校法人(大学法人)のガバナンスに対して会社法研究者の立場から検証する作業を行った。研究会の参加者は、毎回、本研究の分担者以外にも、従来から組織している「各種法人制度研究会」メンバーのほぼ全員であった。今年度は、比較する他の法人形態として「社会福祉法人」を取り上げ、また比較法研究として、英国の制度を掘り下げて検討した。
    大学法人のガバナンスをめぐっては、文部科学省を中心として進行中の大学法人の「ガバナンスコード」案について、私立大学協会、私立大学連盟、大学監査協会の公表原案を素材に、これに文部科学省のレポートなどの公表文書を加えて比較検討を行い、それぞれの特徴や問題点などを整理し議論した。大学法人ガバナンスコードを策定するに当たりさらに検討すべき課題等が確認された。比較法的には、英国の法制度やガバナンスコードの意義・内容等の分析を行い、その問題点を整理するとともに、本研究の成果をもって日本版の実効性ある大学法人ガバナンスコードに向けた提言をするうえで参照すべき点の確認を行った。韓国で進行中の大学法人のガバナンスに関する研究報告もあり、問題意識の共通点と相違点を確認した。
    今年度比較対象とした社会福祉法人については、複数の報告者からその法制度や実態等が詳細に紹介され、議論を行った。文部科学省の公表物では、参照すべき対象として、一般社団法人・一般財団法人に加え、社会福祉法人のガバナンスに言及されることが少なくないが、それらはほとんどが会社法の応用であることが明らかとなり、会社法の観点から大学法人ガバナンスを検討する本研究の方法の妥当性や有効性を改めて確認することができた。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 支配株主による会社支配と企業統治-スウェーデン法からの示唆

    尾形 祥

    日本私法学会第80回大会  

    発表年月: 2016年10月

  • 企業の視点からみるスウェーデン国内の諸制度

    尾形 祥

    三井業際研究所北欧ビジネス研究委員会講演  

    発表年月: 2008年12月

  • スウェーデンにおける会社支配と株式所有

    尾形 祥

    A Joint Graduate Conference on Crime, Law, and Society, UCI  

    発表年月: 2007年11月

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 国際取引法

    国士舘大学  

  • 法学

    神奈川大学  

  • 有価証券法

    高崎経済大学  

  • 商法総則・商行為法

    高崎経済大学、法政大学  

  • 会社法

    高崎経済大学、神奈川大学、法政大学