寺田 泰比古 (テラダ ヤスヒコ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.waseda.ac.jp/terada/

プロフィール

研究内容
染色体分配と発癌機構の解明(抗がん剤開発):
染色体分配におけるPolycomb崩壊の制御
SET/TAF1がん遺伝子による急性骨髄性白血病の原因を解明
染色体分配に重要な張力センサーの仕組みを発見
Aurora B 遺伝子の発見
Aurora B kinase inhibitorから抗がん剤開発:AstraZenecaとの共同研究

中心体制御と紡錘体機能:
Cep169の発見
Cep169のRASシグナルにおける機能
Rasシグナルを遮断する新しい抗がん剤開発
Cep169のspindle pole integrityにおける機能
Cep169の一次繊毛抑制機能
Cep169の細胞遊走の機能
microcephalyから発見されたCep169の変異遺伝子の解析

10の9乗クラスの多様性を持つ抗体遺伝子ライブラリーの開発と応用
抗体遺伝子ライブラリーによる抗がん剤の最適な分子標的検索の開発

HP:http://www.chem.waseda.ac.jp/terada/
Research: https://www.waseda.jp/top/news/66394

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学   染色体分配、紡錘体、がん化機構

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん遺伝子

  • Cep169

  • Aurora kinase

  • 発がん機構

  • 中心体

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • SET/TAF1 forms a distance-dependent feedback loop with Aurora B and Bub1 as a tension sensor at centromeres

    1) Asai Y, Matsumura R, Hasumi Y, Susumu H, Nagata K, Watanabe Y, and Terada Y

    Scientific Report   10 ( 15653 )  2020年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

  • Aurora B kinase activity is regulated by SET/TAF1 on Sgo2 at the inner centromere.

    Asai Y, Fukuchi K, Tanno Y, Koitabashi-Kiyozuka S, Kiyozuka T, Noda Y, Matsumura R, Koizumi T, Watanabe A, Nagata K, Watanabe Y, Terada Y

    Journal of Cell Biology   218 ( 10 ) 3223 - 3236  2019年08月  [査読有り]

  • Cep169, a Novel Microtubule Plus-End-Tracking Centrosomal Protein, Binds to CDK5RAP2 and Regulates Microtubule Stability

    Yusuke Mori, Yoko Inoue, Sayori Tanaka, Satoka Doda, Shota Yamanaka, Hiroki Fukuchi, Yasuhiko Terada

    PLOS ONE   10 ( 10 ) e0140968 - e0140968  2015年10月  [査読有り]

     概要を見る

    The centrosomal protein, CDK5RAP2, is a microcephaly protein that regulates centrosomal maturation by recruitment of a.-tubulin ring complex (gamma-TuRC) onto centrosomes. In this report, we identified a novel human centrosomal protein, Cep169, as a binding partner of CDK5RAP2, a member of microtubule plus-end-tracking proteins (+TIPs). Cep169 interacts directly with CDK5RAP2 through CM1, an evolutionarily conserved domain, and colocalizes at the pericentriolar matrix (PCM) around centrioles with CDK5RAP2. In addition, Cep169 interacts with EB1 through SxIP-motif responsible for EB1 binding, and colocalizes with CDK5RAP2 at the microtubule plus-end. EB1-binding-deficient Cep169 abolishes EB1 interaction and microtubule plus-end attachment, indicating Cep169 as a novel member of +TIPs. We further show that ectopic expression of either Cep169 or CDK5RAP2 induces microtubule bundling and acetylation in U2OS cells, and depletion of Cep169 induces microtubule depolymerization in HeLa cells, although Cep169 is not required for assembly of.-tubulin onto centrosome by CDK5RAP2. These results show that Cep169 targets microtubule tips and regulates stability of microtubules with CDK5RAP2.

    DOI

  • Aurora-B/AIM-1 regulates the dynamic behavior of HP1 alpha at the G(2)-M transition

    Y Terada

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   17 ( 7 ) 3232 - 3241  2006年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Heterochromatin protein I (HP1) plays an important role in heterochromatin formation and undergoes large-scale, progressive dissociation from heterochromatin in prophase cells. However, the mechanisms regulating the dynamic behavior of HP1 are poorly understood. In this study, the role of Aurora-B was investigated with respect to the dynamic behavior of HP1 alpha. Mammalian Aurora-B, AIM-1, colocalizes with HP1 alpha to the heterochromatin in G, Depletion of Aurora-B/AIM-1 inhibited dissociation of HP1 alpha from the chromosome arms at the G(2)-M transition. In addition, depletion of INCENP led to aberrant cellular localization of Aurora-B/AIM-1, but it did not affect heterochromatin targeting of HP1 alpha. It was proposed in the binary switch hypothesis that phosphorylation of histone H3 at Ser-10 negatively regulates the binding of HP1 alpha to the adjacent methylated Lys-9. However, Aurora-B/AIM-1-mediated phosphorylation of H3 induced dissociation of the HP1 alpha chromodomain but not of the intact protein in vitro, indicating that the center and/or C-terminal domain of HP1 alpha interferes with the effect of H3 phosphorylation on HP1 alpha dissociation. Interestingly, Lys-9 methyltransferase SUV39H1 is abnormally localized together along the metaphase chromosome arms in Aurora-B/AIM1-depleted cells. In conclusion, these results showed that Aurora-B/AIM-1 is necessary for regulated histone modifications involved in binding of HP1 alpha by the N terminus of histone H3 during mitosis.

    DOI

  • Interaction of Aurora-A and centrosomin at the microtubule-nucleating site in Drosophila and mammalian cells

    Y Terada, Y Uetake, R Kuriyama

    JOURNAL OF CELL BIOLOGY   162 ( 5 ) 757 - 763  2003年09月  [査読有り]

     概要を見る

    A mitosis-specific Aurora-A kinase has been implicated in microtubule organization and spindle assembly in diverse organisms. However, exactly how Aurora-A controls the microtubule nucleation onto centrosomes is unknown. Here, we show that Aurora-A specifically binds to the COOH-terminal domain of a Drosophila centrosomal protein, centrosomin (CNN), which has been shown to be important for assembly of mitotic spindles and spindle poles. Aurora-A and CNN are mutually dependent for localization at spindle poles, which is required for proper targeting of gamma-tubulin and other centrosomal components to the centrosome. The NH2-terminal half of CNN interacts with gamma-tubulin, and induces cytoplasmic foci that can initiate microtubule nucleation in vivo and in vitro in both Drosophila and mammalian cells. These results suggest that Aurora-A regulates centrosome assembly by controlling the CNN's ability to targeting and/or anchoring gamma-tubulin to the centrosome and organizing microtubule-nucleating sites via its interaction with the COOH-terminal sequence of CNN.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Formation of gamma-tubulin-containing structures lacking microtubule-nucleating activity in human cancer cells

    R Kuriyama, Y Terada, L Sandvig

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   15   409A - 410A  2004年11月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Maintenance of structural and functional integrity of the centrosome in mammalian cells

    R Kuriyama, Y Uetake, J Matuliene, Y Terada

    CELL MOTILITY AND THE CYTOSKELETON   54 ( 2 ) 162 - 163  2003年02月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Role of Cep135 interaction with a p50 dynactin subunit in mammalian centrosomes

    Y Uetake, Y Terada, J Matuliene, R Kuriyama

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   13   197A - 197A  2002年11月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Functional isoforms of a kinesin-like motor protein at the central spindle and midbody in mammalian cells

    R Kuriyama, C Gustus, Y Terada, Y Uetake, J Matuliene

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   12   456A - 456A  2001年11月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • AIM-1 regulates onset of cytokinesis by targeting INCENP to midzone and midbody

    Y Terada, H Katayama, M Tatsuka, R Kuriyama

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   11   343A - 343A  2000年12月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 細胞周期調節蛋白質(Aurora-B/AIM-1)

    中外製薬, 寺田泰比古

    特許権

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ハダカデバネズミの寿命はなぜ10倍長いのか? -抗酸化制御に関する遺伝子の単離-

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    ハダカデバネズミ(Hg)のレトロウイルスcDNAライブラリーの作製し、マウス胎児繊維芽細胞(MEF)に遺伝子ライブラリーを導入し、クライシスを超えて増殖が停止せず増殖し続ける細胞コロニーを単離した。また、Hgは癌遺伝子に対して強い抵抗性を示すことから、Hgの癌抑制遺伝子を単離する目的で、癌遺伝子のv-rasで癌化したNIH3T3細胞に導入し、癌形質を消失させる遺伝子の単離を行った。これらの形質を変換させる候補遺伝子をクローニングし、機能解析を行った

  • 中心体成熟と複製を制御する遺伝子群の単離と機能解析

     概要を見る

    1)中心体の成熟因子として発見したショウジョウバエのCNN遺伝子の動物細胞のホモログとしてCDK5RAP2遺伝子を単離し、CNNと高度に保存されているN末領域のドメイン(CNN box)単独でMTOCの活性を示すことを明らかにした。さらにCNN boxに結合する蛋白質をライブラリーからスクリーニングしたところ、カエルや線虫からヒトに至るまで高度に保存され、これまで解析されていない遺伝子CEP140を単離し、この蛋白質が中心体に局在することを確認した。機能解析によって、中心体成熟と中心体小体同士を結びつける役割を果たしていることを明らかにした。2)Aurora-Aによる紡錘体形成の制御システムを明らかにする目的で、Aurora-A結合蛋白質としてG2/M期移行に関与すると報告されているSET/NAP出芽酵母の遺伝子を単離した。SET/NAP蛋白質はPP2Aのinhibitorであることが報告されていることから、PP2Aとの相互関係を調べたところ、これらはAurora-Aとともに複合体を形成し、M期中心体に存在すること、PP2AのRNAiによる表現型は紡錘体形成を阻害する一方、SETの高発現も同様の表現型を示すことを動物細胞の培養細胞株とカエル卵再構成系で明らかにした。Aurora-A結合蛋白質としてSET/NAP遺伝子を単離し、ヒト培養細胞とカエル卵再構成系で、PP2Aインヒビターとして、Aurora-Aの下流で紡錘体形成の調節に関与していることを明らかにした

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 薬の最適な分子標的探索のための、発現クローニング・ライブラリーの構築と応用

    2011年  

     概要を見る

    1)レンチウイルスを用いたランダムペプチド・ライブラリーの構築:レンチウイルス型ライブラリーのマザーベクターの改変を以下の手順で行った。赤色蛍光蛋白質・mRFP遺伝子をCMV promoterの下流に挿入し、 (NNK)18の両側にBstXIサイトを付加したオリゴヌクレオチドを合成し、ベクター(BstXI処理)に挿入した。エレクトロポレーション法にて大腸菌に導入することによって、2-3x107以上のcomplexityを持つライブラリーの合成に成功した。次に、レンチウイルス・ライブラリーへ変換し、HeLa細胞に希釈したウイルスライブラリーを導入したところ、高効率で導入することができ、mRFPとの融合タンパク質としてランダムペプチドが安定的に細胞内で保持されていることを確認した。2)スクリーニング系の構築:ヒトSirt1 promoterやヒトMn-SOD promoter領域を、ヒトゲノムDNAを鋳型としてPCR法によりクローニングし、EGFP(緑色蛍光蛋白質)をレポーター遺伝子としてそれぞれのpromoterの下流に挿入した。それぞれのユニットをHeLa細胞に導入し、安定発現株を樹立した。3)安定発現株を用いたスクリーニング:上記2)の細胞株を用いて、上記1)のランダムウイルス・ライブラリーを1x107以上のスケールで感染させ、FACSのsortingを2回繰り返すことによって、Sirt1とMn-SOD のそれぞれのpromoterの転写活性を亢進させる短鎖ペプチドを単離した。現在のところ、Sirt1 promoterの転写活性を亢進させる4つの異なる短鎖ペプチドの単離に成功した。4)短鎖ペプチドに結合する細胞側のタンパク質の同定:上記3)の4つの短鎖ペプチドのうち、最も活性が強いペプチドに結合する細胞側のタンパク質を酵母two-hybridスクリーニングを用いて同定した。

  • ケミカルバイオロジーの基盤技術としての遺伝子発現ライブラリーの開発と応用

    2009年  

     概要を見る

    1)レンチウイルスを用いたランダムペプチド・ライブラリーの構築:レンチウイルス型ライブラリーのマザーベクターの改変を以下の手順で行った。赤色蛍光蛋白質・mRFP遺伝子をCMV promoterの下流に挿入し、さらに、BstXIサイトを両末端に持つstufferサイトを、mRFPの下流に配置した。一方、ランダムペプチドをコードする領域は、(NNK)18の両側にBstXIサイトを付加したオリゴヌクレオチドを合成し、この3’側の(NNK)を含まない既知の領域にアニールするアンチセンス・プライマーを合成し、二つのプライマーをアニール後、T4 DNA polymeraseにて逆鎖を合成した後、BstXIにて切断し、上記、ベクター(BstXI処理)に挿入した。エレクトロポレーション法にて大腸菌に導入することによって、2-3x107以上のcomplexityを持つライブラリーの合成に成功した。次に、レンチウイルスのヘルパーベクターとともに293T細胞に遺伝子導入し、ライブラリーをレンチウイルスへ変換した。HeLa細胞に希釈したウイルスライブラリーを導入したところ、高効率で導入することができ、mRFPとの融合タンパク質としてランダムペプチドが安定的に細胞内で保持されていることを確認した。2)スクリーニング系の構築:ヒトSirt1 promoterやヒトMn-SOD promoter領域を、ヒトゲノムDNAを鋳型としてPCR法によりクローニングし、EGFP(緑色蛍光蛋白質)をレポーター遺伝子としてそれぞれのpromoterの下流に挿入した。それぞれのユニットをHeLa細胞に導入し、安定発現株を樹立した。3)安定発現株を用いたスクリーニング:上記2)の細胞株を用いて、上記1)のランダムウイルス・ライブラリーを1x10>7以上のスケールで感染させ、FACSのsortingを2回繰り返すことによって、Sirt1とMn-SOD のそれぞれのpromoterの転写活性を亢進させる短鎖ペプチドを単離した。現在のところ、Sirt1 promoterの転写活性を亢進させる4つの異なる短鎖ペプチドの単離に成功している。4)短鎖ペプチドに結合する細胞側のタンパク質の同定:上記3)の4つの短鎖ペプチドのうち、最も活性が強いペプチドに結合する細胞側のタンパク質を酵母two-hybridスクリーニングを用いて同定した。5)今後の展望と考察:上記4)から細胞側の結合タンパク質が同定されれば、これが化合物スクリーニングのための分子標的を知る上で、有益な情報となるであろう。Sirt1は心筋梗塞や糖尿病疾患に関わる重要な遺伝子で、今回、得られた短鎖ペプチドと同様な分子機構で機能する化合物の探索方法が樹立できれば、細胞内のSirt1量を亢進させるような新規の薬剤の開発への大きな一歩となるだろう。現在、第三世代のレンチウイルスライブラリーの開発と、新たなスクリーニング系を構築しており、これらを組み合わせることによって、薬の開発のための最適な分子標的の情報を容易に得ることができるようになるだろう。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>