上條 良夫 (カミジョウ ヨシオ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

教授

ホームページ

https://sites.google.com/site/yoshiokamijo/

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学   経済学研究科   理論経済学・経済史  

  •  
     
     

    早稲田大学   Graduate School, Division of Economics  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学(日本)   経済学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学 高等研究所   助教

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 実験経済学

  • 産業組織論

  • ゲーム理論

  • 理論経済学

論文 【 表示 / 非表示

  • Time Preferences between Individuals and Groups in the Transition from Hunter-Gatherer to Industrial Societies

    Hernuryadin Yayan, Kotani Koji, Kamijo Yoshio

    SUSTAINABILITY   11 ( 2 )  2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Generativity and social value orientation between rural and urban societies in a developing country

    Timilsina Raja R, Kotani Koji, Kamijo Yoshio

    FUTURES   105   124 - 132  2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Voting on behalf of a future generation: A laboratory experiment

    Kamijo Y, Hizen Y, Saijo T, Tamura T

    Sustainability (Switzerland)   11 ( 16 )  2019年  [査読有り]

    DOI

  • Punishing second-order free riders before first-order free riders: The effect of pool punishment priority on cooperation

    Hiroki Ozono, Yoshio Kamijo, Kazumi Shimizu

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 ) 14379  2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Second-order free riders, who do not owe punishment cost to first-order free riders in public goods games, lead to low cooperation. Previous studies suggest that for stable cooperation, it is critical to have a pool punishment system with second-order punishment, which gathers resources from group members and punishes second-order free riders as well as first-order free riders. In this study, we focus on the priority of punishment. We hypothesize that the pool punishment system that prioritizes second-order punishment is more likely to achieve cooperation than the system that prioritizes first-order punishment, because the former is more likely to obtain sufficient punishment resources. In the experiments, we compare four pool punishment systems: 1To2 (first-order punishment to second-order punishment), 2To1 (second-order punishment to first-order punishment), 1ONLY (first-order punishment only), and 2ONLY (second-order punishment only). We find that the 2To1 and 2ONLY systems can receive more support than the 1To2 and 1ONLY systems and only the 2To1 system can achieve high cooperation. However, the effect of priority of second-order punishment is observed only when the punishment ratio (PR) is low (Experiment 1), not high (Experiment 2), in which the punishment resource is relatively abundant.

    DOI PubMed

  • Coincidence of the Shapley value with other solutions satisfying covariance

    Koji Yokote, Yukihiko Funaki, Yoshio Kamijo

    MATHEMATICAL SOCIAL SCIENCES   89   1 - 9  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We identify the necessary and sufficient condition under which the Shapley value coincides with the prenucleolus for general TU games. For 0-normalized 3-person games, the coincidence holds if and only if the game is symmetric or satisfies the PS property (Kar et al., 2009). We also identify the necessary and sufficient coincidence condition in the following allocation problems: the airport games (Littlechild and Owen, 1973), the bidder collusion games (Graham et al., 1990) and the polluted river games (Ni and Wang, 2007). The coincidence between the Shapley value and the CIS and ENSC values is discussed as well. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • ダブルトラック・オークションの実験研究

    宇都伸之, 上條良夫, 船木由喜彦

    日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌   59   38‐59  2016年12月

    DOI J-GLOBAL

  • 経営者の情報開示・開示規制と投融資決定 : コーディネーション・ゲームを用いた分析

    上枝 正幸, 上條 良夫

    現代ディスクロージャー研究 = Contemporary disclosure research   ( 14 ) 7 - 23  2014年10月

    CiNii

  • Stability and efficiency in perfect foresight situation

    Yoshio Kamijo

    THEORY AND DECISION   75 ( 3 ) 339 - 357  2013年09月

     概要を見る

    We study the stable standard of behavior in a perfect foresight situation that was introduced by Xue (Econ Theory 11:603-627, 1998). We assume that the inducement relations are invertible and coalition free. We show that the conditions are sufficient for the existence of the nonempty-valued optimistic/conservative stable standard of behavior for perfect foresight situation (OSSB-PF/CSSB-PF). Moreover, we find that an OSSB-PF supports a Pareto-efficient outcome as a stable outcome; if the preference relations are strict, only the Pareto-efficient outcomes are supported by the OSSB-PF.

    DOI

  • 家計の金融資産選択と税制―フローベース需要関数による分析

    井上・上條

    証券経済研究   0 ( 77 ) 173 - 189  2012年03月

    CiNii

  • Whose deletion does not affect your payoff? the difference between the Shapley value, the egalitarian value, the solidarity value, and the Banzhaf value

    Yoshio Kamijo, Takumi Kongo

    European Journal of Operational Research   216 ( 3 ) 638 - 646  2012年02月

     概要を見る

    This study provides a unified axiomatic characterization method of one-point solutions for cooperative games with transferable utilities. Any one-point solution that satisfies efficiency, the balanced cycle contributions property (BCC), and the axioms related to invariance under a player deletion is characterized as a corollary of our general result. BCC is a weaker requirement than the well-known balanced contributions property. Any one-point solution that is both symmetric and linear satisfies BCC. The invariance axioms necessitate that the deletion of a specific player from games does not affect the other players' payoffs, and this deletion is different with respect to solutions. As corollaries of the above characterization result, we are able to characterize the well-known one-point solutions, the Shapley, egalitarian, and solidarity values, in a unified manner. We also studied characterizations of an inefficient one-point solution, the Banzhaf value that is a well-known alternative to the Shapley value. © 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究科長賞(早稲田大学)

    2009年  

  • 飯島賞(早稲田大学)

    2004年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • キーワードオークションの理論と実験による研究

  • -

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 協力ゲームの解の考察:公理的接近と非協力ゲームによる接近

    2010年  

     概要を見る

     本研究では、協力ゲームの様々な解を公理的に分析するにあたり、Kamijo and Kongo (2010, IJGT) により提案された一つの公理に注目する。この公理は、Shapley value を公理化する性質としてよく知られた Balanced Contributions Property (BC) の要求を弱めた、Balanced Cycle Contributions Property (BCC) という公理である。BCC は、BC の要求する社会に存在する任意の二人において成立するある種の衡平関係ないし緊張関係を、社会を構成する全員の間で成立するような緩やかな衡平関係として描きなおすものである。協力ゲームの解の理論において、BC の要求を BCC へと弱めることの一つの利点は、BCC により Shapley value 以外の解も公理化できる可能性があることである。実際、BC と効率性を満足する解が Shapley value だけであるのに対して、BCC と効率性を満足するような解は無数に存在している。BCC と効率性に追加的な公理を付け加えることにより、Shapley value 以外の様々な解が公理化できることが期待されるのである。 本研究を通じて、上記のような予測が実際に成立することが確認された。つまり、BCC を用いることにより、CIS value、Egalitarian value, Solidarity value, Banzhaf value などの先行研究で提案されてきた解達を統一的に公理化することに成功したのである。さらに、加法性と対称性を満たすような解が必ず BCC を満たすという、BCC を満足するための十分条件も発見された。

  • 最終提案ゲームにおける役割決定手続きの影響について

    2007年  

     概要を見る

     本研究課題は,申請者が数年にわたり継続してきた,最終提案ゲームにおける役割決定手続きの被験者行動に及ぼす行動についての研究の中に位置づけられるものである。これまでの実験研究により,役割決定手続きが自己決定的であるような場合には,提案者は自身の立場に正当性を見出しより利己的な提案をするようになるようになり,応答者は提案者の立場の正当性を認め,提案者の利己的な提案を受け入れるようになる,ことが明らかにされた。本研究課題では,このような実験結果の頑健性を確認するために追実験を行ったのである。 追実験は,2007年の7月30,31日に早稲田大学の学生56人を被験者として実施した。実験内容は,ランダムに提案者・応答者の役割が決定される状況下で,応答者が棄却した際の提案者と応答者の利得に格差があるように設計された。このような設定での提案者行動,応答者行動を観察することにより、これまで得られた知見の頑健性について確認できるのである。実験は4セッション行われ、一セッションあたり1時間10分程度であった。 本研究内容については,2007年日本経済学会秋大会(共同研究者,竹内あい氏による報告)や第11回実験社会科学コンファランスにおいて報告され、日経学会報告時の討論者である広島大学の草川孝夫氏をはじめ,多くの方々からコメントをいただいた。これらのコメントを含めた論文の修正も終了し,現在は査読付き雑誌への投稿準備中である。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>