射手矢 岬 (イテヤ ミサキ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://researchers.waseda.jp/profile/ja.badc304a11815926a8e1262cbf3bb339.html

プロフィール

専門領域はコーチングで武道のコーチングを担当
競技は柔道で、競技力向上のための研究を行っている。
1997年〜2016年 東京学芸大学 健康・スポーツ科学講座
2016年〜現在 早稲田大学 スポーツ科学部

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1995年03月

    筑波大学大学院   体育科学研究科(博士課程)  

  • 1984年04月
    -
    1986年03月

    筑波大学大学院   体育研究科(修士課程)  

  • 1984年04月
    -
    1986年03月

    筑波大学大学院   体育研究科(修士課程)  

  • 1980年04月
    -
    1984年03月

    筑波大学   体育専門学群  

学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学   博士(体育科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年10月

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   教授

  • 1997年04月
    -
    2016年03月

    東京学芸大学   芸術・スポーツ科学系   講師から教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    日本コーチング学会

  •  
     
     

    日本武道学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 武道

  • トレーニング

  • スポーツ運動学

  • 柔道

論文 【 表示 / 非表示

  • 柔道授業における投げ技・固め技の危険認識:柔道経験の差による比較

    山﨑元太, 鈴木桂治, 田中力, 塚田真希, 射手矢岬

    武道学研究   51 ( 1 ) 21 - 33  2018年08月  [査読有り]

  • 指導者の言葉がけがユース年代の選手のサッカー有能感に与える影響

    安部 久貴, 村瀬 浩二, 落合 優, 射手矢 岬, 鈴木 直樹

    体育学研究   63 ( 1 ) 87 - 102  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>The purpose of this study was to develop a self-perceived soccer-specific competence scale for youth players and to investigate the effects of coach feedback on the soccer competence of these players in actual competitive sport settings. Firstly, in order to develop the scale, the total of 611 Japanese male youth soccer players completed a questionnaire, which was composed of 60 items selected from a preliminary study. Participants were also asked to score their own ability as a soccer player out of a hundred. The players' scored assessment of their own ability was used as a criterion variable. Exploratory factor analysis revealed that soccer competence of youth players consisted of 9 sub-scales: passing and ball control with proper decision making, speed, motivation, endurance, dribbling skill, heading skill, defensive skill, physical strength and leadership. As the scale included individual ball techniques and group skill, physical fitness and mental fitness, which are essential elements of competitive soccer ability, it was considered to represent an adequate evaluation of selfperceived soccer competence in youth players. Additionally, players who had lower soccer ability scores showed significantly lower evaluation on the soccer competence scale than players who displayed higher scores. These results indicate that the soccer competence scale would provide a multi-dimensional and precise reflection of soccer competence in Japanese male youth players. Secondly, in order to investigate the effects of coach feedback on youth players' soccer competence, one coach and 15 male junior youth soccer club players participated in this study. The coach's feedback to the players was recorded for 7 months using VTR and subsequently categorized into seven domains: (1) positive, (2) negative, (3) instructive, (4) questioning, (5) organizing, (6) friendly, and (7) other. Both before and after the observation period, players were asked to complete the soccer competence questionnaire derived in the first study. This revealed that competence related to passing and ball control with proper decision-making and dribbling skill increased significantly throughout the observation period. However, coach feedback did not significantly affect the longitudinal change in soccer competence. On the other hand, with regard to defensive skill, although no significant longitudinal change was confirmed during the observation period, there was a negative association between the frequency of negative feedback and the defensive skill score. Finally, the limitations of this study and future issues were discussed.</p>

    DOI CiNii

  • 視覚障害者柔道選手における柔道継続要因の検討:晴眼柔道実践者との比較から

    枝元香菜子, 高野千春, 香田, 渡辺涼子, 射手矢岬

    武道学研究   50 ( 1 ) 1 - 11  2017年09月  [査読有り]

  • The Influence of Joint Positioning of the Osoto-gari Sweeping Leg on Muscle Force Potential of the Gastrocnemius,

    Rodney Imamura, Misaki Iteya, Daryl L. Parker

    講道館柔道科学研究会紀要   16   77 - 83  2017年03月

  • 工業高等専門学校における柔道授業の成果と課題

    川内谷一志, 佐野博昭, 枝元香菜子, 岡村さやか, 射手矢岬

    大分工業高等専門学校紀要   53   21 - 27  2016年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本武道学会優秀論文賞

    2012年09月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 潜在連想テストを用いた中学生・大学生の「武道」イメージの検証

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    本研究は、ホンネを探ることができる「集団式潜在連想テスト」FUMIEテストを実施し、武道に対するイメージを客観的に測定すること、また武道の授業前後でイメージの変化があるのかを検証することを目的にした。「武道」を含む種々のスポーツのイメージのアンケートおよびFUMIEテストを剣道授業前後に実施した。対象は中学1~3年生(総計292名)であった。FUMIEテストの結果から、中学生は武道に対して好ましいイメージを持っていた。柔道と比較して、より剣道に好ましいイメージを持っていた。男子生徒のほうが女子生徒より武道に対する好ましいイメージを持っていた。剣道の授業後では、全体にイメージダウンがみられた

  • クレアチン経口摂取により女子柔道選手の運動パフォーマンスは高まるか?

     概要を見る

    I.はじめに本研究の主目的は、クレアチン・サプルメンテーションが女子柔道選手の間欠的最大運動時パフォーマンスおよび等速性大腿筋力に及ぼす効果について明らかにすることである。さらに、我々は、身体組成および運動時エネルギー代謝に及ぼす影響についても検討を加えた。ここでは、紙面の都合上、間欠的最大運動時パフォーマンス、等速性大腿筋力、および身体組成について記述した。II.方法被検者:学生女子柔道選手6名が本研究に参加した。被検者の年齢は、19.67±0.82(±SD)歳であった。サプルメント摂取方法および測定時期:第I期測定の後、被検者は6日間プラセボを摂取(6gのグルコースを1日4回)し、その翌日第II期測定を受けた。その後、被検者は6日間クレアチンを摂取(5gクレアチン・モノハイドレイト+1gグルコースを1日4回)し、翌日第III期測定を受けた。間欠的最大運動テスト:被検者は、10秒間の最大自転車運動を、20秒間の休息を挟み5回繰り返した。等速性大腿筋力:膝関節の伸展・屈曲トルクを、0(アイソメトリック)、60、180、300°/sの角速度で測定した。身体組成:水中体重秤量法を用いて測定した。肺残気量は酸素再呼吸法により測定した。III.結果および考察先行研究では、クレアチン・サプルメンテーションにより間欠的高強度運動時のパフォーマンスが向上するとされているが、本研究では第1試行のピーク・パワー、平均パワー、仕事量、これらのそれぞれの低下率(第1試行-第5試行)、および第1試行から第5試行の総仕事量のいずれにおいても改善はみられなかった。一方、180°/sおよび300°/sの膝関節伸展トルクは、第III期では第I期および第II期に比べ高まった(P<0.05)。体重および体脂肪率は、第I期から第III期にかけて増加した(P<0.05)が、除脂肪体重に変化はみられなかった。我々は、クレアチン・サプルメンテーションは女子柔道選手の間欠的最大運動時のパフォーマンスや除脂肪体重には影響を及ぼさないが、中・高速度条件における膝伸展筋力を高める効果があると結論づける

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Analyzing the Negative Impact of Elite Sporting Culture behind Japanese Judo Elite Success from 2000 to 2016

    Wu, D. Y, Nakamura, H, Iteya, M

    Oral presented at the 2018 The European Sport Management Conference  

    発表年月: 2018年09月

  • H反射法による武道の「構え」の解析

    長谷川公輝, 射手矢岬

    日本武道学会第51回大会  

    発表年月: 2018年09月

  • Analyzing the Negative Impact of Elite Sporting Culture behind Japanese Judo Elite Success from 2000 to 2016

    Wu, D. Y, Nakamura, H, Iteya, M

    Poster presented at the 2018 the SGU International Forum  

    発表年月: 2018年03月

  • A Biomechanical Analysis of Seoi-nage and Uchimata: Differences in Trunk Rotation

    Teruaki MARUYAMA, Hiroshi KUBOTA, Misaki ITEYA, Tomoko FUKUMI

    Proceedings of the 2017 International Budo Conference  

    発表年月: 2017年09月

  • A Biomechanical Analysis of Seoi-nage: A Kinematic Comparison Between Expert and Non-Expert Levels

    Naoki ITAMI, Hiroshi YAMADA, Hideyuki NAGAO, Seiji MIYAZAKI, Hidetoshi NAKANISHI, Kenichiro AGEMIZU, Kousei INOUE, Ryunosuke HAGA, Keita OGAWARA, Misaki ITEYA

    Proceedings of the 2017 International Budo Conference  

    発表年月: 2017年09月

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年11月
    -
     

    全日本柔道連盟  重大事故対策委員会

  • 2014年11月
    -
     

    全日本柔道連盟  医科学委員会