Updated on 2022/05/22

写真a

 
MARUYAMA, Kohei
 
Affiliation
Affiliated organization, Research Innovation Center
Job title
Professor(without tenure)

Education

  • 2001.04
    -
    2004.03

    Tokyo University of Agriculture & Technology   Graduate School, Division of Engineering   Biotechnology and Life Science  

  • 1992.04
    -
    1994.03

    Meiji University   Graduate School, Division of Engineering   Mechanical engineer  

  • 1988.04
    -
    1992.03

    Meiji University   Faculty of Engineering   Mechanical Engineering  

Degree

  • 2004.03   Tokyo University of Agriculture & Technology   Doctor of Engineering

  • 1994.03   明治大学   修士(工学)

Research Experience

  • 2017.04
    -
    Now

    Japan Science and Technology Agency   Center for Research and Development Strategy (CRDS)

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   Center for Research Strategy

  • 2015.04
    -
    Now

    Tokyo University of Agriculture and Technology   Graduate School of Engineering Department of Industrial Technology and Innovation

  • 2014.04
    -
    2017.03

    Waseda University   Center for Research Strategy

  • 2012.03
    -
    2014.03

    Tokyo University of Agriculture and Technology

  • 2009.04
    -
    2012.03

    Japan Science and Technology Agency   Center for Research and Development Strategy (CRDS)

  • 2009.04
    -
    2012.02

    Waseda University   Center for Research Strategy

  • 2008.04
    -
    2009.03

    Waseda University

  • 2006.04
    -
    2008.03

    Waseda University

  • 2005.11
    -
    2006.03

    Waseda University

  • 2005.07
    -
    2005.10

    Tokyo University of Agriculture and Technology

  • 1994.04
    -
    2005.06

    JUKI株式会社   中央技術研究所   研究員

▼display all

Professional Memberships

  • 2015.03
    -
    Now

    Research Manager and Administrator Network Japan

  • 2010
    -
    Now

    Japan Society for Research Policy and Innovation Management

 

Research Areas

  • Biofunction and bioprocess engineering

  • Sociology of science, history of science and technology

Research Interests

  • 科学技術政策研究、技術戦略企画、計測学、バイオセンシング

Papers

  • 大学における研究リーダの育成と支援に関する考察

    丸山浩平

    研究・イノベーション学会年次学術大会講演要旨集   34   693 - 696  2019.10

  • 大学を特徴づける研究分野とその強化―科研費分野別ランキング―

    丸山浩平, 棟近雅彦

    研究・イノベーション学会年次学術大会講演要旨集   33   359 - 362  2018.10

  • 大学等における優秀な若手研究者のリテンション・マネジメント2 : 優秀な若手研究者の移動状況とその要因

    丸山浩平

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   30   722 - 725  2015.10

    CiNii

  • 英国の新たな大学研究評価 REF におけるインパクトの分析

    小林 直人, 丸山 浩平, 島岡 未来子

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   30   154 - 159  2015.10

    CiNii

  • 大学等における優秀な若手研究者のリテンション・マネジメント : 優秀な若手研究者の定義とリテンションの現状

    丸山 浩平

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   29   456 - 459  2014.10

    CiNii

  • 大学における研究マネジメント人材とネットワーク形成 : 欧米諸国の大学における新たな研究マネジメント

    丸山浩平

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   28   596 - 600  2013.10

  • 大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)の外部ネットワーク形成

    丸山浩平

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   27   522 - 525  2012.10

  • 科学における未解決問題に対する計測ニーズの俯瞰調査

    丸山 浩平, 川口 哲, 永野 智己, 金子 健司, 佐藤 勝昭

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   26   325 - 328  2011.10

  • 文理連携プロジェクトの推進に向けた大学内マネジメントのあり方

    丸山 浩平, 一之瀬 貴, 伴内 孝倫, 小林 直人, 石山 敦士

    研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集   26   651 - 654  2011.10

  • 文理融合プロジェクトの推進に向けた研究者の意識-アンケート調査に基づく分析-

    丸山浩平, 一之瀬貴, 小林直人, 中島啓幾

    研究・技術計画学会第25回年次学術大会要旨集   25   199 - 202  2010.10

  • 保健指導としての運動指導-NPO法人「健康早稲田の杜」の設立と今後-

    真田樹義, 宮地元彦, 丸山浩平, 山元健太, 鈴木克彦, 樋口満, 朝日透, 坂本静男, 大坪真也, 山内繁, 塙智史, 片山利恵, 梅里泰正

    スポーツ科学研究   Vol. 6   44 - 49  2009

  • Detection of epidermal growth factor receptor (EGFR) mutations in non-small cell lung cancer (NSCLC) using a fully automated system with a nano-scale engineered biomagnetite

    Kohei Maruyama, Haruko Takeyama, Tetsushi Mori, Keiichi Ohshima, Shun-Ichiro Ogura, Toru Mochizuki, Tadashi Matsunaga

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   22 ( 9-10 ) 2282 - 2288  2007.04  [Refereed]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    A fully automated system using nano-scale engineered biomagnetite was developed to detect mutations in the epidermal growth factor receptor (EGFR) gene in non-small cell lung cancer (NSCLC). Bacterial magnetic particles (BacMPs) were isolated from the magnetic bacterium Magnetospirillum magneticum AMB-1 and conjugated to streptavidin. Biotin-labeled target PCR products were then captured with the BacMPs, hybridized with the detection probe and detected by fluorescence signaling. The process was performed using a newly designed automated processor equipped with an XYZ mobile arm containing a 96-way automated pipetter, reagent dispenser and fluorescence detector. Two types of somatic mutations (in-frame deletions and point substitutions) in the EGFR gene were successfully identified within 3.5 h using this system, suggesting that this system could be used in clinical tests of EGFR gene mutations in lung cancer, and potentially other cancer, patients. Additionally, a very low mutation rate could be detected in these samples. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Determination of microsatellite repeats in the human thyroid peroxidase (TPOX) gene using an automated gene analysis system with nanoscale engineered biomagnetite

    Takahito Nakagawa, Kohei Maruyama, Haruko Takeyama, Tadashi Matsunaga

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   22 ( 9-10 ) 2276 - 2281  2007.04  [Refereed]

     View Summary

    The number of repeat in the microsatellite region (AATG)(5-14) of the human thyroid peroxidase gene (TOPX) was determined using an automated DNA analysis system with nano-scale engineered biomagnetite. Thermal melting curve analysis of DNA duplexes on biomagnetite indicated that shorter repeat sequences (less than 9 repeats) were easily discriminated. However, it was difficult to determine the number of repeats at more than nine. In order to improve the selectivity of this method for the longer repeats, a "double probe hybridization assay" was performed in which an intermediate probe was used to replace a target repeat sequence having more than 9 repeats with a shorter sequence possessing less than 9 repeats. Thermal probe melting curve analyses and T,, determination confirmed that the target with 10 repeats was converted to 5 repeats, 11 repeats converted to 4 and 12 to 3, respectively. Furthermore, rapid determination of repeat numbers was possible by measuring fluorescence intensities obtained by probe dissociation at 56 and 66 degrees C, and 40, 60 and 80 degrees C for signal normalization. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • High-throughput SNP detection using nano-scale engineered biomagnetite

    Tadashi Matsunaga, Kohei Maruyama, Haruko Takeyama, Takahiko Katoh

    Biosensors and Bioelectronics   22 ( 9-10 ) 2315 - 2321  2007.04  [Refereed]

     View Summary

    A semi-automated system for the large-scale detection of single nucleotide polymorphisms (SNPs) has been developed based on allele-specific oligonucleotide hybridization and thermal dissociation curve analysis using nano-scale engineered biomagnetite (bacterial magnetic particles; BacMPs). For reliable detection in large numbers of samples, several conditions for the capture of target DNA on nano-sized BacMPs and the denaturation of double-stranded DNA were optimized. The most efficient target DNA capture was observed using short PCR amplicons (69 bp). Captured DNAs were denatured using 50 mM NaOH. With these optimizations, large-scale SNP detection was performed on 822 samples of the transforming growth factor (TGF)-β1 gene, which is rich in both GC content and repetitive sequences. High reliability for the semi-automated BacMP-based SNP detection system was confirmed following comparison to traditional sequencing-based methods. © 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI PubMed

  • Simultaneous detection of multiple mutations conferring streptomycin resistance inMycobacterium tuberculosis using nanoscale engineered biomagnetites

    Kohei Maruyama, Norikuni Uchida, Haruko Takeyama, Tetsushi Mori, Ryuji Kawaguchi, Tadashi Matsunaga

    Nanobiotechnology   2 ( 3-4 ) 71 - 78  2006.09  [Refereed]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    Streptomycin-resistantMycobacterium tuberculosis has been attributed to two distinct classes of mutations, including point mutations within therpsL gene (three mutation sites) and therrs gene (seven mutation sites). We have developed an automated simultaneous detection system of multiple mutations based on thermal dissociation curve analysis for streptomycin resistance inM. tuberculosis using streptavidin-labeled bacterial magnetic particles (SA-BacMPs). With consideration for time and cost effectiveness, we used fewer PCR reactions, with a long PCR target (rpsL, 182 bp
    rrs, 467 bp) including multiple mutation sites. In order to improve the amount of target DNA captured on BacMPs through streptavidin-biotin binding, several reaction conditions, such as salt species and concentration in the buffer, and reaction temperature were examined. Compared to the commonly used 1M NaCl solution, the amount of DNA captured on SA-BacMPs was about six times greater (approx 5 pmoles/50 μg BacMPs) in the 2M LiCl solution. Under these conditions, automated nucleotide discriminations of 10 targets inrpsL andrrs genes of streptomycin-resistant and wild-type strains were successfully performed at the same time. Copyright © 2006 Humana Press Inc. All rights of any nature whatsoever are reserved.

    DOI

  • Capture and release of DNA using aminosilane-modified bacterial magnetic particles for automated detection system of single nucleotide polymorphisms.

    T. Nakagawa, R. Hashimoto, K. Maruyama, T. Tanaka, H. Takeyama, T. Matsunaga

    Biotechnol Bioeng   94 ( 5 ) 862 - 868  2006.08  [Refereed]

  • Single Nucleotide Polymorphism Detection in Aldehyde Dehydrogenase 2 (ALDH2) Gene Using Bacterial Magnetic Particles Based on Dissociation Curve Analysis.

    K. Maruyama, H. Takeyama, E. Nemoto, T. Tanaka, K. Yoda, T. Matsunaga

    Biotechnol Bioeng   87   687 - 694  2004.09  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • DNA固定化磁性細菌粒子を用いた底面磁気分離型全自動SNP検出システムの構築

    丸山浩平

    博士論文(東京農工大学大学院工学研究科)    2004.03

    Authorship:Lead author

  • Development and evaluation of an automated workstation for single nucleotide polymorphism discrimination using bacterial magnetic particles

    T Tanaka, K Maruyama, K Yoda, E Nemoto, Y Udagawa, H Nakayama, H Takeyama, T Matsunaga

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   19 ( 4 ) 325 - 330  2003.12  [Refereed]

     View Summary

    We designed an automated workstation for magnetic particle-based single nucleotide polymorphism (SNP) discrimination of ALDH genotypes. Bacterial magnetic particles (BMPs) extracted from Magnetospirillum magneticum AMB-1 were used as DNA carriers. The principle for SNP discrimination in this study was based on fluorescence resonance energy transfer (FRET) between FITC (donor) and POPO-3 (acceptor) bound to double-stranded DNA. The workstation is equipped with a 96-way automated pipetter which collects and dispenses fluids as it moves in x- and z-directions. The platform contains a disposable tip rack station, a reagent vessel serving as a stock for POPO-3 and FITC-labeled probes and a reaction station for a 96-well microtiter plate. BMPs were collected by attaching a neodymium iron boron sintered (Nd-Fe-B) magnet on the bottom of the microtiter plate. This system permits the simultaneous heating and magnetic separation of 96 samples per assay. The genotypes ALDH2*1 and ALDH2*2 were discriminated by calculating the relative fluorescence intensities on BMPs. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Single-nucleotide polymorphism analysis using fluorescence resonance energy transfer between DNA-labeling fluorophore, fluorescein isothiocyanate, and DNA intercalator, POPO-3, on bacterial magnetic particles

    H Nakayama, A Arakaki, K Maruyama, H Takeyama, T Matsunaga

    BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING   84 ( 1 ) 96 - 102  2003.10  [Refereed]

     View Summary

    To develop an analytical system for single-nucleotide polymorphisms (SNPs), the fluorescence resonance energy transfer (FRET) technique was employed on a bacterial magnetic particle (BMP) surface. A combination of fluorescein isothiocyanate (FITC; excitation 490 nm/emission 520 nm) labeled at the 5' end of DNA and an intercalating compound (POPO-3, excitation 534 nm/emission 570 nm) was used to avoid the interference from light scattering caused by nanoparticles. After hybridization between target DNA immobilized onto BMPs and FITC-labeled probes, fluorescence from POPO-3, which was excited by the energy from the FITC, was detected. The major homozygous (ALDH2*1), heterozygous (ALDH2*11*2), and minor homozygous (ALDH2*2) genotypes in the blood samples were discriminated by this method. The assay described herein allows for a simple and rapid SNP analysis using a fully automated system. (C) 2003 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI

  • Fully automated DNA extraction from blood using magnetic particles modified with a hyperbranched polyamidoamine dendrimer

    Brandon Yoza, Atsushi Arakaki, Kohei Maruyama, Haruko Takeyama, Tadashi Matsunaga

    Journal of Bioscience and Bioengineering   95 ( 1 ) 21 - 26  2003  [Refereed]

     View Summary

    Bacterial and artificial magnetic particles were modified using a polyamidoamine (PAMAM) dendrimer and outer shell amines determined. Bacterial magnetic particles were the most consistently modified. Transmission electron microscopic (TEM) analysis showed that the artificial magnetic particles were structurally damaged by the modification process including sonication. Furthermore, laser particle analysis of the magnetite also revealed damage. Small quantities of dendrimer-modified bacterial magnetic particles were used to extract DNA from blood. The efficiency of DNA recovery was consistently about 30 ng of DNA using 2-10 μg of dendrimer-modified bacterial magnetite. This technique was fully automated using newly developed liquid handling robots and bacterial magnetic particles.

    DOI

  • ワイパーによるびびり振動の解析

    丸山浩平

    修士論文(明治大学大学院工学研究科)    1994.03

    Authorship:Lead author

▼display all

Books and Other Publications

▼display all

Industrial Property Rights

  • 複数の標的領域を同時にPCR増幅する方法

    特許4505586

    松永是, 竹山春子, 依田聖, 根本越男, 丸山浩平

    Rights holder: 農工大ティー・エル・オー株式会社

    Patent

  • 部品搭載ヘッド

    特許4230602

    安西洋, 本田弘, 井鍋雅行, 丸山浩平, 岡本一郎

    Rights holder: JUKI株式会社

    Patent

  • 磁気微粒子の磁気分離装置

    特許4129864

    松永是, 竹山春子, 依田聖, 根本越男, 丸山浩平

    Rights holder: 農工大ティー・エル・オー株式会社

    Patent

  • 標的核酸の検出方法

    特許4113075

    丸山浩平, 根本越男, 依田聖, 松永是

    Rights holder: JUKI株式会社、松永是

    Patent

  • 核酸ハイブリダイゼーションにおけるB/F分離方法

    特許3996416

    松永是, 宇田川雄司, 根本越男, 丸山浩平

    Rights holder: JUKI株式会社、松永是

    Patent

  • 自動分注装置及び液体分注方法

    特許3792178

    根本越男, 丸山浩平, 宇田川雄司, 松永是

    Rights holder: JUKI株式会社、松永是

    Patent

▼display all

Awards

  • スーパー・テクノロジー・オフィサー(STO)アソシエイト認定

    2008   早稲田大学  

  • 運営貢献賞

    2007   早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構  

  • 運営貢献賞

    2006   早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構  

Research Projects

  • 健康アグリ道場〜豊かな暮らしの原風景 取りもどせ昔の自然と心と身体!〜

    内閣府  地方の元気再生事業(平成21年度)

    Project Year :

    2009
     
     
     

  • バイオナノビーズを利用した全自動SNP検出システムの構築

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  大学発事業創出実用化研究開発事業(平成14年度追加公募)

    Project Year :

    2002
    -
    2004
     

Presentations

  • リサー チ・アドミニストレーター協議会(RA協議会)での取組み

    丸山浩平

    研究・イノベーション学会 研究基盤イノベーション分科会(第1回)  (宮崎観光ホテル) 

    Presentation date: 2020.01

  • 科研費データの分析

    丸山浩平  [Invited]

    RA協議会第5回年次大会スキルプログラム専門委員会セッション「研究力分析入門-論文データと科研費データの分析」  (電気通信大学) 

    Presentation date: 2019.09

  • URA導入の期待と不安

    丸山浩平, 石田喜美子, 田中有理

    RA協議会第4回年次大会  (神戸大学) 

    Presentation date: 2018.09

  • 早稲田大学研究戦略センターURAによる取組みの紹介

    丸山浩平  [Invited]

    東洋大学学長室研修会「URA(University Research Administrator)による学術研究活動の活性化について」  (東洋大学) 

    Presentation date: 2018.03

  • 早稲田大学における健康科学分野の研究

    丸山浩平  [Invited]

    労働科学研究所「アドバイザリーボードを囲む会」  (労働科学研究所) 

    Presentation date: 2016.10

  • 挑戦的萌芽研究等の科研費重複応募に関する状況

    丸山浩平  [Invited]

    早稲田大学研究推進部「挑戦的萌芽研究応募説明会」  (早稲田大学) 

    Presentation date: 2015.07

  • 最先端計測分析技術の開発における欧米の戦略:NMRを事例として

    丸山浩平  [Invited]

    日本学術振興会研究開発専門委員会「イノベーション創出に向けた計測分析プラットフォーム戦略の構築」第4回委員会  (堀場製作所東京オフィス) 

    Presentation date: 2015.06

  • プロジェクト推進の企画調整の支援と進捗管理~研究評価対応を中心に~

    丸山浩平  [Invited]

    リサーチアドミニストレーター(URA)業務研修  (東京大学) 

    Presentation date: 2015.02

  • (パネルディスカッション)研究プロジェクトのポストアワード活動の例

    丸山浩平  [Invited]

    リサーチアドミニストレーター(URA)業務研修  (東京大学) 

    Presentation date: 2015.02

  • 研究力調査・分析手法(大学におけるケース)

    丸山浩平  [Invited]

    リサーチ・アドミニストレーター研修(文部科学省委託「「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」(スキル標準や研修・教育プログラムを活用した人材育成)のための調査分析」事業)  (TKP虎ノ門ビジネスセンター) 

    Presentation date: 2014.12

  • 欧米の大学における新たな研究マネジメント専門職

    丸山浩平  [Invited]

    平成26年度名古屋大学URA研修  (名古屋大学) 

    Presentation date: 2014.07

  • 欧米の大学における新たな研究マネジメント専門職

    丸山浩平  [Invited]

    第154回Smips産学連携分科会  (政策研究大学院大学) 

    Presentation date: 2014.02

  • 欧米の大学における新たな研究マネジメント専門職

    丸山浩平  [Invited]

    第6回リサーチ・アドミニストレーション講演会  (東京大学) 

    Presentation date: 2013.12

  • URAとして文系と理系の研究連携を考える

    丸山浩平  [Invited]

    第7回京都大学リサーチ・アドミニストレーション研究会  (京都大学) 

    Presentation date: 2013.09

  • ドイツにおける新しい研究マネジメント人材および人材ネットワーク

    丸山浩平

    第1回URA海外視察情報交換会  (筑波大学) 

    Presentation date: 2013.05

  • 海外の研究マネジメントに関する調査と日本版URAの今後(特にネットワーク)

    丸山浩平

    第1回URA海外視察情報交換会  (筑波大学) 

    Presentation date: 2013.05

  • 研究開発ファンディング戦略に向けた重要研究領域の探索

    丸山浩平  [Invited]

    金沢大学先端科学・イノベーション推進機構研究支援セミナー  (金沢大学) 

    Presentation date: 2013.04

  • 日本版リサーチ・アドミニストレーター(URA):社会、大学、研究者からの期待

    丸山浩平  [Invited]

    研究・技術計画学会研究評価分科会第86回例会  (早稲田大学) 

    Presentation date: 2012.09

  • 科学における未解決問題に対する計測ニーズの俯瞰調査

    研究・技術計画学会第26回年次学術大会 

    Presentation date: 2011.10

  • 文理連携プロジェクトの推進に向けた大学内マネジメントのあり方

    研究・技術計画学会第26回年次学術大会 

    Presentation date: 2011.10

  • 文理融合プロジェクトの推進に向けた研究者の意識−アンケート調査に基づく分析−

    研究・技術計画学会第25回年次学術大会 

    Presentation date: 2010.10

  • プローブDNA の固定化手法が有機単分子層修飾電界効果トランジスタによるDNAの検出に及ぼす影響

    伊藤健哉, 松永真理子, 丸山浩平, 秀島 翔, 逢坂哲彌

    日本化学会第2回関東支部大会  (群馬大学桐生キャンパス) 

    Presentation date: 2008.09

  • CONTRIBUTION OF OBESE-RELATED GENES AND CARDIORESPIRATORY FITNESS TO THE METABOLIC SYNDROME IN MIDDLE-AGED AND OLD MEN AND WOMEN

    Sanada Kiyoshi, Miyachi Motohiko, Tabata Izumi, Yamamoto Kenta, Maruyama Kohei, Tanimoto Michiya, Kawano Hiroshi, Kawaguchi Ryuji, Suzuki Katsuhiko, Higuchi Mitsuru

    12th Annual Congress of the ECSS  (Jyväskyl&auml) 

    Presentation date: 2007.07

  • 磁性細菌粒子を用いた底面磁気分離型遺伝子診断装置によるマイクロサテライト領域の検出

    中川敬仁, 丸山浩平, 田中剛, 竹山春子, 松永是

    第9回日本化学会バイオテクノロジー部会合同シンポジウム  (京都大学) 

    Presentation date: 2006.09

  • 磁性細菌粒子を用いた自動SNPs検出システムによるADRB2, ADRB3およびUCP1遺伝子の多サンプル検出

    村田麻衣, 桐生樹, 丸山浩平, 竹山春子, 加藤貴彦, 松永是

    第9回日本化学会バイオテクノロジー部会合同シンポジウム  (京都大学) 

    Presentation date: 2006.09

  • Detection of epidermal growth factor receptor (EGFR) gene mutations in non-small cell lung cancer (NSCLC) with an automated system using bacterial magnetic particles

    K. Maruyama, K. Ohshima, H. Takeyama, T. Mochizuki, T. Matsunaga

    Biosensors 2006: The Ninth World Congress on Biosensors  (Toronto) 

    Presentation date: 2006.05

  • Microsatellite repeats detection using bacterial magnetic particles

    T. Nakagawa, K. Maruyama, T. Tanaka, H. Takeyama, T. Matsunaga

    Biosensors 2006: The Ninth World Congress on Biosensors  (Toronto) 

    Presentation date: 2006.05

  • ストレプトアビジン固定化バイオナノマグネタイトを用いた結核菌薬剤耐性遺伝子の検出

    内田宣邦, 丸山浩平, 中川敬仁, 竹山春子, 川口竜二, 松永是

    2006年電気化学会第73回大会  (首都大学東京) 

    Presentation date: 2006.04

  • 磁性細菌粒子を用いたストレプトマイシン耐性結核菌の遺伝子変異検出とその自動化

    丸山浩平, 内田宣邦, 田中剛, 竹山春子, 川口竜二, 松永是

    第28回日本分子生物学会年会  (ヤフードーム(旧 福岡ドーム)) 

    Presentation date: 2005.12

  • 表面修飾磁性細菌粒子を用いた全自動DNA判別システムによるハイスループットSNP検出

    丸山浩平, 田中剛, 竹山春子, 加藤貴彦, 松永是

    2005年電気化学秋季大会  (千葉大学) 

    Presentation date: 2005.09

  • アミノシラン修飾磁性細菌粒子を用いたDNA抽出と自動SNP検出システムへの応用

    橋本礼輔, 丸山浩平, 田中剛, 竹山春子, 松永是

    2005年電気化学会第72回大会  (熊本大学) 

    Presentation date: 2005.04

  • 磁性細菌粒子を用いた骨粗鬆症感受性遺伝子群の全自動SNP検出

    丸山浩平, 橋本礼輔, 根本越男, 田中 剛, 依田 聖, 加藤貴彦, 竹山春子, 松永是

    第8回日本化学会バイオテクノロジー部会  (甲南大学) 

    Presentation date: 2004.11

  • 表面修飾磁性細菌粒子を用いた卓上型全自動DNA配列判別システムの開発と生物種判別への適用

    丸山浩平, 根本越男, 田中剛, 依田聖, 竹山春子, 張成年, 松永是

    日本生物工学会平成16年度大会  (名城大学) 

    Presentation date: 2004.09

  • バイオナノ磁性粒子を用いた底面分離型全自動SNP検出システムによる骨粗鬆症感受性遺伝子多型の検出

    丸山浩平, 根本越男, 依田聖, 竹山春子, 松永是

    日本化学会シンポジウム  (関西学院大学) 

    Presentation date: 2004.03

  • バイオナノ磁性粒子を用いた全血からのTGF-β1遺伝子SNP検出システムの開発

    丸山浩平, 根本越男, 田中 剛, 依田 聖, 加藤貴彦, 竹山春子, 松永 是

    日本化学会生体機能関連化学部会・バイオテクノロジー部会合同シンポジウム  (熊本大学) 

    Presentation date: 2003.10

  • High-Throughput SNP Discrimination in TGF-beta1 Gene Using a Fully Automated SNP Detection System with Nano-Biomagnetic Particles.

    K. Maruyama, H. Takeyama, E. Nemoto, T. Tanaka, K. Yoda, T. Matsunaga

    SBS 9th Annual Conference and Exhibition  (Portland) 

    Presentation date: 2003.09

  • バイオナノ磁性粒子を用いた自動DNA判別装置によるTGF-beta1遺伝子多型の多サンプル検出

    丸山浩平, 太田博之, 中山秀喜, 根本越男, 依田聖, 田中剛, 竹山春子, 加藤貴彦, 松永是

    日本化学会第83春季年会  (早稲田大学) 

    Presentation date: 2003.03

  • 磁性細菌粒子を用いた自動DNA判別装置による骨粗鬆症マーカーTGF-β1遺伝子のSNP検出

    丸山浩平, 太田博之, 中山秀喜, 田中剛, 依田聖, 竹山春子, 加藤貴彦, 松永是

    2002年電気化学秋季大会  (東京工芸大学) 

    Presentation date: 2002.09

  • FRET及び磁性細菌粒子を用いたSNP検出法の自動化への検討

    中山秀喜, 丸山浩平, 竹山春子, 依田聖, 松永是

    2002年電気化学春季大会  (東北大学) 

    Presentation date: 2002.04

  • ワイパーによるびびり振動の解析

    丸山浩平, 大矢多喜男

    日本機械学会第72期全国大会  (北海道大学) 

    Presentation date: 1994.08

▼display all

 

Teaching Experience

  • 研究・開発力調査分析

    東京農工大学 大学院工学府 産業技術専攻  

    2015
    -
    Now
     

  • 先端計測・制御

    早稲田大学 理工学術院  

    2010
    -
    2011
     

  • 計測原論

    早稲田大学 理工学術院  

    2010
    -
    2011
     

 

Committee Memberships

  • 2020.12
    -
    Now

    文部科学省 科学技術・学術政策研究所  科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業 データ・情報基盤に関する外部評価委員会委員

  • 2020.10
    -
    Now

    研究・イノベーション学会  総務理事

  • 2019.12
    -
    Now

    研究・イノベーション学会  研究基盤イノベーション分科会幹事

  • 2016.01
    -
    Now

    研究・イノベーション学会  業務委員

  • 2020.10
    -
    2021.01

    金沢大学 先端科学・社会共創推進機構  文部科学省科学技術人材養成等委託事業「リサーチ・アドミニストレーターの認定制度の実施に向けた調査・検証」における研修試行に係る検証役

  • 2020.04
    -
    2020.12

    リサーチ・アドミニストレーター協議会  リサーチ・アドミニストレーター協議会第6回年次大会実行委員会委員

  • 2020.10
     
     

    政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター  ケースメソッド検証ワークショップ メンバー

  • 2018.10
    -
    2020.09

    研究・イノベーション学会  理事(非常任)

  • 2011.04
    -
    2019.03

    特定非営利活動法人 健康早稲田の杜  理事

  • 2014.06
    -
    2018.09

    早稲田大学 大学総合研究センター  高等教育委員会委員

  • 2018.07
     
     

    研究・イノベーション学会  第33回シンポジウム実行委員会委員

  • 2018.01
     
     

    新エネルギー・産業技術総合開発機構  研究評価委員会「戦略策定調査事業」(中間評価)事業評価分科会委員

  • 2014.10
    -
    2017.09

    日本学術振興会  研究開発専門委員会「イノベーション創出に向けた計測分析プラットフォーム戦略の構築」委員

  • 2015.10
     
     

    研究・イノベーション学会  第30回年次学術大会実行委員会委員

  • 2014.04
     
     

    文部科学省  技術審査専門員(「全国的なコーディネート活動ネットワークの構築・強化」に関する)

  • 2013.01
    -
    2014.03

    早稲田大学  URA研修・教育プログラム策定検討実務WGメンバー

  • 2013.01
    -
    2014.03

    東京大学  URAスキル標準サブワーキングメンバー

  • 2013.04
     
     

    文部科学省  技術審査専門員(「全国的なコーディネート活動ネットワークの構築・強化」に関する)

▼display all

Social Activities

  • 大学の研究マネジメントにおける日本版リサーチ・アドミニストレーター(URA)の仕事

    ウイークエンド・カフェ・デ・サイエンス(WEcafe)  公開ゼミ  (東京(cafe&barさんさき坂)) 

    2013.05
     
     

  • 踊るDNA2011

    早稲田大学先端生命医科学センター  日本学術振興会「平成23年度ひらめき☆ときめきサイエンス」 

    2011.11
     
     

  • 踊るDNA2010

    早稲田大学先端生命医科学センター  日本学術振興会「平成22年度ひらめき☆ときめきサイエンス」 

    2010.08
     
     

  • 踊るDNA2009

    早稲田大学先端生命医科学センター  日本学術振興会「平成21年度ひらめき☆ときめきサイエンス」 

    2009.08
     
     

  • 早稲田ワクワク科学捜査班~犯人は誰だ!~

    NPO法人学びの支援コンソーシアム  学び体験フェアマナビゲート2008 

    2008.08
     
     

  • 磁石の不思議な世界一聞いて、さわって、体験しよう-

    日本磁気学会  第6回公開講演会 

    2008.03
     
     

  • 磁石の不思議な世界一聞いて、さわって、体験しよう-

    日本応用磁気学会  第5回公開講演会 

    2007.09
     
     

  • 磁石をつくる微生物のフシギをのぞいてみよう

    早稲田大学理工学術院  第20回ユニラブ 

    2007.08
     
     

  • 熱のないヒカリ一生物発光・化学発光

    新宿区立西早稲田中学校  Science Partnership Project 

    2007.01
     
     

  • 磁石の不思議な世界一聞いて、さわって、体験しよう-

    日本応用磁気学会  第2回公開講演会 

    2006.03
     
     

▼display all

Media Coverage

  • 選ばれる大学へ "研究のブランド化"進む

    Newspaper, magazine

    Author: Myself  

    日刊工業新聞  

    「科学技術の潮流」連載第30回  

    2019.11

  • 『次世代へつなぐ豊かな環境』を測る

    Newspaper, magazine

    Author: Myself  

    科学新聞  

    「科学における未解決問題に対する計測ニーズの僻轍調査」連載第5回  

    2011.05

  • mother of scienceとしての計測技術

    Internet

    Author: Myself  

    サイエンスポータル  

    「研究開発戦略ローンチアウト」連載第18回  

    2010.12

  • “生涯健康”社会創造へNPO法人の立ち上げ

    Newspaper, magazine

    Author: Myself  

    科学新聞  

    「『明日見ゆ』ASMeWの挑戦」連載第4回  

    2008.12

Academic Activities

  • 人文主導の学際研究プロジェクト創出を目指して~未来社会を拓く人文学・社会科学研究の現在と展望

    Academic society, research group, etc.

    第6回人文・社会科学系研究推進フォーラム   北海道大学(オンライン)

    2020.10
     
     
  • 大学セッション「大学の強みとなるブランド研究をのばすには!」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第6回年次大会   金沢大学(オンライン)

    2020.09
     
     
  • 参加者ネットワーキングセッション「オープン化、国際化の時代における協力関係構築のベネフィットとリスクマネジメント~大学・研究マネジメントのあり方を考える~」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第6回年次大会   金沢大学(オンライン)

    2020.09
     
     
  • 大学セッション「研究基盤のデジタルトランスフォーメーション(DX)」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第6回年次大会   金沢大学(オンライン)

    2020.09
     
     
  • 大学セッション「新たな学際研究を導くポストアワード力」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第5回年次大会   電気通信大学

    2019.09
     
     
  • 人文・社会科学系研究を振興するファンドとその支援~これからの社会を共創する人社系研究のために~

    Academic society, research group, etc.

    第5回人文・社会科学系研究推進フォーラム   早稲田大学

    2019.03
     
     
  • 大学セッション「URA導入の期待と不安」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第4回年次大会   神戸大学

    2018.09
     
     
  • 参加者ネットワーキングセッション「競争的資金と研究戦略」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第3回年次大会   徳島大学

    2017.08
     
     
  • 大学セッション「ファンディングエージェンシー担当者との対話」

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第3回年次大会   徳島大学

    2017.08
     
     
  • 地域と共に新しい“ジンブン”力を創造する人社系研究の展開

    Academic society, research group, etc.

    第3回人文・社会科学系研究推進フォーラム   琉球大学

    2017.03
     
     
  • 参加者ネットワーキングセッション

    Academic society, research group, etc.

    RA協議会第2回年次大会   福井大学

    2016.09
     
     
  • 人文・社会科学系研究推進の三手先を考える

    Academic society, research group, etc.

    第2回人文・社会科学系研究推進フォーラム   筑波大学

    2016.03
     
     
  • 私大の研究力強化への新たな取組~国公立との違い、私大だからできるユニークな取組~

    Academic society, research group, etc.

    第4回URAシンポジウム第6回RA研究会合同大会   北海道大学

    2014.09
     
     
  • 【分科会1】立役者:強み・特色の見分け方・育て方

    Academic society, research group, etc.

    第2回URAシンポジウム   名古屋大学

    2013.03
     
     
  • WS3:日本版URAの外部ネットワーク形成

    Academic society, research group, etc.

    第4回リサーチアドミニストレーション研究会   学術総合センター

    2012.09
     
     

▼display all