細井 厚志 (ホソイ アツシ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.hosoi.amech.waseda.ac.jp/index.html

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   准教授

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   理工学術院   講師

  • 2008年05月
    -
    2014年03月

    名古屋大学   大学院工学研究科   助教

  • 2011年11月
    -
    2012年02月

    シドニー大学   航空・機械・電子工学科   訪問学者

  • 2007年04月
    -
    2008年04月

    日本学術振興会特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本航空宇宙学会

  •  
     
     

    日本材料学会

  •  
     
     

    日本複合材料学会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    The Society of Materials Science, Japan

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 材料力学、機械材料

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 非破壊検査

  • 複合材料

  • 破壊力学

  • 疲労

  • 材料強度

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of the interfacial nanostructure on the interlaminar fracture toughness and damage mechanisms of directly bonded carbon fiber reinforced thermoplastics and aluminum

    Hiroki Ota, Kristine Munk Jespersen, Kei Saito, Keita Wada, Kazuki Okamoto, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    Composites Part A: Applied Science and Manufacturing   139  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd Carbon fiber reinforced thermoplastics (CFRTPs) are becoming of interest to mass production industries. In this study, we investigated the characteristics of the direct bonding technique to join an aluminum alloy and a CFRTP laminate by fabricating a nanostructure on the aluminum alloy surface. The effect of the nanostructure on the fracture toughness and the damage mechanisms were investigated. The nanostructure improved the fracture toughness by about 2.6 times compared with that without the nanostructure. From observations of the fracture surface, ductile failure of the matrix owing to the nanostructure occurred, suggesting that plastic deformation improved the fracture toughness. From X-ray computed tomography observations, intralaminar failure caused by the nanostructure occurred, which appeared to be a factor for the improved fracture toughness.

    DOI

  • Experimental measurement of mode-I fracture toughness of dissimilar material joints with thermal residual stresses

    Kristine M. Jespersen, Hiroki Ota, Kazuki Harada, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    Engineering Fracture Mechanics   238  2020年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd The current study presents a novel test method to experimentally cancel out the thermal stresses in dissimilar material joints. For the commonly used double cantilever beam test the presence of thermal stresses results in a significant mode mixity at the crack tip, which varies with applied load even if the elastic properties of the adherends are similar. This is particularly a challenge for fibre reinforced plastics bonded to metals due to the large difference in thermal expansion coefficients. The presence of mode-II loading is likely to provide a higher fracture energy from experiments than if tested under pure mode-I loading, which can lead to non-conservative results when using standard test methods. To overcome this challenge a novel test method inspired by the mixed mode bending test is developed. It is shown that the thermal stresses can be cancelled by applying initial constant loads during testing, and that the fracture toughness under pure mode-I loading can be obtained under specific conditions. The test method is validated by carrying out virtual compliance calibration experiments using cohesive zone finite element modelling. As the test method relies solely on analytical calculations and can be used with standard test equipment, it is relatively simple to apply in practice.

    DOI

  • Very high-cycle fatigue characteristics of cross-ply CFRP laminates in transverse crack initiation

    Atsushi Hosoi, Takuro Suzuki, Kensuke Kosugi, Takeru Atsumi, Yoshinobu Shimamura, Terumasa Tsuda, Hiroyuki Kawada

    Lecture Notes in Mechanical Engineering     838 - 846  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. Fan blades are subjected to very high-cycle loadings during the design life, so it is essential to evaluate the giga-cycle fatigue characteristics of carbon fiber reinforced plastic (CFRP) laminates. In this study, the transverse crack initiation of the cross-ply CFRP laminates in very high-cycle fatigue region was evaluated using an ultrasonic fatigue testing machine. The fatigue tests were conducted at the frequency of f = 20 kHz and the stress ratio of R = −1. In order to suppress temperature rise of the specimen, the intermittent operation with the loading time of 200 ms and the dwelling time of 2000 ms was adopted. The fatigue life data to transverse crack initiation in very high-cycle fatigue region was compared with the data of the fatigue test which was conducted at the frequency of f = 5 Hz and the stress ratios of R = 0.1 and −1 using a hydraulic control fatigue test machine. It was evaluated considering the influences of the stress ratio and the thermal residual stress by using the modified Walker model. The fatigue life to the transverse crack initiation of the cross-ply CFRP laminates in the very high-cycle region exceeding 108 cycles was on the extension of the test data in the low cycle region.

    DOI

  • Damage mechanisms and mechanical properties of directly bonded CFRTP and aluminium with nano-structured surface

    Kristine Munk Jespersen, Hikaru Abe, Hiroki Ota, Kei Saito, Keita Wada, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    Lecture Notes in Mechanical Engineering     104 - 112  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. The present work studies the cohesive behaviour of a previously proposed novel direct bonding method for dissimilar bonding between a carbon fibre reinforced thermoplastic (CFRTP) and aluminium. A nanostructure is manufactured on the aluminium surface and is directly bonded to the CFRTP by applying heat and pressure. Double cantilever beam (DCB) testing is carried out to evaluate the bonding properties and the initial results of a method for directly measuring the traction-separation behaviour from experiments is presented. The nanostructure is observed to improve the bonding properties significantly compared to two other considered bonding cases. Furthermore, the measured traction-separation behaviour is seen to be difference for each case. Nevertheless, the applied calculation method shows some challenges related to thermal stresses and plastic deformation that should to be taken into account in future studies.

    DOI

  • Energy absorption mechanism of thermoplastic fiber-reinforced plastics under impact loading using split-hopkinson pressure-bar method

    Ayuta Nambu, Shogo Adachi, Tomoya Yabu, Yuji Ishitsuka, Atushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    Key Engineering Materials   858 KEM   47 - 52  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Trans Tech Publications Ltd, Switzerland. The energy absorbing performance in the progressive failure of glass long-fiber-reinforced polyamide was evaluated by using the split Hopkinson pressure-bar method. An impact compression test of glass long-fiber-reinforced polyamide was performed from –30 °C to 90 °C, and the temperature-independent energy absorbing performance was confirmed only for the progressive failure mode. To clarify this phenomenon, compression tests, interlaminar compressive shear tests and mode-I fracture-toughness tests were conducted under static and impact conditions. The compression strength and the shear strength of all specimens decreased with an increase in temperature. The toughness improved with temperature. In addition to the mechanical tests, failure-mode analysis was performed by using a three-dimensional X-ray microscope to clarify the absorbing mechanism. From the above, it was concluded that the temperature-independent energy absorbing performance results from a balance of these mechanical properties against the temperature change.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 「炭素繊維強化複合材料の長期信頼性評価」,繊維複合材料

    細井厚志, 川田宏之( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第2章,第14節,pp.252-257)

    技術情報協会  2018年01月

  • 「CFRP積層板の熱残留応力の解析」,高分子材料の残留応力対策

    川田宏之, 細井厚志( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第5章,第4節,pp. 230-234)

    技術情報協会  2017年02月

  • 「層間剥離試験」,基礎からわかるFRP-繊維強化プラスチックの基礎から実用までー

    細井厚志( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 5.8節,pp. 138-143)

    コロナ社  2016年04月

  • 「CFRPの疲労特性と強度評価」,炭素繊維およびCFRP/CFRTPの特性と製造・開発動向

    細井厚志, 川田宏之( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第4章,第1節,pp. 111-120)

    情報機構  2015年05月

  • 炭素繊維強化複合材料の疲労損傷進展評価および損傷発生評価技術」,自動車,航空機,輸送機器における樹脂・プラスチック材料の技術資料集

    細井厚志( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第6節,pp. 79-83)

    技術情報協会  2015年02月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • CFRP/CFRTPとマルチマテリアルの接合:2.CFRTPとAlの異種接合

    細井 厚志

    材料   69 ( 7 ) 563 - 567  2020年07月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • アルミニウム合金とCFRTP積層板の異種接合の強度と破壊形態に及ぼす表面ナノ構造の影響 (接着・接合特集号)

    和田 啓汰, 大田 宙起, 齊藤 慧, ムンク イエスパーセン クリスティーン, 細井 厚志, 川田 宏之

    日本複合材料学会誌   46 ( 4 ) 162 - 169  2020年

    CiNii

  • 熱酸化法により生成したSi基板上のCuOナノワイヤの成長及び界面剥離メカニズム

    柳澤 一星, 松永 光広, 土肥 優希, 木村 文哉, 細井 厚志, 巨 陽, 川田 宏之

    機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2019 ( 0 ) 510 - 510  2019年

     概要を見る

    <p>CuO nanowires are known to have excellent electrochemical properties and can be produced by various methods. Among them a method which directly heat either the Si wafer with Cu layer or pure copper plate so called the thermal oxidation method has lately been drawing attention. However, during its production, interfacial delamination between the Cu layer and the wafer has always been an issue. In this study, the mechanism of interfacial delamination was experimentally elucidated by comparing a Si wafer with Cu layer deposited by electron beam evaporation with a pure copper plate. As a result, it was found that the deposited Cu layer decreased with increasing heating time of the Si wafer production. Moreover, the disappearance of the Cu layer and Cu2O layer on the Si wafer was found in the specimens with a heating time of 6 hours. It was suggested that this disappearance would form an opening between the CuO layer and the Si wafer leading to the delaminating of the interface between the oxide film and the wafer. The disappearance also suggested that the length and density of the CuO nanowires in the specimens with a heating time of 6 hours were minimized. As for the pure copper plate, the disappearance of the Cu layer and Cu2O layer was not seen regardless of the heating time, therefore there was no interfacial delamination and it was able to produce CuO nanowires at a high density.</p>

    DOI CiNii

  • 超音波疲労試験によるクロスプライCFRP積層板の超高サイクル域におけるトランスバースクラック成長挙動の評価

    渥美 建, 宮腰 剛, 小杉 健祐, 細井 厚志, 島村 佳伸, 津田 皓正, 川田 宏之

    機械材料・材料加工技術講演会講演論文集   2019 ( 0 ) 121 - 121  2019年

     概要を見る

    <p>For further application of carbon fiber reinforced plastics (CFRPs), it is necessary to obtain fatigue properties up to very high-cycle fatigue (VHCF) regime. In this paper, CFRP laminates were subjected to fatigue test up to 109 cycle using an ultrasonic fatigue test machine in order to evaluate the transverse crack initiation life of laminates and the propagation behavior. In this experiment, T800S/2592 prepreg used as the cross-ply [0/906]s laminates. Using an ultrasonic fatigue test machine tension-compression fatigue tests were conducted with stress ratio of R= -1 at a frequency of 20kHz. The specimen dimension was determined by finite element analysis to resonance at the vicinity of the test frequency. It was found that the test was carried out as designed, since the temperature distribution obtained by IR-thermography camera and the displacement measurement by the Laser Doppler vibrometer showed close agreement with the finite element analysis result. It was confirmed that the slope of the S-N diagram would be gradual in the VHCF regime.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 破壊靭性試験装置及び破壊靭性試験方法

    細井厚志, 川田宏之, 原田和樹, イエスパーセンクリスティーンムンク

    特許権

  • 樹脂金属接合体の製造方法及び樹脂金属接合体

    細井厚志, 川田宏之, 丁ジュンチョル, 岡本和起, 阿部暉

    特許権

  • 樹脂金属接合体の接合方法及び樹脂金属接合体

    細井厚志, 川田宏之, 阿部暉

    特許権

  • 金属部材のき裂修復方法及びき裂修復装置

    細井厚志, 巨陽, 浅岡幸靖

    特許権

  • ミリ波イメージング装置

    佐藤康元, 北山綱次, 小倉夏樹, 巨陽, 細井厚志

    特許権

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 林賞

    2020年06月   日本複合材料学会   繊維強化複合材料の疲労における長期信頼性評  

  • 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰 (優秀講演論文部門)

    2017年09月   日本機械学会   熱処理によるオーステナイト系ステンレス鋼の疲労き裂治癒における冷却条件の影響  

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2017年04月   文部科学省   構造材料の疲労損傷評価及びき裂治癒技術の開発に関する研究  

  • 船井学術賞

    2017年04月   船井情報科学財団   繊維強化複合材料の長期信頼性評価技術の確立とその応用  

  • 日本機械学会奨励賞(研究)

    2016年04月   日本機械学会   炭素繊維強化複合材料の長期耐久性評価に関する研究  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 溶媒可溶性グラフェンを利用した高強度・高耐久性ナノコンポジットの創出

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    荒尾 与史彦, 久保内 昌敏, 川田 宏之, 細井 厚志

  • 超音波疲労試験法を活用した炭素繊維強化エポキシ積層板の超高サイクル疲労特性の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    島村 佳伸, 藤井 朋之, 細井 厚志

  • 革新的応力場制御による高秩序ナノ空間構造体の創製と展開

    基盤研究(S)

    研究期間:

    2017年05月
    -
    2022年03月
     

    巨 陽, 徳 悠葵, 木村 康裕, 細井 厚志, 森田 康之

     概要を見る

    1.高品質、単結晶金属ナノワイヤアレイ作製条件の最適化 基板の加熱温度や加熱時間、昇温速度、そして成長領域と非成長領域での金属薄膜の厚さが成長領域における金属薄膜中の応力勾配に及ぼす影響を実験的かつ理論的に解明し、単結晶金属ナノワイヤアレイ作製条件の最適化を実現した。さらに、成長領域の金属薄膜厚さによるナノワイヤの直径および長さ、密度に及ぼす影響を明らかにし、単結晶金属ナノワイヤアレイの寸法および密度の制御を実現した。
    2.半導体ナノ空間構造体配列の作製手法の確立 厚さ300μmのCu基板を用いて化学酸化法によりCuO ナノフラワ/Cu(OH)2 ナノワイヤを作製した。その後、加熱還元法によりCu2Oナノ構造体を作製した。化学酸化法において、反応時間を5 分から120 分まで変化させ、CuO ナノフラワの形状制御を実現した。また、Ar雰囲気中にて加熱温度を300 oCから900 oCまで変化させ、Cu2Oナノ構造体の品質制御を実現した。さらに、応力場の制御によりFe2O3ナノグラスの創製に成功し、高秩序、高品質、高密度の半導体ナノ空間構造体の作製手法を確立した。
    3.原子配列の密度がナノ空間構造体の形成に及ぼす影響の解明 金属薄膜の原子配列の密度は応力および応力勾配の大きさとともに原子の拡散速度に影響を及ぼす。また、金属薄膜の表面酸化物における原子配列の密度も金属ナノワイヤと半導体ナノ空間構造体の成長に重要な役割を果たす。本研究では、根元から押し出すように成長する金属ナノワイヤの生成と,先端から伸びるように成長する半導体ナノ空間構造体の酸化生成を決定するメカニズムを、原子配列の密度を動力学的に解析することにより明らかにした。そして、各温度状態における原子密度の変化を考慮に入れ、ナノワイヤおよびナノ空間構造体成長の最適条件を特定した。

  • 電子風力場制御による金属疲労損傷治癒技術の開発と金属原子再配列・再結合機構の解明

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2019年06月
    -
    2021年03月
     

    細井 厚志

  • 金属表面のナノ空間構造体の創製と異種材料直接接着技術への展開

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    細井 厚志, 荒尾 与史彦

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    本研究は、酸化・エッチングプロセス制御によって、金属表面にナノ空間構造体を創製し、炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)積層板との異種材直接接着技術を確立することを目的としている。2018年度は新規にアルミニウム合金A5052表面上にナノ構造を創製し、PA6を母材とするCFRTP積層板との直接接着技術を構築した。さらに、静的せん断試験による接着強度特性、双片持梁(DCB)試験による静的破壊靱性、及び疲労剥離進展特性を定量的に評価し、表面ナノ構造がこれらの特性に及ぼす影響を評価した。
    静的せん断試験においては表面ナノ構造によって接着面の表面積を増大し、樹脂がナノ構造に含浸することでアンカー効果が生じ、シランカップリング処理と組み合わせることで接着強度を24.4 MPaまで向上させることに成功した。破面は樹脂で破壊していることから、接着強度ほぼ最大値まで向上しており、接着強度特性は樹脂の強度特性に支配されていると示唆された。
    静的DCB試験によって層間破壊靭性を評価した結果、表面ナノ構造を有することによりその破壊靱性は平滑な試験片と比較して約2.6倍向上した。ナノ構造を有することにより界面近傍の樹脂が延性的に破壊することに起因していることを明らかにした。また同様の現象は疲労剥離進展にも見られ、表面ナノ構造を有することによって疲労き裂進展速度が大幅に低下することを明らかにした。
    加えて、これらの破壊特性を数値シミュレーションによって評価した。実験結果と比較すると静的DCB試験について実験結果と良い一致を示した。一方で、界面が強固に接着していることからアルミニウム合金が塑性変形しており、また非対称構造になっていることに加えて熱残留応力の影響を受け破壊が混合モードになっている。これらを考慮したうえで、純粋なモードⅠ、モードⅡの層間破壊靱性を評価することが今後の課題である。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mechanical properties and microstructural fracture behaviors of SiC fiber fabricated by dry spinning method

    Tatsuya Kimura, Hinako Ozaki, Akiya Ozeki, Hirohide Shiratori, Michimasa Uda, Yoshio Hasegawa, Akiko Koshizaka, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    The 5th Asian Symposium on Materials and Processing (ASMP2019)  

    発表年月: 2018年12月

  • Evaluation of transverse crack propagation in CF/modified PEEK laminates under fatigue loading

    Dai Tsunoda, Shinichiro Fukushima, Yoshihiro Higashikata, Atsushi Hosoi, Naoki Sugiura, Takahiro Hayashi, Hiroyuki Kawada

    The 5th Asian Symposium on Materials and Processing (ASMP2018)  

    発表年月: 2018年12月

  • Influences of plasticity-induced crack closure on fatigue crack healing of carbon steel with heat treatment

    Eiichi Hamada, Yuto Furuya, Atsushi Hosoi, Yuji Morita, Hiroyuki Kawada

    The ASME 2018 International Mechanical Engineering Congress and Exposition (IMECE2018)  

    発表年月: 2018年11月

  • Progressive failure simulations considering effect of the test temperature for long-glass-fiber thermoplastic composites

    Shogo Adachi, Tomoya Yabu, Yuji Ishitsuka, Masato Nishi, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    The 13th China-Japan Joint Conference on Composite Materials (CJJCC-13)  

    発表年月: 2018年10月

  • Evaluation of influence of seawater immersion on fatigue strength reduction of plain woven CFRP laminates

    Shuhei Koshima, Norihiro Kajii, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

    The 13th China-Japan Joint Conference on Composite Materials (CJJCC-13)  

    発表年月: 2018年10月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • CFRP積層板の超高サイクル疲労における疲労限発見への挑戦

    2020年  

     概要を見る

    CFRP積層板に対して超音波疲労試験及び油圧式疲労試験を実施した結果,高サイクルになるに従いS-N線図の傾きが緩やかになる傾向が確認され,繰り返し数10^9回までトランスバースクラックの発生が確認されない試験片が多く存在した.このことからCFRP積層板について疲労限の存在が示唆された.また,陽電子消滅法を用いてCFRPの自由体積の測定に成功した.測定の結果未損傷の試験片と比較して損傷した試験片の自由体積のサイズは大きくなり,相対量が減少することが確認された.

  • ナノ空間構造を有する金属と炭素繊維強化熱可塑性プラスチックの直接接着技術の開発

    2019年  

     概要を見る

    車体重量の軽量化のために,高い比強度・比剛性を有し,優れたリサイクル性がありプレス成型が可能な炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTPs)を適材適所に用いたマルチマテリアル化が期待されている.一方,層間破壊靱性を評価する際に単純モード破壊が生じず混合モードになることことが課題となっている.そこで本研究では,混合モード曲げ(MMB)試験においてモードⅠ及びモードⅡを独立して算出できることを応用し,試験片中央に一定の荷重をかけながら試験片端部で二重片持梁(DCB)試験を行うことで純粋なモードⅠ破壊を発生させることを試みた.新規に試験機を作製し,一定荷重を加えながらDCB試験を行えることを確認した.また,端部ノッチ付き曲げ(ENF)試験でモードⅡ破壊を評価する際,熱残留応力を考慮した層間破壊靱性を評価することができた.

  • ギガサイクル疲労におけるCFRP積層板のトランスバースクラック発生評価

    2019年  

     概要を見る

    炭素繊維強化プラスチック(CarbonFiber Reinforced Plastics : CFRPs)は優れた比強度と比剛性を有する複合材料である.今後はさらなる軽量化のニーズから超高サイクル域での使用が想定される回転部材への適用が期待されている.本研究では,超音波疲労試験による超高サイクル域におけるトランスバースクラック発生寿命評価を目的とした.繰返し数N=103~107サイクルおよびN=108~109サイクルの疲労特性をそれぞれ油圧疲労試験および超音波疲労試験により取得した.高サイクル域ではS-N曲線は線形的な下降を示したが,超高サイクル域ではタブ付近のみにクラックが発生する試験片が多く観察された.また,90°層応力σ90°max=44MPa以下の応力レベルでは全ての試験片でクラックが発生せず,S-N曲線の傾きが緩やかとなることが確認された.

  • 海洋構造用CFRPの生物付着防止材料の開発と海水環境疲労特性評価技術の構築

    2018年  

     概要を見る

    本研究では,長期間海水浸漬させた平織CFRP積層板の強度低下挙動の評価,劣化メカニズムの解明を目的とした.試験結果より,引張-引張疲労強度及び引張-圧縮疲労強度は,海水浸漬によって低サイクルで疲労強度は低下していたが,高サイクル域では収束した.一方,圧縮-圧縮疲労強度は,全領域で疲労強度は低下した.実験で得た結果からEpaarachchi and Clausenの疲労寿命予測モデルを用いて,長期疲労海水浸漬時における疲労寿命予測を行った.その結果,疲労寿命予測曲線は,各条件で実験値と良い一致を示し,長期海水浸漬によって,構成基材の劣化が収束傾向となり,同様の破壊メカニズムを有したことが示唆された.&nbsp;

  • 超音波疲労試験によるCFRP積層板のギガサイクル疲労強度特性評価

    2018年  

     概要を見る

    層間高靭性化クロスプライCFRP積層板のギガサイクル領域におけるトランスバースクラック発生評価を行った.周波数20kHzでの超音波疲労試験を実施した結果,本研究で行った応力範囲においてはトランスバースクラック発生における疲労限は確認されなかった.また,Modified Walker modelにより評価すると,20 kHzの超音波疲労試験で取得したギガサイクル疲労におけるトランスバースクラック発生寿命は,5 Hzの油圧疲労試験で取得した低サイクル域の疲労寿命と同一の直線上に存在することが確認された.試験片中央部よりも下部において大きな温度上昇およびクラックが観察され,曲げモードの混在や金属タブ接着が影響を及ぼしている可能性が示唆された.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    継続中

    日本機械学会  会員部会委員

  • 2016年
    -
    継続中

    日本材料学会  複合材料部門 幹事

  • 2016年
    -
    継続中

    日本複合材料学会  評議員

  • 2015年
    -
    継続中

    日本機械学会  機械材料・材料加工部門 運営委員会委員

  • 2018年
     
     

    6th Asian Symposium on Materials & Processing (ASMP2018)  Scientific & Program Committee

全件表示 >>