薄井 澄誉子 (ウスイ チヨコ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

講師(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   人間科学専攻  

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   健康科学専攻  

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    東京女子大学   文理学部(理科系)   数理学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2008年03月   早稲田大学   博士(人間科学)

  • 2001年03月   早稲田大学   修士(人間科学)

  • 東京女子大学   学士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   講師(任期付)

  • 2015年04月
    -
    継続中

    国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所   国立健康・栄養研究所 栄養代謝研究部   客員研究員

  • 2010年10月
    -
    継続中

    津田塾大学   学芸学部   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    東京女子大学   現代教養学部 人間科学科   特任講師

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員(RPD)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本発育発達学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本公衆衛生学会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    日本スポーツ栄養学会

  • 2004年04月
    -
    継続中

    ヨーロッパスポーツ科学学会

  • 2003年04月
    -
    継続中

    日本フットボール学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 栄養学、健康科学

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 応用健康科学

  • スポーツ栄養学

  • 体力科学

  • エネルギー代謝

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between alcohol dietary pattern and prevalence of dyslipidaemia: WASEDA'S Health Study.

    Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Ryoko Kawakami, Chiyoko Usui, Takuji Kawamura, Katsuhiko Suzuki, Shizuo Sakamoto, Kaori Ishii, Isao Muraoka, Koichiro Oka, Mitsuru Higuchi

    The British journal of nutrition     1 - 31  2021年07月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    The association between a dietary pattern characterised by high alcohol intake and dyslipidaemia has not been fully investigated. Therefore, the present study aimed to investigate the association between alcohol dietary patterns and the prevalence of dyslipidaemia and its components. This cross-sectional study enrolled 2,171 men and women aged ≥40 years who were alumni of a Japanese university. To identify dietary patterns, a principal component analysis was performed based on the energy-adjusted food intake estimated by a brief-type self-administered diet history questionnaire. Three dietary patterns were identified, the second of which was named the alcohol dietary pattern and was characterised by a high intake of alcoholic beverages, liver, chicken, and fish. This alcohol dietary pattern was associated with reduced low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels. The fully adjusted odds ratios (95% confidence intervals) of high LDL-C for the lowest through highest quartile of alcohol dietary pattern score were 1.00 (reference), 0.83 (0.64-1.08), 0.84 (0.64-1.10), and 0.68 (0.49- 0.94), respectively. Subgroup analysis showed that the alcohol dietary pattern was inversely associated with the prevalence of dyslipidaemia in women, whereas it was positively associated with high triglyceride levels in men. In conclusion, the alcohol dietary pattern, characterised by a high intake of alcoholic beverages, liver, chicken, and fish, was associated with the prevalence of dyslipidaemia and its components. This finding provides useful information for the prevention and treatment of dyslipidaemia by modifying the diet.

    DOI PubMed

  • Determinants of Resting Oxidative Stress in Middle-Aged and Elderly Men and Women: WASEDA'S Health Study.

    Takuji Kawamura, Kumpei Tanisawa, Ryoko Kawakami, Chiyoko Usui, Tomoko Ito, Hiroki Tabata, Nobuhiro Nakamura, Sayaka Kurosawa, Wonjun Choi, Sihui Ma, Zsolt Radak, Susumu S Sawada, Katsuhiko Suzuki, Kaori Ishii, Shizuo Sakamoto, Koichiro Oka, Mitsuru Higuchi, Isao Muraoka

    Oxidative medicine and cellular longevity   2021   5566880 - 5566880  2021年  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Previous studies have not investigated the determinants of resting oxidative stress, including physical fitness, as it relates to redox regulation. The present study therefore was aimed at identifying lifestyle and biological factors that determine resting oxidative stress, including objectively measured physical fitness. In 873 middle-aged and elderly men and women, age and anthropometric parameters, lifestyle-related parameters, medication and supplementation status, physical fitness, biochemical parameters, and nutritional intake status, as well as three plasma oxidative stress markers: protein carbonyl (PC), F2-isoprostane (F2-IsoP), and thiobarbituric acid reactive substances (TBARS), were surveyed and measured. The determinants of PC, F2-IsoP, and TBARS in all participants were investigated using stepwise multiple regression analysis. In PC, age (β = -0.11, P = 0.002), leg extension power (β = -0.12, P = 0.008), BMI (β = 0.12, P = 0.004), and HDL-C (β = 0.08, P = 0.040) were included in the regression model (adjusted R 2 = 0.018). In the F2-IsoP, smoking status (β = 0.07, P = 0.060), BMI (β = 0.07, P = 0.054), and HbA1c (β = -0.06, P = 0.089) were included in the regression model (adjusted R 2 = 0.006). In TBARS, glucose (β = 0.18, P < 0.001), CRF (β = 0.16, P < 0.001), age (β = 0.15, P < 0.001), TG (β = 0.11, P = 0.001), antioxidant supplementation (β = 0.10, P = 0.002), and HbA1c (β = -0.13, P = 0.004) were included in the regression model (adjusted R 2 = 0.071). In conclusion, the present study showed that age, anthropometric index, lifestyle-related parameters, medication and supplementation status, objectively measured physical fitness, biochemical parameters, and nutritional intake status explain less than 10% of oxidative stress at rest.

    DOI PubMed

  • Cut-offs for calf circumference as a screening tool for low muscle mass: WASEDA'S Health Study.

    Ryoko Kawakami, Motohiko Miyachi, Susumu S Sawada, Suguru Torii, Taishi Midorikawa, Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Chiyoko Usui, Kaori Ishii, Katsuhiko Suzuki, Shizuo Sakamoto, Mitsuru Higuchi, Isao Muraoka, Koichiro Oka

    Geriatrics & gerontology international   20 ( 10 ) 943 - 950  2020年10月  [査読有り]  [国内誌]

     概要を見る

    AIM: To re-evaluate the suitability of calf circumference as a surrogate marker of low muscle mass measured by both bioelectrical impedance analysis (BIA) and dual-energy X-ray absorptiometry (DXA). We also examined the effects of obesity and age on low muscle mass screening using calf circumference. METHODS: In total, 1239 adults participated in this cross-sectional study. We measured the maximum calf circumference in a standing position and appendicular skeletal muscle mass (ASM) using BIA and DXA. We defined low muscle mass based on the Asian Working Group for Sarcopenia 2019 consensus. RESULTS: Calf circumference was positively correlated with BIA-measured ASM/height2 (men: r = 0.81, women: r = 0.73) and DXA-measured ASM/height2 (men: r = 0.78, women: r = 0.76). In the subgroup analyses by obesity and age, calf circumference was also positively correlated with ASM/height2 . The optimal calf circumference cut-offs for low muscle mass screening measured by BIA and DXA were 35 cm (sensitivity 91%, specificity 84%) and 36 cm (sensitivity 82%, specificity 80%) for men, and 33 cm (sensitivity 82%, specificity 84%) and 34 cm (sensitivity 85%, specificity 72%) for women, respectively. CONCLUSIONS: Calf circumference is positively correlated with BIA- and DXA-measured muscle mass regardless of obesity and age and is a simple and accurate surrogate marker of muscle mass for diagnosing sarcopenia. Geriatr Gerontol Int 2020; 20: 943-950.

    DOI PubMed

  • Visceral fat and cardiorespiratory fitness with prevalence of pre-diabetes/diabetes mellitus among middle-aged and elderly Japanese people: WASEDA'S Health Study.

    Chiyoko Usui, Ryoko Kawakami, Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Hiroki Tabata, Satoshi Iizuka, Takuji Kawamura, Taishi Midorikawa, Susumu S Sawada, Suguru Torii, Shizuo Sakamoto, Katsuhiko Suzuki, Kaori Ishii, Koichiro Oka, Isao Muraoka, Mitsuru Higuchi

    PloS one   15 ( 10 ) e0241018  2020年  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    The relationships between cardiorespiratory fitness (CRF) measurements not confounded by adiposity and the prevalence of pre-diabetes mellitus (pre-DM) and diabetes mellitus (DM) are not well known. Thus, we aimed to investigate the associations of visceral fat (VF) and CRF with the prevalence of pre-DM/DM among Japanese adults. The study included 970 individuals (327 women and 643 men) who were 40-87 years old and had complete health examinations, abdominal fat area, and fitness data from WASEDA'S Health Study during 2015-2018. The VF area was measured using magnetic resonance imaging. CRF was measured using a cycle ergometer and was defined as VO2peak divided by fat free mass. The pre-DM/DM was identified based on the questionnaire and fasting blood tests. The odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs) for prevalence of pre-DM/DM were calculated. Seventy-three participants had pre-DM and 48 participants had DM. Compared to the low VF group, the high VF group had a higher prevalence of pre-DM/DM (OR: 1.87, 95% CI: 1.18-2.96), although no significant relationship was observed between CRF and pre-DM/DM prevalence (P for trend = 0.239). The sub-group analyses also revealed no significant relationship between CRF and pre-DM/DM prevalence in the low VF group (P for trend = 0.979), although CRF values were inversely related to the prevalence of pre-DM/DM in the high VF group (P for trend = 0.024). Although CRF was not independently related to the prevalence of pre-DM/DM after adjusting for adiposity, higher VF values were related to a higher prevalence of pre-DM/DM. In addition, CRF levels were inversely associated with the prevalence of pre-DM/DM only among high VF individuals.

    DOI PubMed

  • Simple Prediction of Metabolic Equivalents of Daily Activities Using Heart Rate Monitor without Calibration of Individuals.

    Yuko Caballero, Takafumi J Ando, Satoshi Nakae, Chiyoko Usui, Tomoko Aoyama, Motofumi Nakanishi, Sho Nagayoshi, Yoko Fujiwara, Shigeho Tanaka

    International journal of environmental research and public health   17 ( 1 )  2019年12月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: Heart rate (HR) during physical activity is strongly affected by the level of physical fitness. Therefore, to assess the effects of fitness, we developed predictive equations to estimate the metabolic equivalent (MET) of daily activities, which includes low intensity activities, by % HR reserve (%HRR), resting HR, and multiple physical characteristics. METHODS: Forty volunteers between the ages of 21 and 55 performed 20 types of daily activities while recording HR and sampling expired gas to evaluate METs values. Multiple regression analysis was performed to develop prediction models of METs with seven potential predictors, such as %HRR, resting HR, and sex. The contributing parameters were selected based on the brute force method. Additionally, leave-one-out method was performed to validate the prediction models. RESULTS: %HRR, resting HR, sex, and height were selected as the independent variables. %HRR showed the highest contribution in the model, while the other variables exhibited small variances. METs were estimated within a 17.3% difference for each activity, with large differences in document arrangement while sitting (+17%), ascending stairs (-8%), and descending stairs (+8%). CONCLUSIONS: The results showed that %HRR is a strong predictor for estimating the METs of daily activities. Resting HR and other variables were mild contributors. (201 words).

    DOI PubMed

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • The association between physical activity and primary dysmenorrhea in female collegiate lacrosse athletes

    Usui C, Kobayashi S, Mita Y.

    25th Annual Congress of the European College of Sports Science    2020年10月

    担当区分:筆頭著者

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 栄養教育は女子大学生アスリートの食行動変容を向上させるか

    小林沙綾, 三田有紀子, 竹内万莉乃, 佐久間理英, 横山礼奈, 薄井澄誉子, 石原健吾, 加藤昌彦

    栄養学雑誌   78 ( 5 Supplement )  2020年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

  • 日本人成人における糖尿病有病率と心肺フィットネスおよび内臓脂肪との関連 WASEDA'S Health Study(Cardiorespiratory fitness and visceral fat on prevalent diabetes in Japanese adults: WASEDA'S Health Study)

    Usui Chiyoko, Kawakami Ryoko, Tanisawa Kumpei, Tabata Hiroki, Ito Tomoko, Iizuka Satoshi, Kawamura Takuji, Midorikawa Taishi, Sawada Susumu, Torii Suguru, Sakamoto Shizuo, Suzuki Katsuhiko, Ishii Kaori, Oka Koichiro, Higuchi Mitsuru

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 ( 6 ) 364 - 364  2019年11月

    担当区分:筆頭著者

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • The association between physical activity and primary dysmenorrhea in young Japanese women

    Usui C, Mita Y

    24th Annual Congress of the European College of Sport Science    2019年07月

    担当区分:筆頭著者

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 女子大学生アスリートにおける食行動変容に関連する要因の検討

    小林沙綾, 三田有紀子, 竹内万莉乃, 佐久間理英, 横山礼奈, 薄井澄誉子, 石原健吾, 加藤昌彦

    栄養学雑誌   77 ( 5 Supplement )  2019年

    J-GLOBAL

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 女子大学生における月経困難症の改善に対する時間栄養学及び時間運動学的アプローチ

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

    薄井 澄誉子

     概要を見る

    本研究では,女子大学生の月経困難症と生活習慣との関連を『時間栄養学』×『時間運動学』の観点から解明し,適切な食品・栄養素の摂取タイミングと効果的な身体運動の実施タイミングの相乗効果により月経困難症の症状改善にアプローチすることを目的としている.
    本年度は,【研究課題1】である女子大学生の月経困難症と食品・栄養素摂取及び身体運動実施の状況との関連に関する横断研究について,453名の女子大学生にアンケート調査を行った結果を分析し,国際学会で発表を行った.また,論文執筆に向けてさらなる分析を行っている.
    また,【研究課題2】である女子大学生の月経困難症の症状改善に対する食品・栄養素摂取及び身体運動実施のタイミングに関する介入研究について,運動部に所属する女子大学生の栄養指導介入の前後における月経困難症の症状変化について検討するため,1年後の測定を行った.69名の運動部に所属する女子大学生を対象として,アンケート調査及び3軸の加速度計を用いた身体活動量の測定を行った.この介入前後のデータを分析して,次年度の国際学会で発表する予定である.

  • 閉経後における肥満・サルコペニア予防のための運動がエネルギー基質選択に与える影響

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

    薄井 澄誉子

     概要を見る

    本研究は,「脂質酸化能の低下が肥満につながる」という仮説を解明するため,脂質酸化能に対する食事と運動の相互作用について,食事摂取状況を統制した条件下でヒューマンカロリメーターを用い,24時間のエネルギー代謝量や脂質酸化量をモニタリングして,安静時や運動後にエネルギー基質がどのように選択されるかを検証することを目的としている.
    本年度は,前年度に引き続き,本試験を実施した.ヒューマンカロリメーター入室前に,問診・診察及び身体組成測定,基礎代謝量,採血,OGTT(糖負荷試験),筋力測定,最大下運動負荷試験,アンケート調査を行う事前測定を行った.事前測定を行ったあと,対象者は,ヒューマンカロリメーター入室2日前から高糖質食を摂取し, 3日目の夕方にヒューマンカロリメーターに入室し,24時間の測定を行った.4日目はヒューマンカロリメーター内で高脂肪食を摂取し,決められた時間に自転車運動を行った.ヒューマンカロリメーター内では,座位安静及び食事,採尿,自転車運動,就寝といった決められた行動以外は,自由行動とした.
    本年度は,ヒューマンカロリメーターの質量分析計が長期にわたって故障し修理していたため,測定実施可能な期間が短く,10名の被験者をリクルートするにとどまった.測定を実施していく中で,1名の被験者が体調不良によりドロップアウトしたため,実際には9名のデータを得た.したがって,当初の測定実施目標対象者数20名に対し,昨年度と併せても若干及ばなかった.
    測定を完了した15名は,6名が習慣的に運動を行っている閉経後中高年女性,9名が習慣的な運動を行っていない閉経後中高年女性であった.

  • 食事摂取基準の活用に向けた有疾患小児および健常児におけるエネルギー必要量の評価

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2011年
    -
    2012年
     

    中江 悟司, 海老根 直之, 宮谷 秀一, 位田 忍, 惠谷 ゆり, 西本 裕紀子, 薄井 澄誉子

     概要を見る

    「日本人の食事摂取基準(2010年版)」における推定エネルギー必要量は,健康な人のデータに基づいて策定されている.さらに,5歳以下の幼児においては,日本人のデータは反映されていない.本研究では,日本人幼児および疾患・障がいを有している小児を対象にエネルギー必要量の測定を実施し,食事摂取基準の妥当性を検証した.得られたデータは,食事摂取基準の改定および活用を通して国民の健康に寄与することが期待される。

  • ローイング運動が高齢者の大腰筋量と歩行能力に及ぼす影響

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

    樋口 満, 坂本 静男, 真田 樹義, 薄井 澄誉子, 河野 寛

     概要を見る

    ローイング(ボート漕ぎ)運動は、高齢者において安全で効率的な健康増進運動であると考えられる。本研究は、ローイング運動が高齢者の大腰筋量と歩行能力に及ぼす影響を検討した。高齢者におけるローイング運動は、大腰筋および大腿伸筋群の筋量増加効果があること、エクササイズ・チューブを用いた簡便なローイング運動においても筋量増加効果があることが示されたが、歩行能力については、今後さらなる検討が必要である。

  • 高強度・間欠的な短時間トレーニングがローイング・パフォーマンス向上に及ぼす効果

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2006年
    -
    2007年
     

    樋口 満, 薄井 澄誉子, 鈴木 克彦

     概要を見る

    研究1.では、ローイング・エルゴメータを用いて、大学漕艇部男子選手9名が高強度・間欠的運動(20秒全力運動-10秒休息)を5setと8setの2回行った。その結果、VO2に関しては5、8setのいずれの運動でも3set目にはほぼVO2maxに達していたが、運動後の[La^-lmmol/lは5setでは8setに比べて有意に低い値であった。この結果から、トレーニングとしての効果を考慮すると8setの方が適切と考えられた。次に、トレーニング頻度を検討するため、漕艇部員男子13名を高強度・間欠的ローイング・トレーニング週2回の群と週5回群に振り分けて、6週間のトレーニングを実施した。その結果、トレーニングの前後で、1000mタイムトライアル(TT)では両群とも有意にタイム短縮したが、2000mは週2回群のみで有意に短縮した。
    研究2.では、ボートコースでシングルスカルを用いたローイング運動中の生理学的応答を検討した。漕艇部員男子8名が水上でシングルスカルに乗艇し、高強度・間欠的ローイング運動を行った。一過性のローイング運動中のV02はVO2max値の93%という高い値を示したことから、高強度・間欠的トレーニングとして妥当であると考えられた。次に、男子選手14名がトレーニング群とコントロール群に分けられ、週2回5週間、シングルスカルに乗艇し、高強度・間欠的ローイング・トレーニングを行い、トレーニング前後に被験者のローイング・パフォーマンスの変化を観察した。その結果、VO2max、HRmax、及び1000mのローイング・エルゴメーターによるTTについては変化がなかったものの、2000mTTでトレーニング群のタイムが有意に短縮した。
    以上の研究から、高強度・間欠的ローイング・トレーニングによるTTのタイムが短縮した理由としては、有酸素性エネルギー供給機構の向上よりも、無酸素性エネルギー供給機構の向上によると考えられた。

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 女子大学生における月経異常と身体活動量との関係

    2020年  

     概要を見る

    本研究は,女子大学ラクロス選手の身体活動と月経困難症との関係を調査した.70名の選手にアンケート調査と身体活動量測定を行い,月経困難症スコアで3群に分け比較検討した:非月経困難症(Non群;n=22),軽度月経困難症(Mild群;n=35),および月経困難症(Severe群;n=13).歩数は3群間に差はなかったが,Non群はMild群と比べて高強度の歩・走行活動時間が長かった(p=0.025).一方,3群間で歩・走行以外の活動時間に差はなかった.月経困難症の女子大学ラクロス選手は,高強度の歩・走行活動を増やすことが,女子大学ラクロス選手の月経困難症の有効な治療法になるかもしれない.

  • 女子大学生における月経異常と食習慣及び栄養素摂取状況との関係

    2019年  

     概要を見る

    本研究は,女子大学生の月経異常の発症状況と食習慣及び食品・栄養素摂取の状況との関係を明らかにすることを目的とした.518名の女子大学生にアンケートによる月経や食習慣及び食品・栄養素摂取量の調査を行ったところ,有効な分析対象は400名であった.分析の結果,月経異常群(314名)は,月経正常群(86名)に比べて,初経年齢が有意に低かった(p=0.004).また,月経異常群は月経正常群に比べて,ビタミンAが有意に低く(p=0.026),普通・高脂肪乳(p=0.035)及びフルーツ(p=0.019)の摂取量が有意に少なかった.本研究の結果により,月経異常の有無に主にビタミン類の摂取が関連するかもしれないことが示唆された.

  • 水泳が中高年女性の四肢及び体幹の筋・脂肪量と基礎代謝に及ぼす影響に関する縦断研究

    2006年  

     概要を見る

     本研究は、43-75歳の41名の中高年女性を対象として、定期的かつ長期間の水泳トレーニングをしている人としていない人の四肢及び体幹の除脂肪量(FFM)・脂肪量(FM)と基礎代謝量(BMR)を縦断的に測定し比較検討することで水泳トレーニングの効果を検証することを目的とした。 体重および身体組成は、DXA法によって測定し、四肢及び体幹の除脂肪量と脂肪量を算出した。最大下酸素摂取量(VO2peak)は、トレッドミルを用い漸増負荷法により測定した。BMRは早朝空腹時に30分以上の仰臥位安静後、ダグラスバッグ法により10分間の呼気を2回採取し、質量分析計によって呼気を分析しBMRを求めた。 水泳トレーニング(T)群(n=26,年齢59.9±6.8歳,身長155.0±5.0cm,体重55.8±7.3kg,%fat 28.2±4.6%)と非トレーニング(UT)群(n=15,63.2±8.0歳,154.6±5.0cm,57.8±8.6kg,32.2±5.2%)において年齢、身長、体重およびFFMに有意な差はなかった。VO2peak は、UT群と比べT群において有意に高かった。全身の体脂肪率及びFMは、UT群よりもT群において有意に低かった。特に、四肢のFMにおいて、UT群よりもT群において有意に低かった。1年後の測定において全身および身体各部の組成やVO2peak に有意な変化はなかった。また、BMRにおいて2群間の相違は認められず、さらに1年後の測定値との間にも有意な差は認められなかった。 本研究の結果から、中高年女性の長期間の定期的な水泳トレーニングはFMの増加を抑制し、また、呼吸循環器系能力を維持することが示唆された。しかしながら、FFMやBMRに関連する大きな変化は認められなかったことも示された。

  • 閉経後中高年水泳愛好者の身体各部の組成と基礎代謝との関係

    2005年  

     概要を見る

    1日のエネルギー消費量の60~80%を占める基礎代謝量 (BMR)は、様々な形態学的・生理学的な要因に影響を受ける。閉経後女性において、定期的な水泳運動が内臓および骨格筋のような除脂肪量(FFM)と関係のあるBMRの増加を引き起こすかどうかは明らかではない。本研究は、50-75歳の52名の閉経後女性の水泳愛好者におけるBMRおよび身体組成の関係を横断的に検討することを目的とし、水泳運動を良くやっている群(WT)とそうでない群(LT)の2つの群において比較検討した。 体重および身体組成は、DXA法によって測定し、軟除脂肪組織量(SLTM)はFFMから骨量を除いた値を用いた。最大下酸素摂取量(VO2peak)は、トレッドミルを用い漸増負荷法により測定した。BMRは早朝空腹時に30分以上の仰臥位安静後、ダグラスバッグ法により10分間の呼気を2回採取し、質量分析計によって呼気を分析しBMRを求めた。LT群(n=24,年齢63.3±5.9歳,身長154.3±5.6cm,体重56.5±4.9kg,%fat 31.6±4.2%)とWT群(n=28,61.3±5.9歳,154.2±5.7cm,54.2±6.7kg,28.4±4.6%)において年齢、身長、体重および閉経経過年数に有意な差はなかった。VO2peak は、LT群と比べWT群において有意に高かった。全身の脂肪量(FM)は、LT群よりもWT群において有意に低かった。頭部及び体幹のFMにおいては2群間で相違はなかったが、四肢のFMにおいてはLT群よりもWT群において有意に低かった。しかしながら、2群間の全身および身体各部のSLTMに有意な相違はなかった。BMRにおいて2群間の相違は認められなかった。BMRに対する身体組成を独立変数にしたステップワイズ重回帰分析の結果、頭部及び体幹のSLTMがBMRの有意な独立変数であった。 本研究の結果から、閉経後女性の長期間の定期的な水泳運動はFMを低下させ、また、呼吸循環器系能力を上昇させたが、しかしながらBMRに関連するSLTMの大きな増加を引き起こさないことも示唆された。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>