小林 ミナ (コバヤシ ミナ)

写真a

所属

国際学術院 大学院日本語教育研究科

職名

教授

ホームページ

http://www.gsjal.jp/kobayashi/index.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   日本語教育研究センター

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    1993年03月

    名古屋大学   大学院文学研究科博士後期課程   日本言語文化専攻  

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    名古屋大学   大学院文学研究科修士課程   日本言語文化専攻  

  •  
    -
    1985年

    青山学院大学   文学部   日本文学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学   博士(文学)

  • 名古屋大学   学術修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 大学院 日本語教育研究科   教授

  • 1994年04月
    -
    2006年03月

    北海道大学 留学生センタ−   助教授

  • 1993年04月
    -
    1994年03月

    名古屋大学 言語文化部   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本語教育学会

  •  
     
     

    日本語文法学会

  •  
     
     

    日本言語学会

  •  
     
     

    日本語学会

  •  
     
     

    社会言語科学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育

  • 日本語学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コースデザイン,シラバスデザイン,教師教育,日本語教師の専門性

  • 教育文法,マルチモーダルなコミュニケーション研究,文法教育,

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学ティーチングアワード

    2018年09月   早稲田大学   科目名:日本語教育方法論  

    受賞者: 小林ミナ

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本語学習者が日本語を「打つ」ために必要な支援とは何か

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

     概要を見る

    本研究では,日本語学習者が各種デバイスで日本語を打つために必要な支援を考察し,デバイス特性や個別具体の状況に応じた「個別具体の日本語文法」を構築する。具体的には,電子メールやLINEを対象に,日本語学習者と日本語母語話者の「日本語入力のプロセス」「電子メール」「LINEの書き込み」のデータを収集した後,フォローアップインタビューを行い,日本語を打つにあたって,どのような困難点を抱えているかを明らかにする。困難点には 「日本語入力の仕組みを理解する」といった機器操作から,「デバイス特性や個別具体の状況に応じた「個別具体の日本語文法」を適切に運用する」といった言語面まで幅広いことが予想される

  • 南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    2019年度は事業の中間報告として「社会・人・ことばの動態性と統合に関する国際シンポジウム」をブラジルで開催した。そこで、ボリビアとパラグアイの日系人コミュニティでのフィールドワークを基にした複言語状況に関する報告や(ロング2019)、ブラジル富山県人会・アリアンサ移住地等で実施した聞き取り調査をもとにした日系人社会の伝統文化や習慣、言語生活や方言についての調査報告(中井2019)等を行った。これらの調査研究から南米日系人社会において望まれる日本語および日本文化のありかについての検討を進めることができた。年少者の日本語複言語状況調査については、国際交流基金サンパウロ日本文化センターと共同で調査を進めている。南米日系社会で家庭内での日本語使用がある地域はパラグアイ・ピラポ移住地等ごく一部であり、多くの日系コミュニティの日本語学校は継承語としての日本語教育(JHL)から外国語としての日本語教育(JFL)へと移行している現状がみられた。しかしそのことで、日系人子弟の日本語・日本文化の継承が弱まり、人間教育・市民性教育等日系社会の継承日本語教育のよき伝統も失われている傾向がみられた(渡辺・松田2019)。同時に、継承日本語教育が一定の成功を収めている地域はコミュニティや学校における日本語使用や教育との関連がうかがえた。日本からの帰国生の日本語の維持の状況についても一定の調査を行うことができた(伊澤2019)。今後さらに調査を続け、継承・維持・喪失の要因分析を進める予定である。当該事業によって、多くの日系人が自身を非正統な日本語使用者と捉え、それがエスニックアイデンティティにも影響を与えていることがわかった。今後は日本語の規範化や境界線を緩和し、継承語話者の言語使用をトランスランゲージングな観点で主体的に評価できるような研究へと展開する予定である。令和元年度が最終年度であるため、記入しない。令和元年度が最終年度であるため、記入しない

  • アカデミックライティングにおける適切なリソース活用のための教材開発

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究は、留学生がレポートや論文を作成する際に書籍やインターネット上のリソースを適切に使用して書けるようになるための教材の開発を目指している。令和元年度は理系留学生を対象とした調査を行った。理系留学生がレポートを作成する過程をビデオカメラで録画し、リソースをどのように使用しているのか、リソースから得た情報を文章内でどのように活用しているのかを観察する「プロセス調査」を実施した。理系学生のレポート課題には、実験結果をまとめる実験レポートと、一つのテーマについて情報を集めて論じる論証型レポートが見られた。そのうち実験レポートの作成プロセスは、文系学生を対象とした今までの調査結果とは大きく異なり、インターネットの使用は限られていた。そして、テキストや書籍の言葉を活用し、実験ノートに自ら記した数値を文章の形でまとめ説明していくという、文系レポートとは異なるリソース使用の様子が明らかとなった。最終的に作成されたレポートは、文法面で適切ではない日本語使用や適切には伝わらない日本語表現が多く含まれる結果となり、多くの問題が見られた。また、上記調査と平行して今まで実施してきた調査の結果をもとに、適切なリソース使用を身につけるためのweb教材の作成を行った。適切なリソース選択、リソース使用、そのリソースから得た情報の文章内への取り込み方は、課題の種類や内容によって大きく異なり、またレポートを作成するどの段階で行われるのかによっても違いあることが明らかになった。そこで、より具体的な場面を設定した上で、それぞれの場面で必要となるスキルを順を追って身につけられるよう、情報の提示の仕方や練習方法などを検討した

  • 「私らしく」産出できるようになるためのウェブ型日本語教材の開発

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    文字コミュニケーションについては,Facebook,LINE,PCメール,日本語学習者の作文を対象に,「文章構造」「言語項目の選択に関わる状況要因」「エモティコンの使用実態,印象評定」「パラ言語」といった観点から分析,考察した。音声コミュニケーションについては,「海外の大学で日本語を学んでいる学習者52 名(中級27名,上級25名)が,協定校である日本国内の大学の日本人大学生に対して行った自己紹介の動画」を対象に,印象評定を行った。上述の結果を踏まえて,日本語教材,および,日本語教育実践の内容を試作,検討した

  • 汎用的日本語学習辞書開発データベース構築とその基盤形成のための研究

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    日本語学習辞書編集を支援する目的で「汎用的日本語学習辞書開発データベース」を作成した。このデータベースは、「現代日本語書き言葉均衡コーパス」を利用した頻度や分布の語彙調査により選定された1万7千920項目の語彙からなる。各語彙には、経験豊富な日本語教師の主観判定に基づく6段階の難易度の他、旧日本語能力試験の等級、品詞、語種などの情報や、語義と用例(作例とコーパスからの実例)が組み込まれている。このデータベースの他、コロケーションリスト、類義語リスト、文化的発見記述文リストを作成し、これら全てを統合した情報の検索システムを(http://jreadability.net/jev)に公開した

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育における文法シラバス再構築のための基礎的研究

    2006年  

     概要を見る

    朝日新聞データ1年分を購入し,朝日新聞社と研究目的使用のための著作権契約を取り交わした。サーバー用のパソコンを購入し,朝日新聞データ,および,既に入手済みの言語データを移植した。現在は,UNIXのコマンドを使用し,データの検索,分析を行っているが,来年度以降,プログラミングの知識がない者でも使いやすい,インターフェイス画面を設けるなど,研究室に所属する院生の供用に付せるよう開発を続けたい。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
    -
    継続中

    小出記念日本語教育研究会  編集委員会委員長

  • 2017年06月
    -
    継続中

    (公社)日本語教育学会副会長(業務執行理事)  副会長(業務執行理事)

  • 2020年06月
    -
    2021年05月

    出記念日本語教育研究会  編集委員会副委員長

  • 2012年01月
    -
    2013年12月

    第二言語習得研究会  編集委員長