Updated on 2022/05/19

写真a

 
EDAGAWA, Yoshikuni
 
Affiliation
Faculty of Science and Engineering, Graduate School of Creative Science and Engineering
Job title
Professor(without tenure)

Concurrent Post

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Science and Engineering   School of Creative Science and Engineering

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Business and Finance

Research Institute

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2020
    -
    2021

    大学総合研究センター   兼任センター員

Degree

  • Waseda University   MBA

  • The University of Tokyo   Ph.D.

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japan Industrial Management Association

  •  
     
     

    Japan Association for Management Systems

  •  
     
     

    Japan Academy of Business Administration

  •  
     
     

    Association of Behavioral Economics and Finance

  •  
     
     

    Society for Neuroscience

  •  
     
     

    The Japan Neuroscience Society

  •  
     
     

    Japanese Society for Chronobiology

  •  
     
     

    The Japanese Pharmacological Society

▼display all

 

Research Areas

  • Kansei informatics

  • Pharmacology

  • Others

Industrial Property Rights

  • 細胞捕捉装置及びそれを利用した細胞操作方法

    荒川 貴博, 武田 直也, 山口 佳則, 枝川 義邦

    Patent

Research Projects

  • Advanced Micro Fluidic Engineering and Its Applications for High Sensitive Quantitative Measurements of Biomolecules

    Project Year :

    2011.05
    -
    2016.03
     

     View Summary

    In this study, the noble microfluidic device technology was developed in order to enable the optical high sensitive quantitative measurement of the micro luminescent sample as follows. 1) The micro droplet manufacturing technology of the various size. 2) The control technology of the micro flow. 3) The passive sorting technology of the micro droplet. Next, the measurement of the micro luminescent samples by systematizing microfluidic device was realized. 1) Insert a living cell to a droplet one by one, and analyze the gene of the environmental microbe. 2) Observation cellular growth and evaluate enzymatic reaction activity. Optical quantitative measurement was realized by this study

  • Acquisition of location-specific information of neuronal cell death and elucidation of contribution of the microdomains of the cell

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    This study was designed by using the microsystem in order to obtain the location-specific information of cell death in single cells in culture and to examine the contribution of cell micro-domains to it. The microfluidic device developed in the present study enabled to no-invasive capture and culture of isolated single cells in the micro-environment. And the system realized to monitor the process of the cell death induced by the localized stress exposed with a laminar flow of chemical fluid. The present study suggest that a microdomain of a cell projection played a critical role in inducing the apoptotic cell death, because the chemical stress of that was confirmed to be sufficient to induce expression of activated caspase-3 as an effector caspases of apoptosis in the vicinity of the cell nucleus

  • Construction of Integrated Management Method and Multi-Layer Model for Generation of "Sense of Harmony" among Various Modal Information Connected under Relations with Color as a Common Axis

    Project Year :

    2011
    -
    2013
     

     View Summary

    In this study, we investigated the generation mechanism of "sense of harmony" which is generally felt by the human. In particular, we have launched the study on a basic research to provide the connection among various modal information and the study on their applications to the real environment. One of the most distinguish feature of this study is that we have positioned "color" as an intermediate language to connect various modal information. The main results of this study are as follows. (1) some basic findings on the generation mechanism of "sense of harmony", (2) some general findings on how to construct of harmonic space, (3) some basic findings on the generation mechanism of "sense of harmony" from the brain science viewpoint, (4) construction of an ontology for the integrated management of "a sense of harmony". The development of an integrated management system of "sense of harmony" based on the outcomes of this study is our challenging future work.

  • Molecular mechanisms of synaptic plasticity at visual cortical inhibitory synapses

     View Summary

    We studied molecular mechanisms underling long-term potentiation (LTP) and long-term depression (LTD) at inhibitory synapses in developing rat visual cortex, and obtained following results.1. Inhibition of postsynaptic phospholipase C, IP_3 receptors or Ca^<2+> increase prevented the generation of LTP as did the blockade of GABA_B receptors. In addition, blockade of alphal adrenoceptors or 5-HT_2 receptors, which are coupled with IP_3 formation, reduced incidence of LTP.These results suggest that LTP induction requires the activation of postsynaptic GABA_B receptors and that its effect is mediated at least partly by facilitation of the monoamine-induced IP_3 formation, which then causes Ca^<2+> release from the internal stores in postsynaptic cells.2. LTD was produced by repetitive firing of cells elicited by a postsynaptic injection of depolarizing current pulses. Induction of LTD was blocked by bath application of the L-type Ca^<2+> channel inhibitor nifedipine or by postsynaptic loading of a Ca^<2+> chelator BAPTA.In addition, LTD was produced by flash photolysis of caged Ca^<2+> in postsynaptic cells. These results suggest that postsynaptic Ca^<2+> increases due to the activati

  • 大脳皮質視覚野における長期増強のシナプス前機構の解析

     View Summary

    発達期の大脳皮質視覚野では興奮性シナプスだけでなく抑制性シナプスにも長期増強が生じる。両長期増強の誘発にシナプス後細胞におけるCa^<2+>濃度の上昇が必要であることはすでに確立されている。興奮性シナプスの長期増強の発現部位は不明であるが、抑制性シナプスの長期増強はシナプス前側に発現することを示唆する結果を得ている。本研究では、薬理学的に興奮性シナプス伝達を遮断したラット視覚野切片標本においてホールセン・パッチクランプ法により抑制性シナプスの長期増強のシナプス前機構を解析した。その結果、長期増強の維持にシナプス前細胞の電気的活動が必要であることが明らかとなった。シナプス前線維の高頻度刺激により誘発された長期増強はテスト刺激を30分間停止するとテスト刺激再開後約60%の細胞で反応の大きさがコントロール・レベルに戻り、増強は消失した。長期増強を誘発してからTTXを加えてシナプス前細胞の活動を一時的に停止してから洗

  • 大脳皮質視覚野のシナプス可塑性と反応選択性の発達

     View Summary

    1、昨年度の研究において、発達期ラット視覚野5層錐体細胞からパッチ電極でホール・セル記録し、静止膜電位から0mVへの20msの脱分極パルスを繰り返し与えると、抑制性シナプス伝達に長期増強あるいは長期抑圧が生じることを見出した。細胞体の抑制性シナプスについて変化の方向を決める因子を解析した。2、脱分極パルスを-70mVから与えると常に長期抑圧が生じ、-90mVから与えるとほとんどの場合長期増強が生じた。長期抑圧はL型Ca^<2+>チャネルブロッカーのnifedipineにより、長期増強はR型Ca^<2+>チャネルブロッカーのSNX-482によりそれぞれ選択的に阻害された。したがって、長期増強と長期抑圧の発生は膜電位に強く依存し、変化の方向はLとR型Ca^<2+>チャネルの膜電位依存性の相違により説明できる。3、記録細胞に阻害薬を導入する実験により、Ca^<2+>チャネル依存性の長期抑圧と長期増強はそれぞれGABA_A受容体のエンドサイトーシスとエクソサイトーシスにより生じることを示唆する結

  • 海馬長期増強の形成を促進させる薬物の作用機序の解明と学習亢進薬への応用

     View Summary

    平成14年度には,地衣類Flavoparmelia baltimorensis由来の多糖であるPB-2のラット歯状回長期増強(LTP)に関する効果を検討した.PB-2は経口投与・静脈内投与の二経路においてそれぞれ60Hz,30発で誘導されるLTPを増大させた.しかし,この効果は脳室内投与では見られなかったので,PB-2のLTP増大効果は中枢への直接作用により生じるのではなく,末梢の因子を介した機序により生じることが考えられた.次にPB-2のLTP増大作用の機序を明らかにする為に,アドレナリンβ受容体の関与を検討した.アドレナリンβ受容体拮抗薬を静脈内投与すると,同じく静脈内投与したPB-2のLTP増大効果が消失した.脳室内に投与した拮抗薬もまた静脈内投与したPB-2の増大効果を消失させた.末梢・中枢のβ受容体はPB-2の投与により独立に活性化しているのではなく,末梢のβ受容体が活性化する事によって中枢のβ受容体も活性化することが示唆された.中枢では,特に歯状回のβ受容体が関与する事も明らかにされた.末梢血中のインターロ

  • 時間軸に沿って配置されたシナプス可塑性の発現とその調節機序

     View Summary

    生体内で観察対象とする神経細胞には、周囲から入力が数多くあり、それら数多ある情報の中より目的とするシナプス情報を抽出するためには、単に伝達情報の強弱を調節するのみではなく、タイミングの違いに根ざした時間軸に沿った調節機構が有用である。このような現象を精緻に解析するために、空間的にも時間的にも任意にデザインを制御可能な神経回路の形成を行い、目的とするシナプスでの伝達調節の機序の解明を目指した。本年度は特に任意のデザインをもつ人工的な神経回路の形成を目的とした突起伸長の制御法の開発を行った。光分解性の保護基をもつアルキルシロキサン化合物により自己組織化単分子膜を形成させ、その表面にPEGとPPOからなるブロック共重合体を吸着させることにより、接着面と非接着面を光照射依存的に描画可能な細胞培養基板を作製し、任意のデザイン・タイミングでの細胞接着と突起伸長の制御システムとして使用した。NGF暴露依存的に突起伸

  • Fabrication of microsystem for microfluidic handling and analysis of individual single cells

▼display all

Specific Research

  • 従業員のプレゼンティーイズムに関連する要因の解明

    2021  

     View Summary

    我が国における労働生産性の低さは国際比較により指摘されており、生産性を向上させることにより得られる経済的・社会的便益は大きいと考えられる。従業員のパフォーマンス低下による損失計上にはプレゼンティーイズムの概念が適用され、特に健康関連指標のリスク者では損失コストが大きく上回るという具体的な指摘もなされている。そこで本研究では、生産性の指標としてプレゼンティーイズムの概念に着目し、影響要因を明らかにする目的で、国内在住の企業従業員を対象にしたアンケート調査を行った。得られた回答の多変量解析による結果では、プレゼンティーイズムに及ぼす複数の因子が明らかとなった。

 

Syllabus

▼display all