彼末 一之 (カノスエ カズユキ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/kanosue/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 理工学術院   先進理工学部

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 人間科学学術院   人間科学部

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1977年

    大阪大学   工学研究科   電気工学  

  •  
    -
    1977年

    大阪大学   工学研究科   電気工学  

  •  
    -
    1975年

    東京工業大学   工学部   電気工学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   医学博士

  • 大阪大学   工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
     

    早稲田大学グローバルCOE リーダー

  •  
     
     

    平成15年4早稲田大学スポーツ科学部教授

  •  
     
     

    平成6年4大阪大学医学部保健学科教授

  •  
     
     

    昭和63年2大阪大学医学部助教授

  •  
     
     

    昭和61年1西ドイツMax-Planck研究所生理臨床研究所客員研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    The Australian Neuroscience Society

  •  
     
     

    The American Physiological Society

  •  
     
     

    日本体力医学会

  •  
     
     

    Society for Neuroscience

  •  
     
     

    日本神経科学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般

  • 神経科学一般

  • 生理学

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ神経科学、スポーツ生理学、システム生理学

論文 【 表示 / 非表示

  • Motor imagery of voluntary muscle relaxation of the foot induces a temporal reduction of corticospinal excitability in the hand

    Kouki Kato, Kazuyuki Kanosue

    Neuroscience Letters   668   67 - 72  2018年03月

     概要を見る

    The object of this study was to clarify how the motor imagery of foot muscle relaxation influences corticospinal excitability for the ipsilateral hand. Twelve participants volitionally relaxed their right foot from a dorsiflexed position (actual relaxation), or imaged the same movement (imagery relaxation) in response to an auditory cue. Transcranial magnetic stimulation (TMS) was delivered to the hand area of the left primary motor cortex at different time intervals after an auditory cue. Motor evoked potentials (MEPs) were recorded from the right extensor carpi radialis (ECR) and flexor carpi radialis (FCR). MEP amplitudes of ECR and FCR caused by single-pulse TMS temporarily decreased during both actual relaxation and imagery relaxation as compared with those of the resting control. A correlation of MEP amplitude between actual relaxation and imagery relaxation was observed. Our findings indicate that motor imagery of muscle relaxation of the foot induced a reduction of corticospinal excitability in the ipsilateral hand muscles. This effect is likely produced via the same mechanism that functions during actual muscle relaxation.

    DOI

  • Performance control in one consecutive motor task sequence – Approaching central neuronal motor behaviour preceding isometric contraction onsets and relaxation offsets at lower distinct torques

    Vogt, Tobias, Kato, K, Flüthmann, N, Bloch, O, Nakata, H, Kanosue, K

    Journal of Musculoskeletal Neuronal Interactions   18 ( 1 ) 1 - 8  2018年03月

     概要を見る

    © 2018, International Society of Musculoskeletal and Neuronal Interactions. All rights reserved. Objective: Motor-related cortical potentials (MRCP) often compared separated muscle activations; however, MRCP preceding combined contraction onsets and relaxation offsets of one consecutive motor task sequence remain to be elucidated. Methods: Twelve healthy males (27.92±4.33 years, 181.83±7.15 cm, 84.58±7.15 kg) performed 40 submaximal isometric right-limb wrist flexions (i.e. motor task sequences). Each motor task sequence combined timed contractions to and relaxations from distinct torque levels, i.e. 20% and 40% of maximum voluntary contractions (MVC). Synchronized continuous EEG (32 Ag/AgCl-electrodes mounted over motor-related areas) and EMG (i.e. flexor carpi radialis, FCR) recordings served to detect torque level-on/offsets for MRCP analyses. Results: Motor task sequences were accurately maintained with participants’ mean values of FCR muscle activity revealing no signs of fatigue (p > 0.05). Main findings (i.e. readiness potential) were larger amplitudes over frontal electrode sites (p < 0.05) preceding contractions compared to relaxations, whereas amplitudes were larger (i.e. peak) over centro-parietal electrode sites (p < 0.05) preceding 40% compared to 20% MVC. Conclusion: When performed in one consecutive motor task sequence, controlling the production as well as the releasing of force may require similar proprioceptive and visuo-motor processing preceding the same force level (i.e. 20% or 40%); however, this is irrespective of the muscle activation type (i.e. contraction or relaxation).

  • The Effect of Cerebellar Transcranial Direct Current Stimulation on A Throwing Task Depends on Individual Level of Task Performance

    Nobuaki Mizuguchi, Takashi Katayama, Kazuyuki Kanosue

    Neuroscience   371   119 - 125  2018年02月

     概要を見る

    The effect of cerebellar transcranial direct current stimulation (tDCS) on motor performance remains controversial. Some studies suggest that the effect of tDCS depends upon task-difficulty and individual level of task performance. Here, we investigated whether the effect of cerebellar tDCS on the motor performance depends upon the individual's level of performance. Twenty-four naïve participants practiced dart throwing while receiving a 2-mA cerebellar tDCS for 20 min under three stimulus conditions (anodal-, cathodal-, and sham-tDCS) on separate days with a double-blind, counter-balanced cross-over design. Task performance was assessed by measuring the distance between the center of the bull's eye and the dart's position. Although task performance tended to improve throughout the practice under all stimulus conditions, improvement within a given day was not significant as compared to the first no-stimulus block. In addition, improvement did not differ among stimulation conditions. However, the magnitude of improvement was associated with an individual's level of task performance only under cathodal tDCS condition (p &lt
    0.05). This resulted in a significant performance improvement only for the sub-group of participants with lower performance levels as compared to that with sham-tDCS (p &lt
    0.05). These findings suggest that the facilitation effect of cerebellar cathodal tDCS on motor skill learning of complex whole-body movements depends on the level of an individual's task performance. Thus, cerebellar tDCS would facilitate learning of a complex motor skill task only in a subset of individuals.

    DOI

  • Unstable rocker shoes promote recovery from marathon-induced muscle damage in novice runners

    K. Nakagawa, T. Inami, T. Yonezu, Y. Kenmotsu, T. Narita, Y. Kawakami, K. Kanosue

    Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports   28 ( 2 ) 621 - 629  2018年02月

     概要を見る

    We recently reported that wearing unstable rocker shoes (Masai Barefoot Technology: MBT) may enhance recovery from marathon race-induced fatigue. However, this earlier study only utilized a questionnaire. In this study, we evaluated MBT utilizing objective physiological measures of recovery from marathon-induced muscle damages. Twenty-five university student novice runners were divided into two groups. After running a full marathon, one group wore MBT shoes (MBT group), and the control group (CON) wore ordinary shoes daily for 1 week following the race. We measured maximal isometric joint torque, muscle hardness (real time tissue elastography of the strain ratio) in the lower limb muscles before, immediately after, and 1, 3, and 8 days following the marathon. We calculated the magnitude of recovery by observing the difference in each value between the first measurement and the latter measurements. Results showed that isometric torques in knee flexion recovered at the first day after the race in the MBT group while it did not recover even at the eighth day in the CON group. Muscle hardness in the gastrocnemius and vastus lateralis showed enhanced recovery in the MBT group in comparison with the CON group. Also for muscle hardness in the tibialis anterior and biceps femoris, the timing of recovery was delayed in the CON group. In conclusion, wearing MBT shoes enhanced recovery in lower leg and thigh muscles from muscle damage induced by marathon running.

    DOI PubMed

  • Association between Hypometabolism in the Supplementary Motor Area and Fear of Falling in Older Adults

    Ryota Sakurai, Yoshinori Fujiwara, Masashi Yasunaga, Hiroyuki Suzuki, Kazuyuki Kanosue, Manuel Montero-Odasso, Kenji Ishii

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   9 ( JUL )  2017年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Background: A better understanding of the neural mechanisms that underlie the development of fear of falling (FoF) in seniors may help to detect potential treatable factors and reduce future falls. We therefore investigate the neural correlates of FoF in older adults using 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography (FDG-PET).
    Methods: This cohort study included 117 community-dwelling older adults. At baseline, participants were assessed for FoF, psychiatric symptoms, walking speed, global cognition and cerebral glucose metabolism with FDG-PET. The incidence of FoF in the participants who did not report FoF (N-FoF) at baseline was again ascertained 2 years later. FDG uptake was compared between the FoF and non-FoF groups. Logistic regression analyses to examine the predictors of newly developed FoF (D-FoF) using normalized regional FDG uptake were then performed.
    Results: At baseline, 50.4% (n = 59) of participants had FoF. The FoF group had significantly decreased glucose metabolism in the left superior frontal gyrus (supplementary motor area, SMA; BA6) compared to the non-FoF group. After 2 years, 19 out of the 58 participants in the non-FoF group developed FoF. Logistic regression analysis revealed that decreased cerebral glucose metabolism in the left SMA at the baseline was a significant predictor of the future development of FoF, independently of psychiatric symptoms and walking speed.
    Conclusion: In healthy older adults, hypometabolism in the left SMA, which is involved in motor planning and motor coordination, contributes to the development of FoF. Our result might help elucidate underlying mechanism of the association between deficits in motor control and FoF.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学

    本間研一, 彼末一之

    北海道大学出版会  2007年

  • Physiological responses to warming the lumbar region with heat and steam generating sheets in human.

    Oda, H, Igaki, M, Suzuki, A, Tsuchiya, S, Nagashima, Y, Yada, Y, Kanosue, K

    Proceedings of ICHES 2005  2005年

  • A new system for the analysis of thermal judgments: multi-point measurement of skin temperatures, thermal sensations, thermal affect, and their joint visualization

    Nakamura, M, H. Esaki, N. Osawa, A. Kobayashi, A. Konishi, S. Yasuhara, K. Nagashima, K. Kanosue

    Proceedings of ICHES 2005  2005年

  • 熱バランスと体温調節,「カラー図解よくわかる生理学の基礎 9章」

    彼末一之, 小西あき

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2005年

  • 神経と筋,身体運動,「カラー図解よくわかる生理学の基礎 2章」

    彼末一之, 小西あき

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2005年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ME学会論文賞

    1983年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 運動イメージと協調運動の脳機構に基づくスキー技術の学習支援システム構築

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    脳神経科学的な視点をス ポーツの指導/学習に取り入れることを目指し、その研究モデルとして日常にはない複雑な動作の習得が必要なスキーを取り上げる。先ずスキー滑走時の様々なパラメータを総合的に測定する系を確立する。そして、「運動イメ ージ」と「協調運動」についての知見に基づき、リアルタイムフィードバックを中心としたスキー技術の学習を 支援する手法を開発する。本研究はこれまで経験に頼りがちであったスキー指導に科学的根拠を与えてくれる。本年度は冬に行う測定が雪や天候の影響を強く受けるので、夏にサマーゲレンデで測定を行い。冬のデータと比較することで、サマーゲレンデの特徴、また雪上でのスキーと共通する知見が得られるかを検討した。実験は,ウイングヒルズ白鳥リゾート(岐阜県)にて行われた.ここは樹枝状の突起物をマットを用い,スキー板のエッジに対して抵抗を作り出し,ターン動作を可能にするようになっている.使用コースは全長1000m,平均傾斜12 °,最大傾斜15 °の初心者コースであった。一流のスキーヤーを被験者として「小回り」を行ったときの脚筋電図、足圧測定とビデオ撮影を行った。本研究に先立って,冬季の測定を雪上にて行ったが,足圧に関しては雪上とサマーゲレンデで同様の結果を示した,筋活動についてはさらに検討していく必要があるが,サマーゲレンデで得られた本研究の知見は,雪上でのスキー指導に還元することができると考えられる.また,本研究を通して,サマーゲレンデという環境が測定実験として好ましい条件を多く持っていることが明らかになった。本研究で,サマースキーゲレンデにおけるスキー滑走を多角的な指標から解析することができた.また,基礎スキーと競技スキーという異なる性質を持つスキーヤーの動作的特徴を検討するための指標の一つとして,足圧の変化が有用である可能性が示唆された.本年度の予定では、1)夏のゲレンデにおける測定の妥当性の検討、2)冬のゲレンデでの本格的測定、3)スキーヤーが滑走直後に自分の滑りを検討できるような、ビデオ遅延再生システムの開発、以上の3点であったが、2)については2月、3月の新型コロナウイルス渦の影響で実施することが出来ず、次年度に繰り延べとなった。夏のゲレンデでの測定は予想以上に良いデータを得ることが出来た。冬の雪上での滑りと感覚的には違いはなく、条件を一定に出来るという点では雪上よりよいことが分かり、2020年、21年度はサマーゲレンデでの測定を中心に研究を進めることにした。ビデオ遅延再生システムはソニーとの共同開発でプロトタイプが完成した。これを使うことで、スキーヤーは滑走直後に自分の滑りを観察することができる。ただし、スキーゲレンデは広いのでスキーヤーを同じ画角で捉え続けることができない。そこで、次年度はこの点を改良して自動ズーム装置を装備できるように改良を加える予定である。2020年度、21年度は本年度の測定でその有効性が確かめられた夏のサマーゲレンデでの測定を中心に研究を行う。ただし、ゲレンデでの実験には「密」状態での移動が不可避である。新型コロナウイルス渦の影響で実験が全くできなくなる可能性もある。そこで、追加の実験として実験室や大学キャンパス内に臨時に接地した簡易ゲレンデ(サマーゲレンデと同じ材質)での基礎的な実験を行うことも検討している。遅延再生システムについてはすでに自動追尾システムのβ版が完成しつつある。ただし、これも新型コロナウイルス渦のために遅れる可能性も考えられる。ただし、極力21年度中には完成できるようにする

  • ランニングの新しい概念に基づく正しい走動作獲得法の開発

    研究期間:

    2019年06月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    走能力は生まれつきの素質によると広く考えられている。足の速い子は運動有能感を持ち、足が遅いことはスポーツ嫌いを生む要因ともなる。しかし申請者らの最近の研究によれば子どもの疾走能力はランニングフォーム(技術)と強く関係する。本研究の目的は「正しいランニングフォーム」の重要性を検証、そ れを身につける方法を確立して「走能力は生まれつきの素質による」というドグマを打ち 破ることである。走ることが苦手な子どもや成人に正しいフォームを指導してその前後における疾走速度(短距離走能力 )やエネルギー効率(長距離走能力)の変化などを解析する。本研究は、アスリートの競技力向上に資する4つのテーマのうち、①よい動作の体感・実践に関係するプロジェクトである。ヒトは2歳~3歳には走れるようになるが、能力には大きな個人差がある。そのため走能力は生まれつきの素質によると広く考えられているが、疾走能力はランニングフォーム(技術)と強く関係することが初年度からの2年間による研究で明らかになってきた。最近陸上短距離選手が特徴的な「走速度-ケイデンス(単位時間当たりの歩数)-ステップ長(一歩の大きさ)の関係(V-C-S特性)」を持つことが報告されている。このV-C-S特性は高いスピードを発揮するための「正しいランニングフォーム」を獲得した結果であると考えられる。この特性の獲得過程を明らかにする事はランニング指導(特に走りが苦手な子ども)に役立つと考えられる。本年度の実績概要は以下の通りである。これまで1~10才児の幼児・児童の測定を行ってきた。本年度までの研究によって10才児頃までに成人のV-C-S特性に近づいていく可能性が示唆されたが、具体的な時期を明らかにする事ができなかった。そこで、本年度はこれまで測定した被験者の縦断的な測定および10歳以上の児童の測定を行う事で、V-C-S特性の形成について明らかにする事を目的とした。縦断研究では、初回測定で幼児~低学年だった被験者について行ったが、各年代におけるデータはこれまでの横断的測定で得られたデータ(10歳程度まではケイデンスの増加が主)と同様な傾向が得られた(図1)。しかし、これの結果は成人のようなV-C-S特性が形成される時期・要因を特定するためには及ばないため、今後も縦断的な測定を行う予定である。合わせて、これらの変化に個人の運動習慣がどのように影響していくかを検討する。本年度の研究で発育発達に伴う走運動の特性(V-C-S特性)は発達段階に応じて特徴的な傾向を示す一方で、ある時期を境に成人の走運動特性に近づいていく事が明らかになった。幼児・児童期(あるいはそれ以降)の運動経験(陸上競技以外も含む)が走運動特性の形成に及ぼす影響は今後の研究課題だが、この走運動特性は個人の走運動能力を評価する上で有用かもしれない。特に、この特性に応じたランニング指導は走るのが苦手な児童の動作改善に有効であると考えられる。今後は走運動能力とV-C-S特性の関係を測定し、より効果的な運動プログラムを考案する必要がある。ただし、発育・発達過程にある子どもでは成人で有効と考えられるトレーニングなどがそのままは応用できないので、怪我のリスクなども考慮して具体的にどのような運動プログラムが必要かを次年度は検討する。2020年度は新型コロナウイルス渦の影響が考えられるので、研究を予定通り進める努力をする一方で、実験が出来ない場合を想定して、これまで取得したデータをより詳細に解析することも合わせて行う。今後のV-C-S特性の競技経験、年齢などを包含するような原理を得るために、今後陸上競技選手の走行中の筋活動を測定する。それらのデータから、V-C-S特性におけるケイデンスとステップ長の相対的な寄与の変化と筋活動のパターンの変化が一致するか否かを検討する。これらのデータは今後のランニングフォームとV-C-S特性の関係解析に応用していく予定であり、ランニングの指導を行う上でも有益な知見になるだろう。長距離選手(特に専門家がフォームが悪いと判断する群)に「正しいフォーム」を指導し、その前後における疾走速度(短距離走能力)とエネルギー効率(長距離走能力)、V-C-S特性を測定する。この実験は検者と被験者の予定が合わず本年度実施が困難だった。しかし、今後のランニングフォームの指導において重要な要素になるかと思われるので2020年度後の研究で実施する予定である

  • 弓道の離れをモデルとした筋弛緩制御の脳機構解析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2015年
    -
    2016年
     

  • 一流野球選手の眼球運動と視覚認知能力の解析

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    野球の投手が投げる140km/hのボールを打者から見ると、その角速度は1000deg/sを超える。それでも、一流打者はいとも簡単にボールを打つことができる。このことは野球選手が近く認知能力に優れていることを示している。本研究ではこの能力を明らかにするため、一流打者の眼球運動-知覚系の特例を検討した。その結果、野球選手は高い眼球運動速度を持ち、これが優れた認知能力の基礎となっていることが明らかになった。また、打者がどのような視覚情報を使っているかを、打撃時に視界遮蔽を行って検討した結果、打者はボールリリースから150ms程度のごく初期の視覚情報を使っていることが明らかとなった

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 同肢内筋間の機能的連携の解析

    2019年  

     概要を見る

    人は手足の多くの筋を制御して所定の運動を実現している。そのためには個々の筋を別々に制御するのではなく、機能的につながりのある筋同士をまとまったモジュールとして制御することで、自由度を減らすという戦略をとっている。例えば筋の収縮・弛緩は他肢の皮質脊髄路興奮性に影響を及ぼすことが報告されている.つまり、筋の収縮時には他肢の筋(しかも同名筋)の活動を促進し、弛緩時には抑制する。それに対応して、他筋を支配する皮質脊髄路興奮性も促進、抑制される。しかし,筋の収縮・弛緩が同肢内他筋の皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響は明らかになっていない.本研究は,経頭蓋磁気刺激法(TMS)を用いて肩関節外転筋(三角筋:DM)の収縮および弛緩が同肢内の手関節筋,指関節筋の皮質脊髄路興奮性に与える影響とその部位差を検討した.健常な成人男性24名は収縮している肩関節外転筋を音合図に合わせて弛緩する課題を行った.音合図後に6つのタイミング(50,150,250,350,500,1000ms)で手内在筋第一背側骨間筋,前腕筋橈側手根伸筋の一次運動野支配領域にTMS刺激した.これにより得た運動誘発電位の振幅値により皮質脊髄路興奮性を評価した.DMの収縮および弛緩時,第一背側骨間筋の運動誘発電位振幅値は安静時と比べ有意な変化が認められなかった.一方で,橈側手根伸筋の運動誘発電位振幅値はDM収縮時には安静時と比べ大きな値となり,弛緩に伴い減少した.これらの結果より,肩関節外転筋の収縮・弛緩は,手内在筋と前腕筋の皮質脊髄路興奮性に異なる影響を及ぼすことが明らかになった.このことは前腕筋は肩の筋と協調して腕(手)を目的の場所に運ぶことが主たる機能であるのに対し、手内在筋はその運ばれた場所で手が様々な動作をするときに働くという機能的な違いを反映しているものと推測される。

  • ランニングの新しい概念に基づく正しい走動作獲得法の開発

    2018年   後藤

     概要を見る

    本研究は「正しいランニングフォーム」の重要性を検証し、それを身につけるプログラムを確立する事を目標とした研究である。幼児・児童の基本的な走運動の特性を測定した結果、10歳前後で成人の特性を獲得する可能性が示唆された。また、指導プログラムを検討するために、小学6年生24名を対象に走動作を改善させる指導(週2回、計8回)を行った。指導の前後で疾走タイムや最大疾走速度に有意な改善は認められなかった。しかし、それらの要因の一つに参加した児童の疾走能力が高かったことが挙げられる。本研究で用いた指導プログラムは指導者数の確保や実施する指導プログラム内容について再検討する必要があるだろう。

  • 新しい身体活動教材としてのパントマイムの心理学的および動作学的解析

    2018年   依田

     概要を見る

    身体表現の一つに「パントマイム」がある。本研究では、よく知られている「壁」を取り上げ、①観客に錯覚を起こさせる動作の特徴、②演技動作と観客の視覚的認知の関係を明らかにすることを目的とした。プロパントマイム演者5名の「壁」の演技を①「手」条件2パターン(「自由に緊張と弛緩」・「手をずっと緊張」)、②「体幹」条件2パターン(「手のみを動かす」・「手と体幹を動かす」)、③「速度」条件3パターン(「自由な速さ」・「速い」・「遅い」)の組み合わせで12条件を撮影したものを被験者に演技者毎に2つずつの動画を見せ、比較させた。被験者は左右に並べられた2つの動画のどちらが「壁として見えるか」を左側の動画を基準にして右側の動画に対して0(ゼロ)を含む-3(見えない)~+3(見える)で回答した。そしてどの動画(動作パターン)が最も壁に見えるかの順位づけを行った。パントマイム未経験者19名を対象として実施した結果より、手指の弛緩が行えないと壁は見えにくくなり、壁の「硬い平面」の特徴を表現すると考えられる手の緊張と弛緩において、最も重要な点は壁に触れる“瞬間”に手を緊張させることといえる。

  • スポーツ選手の特異的な姿勢制御の研究

    2017年   長谷川公輝, 中島 剛

     概要を見る

    武道競技には攻防にすぐ移行できる構えという特有な姿勢がある。適切な構えを行うために、選手や指導者にとってこの構えのメカニズムを知ることは重要である。先行実験として、構えが姿勢制御の重要な要因の1つであるH反射に与える影響を検討した。被験者は国内レベルの大学相撲選手(8人、競技歴10年以上)とした。軸足の脛骨神経に電気刺激(パルス幅200µs,インターバル3s)を行った。ヒラメ筋のEMGからH波とM波を測定し、電気刺激強度を徐々に増加させ、リクルートメントカーブを作成した。リクルートメントカーブから得たH波最大値(Hmax)をM波最大値(Mmax)で規格化した(%Hmax)。電気刺激は3つの姿勢時に行った。立位、試合をイメージしたときの構え(構え-イメージ)、イメージをしなかったときの構え(構え-イメージなし)である。この時、試合場面における、相手に対してできるだけ素早く反応できるイメージの教示を行った。これら3姿勢の%Hmaxの比較を行った。構え-イメージありにおける%Hmaxが一番高い値を出した被験者の数は、8人中6人だった。立位における%Hmaxが一番低い値を出した被験者の数は同じく8人中6人だった。また、それぞれの姿勢での平均%Hmaxは、立位48.92±16.09%、構え-イメージあり55.45±15.34%、構え-イメージなし53.21±14.35%であった。立位と構え(イメージあり)の%Hmaxに差がある傾向が見られた(P=0.062)。立位と構え-イメージなし、構え-イメージありと構え-イメージなしの間では差が見られなかった。%Hmaxは脊髄興奮性を表す(S. Grosprêtre et al. 2012)。実験結果から、構えのイメージと、構え姿勢が脊髄内興奮性を高める傾向があった。イメージ単体がH反射与える影響が無いことから(B. Hale, et al. 2003)、構え姿勢と相手に素早く反応するイメージを組み合わせることによって、H反射を亢進した。これは長年の練習や経験によるものだと考えられる。

  • ランニングの新しい概念に基づく正しい走動作獲得法の開発

    2017年   後藤悠太, 欠畑 学

     概要を見る

    「走能力は生まれつきの素質による」ものだと広く考えられているが、疾走能力にはランニングフォーム(技術)と強い関係がある。そこで、本研究では「正しいランニングフォーム」の重要性を検証、それを身につける方法を確立して「走能力は生まれつきの素質による」というドグマを打ち破る事を目標とした。本年度の研究目的は「正しいランニングフォーム」の重要性の検証である。走能力の評価には走速度が頻繫に用いられる。走速度(m/s)はストライド(一歩の長さ)とケイデンス(単位時間あたりの歩数)の積で求められる。陸上競技選手を対象にした研究から、低速度では走速度の増加に伴いストライドが増加していき、高速度ではケイデンスが急激に増加する事が報告されている(Hay, 2002)。しかし、これらの特性は陸上競技選手のトレーニングによって後天的に獲得された可能性がある。そこで、この仮説を検証するために陸上競技選手と非陸上競技選手を対象に実験を行った。両群を対象に様々な走速度(m/s)で走行した際のストライド(m)とケイデンス(step/s)を算出した。その結果、5m/s未満における走速度の増加に陸上競技選手と非陸上競技選手(特に運動経験のない素人)で異なる傾向が得られた。その傾向とは、運動経験のない素人は陸上競技選手群よりも速度の増加にケイデンスの増加をより多く用いる事である。つまり、陸上競技選手を対象に広く報告されてきた走速度の変化に関する特性は陸上競技選手群がトレーニングによって後天的に獲得した可能性を示唆している。そして、このような特性の違いにはランニングフォームの差が関係していると考えられる。今後はこの特性の違いを引き起こすランニングフォームの差について、「効率」の側面から検討する。これによって「正しいランニングフォーム」について定量的に評価するための基準を確立する。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • Closed Skillの学習へのコーチングの影響の解析

    2017年03月
    -
    2018年03月

    ドイツ   ケルン体育大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>