山崎 義弘 (ヤマザキ ヨシヒロ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/yoshy/lab/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   教育学部

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    京都大学大学院   理学研究科   物理学・宇宙物理学専攻  

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    京都大学大学院   理学研究科   物理学第1専攻  

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    京都大学   工学部   原子核工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 1999年3月   博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 物理学科   Faculty of Science and Engineering   教授

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 物理学科   Faculty of Science and Engineering   准教授

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学 理工学部 物理学科   School of Science and Engineering   助教授

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    早稲田大学 理工学部 物理学科   School of Science and Engineering   専任講師

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

    中央大学 理工学部 物理学科   Faculty of Science and Engineering, Department of Physics   助手

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本応用数理学会

  •  
     
     

    日本接着学会

  •  
     
     

    日本物理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 数理物理、物性基礎

論文 【 表示 / 非表示

  • Condition of Weak Discontinuity for Percolation Models with Edge Selection Rule Depending on Cluster Sizes

    Yamada Yuhei, Yamazaki Yoshihiro

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87 ( 8 )  2018年08月  [査読有り]

    DOI

  • Transient properties of probability distribution for a Markov process with size-dependent additive noise

    Yuhei Yamada, Yoshihiro Yamazaki

    Journal of the Physical Society of Japan   87 ( 4 )  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    This study considered a stochastic model for cluster growth in a Markov process with a cluster size dependent additive noise. According to this model, the probability distribution of the cluster size transiently becomes an exponential or a log-normal distribution depending on the initial condition of the growth. In this letter, a master equation is obtained for this model, and derivation of the distributions is discussed.

    DOI

  • ドロネー分割と階層的クラスタリングを用いた集団スポーツにおけるフォーメーション解析手法の提案

    成塚拓真, 山崎義弘

    統計数理   65 ( 2 ) 299‐307  2017年12月  [査読有り]

    DOI

  • 統計物理の眼で見るサッカー

    成塚拓真, 山崎義弘

    日本物理学会誌   72 ( 10 ) 747‐751  2017年10月  [査読有り]

    DOI

  • Existence of thickness threshold for crystal growth rate of ascorbic acid from its thin solution film

    Yoshihiro Yamazaki, Hiroki Yoshino, Mitsunobu Kikuchi, Sakiko Kashiwase

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   468   43 - 45  2017年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Growth rate of ascorbic acid crystal domains from its aqueous solution film depends on the film thickness. Existence of a thickness threshold is experimentally confirmed below which growth rate becomes quite low and is considered to almost stop. This threshold is one of the essential factors for the dynamical transition between uniform and rhythmic growth modes.

    DOI

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高粘度薄膜溶液からの結晶成長における非線形ダイナミクスとパターン形成

    基盤研究(C)

  • ソフトマテリアルの粘着剥離過程における時空パターンとその制御

    特定領域研究

  • 粘着運動の物理

    若手研究(B)

  • ランダムな成長パターンの形成機構

    基盤研究(B)

  • ソフトマター粘弾性場からの結晶化における非平衡構造形成

    特定領域研究

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 対戦型スポーツにおける選手の到達距離を考慮した集団ダイナミクス

    2020年   成塚拓真

     概要を見る

    対戦型スポーツとしてサッカーに着目し、統計物理学の視点から選手の到達距離を考慮することによってフィールドに選手の影響力を表す量を導入した。そして、群れを構成している各要素の役割を評価する手法を確立した。具体的な実施事項は以下の通りである。(1)サッカーのトラッキングデータを用いて、選手の配置に依存した影響力をフィールドの各位置に定義した。(2)フィールドに対する影響力とこれまで研究してきたドロネー三角形分割により得られるネットワークを用いて各選手の攻撃・守備におけるパフォーマンスの評価を行った。本研究を通して、サッカーのみならず対戦型スポーツ全般において適用可能な評価手段の確率が期待される。

  • 対戦型スポーツを例としたデータベースに基づく時系列解析の方法

    2019年   成塚拓真

     概要を見る

    近年、生物系や社会系において、個体の運動・行動を追跡(トラッキング)したデータの取得が容易になった。それに伴い、集団(群れ)における各個体の位置関係を解析し、群れの内部構造(フォーメーション)を解析する手法の必要性が高まっている。本課題では、主に対戦型スポーツに着目し、統計物理学の視点から解析を行った。そして、群れを構成している系の詳細に依らない普遍的な解析手法を確立することを目的とした。具体的な実施事項は以下の通りである。(1)サッカーのトラッキングデータを用いてフォーメーション解析を行った。(2)より一般的な視点からフォーメーション解析を再考し、フィールドを領域への分割ではなく,各位置の重み付けと いう アプローチによる,新たなスペース評価の手法を提案した。領域への分割ではなく,各位置の重み付けと いう アプローチによる,新たなスペース評価の手法を提案する.

  • 少数多体系に対するフォーメーション解析の発展

    2018年  

     概要を見る

    少数多体系の集団的性質をフォーメーションとしてとらえ、主に以下の研究を実施した。(1) サッカーのトラッキングデータを用いてフォーメーション解析を行った。これまでの手法では、複数の試合を統一してフォーメーションの分類を行うことが困難であった。本研究では、この点を克服するため、ドロネー法の拡張を行った。(2) フォーメーション解析に対する一般的な手法を考案し、フェンシングを行っている選手の姿勢に関するデータベースを構築し、データベースに基づく時系列解析を行った。(3) フォーメーション解析をVicsek model に適用し、2つの自己駆動粒子が隣接関係となる時間の頻度分布に対する解析を行った。

  • 粘着が関与するパターン形成と非線形ダイナミクス

    2017年  

     概要を見る

    本研究では、スティックスリップ状態と定常状態との間で起こる動的転移の挙動について、我々が提案してきた力学系モデルを用いて考察を行った。その結果、スティックスリップ状態と定常状態との間の動的転移において、バネの張力が連続的に変化する場合と不連続な場合が存在することを示した。このモデルには、摩擦や粘着に関して具体的な系の詳細は含まれていない。従って、この結果は普遍的なものである。また、不連続転移において突発的な摩擦力・粘着強さの変化が引き起こされる可能性を示唆した。さらに、スティックスリップを示す関連した系として、摩擦が生じている状況での糸の引っ張り実験を行った。

  • 社会の行動様式に対する物理的動力学・統計物理学に基づくアプローチ

    2016年  

     概要を見る

    種々の社会現象を、ルールと不確定性の競合により生じたものと捉え、社会現象から統計的に得られる「分布の普遍性」を解明することを目的として、統計物理学に基づいて研究を行ってきている。本研究課題では、特に、対戦型集団スポーツとしてサッカーに着目し、データスタジアム株式会社から提供を受けた、サッカー選手、および、ボールのトラッキングデータ、ならびに、申請者自身が試合の動画から抽出したパスのデータを用いて、チームや試合の詳細に依らない、サッカーという系自体が持つ普遍的性質を抽出するための枠組みを提示し、実際にその枠組みを用いて統計的性質を解析し、さらに、その意味について数理モデルを用いて考察した。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>