2024/06/15 更新

写真a

タナカ ヒサトシ
田中 久稔
所属
政治経済学術院 政治経済学部
職名
准教授
学位
Ph.D. in Economics ( 2013年 ウィスコンシン大学マディソン校 )

経歴

  • 2008年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学術院

学歴

  • 2002年09月
    -
    2013年05月

    ウィスコンシン大学マディソン校   Graduate school of Economics  

  • 1997年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   大学院経済学研究科  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    早稲田大学   政治経済学部   経済学科  

研究分野

  • 理論経済学   計量経済学 / 応用数学、統計数学

研究キーワード

  • 情報幾何

  • 計量経済学

  • 数理経済学

 

論文

  • Dually flat structure of binary choice models

    Hisatoshi Tanaka

    Information Geometry    2024年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Abstract

    In this study, we consider parametric binary choice models from the perspective of information geometry. The set of models is a dually flat manifold with dual connections, naturally derived from the Fisher information metric. Under the dual connections, the canonical divergence and the Kullback–Leibler divergence of the binary choice model coincide if and only if the model is a logit model.

    DOI

    Scopus

  • Geometry of Parametric Binary Choice Models

    Hisatoshi Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science     157 - 166  2023年08月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • Differential geometry for the optimal design of the contingent valuation method

    Hisatoshi Tanaka

    Information Geometry    2023年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Abstract

    The contingent valuation method (CVM) is a widely used experimental method to measure the monetary value of goods. However, CVM estimates are sensitive to experiment design. In this study, we formulated the optimal design problem as a minimization problem of the Fisher information metric of a gradient vector field generated by using the statistical model of the CVM. Furthermore, a necessary and sufficient condition of the optimal design was proven.

    DOI

    Scopus

  • A Necessary Condition for Semiparametric Efficiency of Experimental Designs

    Hisatoshi Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science     718 - 725  2021年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • 一様大数法則とその応用について

    田中久稔

    数理経済学の源流と展開    2015年08月  [招待有り]

  • Local consistency of the iterative least-squares estimator for the semiparametric binary choice model

    Hisatoshi Tanaka

    Advances in Mathematical Economics     139 - 161  2013年03月  [査読有り]

    DOI

  • Kriström推定量の漸近的性質

    早稻田政治經濟學雑誌   ( 377 )  2010年

  • On the Uniform Convergence Rate of a Nonparametric Maximum Likelihood Estimator of Binary Response Probability Functions

    Hisatoshi Tanaka

    The Waseda Journal of Political Science and Economics   ( 375 )  2009年

  • UNDERSTANDING REGRESSION VERSUS VARIANCE TESTS FOR SOCIAL INTERACTIONS

    STEVEN N. DURLAUF, HISATOSHI TANAKA

    Economic Inquiry   46 ( 1 ) 25 - 28  2008年01月  [査読有り]

     概要を見る

    This article considers the relationship between the use of regressions and the use of variance contrast methods to uncover social interactions. We illustrate how these methods employ different identifying assumptions and are therefore complementary approaches. We also provide formal identification results that extend existing ones for the two methods. (JEL C12, C21, C23, Z13)

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

書籍等出版物

  • Rによる実証分析 : 回帰分析から因果分析へ

    星野, 匡郎, 田中, 久稔, 北川, 梨津

    オーム社  2023年01月 ISBN: 9784274230028

  • 大学の人気講義でよく分かる「ミクロ経済学」超入門

    田中, 久稔

    SBクリエイティブ  2022年09月 ISBN: 9784815608026

  • 計量経済学のための数学

    田中, 久稔

    日本評論社  2019年08月 ISBN: 9784535559295

  • 経済数学入門の入門

    田中, 久稔

    岩波書店  2018年02月 ISBN: 9784004317074

  • Rによる実証分析 : 回帰分析から因果分析へ

    星野, 匡郎, 田中, 久稔

    オーム社  2016年11月 ISBN: 9784274219474

  • Rによる実証分析 : 回帰分析から因果分析へ

    星野, 匡郎, 田中, 久稔

    [オーム社]  2016年11月 ISBN: 9784274802782

  • 経済学入門

    金子, 昭彦, 田中, 久稔, 若田部, 昌澄

    東洋経済新報社  2015年04月 ISBN: 9784492314562

  • 経済数学

    永田, 良, 田中, 久稔

    培風館  2012年02月 ISBN: 9784563062538

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 非線形動学の方法による経済変動の研究

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    研究期間:

    1999年
    -
    2001年
     

    稲葉 敏夫, 田中 久稔, 藁谷 友紀, 笹倉 和幸, 三沢 哲也, 松本 昭夫, 浅田 統一郎

     概要を見る

    (1)一次元非線形差分方程式モデルについては,非線形性を積極的に取り込むことにより,生産量調整の遅れのような経済行動のラグが、複雑な変動を生み出すことを示した。また、複雑な変動が経済厚生に与える影響を分析した。
    (2)二次元微分方程式モデルでは、ホップ分岐定理とポアンカレ・ベンディクソン定理の両者を援用することで、カルドアモデルやベナシーモデルといった既存モデルを、新たな視点から再解釈する方法を与えた。また二次元差分方程式モデルでは、政府介入の効果を世代重複モデルによって分析し、馬蹄写像を用いてカオスの存在を証明した。次に、離散型の三次元カルドア型の小国開放モデルを用いて景気循環の分析を行い、ノイズを付加することによってモデルの動学的性質がどのように変わるかを調べた。この結果、ノイズを付加することは必ずしもモデルの動学的性質を不明瞭にするわけではなく、逆に背後に隠された構造を顕在化させ得ることを示した。さらに、モデルを五次元の2国モデルに拡張、分析した。
    (3)一般的に、非線形確率微分方程式で記述される系を陽に解くことは困難であり、したがってそれを分析するためには何らかの数値的・近似的手法が必要となる。従来の確率系の近似法にはなかった、系の持つ動学的特性を保つ新しい数値近似法を提唱した。
    (4)企業を情報処理システムとしてとらえ、構造変化などの外部環境の変化によって組織の効率性が変化し、そのことが組織変更を引き起こすことを実証的に分析した。また、視野の限定された多数のエージェントが局所的に相互作用するモデル(パーコレーション理論)を考え、それによって株価収益率分布の厚い裾野が再現されることを示した。

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

他学部・他研究科等兼任情報

  • 政治経済学術院   大学院経済学研究科

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科