高口 洋人 (タカグチ ヒロト)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://takaguchi.arch.waseda.ac.jp

プロフィール

1970年 京都生まれ、大阪で育つ。1995年早稲田大学理工学部建築学科卒業、1997年同大学院理工学研究科修了。2002年博士(工学)取得。 早稲田大学助手・客員講師(常勤扱い)、九州大学特任助教授を経て2007年より早稲田大学准教授。2012年より現職。完全リサイクル型住宅や家庭用燃料電池の開発に従事。現在、住宅や建築物の省エネルギー対策、新エネルギーの導入促進に関する研究などにも取り組む。著書に「完全リサイクル型住宅Ⅰ、Ⅱ」「地方都市再生の戦略」「都市環境学」「健康建築学」「 民家再生の実例」(いずれも共著)、「ZED Book」(共訳)」「エコまち塾(共著)」「ゼロ・エネルギーハウス―新しい環境住宅のデザイン(共著)」「しくみがわかる建築環境工学 基礎から計画・制御まで(共著)」など。

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    早稲田大学   理工学研究科   建設学専攻建築学専門分野  

  •  
    -
    1995年

    早稲田大学   理工学部   建築学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   教授

  • 2007年
    -
    2011年

    早稲田大学   理工学術院   准教授

  • 2004年
    -
    2006年

    九州大学人間環境学研究院特任准教授

  • 2002年
    -
    2003年

    早稲田大学理工学総合研究センター客員講師(専任扱い)

  • 1999年
    -
    2001年

    早稲田大学理工学部助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本エネルギー学会

  •  
     
     

    NPO法人 アジア都市環境学会

  •  
     
     

    (社)日本都市計画学会

  •  
     
     

    (社)日本建築学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境政策、環境配慮型社会

  • 環境影響評価

  • 建築環境、建築設備

  • 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • 社会システム工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 建築設備

  • 環境マネジメント

  • 環境政策

  • 都市環境

論文 【 表示 / 非表示

  • 議事録分析によるBIM活用の設計業務効率化の評価

    吉開 恵治, 筒井 隆博, 高口 洋人

    日本建築学会計画系論文集   83 ( 749 ) 1297 - 1303  2018年07月  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;In recent years, the architectural design process has been becoming more and more complicated due to increase in factors to consider. Therefore, facilitation in the design process is becoming more important to reduce the task and needlessness work. As a tool to facilitate design process, BIM (Building Information Modeling) is the focus of attention recently. But, in spite of the large expectations for BIM's influence of facilitating design work, actual introduction of BIM into the building industry is very few, because of the lack of quantitative evaluation of the effectiveness of BIM. Therefore, in this research, we evaluated the effectiveness of BIM utilization on reducing reworks and improving the design flow by comparing the 7 buildings which designed with BIM and 3 buildings which designed without BIM.<br>&nbsp;As preparation, we organized meeting date and contents in chronological order from minutes information of 10 buildings. And we classified the contents into 113 design work items.<br>&nbsp;The first analysis is the evaluation using a progress chart. It is the graph showing the progress of the design progress degree. The average of the design progress degree in BIM used cases was higher at the early stage of design process than that of the BIM unused cases. So that, it made clear that many design work items are considered from the early stage of the design process in BIM used cases.<br>&nbsp;The second analysis is the evaluation of the study timing of design work items. It is the percentage value expressed as the average timing of the meeting. The study timing in BIM used cases average is 28%, and that of study timing in BIM unused cases average is 39%. which shows that utilization of BIM leads forward the meeting timing. Next, analysis of the study timing of 19 design work group shows that &ldquo;16. Structural performance&rdquo; and &ldquo;19. Estimate and make the book of confirmation request&rdquo; were studied early stage of design process. And, analysis of the study timing of 113 design work items shows that &ldquo;46. Decide the beam size&rdquo;, &ldquo;78. Study the fire protection zone&rdquo;, &ldquo;79. Design the corridors&rdquo;, &ldquo;94. Decide the floor vibration performance&rdquo;, &ldquo;103. Design the window (form/kind)&rdquo; and &ldquo;113. Make the book of construction order&rdquo; were studied early stage of design process.<br>&nbsp;The third analysis is the evaluation of rework. We clarify the type of rework occurred at each meeting. The type is classified as &ldquo;1. Rework by owner's change request&rdquo;, &ldquo;2. Returning by designer's change request&rdquo;, &ldquo;3. Rework by the change of other design work item&rdquo; and &ldquo;4. The other&rdquo;. In this research, the rework frequency of BIM used cases is 28% in average, and that of BIM unused cases is 19% in average. It shows that reworks are increased 9% by BIM using. However, in the interview survey, designer said &ldquo;Utilizing BIM, the cases that have been overlooked in the design stage and become troubles at the construction stage have been discovered and improved at the design stage.&rdquo;.<br>&nbsp;In conclusion, using BIM in the architectural design process is effective in front-loading of design work, but it becomes a factor to increase the rework of design work. However, the number of building in this research is 10, making it difficult to say statistical analysis results. Also, if the increase in the rework at the basic design stage is one that foresaw the trouble at the construction stage and avoided it, verification including implementation design is required.

    DOI CiNii

  • グーグルサテライト高解像度画像を用いたハルツーム平屋住宅の配置に関する研究

    アウダラマジッド A. M. A. モハメド, 高口 洋人

    日本建築学会環境系論文集   83 ( 744 ) 205 - 213  2018年02月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

     概要を見る

    &nbsp;This paper aims to determine the most common features of both the layout and the building materials of the single floor house in Khartoum -the capital of Sudan- using different methodologies. The results were then used to create a standard testing model to be utilized by researchers in all fields, especially, researches in the field of energy simulation, environmental design, etc. Google High resolution images were used to determine the layouts by studying the location of the visible roof parapets of each house. Three small neighborhoods were randomly chosen from the three cities of Khartoum state (Khartoum, Bahri, and Omdurman), each neighborhood contained around 350 houses. Additionally, one large neighborhood (about 15000 houses) was selected in an old third-class area in Khartoum state to test the various house layouts, in order to estimate the commonness of a specific uniform layout amongst the other layout patterns. Afterwards, the building materials and space dimensions were determined by surveying a random sample of 96 houses chosen from the large neighborhood. These 96 houses were built in accordance to the uniform pattern layout subject of this research. The results show that the uniform pattern layout is clear in about 39.75% of the total samples, and the common dimensions (length, width and height) of the room, hall, saloon, and the kitchen are (4.4m &times; 4.2m &times; 3.8m), (5.7m &times; 3m &times; 3.2m), (7.4m &times; 3.2m &times; 3.8m), and (4.4m &times; 4.2m &times; 3.8m) respectively. The most used materials are brick for the walls, local materials for the roofs, steel for doors, and steel frame and glass panels for the windows in 88%, 38%, 76%, and 82% of the cases respectively.

    DOI CiNii

  • 外断熱改修のための不燃外断熱システムの開発

    角尾 怜美, 清瀬 英人, 高口 洋人

    日本建築学会技術報告集   ( 56 ) 281 - 281  2018年02月  [査読有り]

    CiNii

  • 新虎通りにおけるCVMを用いた街路樹事業の費用便益分析

    木原 己人, 伊原 さくら, 谷 葉留佳, 高口 洋人

    日本建築学会技術報告集   ( 54 ) 687 - 687  2017年06月  [査読有り]

    CiNii

  • 新虎通りにおけるCVMを用いた街路樹事業の費用便益分析

    木原 己人, 伊原 さくら, 谷 葉留佳, 高口 洋人

    日本建築学会技術報告集   23 ( 54 ) 687 - 690  2017年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

     概要を見る

    In this study, I perform a cost-benefit analysis of the roadside tree project in the planning stage, by using the method of CVM. In CVM survey of trees project model in the Toranomon Street, I used two types of survey. (One shows the results of the thermal environment simulation, one does not) There was no difference between the result of the survey. As a result of the cost-benefit analysis, cost-benefit ratio from seven years after the effect was presented in the questionnaire begins obtained are more than 1, could be evaluated the roadside tree project is that it is reasonable.

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • エネマネハウス2015 ワセダライブハウス

    建築作品 

    2015年10月
    -
     

  • 龍蔵寺倶会堂

    芸術活動 

  • 日本橋遠五ビルエントランス改修工事

    芸術活動 

受賞 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学ティーチングアワード

    2019年11月   早稲田大学  

  • 最優秀賞

    2015年   エネマネハウス2015  

    受賞者: ワセダライブハウス

  • 日本学生科学賞 入賞2等

    1987年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 都市環境負荷削減の施策立案支援に向けたハビタットシステム汎用モデルの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    赤司 泰義, 高口 洋人, 住吉 大輔

     概要を見る

    社会動態を包含した都市の全体系をハビタットシステムと定義し、多都市に適用できるハビタットシステム汎用モデルの構築を通じて、環境負荷削減方策の導入と普及に応じて都市環境負荷を長期に予測し、実効的な施策立案支援を可能にすることのできるシミュレータ開発を行った。そのシミュレータの主な特徴は、1)都市規模に左右されない汎用性、2)内部パラメータを自動同定する利便性、3)多様な施策シナリオを比較的簡易に反映できる応用性、4)施策シナリオによる複数都市間の波及効果を定量化する拡張性を有することである。このシミュレータを多都市に適用して、様々な施策シナリオによる長期的なCO2排出削減効果を明らかにした。

  • 民生業務用建築物のエネルギー消費量に係わるナショナルデータベースの構築とその活用

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2010年
    -
    2012年
     

    坂本 雄三, 亀谷 茂樹, 伊香賀 俊治, 坊垣 和明, 半澤 久, 吉野 博, 浅野 良晴, 高口 洋人, 奥宮 正哉, 下田 吉之, 村川 三郎, 依田 浩敏, 村上 周三, 村上 周三

     概要を見る

    (1)用途別・地域別に、日本の民生業務用建築物のエネルギー消費に関するデータを、網羅的に収集・分析した。
    (2)重回帰分析を用いて、民生業務用建築物のエネルギー消費量に、大きく影響を与える因子を、用途別に抽出した。
    (3)既に有していたデータの精査および2011年度調査をデータベースへ追加し、民生業務用建築物のエネルギー消費に係わるナショナルデータベースをWeb上に一般公開した。

  • 自立循環都市ディスカッションツールの開発

    若手研究(A)

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

    高口 洋人

     概要を見る

    本研究の目的は、既成市街地における環境負荷低減型のまちづくり、自立循環型都市構築を実現するため合意形成ツール、すなわちディスカッションツールを開発することにある。ツールはデルフト工科大学にて開発されたDCBAメソッドをベースに、日本の状況、特に地方都市の既成市街地の自立循環性向上を対象テーマとし、ツールに必要な情報の整理、ワークショップ手順の整理、ワークショップの成果物のまとめ方などの整理・開発を行った。
    研究の実施においては、埼玉県北部に位置する本庄市の既成市街地、東小学校校区を対象とした。東小学校校区は市役所も立地する中心市街地に位置する。初年度から市役所の協力を得て、地域住民、行政関係者、環境NPO、大学関係者、通学者が参加するワークショップを開催した。初年度から2年は議論するテーマを環境関連に絞り必要な情報整理、手法の開発を行い、最終年度は快適性や経済性など、その他のテーマも含めた総合的なディスカッションツールとして開発し、ワークショップを開催して使いやすさ、効果を検証した。

  • 警固断層による福岡都市圏の地震被害予測とその環境的・経済的発災インパクト評価

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2006年
    -
    2008年
     

    川瀬 博, 清家 規, 竹中 博士, 山田 伸之, 村上 ひとみ, 高口 洋人, 藤田 敏之, 松島 信一, 那仁 満都拉, 高口 洋人, 藤田 敏之, 松島 信一

     概要を見る

    まず福岡市域の各観測点に対して、地震基盤から表層までの増幅特性を求め理論特性と比較検証した。また、人的被害予測モデル構築のために、「閉じ込め」確率予測式を求め、死傷者の分布などを推定した。さらに、城南区で微動観測を実施して、三次元盆地構造モデルを改良した。一方、微動の水平上下スペクトル比から断層位置を特定する方法を警固断層に適用し、その有効性を検証した。最後に整備した計算機によって三次元FDM計算を行い、警固断層地震の強震動予測を実施した。さらに福岡市の構造物の振動特性に基づいて被害予測モデルを補正して高精度化した。以上のシステム開発により、当初目標を達成できた。

  • 家族用分散型電熱源のエネルギー利用効率向上と省エネライフスタイル

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2006年
    -
    2007年
     

    高口 洋人, 住吉 大輔

     概要を見る

    本研究では、家庭用エネルギーの総合利用効率の向上を目的として、家庭用分散型電熱源機器の排熱利用と居住者のライフスタイルの影響に着目して検討を進めた。
    まず、家庭用固体高分子形燃料電池CGS、家庭用固体酸化物形燃料電池CGS、家庭用ガスエンジンμCGSの3つのコージェネレーションシステムと家庭用自然冷媒(CO_2)HP給湯器について実運転状況を再現できる計算モデルを構築し、それを用いて個別分散型電熱源機器の地域別導入効果を算出した。検討の結果、給湯負荷が大きいほどCGSのエネルギー効率が高くなる傾向が見られた。
    そこで排熱の有効利用のため、排熱利用機器と個別分散型電熱源機器とのコンビネーションシステムについて検討を進めた。ここでは夏季の排熱を利用するデシカント換気システムと冬季の排熱を利用する温水式床暖房とを対象とし、家庭用固体高分子形燃料電池CGSとを組み合わせた際の省エネルギー効果等について明らかにした。次に、さらなる総合エネルギー利用効率の向上、省エネルギーの実現のため、電力需要や給湯需要と密接な関わりのあるライフスタイルについて検討を進めた。まず、ライフスタイル調査を実施し、既往のライフスタイル調査の結果も活用して、複数世帯で1台の燃料電池CGSを共有する使い方を提案し、その導入効果を明らかにした。さらに、分散型電熱源機器が福岡市全体に普及した場合の系統電力の負荷平準化効果についても明らかにした。
    最後に、多様な単身世帯のライフスタイルについての実態調査を行い、その生活パターンとエネルギー消費行動との関わりについて詳細に分析の上、分類・整理した。さらにライフスタイルからエネルギー消費量を推定する計算モデルを構築し、それを用いてライフスタイルに応じた有効な省エネルギー対策について検討した。最後に、これらの結果から、省エネライフスタイルへ誘導するためのフローチャートを作成した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 恒久転用可能な災害即応型仮設住宅の研究

    2019年   吉村靖孝

     概要を見る

    本研究の目的は、仮設住宅を備蓄することで供給までの期間を短縮し、被災者に救援物資と住宅を同時に提供できる、恒久住宅にも転用可能な災害即応型仮設住宅(以下、恒即仮設)を開発し、その運用システムを提案することにある。特定課題研究では、① コンテナ型仮設住宅の海外での生産を想定し、タイ・バンコク郊外の住宅ユニット製造メーカーの工場を視察し、実現可能であることを確認。また、② 仮設住宅と共に、応急仮設住宅の柱になるであろう借り上げ住宅の供給可能数の想定を行い、建設型の仮設住宅と役割分担を明確にした。

  • 後発開発途上国における調理・給湯・空調の低炭素化とリープフロッグ型発展

    2014年  

     概要を見る

    プノンペン近郊農村部の戸建て住宅23件を対象として、農村部の住居形態とライフスタイル、エネルギー消費の実態調査、及び室内外温熱環境の実測調査を実施した。ライフスタイルとエネルギー消費に関して、給湯器・空調器を使用している世帯がなく、年間エネルギー消費量に占める種別割合は、調理に用いる薪・木炭が8割を占めた。住居形態に関しては、農村部住居の8割近くを占める高床式住居のうち3割は床下空間に増改築を施しており、床上空間は昼夜共にあまり使用されていなかった。しかし、増改築を施して新設された空間は、寝室やリビングといった用途で使われているにも関わらず他の空間に比べて室温が高い傾向にあった。

  • カンボジアにおける太陽熱冷房システムによるネット・ゼロエネルギー住宅の実現

    2012年  

     概要を見る

    カンボジアのような途上国においては、今後のエネルギー消費の増大は、生活水準の向上に伴い避けられない。また同時に、現在先進国で行われているような対策は、所得水準の低さから導入は困難であり、経済発展に応じた逐次的対策の実施が求められる。そこで、カンボジアにおける太陽熱冷房システム導入の検討に先だって、ヒアリング調査により現地の住宅の企画から設計、建材設備の調達、販売までを含む住宅に関する現状を網羅的調査し、これまでの調査結果も踏まえ、居住者の所得、住宅内エネルギー消費量、対策の導入費用の推移を予測に基づく省エネ技術普及予測を行った。最期に、各対策を導入した際の住宅内エネルギー消費削減量、投資に対する利益率を比較し、行政による補助金等に頼らなくとも実現可能な省エネ改修計画を作成した。 住宅購入時(2016年)には、29.6[GJ/年]である住宅内エネルギー消費量も、2041年には73.8[GJ/年]と約2.5倍に増加することがわかる。特に、2016年からの2021年にかけては高度経済成長期に差し掛かり世帯所得の伸びが非常に大きいと予測されるため、住宅内エネルギー消費量の伸びもそれに比例して大きくなる。 改修計画では世帯所得の6[%]を改修予算に充てるものとし、次の3点を考慮して対策導入の順位付けを行う。①:1回の導入でより多くの年間住宅内エネルギー消費量を増加抑制できるもの、②:導入後の光熱費増加抑制効果によって導入費用を回収できるもの、③:①②のペースがより速いもの。結果は、すだれを毎年導入し、加えて2016年に屋根断熱、LED照明、2021年に太陽熱温水器、2026年に内断熱、2031年に高効率冷房、LED照明、2036年に太陽熱温水器、2041年に太陽光パネルを導入するものであった。2016年時の増加抑制量は3.2[GJ/年](12.5%)であるが、2041年時点では56.9[GJ/年](77.1%)と年代が進むにつれて、その量、割合共に増加している。しかし、2045年時点では投資回収可能期間が残り5年となって、多くの対策で導入費用の回収が見込めなくなるため、すだれのような簡易的な対策しか導入できずに、増加抑制量は減少に転じることとなる。本計画は行政による助成等に期待しない計画となるが、それでも最終的には、35年間で1.156[TJ]の住宅内エネルギー消費量の増加抑制効果が見込める。

  • カンボジアにおける蒸暑パッシブ住宅技術開発とその誘導施策

    2011年  

     概要を見る

    1.はじめに 本研究では、経済発展による人口増加と生活水準向上が著しいカンボジアにおいて、将来的に見込まれる住宅内冷房エネルギー消費量の急増を抑制するためのパッシブ住宅技術の開発を行った。パッシブ住宅技術を導入する住宅タイプには、都市部で増加傾向にあるテラスハウス型の住宅を選定した。また、2010年度のシミュレーション研究により、テラスハウスの冷房エネルギー消費量急増抑制には、屋根面の遮熱対策が効果的である判明していたため、本研究では特に、テラスハウスの屋根面における蒸暑パッシブ住宅技術の開発を実施した。2.パッシブ住宅技術の選定とシミュレーションによる室内温熱環境改善効果の事前検証 先進国にて導入されている屋根面におけるパッシブ住宅技術を整理すると、アルミシートや塗料を用いて屋根面の日射反射率を高め、建物への侵入する熱量を減少させるものが多い。そこで本研究では、それらの代表的な手法としてアルミシートと高反射塗料を取り上げ、この2手法について、熱・換気回路計算プログラムNETSを用い、その導入による室内温熱環境改善効果の事前検証を行った。その結果、アルミ箔を屋根面から5cm浮かせて設置したモデル(以下、アルミモデル)では、一日の平均室温が現状モデルから3.5℃低下し、クリーム色の高反射塗料を屋根面に塗布したモデル(以下、高反射塗料モデル)では、現状モデルから2.6℃低下するという結果となった。3.実測調査よる室内温熱環境改善効果の検証 実測調査では、カンボジア王立大学(Royal University of Fine Art)の協力を得て、現地のテラスハウス一棟に対して順番に各手法を導入し、各モデル3日間ずつ室内温熱環境の実測データを収集した。その結果、屋根面における一日の平均日射反射率は、現状モデルで37.8%、アルミモデルで74.1%、高反射塗料モデルで67.6%となり、屋根面からの一日の平均熱取得は、現状モデルで93.8[W/㎡]、アルミモデルで17.1[W/㎡]、高反射塗料モデルで24.6[W/㎡]となった。また、屋根面からの熱取得が減少したことで、アルミモデルでは現状モデルから、一日の平均屋根表面温度が平均3.9℃低下し、一日の平均最上階天井表面温度が平均2.7℃低下した。同様に、高反射塗料モデルでは屋根表面温度が2.0℃低下し、天井表面温度は1.6℃低下した。さらに、天井表面温度が低下したことで、最上階における室温、放射温度も低下した。アルミモデルでは、現状モデルから一日の平均室温が1.4℃低下し、一日の平均放射温度が1.3℃低下した。同様に、高反射塗料モデルでは、室温が0.5℃低下し、放射温度が0.5℃低下した。以上の室温、放射温度に関する実測データより、快適性指標SET*を算出したところ、アルミモデルでは、現状モデルから一日平均1.7℃の改善効果が見られ、高反射塗料モデルでは、一日平均0.4℃の改善効果が見られた。4.シミュレーションによる年間住宅内冷房エネルギー消費量の削減効果の検証 年間の住宅内冷房エネルギー消費量の削減効果を算出する為に、実測調査の結果を踏まえ、屋根面の日射反射率と開口部の換気流量係数の変更を加えた修正モデル作成した。そのモデルを用いてシミュレーションを行った結果、年間住宅内冷房エネルギー消費量は、現状モデルで7.7[GJ/年]、アルミモデルで4.7[GJ/年]、高反射塗料モデルで6.0[GJ/年]という結果となった。また、この年間住宅内冷房エネルギー消費量を電気代に換算すると、現状モデルでは405.7[USD/年]、アルミモデルでは249.1[USD/年]、高反射塗料モデルでは315.7[USD/年]となった。5.まとめ カンボジアにおける蒸暑パッシブ住宅技術としては、アルミシートを屋根面の5cm浮かせて設置することが室内温熱環境改善に効果的であり、冷房エネルギー消費量の削減効果も高いことが明らかとなった。

  • サステイナブル建築のプロセスマネジメント研究

    2007年  

     概要を見る

     本研究では、サステイナブル建築のプロセスマネジメント研究の一環として、屋上緑地の導入理由および経緯、管理状況、問題点を把握するため、屋上緑地を有する建物の所有者に対して屋上緑化の維持管理・運営に関するアンケート調査を郵便調査法により実施した。送付数は301件で回収数は64件、回収率は21.3%、回答数は57件であった。回答が得られた建物においては、屋上を全面的に緑化している例は無く、平均緑化率(緑化率=屋上緑地面積/屋上面積)は21.6%であった。施工件数、合計緑地面積ともに100~500㎡未満の物件が最も多く、26件で、その合計緑地面積は9,785㎡であった。 その導入目的であるが、全体では「ヒートアイランド対策」、「省エネ対策」、「条例への対応」の回答割合はそれぞれ18%、15%、15%の順に多い。また「その他」では、教育文化施設の建物の照り返しの緩和や、緑地の確保、環境教育の場があげられており、屋上緑化による環境改善効果に期待していることがわかる。用途別で見ると、商業施設以外の用途の環境改善効果に関する回答は、ほぼ同じで全体の半分近くを占めている。一方、商業施設は、「建物利用者から見た景観の向上」、「建物利用者への景観の向上や憩いの場の提供」などの、屋上緑化による利用者へ効果が環境改善効果に関する回答に比べて、多くを占めている。 その他特徴的な動きとしては、商業施設を中心に屋上緑化複合利用をした事例が見られることである。代表例としては、六本木ヒルズ、難波パークスなどが挙げられる。それらの施設では屋上緑地を地域住民やNPOなどに積極的に開放し、農地利用やイベント会場などに活用しており、屋上緑地を複合的に活用しようとする動きが見られる。 次年度においてはこの複合利用の計画、運用状況について詳細な調査を行い、その中からプロセスマネジメントに関する普遍的な知見を得たいと考えている。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>