有澤 哲郎 (アリサワ テツオ)

写真a

所属

附属機関・学校 高等学院

職名

教諭

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   人間科学部

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

 

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • √s=1.8 TeVの陽子・反陽子衝突におけるハード回折散乱の研究

    1997年  

     概要を見る

    国際的な共同研究であるフェルミ米国立研究所のCDF実験に参加している。これは、世界最高のエネルギーを誇るフェルミ米国立研究所の陽子・反陽子衝突型加速器Tevatronを用いた高エネルギー加速器実験である。 その中でも特に、“CDFにおけるハード回折実験”に実験提案の段階から参加した。この実験について、日本では筑波大学と早稲田大学、米国ではロックフェラー大学とフェルミ研究所などが実験データの解析にあたっている。 この実験では、陽子・反陽子衝突点から約56m離して、ローマンポット検出器を新たに設置し、回折反陽子を検出した。そのローマンポットで観測される粒子軌跡と中央検出器で決定される陽子・反陽子衝突点とを結ぶ軌道を推定することによって、回折反陽子の運動量ベクトルを求める方法を考案した。そこでは、Tevatron加速器の2重極、4重極磁石や、一様電場などの構成から粒子の振る舞いを考慮した粒子の輸送行列を用いた。 現在までに、多数の回折ジェット、回折重クォークなどがこの実験で集められ、解析されている。また、回折Wボソンの候補が始めて見出された。このように、ソフトな相互作用である回折散乱の中にハード衝突による生成物が観測されることが確認された。 さらに、この実験による回折ジェットや重クォークなどの分布や生成断面積の測定結果は、回折散乱を担うレッジェ粒子ポメロンの構造を明らかにしつつあり、これは、CERN UA8 や DESY HERA などによる最近の実験グループの結果と比較されつつある。 これらの実験結果について、出版に向けてグループ内での検討が深められている。研究成果の発表1997年11月A METHOD TO MEASURE TRACK PARAMETERS WITH THE CDF ROMAN POT DETECTORS. By Tetsuo Arisawa and Giorgio Apollinari.CDF note 4384 (CDF/ANAL/JET/CDFR/4384), Nov 1997.1998年4月MEASUREMENT OF THE SIGMA(W+>=1 JET)/SIGMA(W) CROSS SECTION RATIO FROM ANTI-P COLLISIONS AT (S)**(1/2) =1.8 TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-98-133-E, Apr 1998.Submitted to Phys. Rev. Lett.1998年4月OBSERVATION OF B(C) MESONS IN P ANTI-P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-98-121-E, Apr 1998.100pp.Submitted to Phys. Rev. D1998年4月SEARCH FOR THE RARE DECAY W+- ---> D+-(S) GAMMA IN P ANTI-P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al. ). FERMILAB-PUB-98-110-E, Apr 1998. 14pp.Submitted to Phys. Rev. Lett.1998年3月SEARCH FOR THE RARE DECAY W+ - ---> Pl+- + GAMMA IN PROTON - ANTI-PROTON By CDF Collaboration (F. Abe et al. ). FERMILAB-PUB-98-092-E, (Received Mar 1998). 15pp.Submitted to Phys. Rev. D. Rapid Communications.1998年3月OBSERVATION OF B+ --->PSI(2S) K+ AND B0 ---> PSI (2S) K*(892)**0 DECAYS AND MEASUREMENTS OF B MESON BRANCHING FRACTIONS INTO J / PSI AND PSI(2S) FINAL STATES.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-98-091-E, Mar 1998. 44pp.Sumitted to Phys. Rev. D1998年3月SERCH FOR CHARGINO - NEUTRALINO ASSOCIATED PRODUCTION AT THE FERMILAB TEVATRON COLLIDER.By CDF collaboration (F. Abe et al. ). FERMILAB-PUB-98-084-E, Mar 1998. 17pp.Submitted to Phys. Rev. Lett.1998年7月SERCHERS FOR NEW PHYSICS IN DIPHOTON EVENTS IN P ANTI-P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et at.). FERMIRAB-PUB-97-397-E, Nov 1998. 13pp.Phys. Rev. D57: 3811-3816, 19981997年11月SERCH FOR THE DECAYS B(D)0 ---> MU+ MU- AND B(S)O ---> MU+ MU- IN P ANTI-P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al. ). FERMILAB-PUB-97-397-E, Nov 1998. 13pp.Phys. Rev. D57: 3811-3816, 19981997年11月OBSERVATION OF HADRONIC W DECAYS IN T ANTI-T EVENTS WITH THE COLLIDER DETECTOR AT FERMILAB.By CDF Collaboration (F. Abe et al. ). FERMILAB-PUB-97-352-E, Oct 1997. 44pp.Phys. Rev. D57: 5382-5401,19981997年9月MEASUREMENT OF THE TOP QUARK MASS AND T ANTI-T PRODUCTION CROSS-SECTION FROM DILEPTON EVENTS AT THE COLLIDER DETECTOR AT FERMILAB.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-304-EM Sep 1997. 9pp, Phys. Rev. Lett. 80: 2779-2784, 19981997年10月MEASUREMENT OF THE TOP QUARK MASS.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-284-E, Oct 1997.6pp.Phys.Rev. Lett. 80:2767-2772,19981997年10月MEASUREMENT OF THE T ANTI-T PRODUCTION CROSS-SECTION IN P ANTI -P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al. ). FERMILAB-PUB-97-286-E, Oct 1997. 7pp.Phys. Rev. Lett. 80:2773-2778,19981997年9月MEASUREMENT OF THE BO ANTI-BO OSCILLATION FREQUENCY IN P ANTI-P COLLISIONS USING PI B MESON CHRGE FLAVOR CORRELATIONS AT S**(1/2) =1.8-TEV/C **2.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-312-E, Sep 1997. 17pp. Phys. Rev. Lett. 80:2057-2062, 19981997年8月PROPERTIES OF JETS IN W BOSON EVENTS FROM 1.8-TEV ANTI-P P COLLISIONS. By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-301-E, Aug 1997. 36pp.Phys. Rev. Lett. 79:4760-4765, 19971997年8月MEASUREMENT OF THE DIFFERENT CROSS-SECTION FOR EVENTS WITH LARGE TOTAL TRANSVERSE ENERGY IN P ANTI-P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-290-E, Aug 1997. 14pp. Phys. Rev. Lett. 80: 3456, 1998, Phys. Rev. Lett.80: 3461-3466, 19981997年8月DIJET PRODUCTION BY COLOR - SINGLET EXCHANGE AT THE FERMILAB TEVATRON.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-283-E, Aug 1997. 16pp.Phys. Rev. Lett. 80: 1156-1161, 19981997年8月SERCH FOR FIRST GENERATION LEPTOQUARK PAIR PRODUCTION IN P ANTI-P COLLISIONS AT S**(1/2) = 1.8-TEV.By CDF Collaboration (F. Abe et al.). FERMILAB-PUB-97-280-E, Aug 1997. 15pp.Phys. Rev. Lett. 79:4327-4332, 1997

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー粒子多重生成現象に現れる負の2項分布則の解明

    2006年04月
    -
    2007年03月

    ブラジル   カンピーナス大学

    アメリカ   フェルミ国立研究所

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示