藤本 浩志 (フジモト ヒロシ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/fujimoto/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    早稲田大学   理工学研究科   機械工学専攻  

  •  
    -
    1989年

    早稲田大学   理工学研究科   機械工学専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • Waseda University   Doctor of Engineering

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所主任研究官

  •  
     
     

    電気通信大学助手

  •  
     
     

    早稲田大学助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    バイオメカニズム学会

  •  
     
     

    日本ロボット学会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    日本人間工学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 知能ロボティクス

  • リハビリテーション科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生活支援技術、人工感覚器、バイオメカニックス、生体情報・計測、ロボティクス、人間機械システム

論文 【 表示 / 非表示

  • 押し込む指の姿勢が硬さ弁別特性に及ぼす影響

    坂口 歳斗, 土井 幸輝, 藤本 浩志

    日本機械学会論文集   83 ( 851 ) 17 - 00059-17-00059  2017年

     概要を見る

    <p>Hardness identification is one of the most important tactile senses in humans. People use their hands in various ways to identify the hardness of an object. For example, acupuncturists identify stiffness in a muscle by pressing down with their forefinger held flat over the affected area. However, experimental evidence for the role of the pressing method in the identification of an object's hardness even when the same finger is used has not been shown yet. In this fundamental study, we investigated the differential threshold of hardness for different finger postures of pressing (pressing down with one's forefinger held "flat" or "vertically") to determine the relationship between the different finger postures of pressing and hardness identification. We used seven elastic test pieces, each with a different Young's modulus, as the presented stimuli. We conducted an experiment using the constant method to calculate the differential threshold of hardness as a measure of hardness identification. The results showed that the differential threshold of hardness was higher when pressing down with a forefinger held "flat" than when pressing down "vertically" with the same force. This finding will be useful in evaluating the tactile identification of hardness in acupuncturists.</p>

    CiNii

  • Experimental study on shapes of tactile signs for distinguishable identification on body soap containers

    Doi, Kouki, Nishimura, Takahiro, Wada, Tsutomu, Fujimoto, Hiroshi, Hoshikawa, Yasuyuki

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   21 ( 1 ) 100 - 108  2017年01月

     概要を見る

    Japanese Industry Standards (JIS) S 0021 (Packaging - Accessible Design - General Requirements) indicate the design policy for easy-to-use packaging and containers, targeting various individuals including elderly persons and individuals with disabilities. The JIS S 0021 includes tactile signs that are necessary to ensure the ease of distinguishing and handling as well as the ease of using those packaging and containers. The JIS S 0021 prescribes tactile signs on shampoo containers and notches for beverage paper packaging containers as tactile signs to distinguish the contents of the package and to differentiate between containers with the same or similar shapes. The policy was expanded to include tactile signs for body soaps when the standard was amended in 2014, and this was attributed to the fact that organizations of visually impaired demanded tactile signs for body soap, since body soap is often packaged in containers with shapes similar to those for shampoos and hair conditioners. Hence, tactile signs prescribed for body soap in JIS S 0021 guidelines were recently expanded to commercially available body soap containers. In the present study, experiments were performed to study the shapes of tactile signs for distinguishable body soap container. Specifically, shapes were studied through the following two steps: 1) tactile signs were selected based on experiments to evaluate the ease of distinguishing between multiple tactile signs, in a hearing survey involving visually impaired; and 2) experiments were performed to evaluate the tactile signs assuming that they were manufactured in collaboration with the Japan Cosmetic Industry Association, which is an industry organization of manufacturers for body soap and other products. It should be noted that the experiments involving distinguishing between products prioritized tactile signs on the top surfaces of the containers instead of on the side, since visually impaired tend to distinguish between pump containers by touching the top surfaces of the containers in hotels and public restrooms. The results of the experiments were used for tactile signs in the amended JIS S 0021 in 2014 for body soap. This study described evaluation experiments performed on the distinguishability of tactile signs on the top surfaces of pump type body soap containers to determine the factors that should be considered when establishing JIS tactile signs for body soap containers.

  • ロコモティブシンドローム該当者に特徴的な歩行中の下肢関節運動

    鈴木 漠, 小林 吉之, 持丸 正明, 藤本 浩志

    バイオメカニズム学会誌   40 ( 3 ) 183 - 193  2016年

     概要を見る

    本研究は,日常生活中の歩行動作から,ユーザがロコモティブシンドロームに該当するかを評価する技術を将来的に開発するために,まずロコモ該当者の歩行特徴を明らかにすることを目的とした.本研究では,三次元動作計測装置と床反力計を用いて高齢者54 名(うちロコモ該当者10 名)の歩行を計測した.得られたデータより1 歩行周期中の下肢3 関節3 平面の関節角度を計算し,時間正規化したうえで,各時点の5 試行分の平均値と標準偏差を算出した.更にそれらのデータを標準化したうえで,54(名)× 1818(3 関節,3 平面,101 等分された平均値と標準偏差)の入力行列に対して主成分分析を行った.分析の結果得られた各主成分の主成分得点についてはロコモ該当者とロコモ非該当者でt 検定を行い,群間の差を評価した.ここで有意差が確認された主成分についてはその主成分に関する動きを再構築し,特徴となる動きの解釈に用いた.分析の結果,第6,9,12 主成分がロコモと関連していることが明らかになった.このうち第6 主成分は,股関節角度と足関節角度の観点から,第12 主成分は歩調の観点からそれぞれ歩行速度に影響しており,ロコモ該当者は非該当者よりも歩行速度が遅いことが確認された.また第9 主成分は矢状面における関節可動域に関連が認められ,ロコモ該当者は非該当者よりも可動域が小さい傾向が確認されたが,歩行速度や歩幅などの時空間変数との関連は認められなかった.以上のことから,これらの歩行特徴をセンサシステムで計測することによって,歩行動作からロコモ該当者を発見できる可能性が考えられた.

    CiNii

  • 振動刺激による人差し指屈曲錯覚の生起と錯覚特性

    梅沢 侑実, 土井 幸輝, 藤本 浩志

    人間工学   52 ( 2 ) 88 - 95  2016年

     概要を見る

    本研究では,人差し指第3関節(中手指節間関節,以下MP関節)の屈曲錯覚を生起させる振動提示条件と,そのときの錯覚特性を明らかにした.実験要因は振動周波数とし,50,70,90,110,130,150,170,190 Hzの8条件とした.実験参加者には,錯覚が生起したか否かを二肢強制選択で回答させた.生起したと回答した場合,明瞭度を等間隔主観5段階評価で回答させた.また,錯覚特性としては,振動提示から錯覚生起までの反応時間と,人差し指MP関節が屈曲したと感じた角度を再現してもらい,その角度を錯覚角度として計測した.実験の結果,錯覚生起率・明瞭度が高い振動周波数は70,90,110,130 Hzであった.また,これらの条件において,反応時間は5秒であり,最大の錯覚角度はおよそ40度であった.本研究により得られた知見は,運動錯覚を用いた新たなインタフェース開発を行う上で,一助となることが期待できる.

    CiNii

  • 弾性物体を押し込む指と硬さ弁別特性の関係

    田中 瑞穂, 梅沢 侑実, 土井 幸輝, 藤本 浩志

    日本機械学会論文集   82 ( 838 ) 16 - 00001-16-00001  2016年

     概要を見る

    Identification of the hardness of an object in a human hand is different according to the hardness of the object. For example, chiropractors identify stiffness in the muscle by using their thumb, which can press more forcefully than the forefinger. However, it has not been shown experimentally if the characteristics of hardness discriminability are different according to fingers. In this study, to clarify the relation between different fingers pressing elastic objects and the characteristics of hardness discriminability, we investigated the differential threshold of hardness using the forefinger and thumb. Additionally, the influence of press force and press displacement on the characteristics of hardness discriminability was clarified. We used 7 elastic test pieces with different Young's moduli as the presented stimuli. We also used the test pieces with hardness sensation judged as 'hard' in our previous research. We conducted the experiment using the constant stimuli method to calculate differential threshold of hardness as one evaluation index of hardness discriminability when using the forefinger and thumb. The results of this experiment showed that the hardness discriminability of the thumb was better than that of the forefinger. In addition, these results suggested that press displacement but not press force should be used to estimate the hardness discriminability and that the thumb is better than the forefinger to discriminate the displacement. These findings clarify the mechanism underlying hardness discriminability in the human hand.

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 機械工学便覧 応用システム編(医療・福祉・バイオ機器)

    丸善(日本機械学会編)  2008年08月

  • バリアフリーのための福祉技術入門

    オーム社  1998年09月

  • 関節モーメントによる歩行分析

    医歯薬出版  1997年07月

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 足具の底部構造

    藤本 浩志, 高嶋 孝倫, 高西 淳夫

    特許権

  • カーソル移動制御装置

    藤本 浩志, 山崎 健太郎

    特許権

その他 【 表示 / 非表示

  • 人間科学部だからとい...

     概要を見る

    人間科学部だからという訳ではありませんが,『ヒト』は汲めども尽きぬ奥深い研究対象だと考えています.主体である『ヒト自身』と,それを取り巻く『周辺環境(モノだけではなく他者や他者群も含む)』とをそれぞれサブシステムと見なせば,両者が統合されたトータルシステムは『人間・環境システム』と呼ぶことができ,人間に関する諸問題はこの枠組みの中に位置付けることができます.私自身の研究テーマとしては,両サブシステム自体に備わった機能の解明にとどまらず,それらの間のインタラクションを司る『インターフェース』の役割にも大いに注目し,その開発や評価も行っています.

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本人間工学会 研究奨励賞

    2006年06月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 音声情報が付加された触読し易いUV点字による点字学習教材の製法確立と使用感評価

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    点字の触独に不慣れな中途視覚障害者を中心として,指先への刺激が明瞭であり,様々な素材に印刷可能な紫外線硬化樹脂点字(UV点字)を使用した点字学習教材を希望する者は多い.一方,印刷素材によっては指先が滑り難く触読性が損なわれることや,触覚だけでは学習効率が悪いことなどが指摘されている.本研究では,こうした当該領域の現場のニーズを踏まえて,音声情報が付加された触読し易いUV点字による点字学習教材の製法の確立と使用感の評価を行うことを目的とした.具体的には,触読し易いUV点字を使用し,点字の触読中に点字の情報を音声でも確認することのできる点字学習教材を作成し,作成した点字学習教材の使用感を評価する.点字は視覚障害者が読み書きできる手段として一般に知られている.現在,中途視覚障害者は増加傾向にあるが,中途視覚障害者の中には点字を習得して点字を触読したり,書いたりすることを望む方も少なくない.しかし,点字の習得には多くの時間を要することから学習環境の改善が当該領域の点字指導に関わる関係者から求められている.本研究では,こうした当該領域の現場のニーズを踏まえて,音声情報が付加された点字による点字学習教材の製法の確立と使用感の評価を行うことを目的とする.この目的達成のために,令和元年度は,印刷素材の動摩擦係数とUV点字の触読性の関係を調べた.また,点字の情報を音声で確認できるようにするための音声読み上げ機能付インタフェースを採用し,音声読み上げ用の微小ドットコードを点字に対してどの程度まで付すべきかを明らかにした.さらに,インタフェースをハンズフリーにするための音声読み上げ方法を検討することができた。なお,令和元年度の研究成果の一部は,学会発表論文として公開した.とりわけ,音声読み上げ用の微小ドットコードを点字に対してどの程度まで付すべきかを明らかにした研究は学術雑誌にて誌上発表を行った.以上より,令和元年度は,令和2年度から手掛ける予定である特殊記号等のハンズフリーによる音声読み上げ機能付点字学習教材の試作に向けた基礎的な知見を得ることができた.点字の情報を音声で確認できるようにするための音声読み上げ機能付インタフェースを採用し,音声読み上げ用の微小ドットコードを点字に対してどの程度まで付すべきかを明らかにしたが,さらに,利用者の利便性を考慮してインタフェースをハンズフリーにするための音声読み上げ方法を検討することができた。現状までおおむね順調に進展していると考えられる.令和元年度は,利用者の利便性を考慮してインタフェースをハンズフリーにするための音声読み上げ方法を検討することができた.令和2年度は,点字指導の専門家や研究協力者と協議を重ね,特殊記号等のハンズフリーによる音声読み上げ機能付点字学習教材を試作する予定である

  • 視覚障害者にとって触読し易い触図の凹刺激の表示法と触読動作の解明

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    本研究は,視覚障害者にとって触読し易い点図の凹刺激(点字図書や点字教科書の点図の中で方眼紙の升目には凹線や空間領域を示す凹点パターン)の表示法と触読動作を明らかにすることを目的としている.この目的達成のために,学術的知見が不足している凹刺激と触読性に着目し,方眼紙の升目の「凹線間隔」と空間領域を示す凹点パターンの「凹点間隔」「凹点直径」との触読性の関係を明らかにしていきたいと考えている.点字図書や点字教科書の中の図等を点図に置き換えて示す際に,凸状に盛り上がった凸点や凸線だけでは凸刺激が混在して触読し難いことから,点字図書や点字教科書の点図の中で方眼紙の升目には凹線や空間領域を示す凹点パターンが多用されている.しかし,校正者が点図を校正する際には経験則に依存してしまっている.それ故,校正者からは校正の際に参考となる定量的な指針が求められている.そこで本研究では,視覚障害者にとって触読し易い点図の凹刺激(点字図書や点字教科書の点図の中で方眼紙の升目には凹線や空間領域を示す凹点パターン)の表示法を解明することを目的とする.この目的達成のために,本研究では当該領域のニーズが高く,学術的知見が不足している凹刺激と触読性に着目し,研究に取り組んでいる.初年度は,方眼紙の升目の凹線の製作法を検討し,触読性の評価の予備実験に必要な提示刺激(テストピース)を作製し,テストピースを用いて予備実験を行い,凹線間隔と触読性に関する実験結果を分析することができた.また,初年度の研究成果の一部を学会にて発表することもできた.初年度は,方眼紙の升目の凹線の製作法を検討し,触読性の評価の予備実験に必要な提示刺激(テストピース)を作製し,テストピースを用いて予備実験を行うことできた.凹線間隔と触読性に関する実験結果についても分析した.初年度の研究成果の一部を学会にて発表することもできたため,当初の計画通りに順調に進めることができている.初年度は,方眼紙の升目の凹線の製作法を検討し,触読性の評価の予備実験に必要な提示刺激(テストピース)を作製し,テストピースを用いて行った予備実験の結果を学会で発表することができた.本年度は,初年度の予備実験の結果を踏まえ,凹線間隔と触読性に関する本実験を行う予定である.本実験の結果についても学会等で公表し,研究成果の普及に努める予定である

  • 触知案内図の表示法の規格に求められる人の皮膚感覚特性に基づく表示法の確立

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本研究では,触知案内図の表示法の規格に求められる人の皮膚感覚特性に基づく表示法を確立するために,触知案内図の触読性に関する客観的な実証データを収集した.具体的には,触知案内図における境界線とドットパターンとの隙間が境界線の識別特性に及ぼす影響や触知案内図等に用いられる線の識別容易性,触察方法と触図の線の角度弁別の関係を明らかにすることができた.本研究を通じて得た知見は,研究協力者等の触知案内図の製作者に提供することができた.今後は,本研究で得られた知見を踏まえた触知案内図の試作と触読性評価を継続し,触読性の高い触知案内図の普及に貢献していきたい.平成28年4月に障害者差別解消法が施行され,最近,視覚障害者が触って空間情報を入手することが可能な触知案内図が急速に普及しつつある.一方で,こうした触知案内図の触読性の向上は,当該領域の大きな課題の一つである.そこで本研究では,触知案内図の触読性の向上のために必要な触知案内図の触読性に関する客観的な実証データを収集した.本研究で得た知見は人の触知覚特性に関する基礎的知見としても価値があると考えられる.また,得られた知見を当該領域の触知案内図の製作者に有用に活用してもらうことで,触読性の高い触知案内図の普及に貢献していくことは社会的にも大変意義深いことである

  • アクセシブルデザインの理念に基づく晴盲共用の触知シンボルの形状とサイズの解明

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究は,アクセシブルデザインの理念に基づく晴盲共用の触知シンボルの形状リストの作成とその識別し易い寸法を調べることを目的とした.具体的には,まず,ボディソープの識別表示の新たな触知シンボルの規格策定に至る過程で行った触知シンボルの識別実験の研究成果を取りまとめ,今後類似の規格策定の際の一助となる知見を提供した.また,視覚障害者団体からは今後新たな触知シンボルを識別表示として提案することを想定し,実用的な触知シンボルの形状のリストを当事者と協議の上で作成し,それらの識別容易性についての評価した.これらの知見は今後触覚を活用した新たな規格策定の際に有用な知見となるであろう

  • スポーツスキル学習における運動イメージの役割と脳機構の解析

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    新しい運動の習得はその能力に個人差が大きい。その原因の一つは運動の習得には動作そのものばかりでなく、その動作の運動イメージを正しく持つことができるようになる必要があるが、それが難しいことが挙げられる。本研究の目的は「運動学習とは、客観的な三人称運動イメージを主観的な一人称運動イメージに翻訳するプロセスを含む」という仮説の下に運動学習過程における脳の活動を解析して、運動学習と運動イメージの関連を検討することである。研究の結果、学習初期には三人称運動イメージが優位で、三人称運動イメージの質が運動パフォーマンスと関連することが示唆され、学習に伴って一人称運動イメージが優位になる可能性が考えられた

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 脳卒中片麻痺患者の感覚運動野の活性化を目指した運動錯覚現象のリハビリ応用への挑戦

    2018年  

     概要を見る

     四肢の関節運動に関わる筋肉の腱への振動提示により,関節が動くように感じる錯覚が生起する.本研究では,昨年度に引き続き,以下の課題を目的として研究を行った. (1) 前年度に開発した刺激位置固定方法の簡易化のための機構をさらに改良する. (2) 適用事例を継続的に増やしことによって,効果の評価を行う. 改良した装置を使用し,前腕屈筋の腱に振動刺激を提示し,手首伸展錯覚を生起の有無を確認した.その結果,実験参加者は自分で手首部分を装置の適切な位置に設置できるようになった.また錯覚生起率はほぼ100%,明瞭度と痛みも妥当な範囲に収まり,開発した装置によって明瞭な手首伸展運動錯覚が生起することが確認できた.

  • 脳卒中片麻痺患者の感覚運動野の活性化を目指した運動錯覚現象のリハビリ応用への挑戦

    2017年  

     概要を見る

     四肢の関節運動に関わる筋肉の腱への振動提示により,関節が動くように感じる錯覚が生起する.本研究では,以下の課題を目的として研究を行った.(1)手首で錯覚生起可能な低負荷の刺激提示の方法を明らかにする.(2)刺激位置固定方法の簡易化および自動化のための機構を開発する. 開発した装置を使用し,手首伸展運動錯覚の生起を確認した.実験参加者には右前腕を装置に置いてもらい,前腕屈筋の腱に振動刺激を提示し,手首伸展錯覚を生起の有無を確認した.その結果,錯覚生起率はほぼ100%,明瞭度と痛みも妥当な範囲に収まり,開発した装置を用いて高い生起率で明瞭な手首伸展運動錯覚が生起することが確認できた.

  • 主成分分析によるロコモーティブシンドロームに関する歩行特徴の分析

    2015年  

     概要を見る

     ロコモティブシンドロームとは,「運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態になること」と定義され,健康寿命の延伸を目指して2007年に日本整形外科学会が提唱した新しい概念である.現在,ロコモティブシンドロームの評価は,身体の痛みや日常生活に関わる25項目の設問によって構成されるロコモ25と呼ばれる質問紙によって得点化され,その得点に閾値を定めることでロコモティブシンドロームの判定が行われている.これらの現状を踏まえて,個人ごとに客観的なデータに基づいたロコモティブシンドロームの評価が可能な手法の実現を目指した.本研究では判定に有効な定量的な指標の抽出を行い,有効性を検証した.

  • 層構造を成す対象物に対するヒト皮膚感覚の硬さ弁別特性の評価とその応用

    2009年  

     概要を見る

     本研究室では,硬さ(ヤング率)の異なる弾性対象物(直径50mm,厚さ30mmの円柱形状)を多数製作し,それらを呈示刺激として,指腹で押し込んだ際の硬さ感覚特性を定量的に評価してきた.これらの成果を踏まえ,新たに,異なるヤング率の対象物を重ねた硬軟二層構造体の場合の硬さ感覚特性を系列カテゴリ法により定量的に評価することを目的とした. 呈示刺激は,7種類のヤング率の弾性体を4種類の厚さ(各々5,10,15,25mm)で作製し,上層5mm下層25mm(厚さ比1:5),あるいは上層10mm下層20mm(厚さ比1:2)になるよう組み合わせ呈示した.これを被験者は呈示刺激の中心を一度だけ人差し指の指腹で押し込み,その際に感じたままの硬さの感覚に相当するカテゴリ(「極端に軟らかい」「かなり軟らかい」「やや軟らかい」「どちらでもない」「やや硬い」「かなり硬い」「極端に硬い」の7 段階)で硬さ感覚を回答した.なお,本研究は本学研究倫理審査委員会の承認を得て行った. 各刺激に対する硬さ感覚に相当するカテゴリの割合を反応率とし,それを基に硬さ感覚の尺度値を導出した.実験の結果,上層の厚さが薄い場合には,上層のヤング率に対して下層のヤング率の違いが硬さ感覚特性に及ぼす影響が強くなることがわかった.特に上層の厚さが薄い5mmの場合には,上層のヤング率が異なっても同様の硬さ感覚特性の傾向が見られた.上層の厚さ10mmの場合には,下層のヤング率が硬さ感覚に及ぼす影響が限定的になり,上層が硬くも軟らかくも無いヤング率の場合には,下層のヤング率の影響を受けることがわかった.上層の厚さが15mm(厚さ比1:1)の場合には更に限定的で,上層のヤング率が7種類の内の中央の場合のみにおいて顕著に下層のヤング率の影響を受けることがわかった.以上の結果より,上層の厚さによらず下層のヤング率が硬さ感覚特性により強く影響を及ぼすような,上層のヤング率の範囲が存在することが示された.これは,この付近の硬さが指先で硬さを弁別しやすい領域にあるためだと考えられる.

  • 点字の属性が読みやすさに与える影響に関する研究

    2004年  

     概要を見る

     視覚障害者にとっては,点字は最も一般的な情報メディアである.従来は基本的に紙を押し出して突起とした点字が主流だったが,近年は樹脂や金属等の様々な材料を用いた点字の技術開発が進んでいる.とりわけ紫外線硬化樹脂インクを用いたスクリーン印刷による点字の場合には,多様な対象物に印刷可能で形状パターンの変更が容易であり,さらに無色透明で製品の外観や下地の墨字印刷に大きな影響を与えないためユニバーサルデザインの観点からも,様々な対象物に印刷され急速に普及しつつある.しかしながら触読しやすさがどのような特徴に影響を受けるのかに関する研究がほとんど無かった.そこで本研究では,紫外線硬化樹脂製インクによる点字(以下,UV点字)の形状に関する特徴が読みやすさに及ぼす影響を定量的に評価することを目的として,実験を行った. 点字の形状特徴は,点の高さ,間隔で規定される.そこでこれらの特徴を任意に備えた点字を作成できる装置を開発した.点間隔はスクリーン(以下,版)に開ける穴の間隔でコントロールできる.他方,高さは版の厚さと穴の大きさ(直径)によって決まることを確認し,様々な直径の穴が開いた版を作成して刷り上がる点の高さとの関係を明らかにした.ある程度以上の高さの点を作成するために,二度塗りや三度塗りの印刷手法を確立した.また印刷したUV点字の形状を計測するために,非接触型のレーザー変位センサを用いた3次元形状を計測できるシステムを開発した.この方法によって実験に供し得る任意の間隔や高さのUV点字の印刷および確認ができるようになった. さらに,これら点の間隔や高さを任意に組み合わせて様々な形状パターンの点字を用いて識別実験を行い,読みやすい条件を検討した.この実験の結果,点間隔については2.9mm,点の高さについては0.4mmあれば十分に確信を持って識別可能であることがわかった.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>