安藤 文人 (アンドウ フミヒト)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

ホームページ

http://www.littera.waseda.ac.jp/faculty/fando

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    早稲田大学   文学研究科   英文学  

  •  
    -
    1987年

    早稲田大学   文学研究科   英文学  

  •  
    -
    1980年

    早稲田大学   文学部   英文学  

学位 【 表示 / 非表示

  • (BLANK)

  • 早稲田大学   文学(修士)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年
    -
     

    早稲田大学文学部教授

  • 1993年
    -
    2000年

    早稲田大学文学部助教授

  • 1993年
    -
    2000年

    早稲田大学文学部助教授

  • 1989年
    -
    1993年

    早稲田大学文学部専任講師

  • 1987年
    -
    1989年

    早稲田大学文学部助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    大学英語教育学会

  •  
     
     

    早稲田大学英文学会

  •  
     
     

    日本ジョンソン協会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 文学一般

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 文学論、文学一般(含文学論・比較文学)・西洋古典

論文 【 表示 / 非表示

  • Panel Discussion Overview of Special Symposium for the Global Studies in Japanese Cultures Program (JCulP) “Globalizing Japanese Culture”

    安藤文人

    WASEDA RILAS JOURNAL   Vol. 6   63 - 65  2018年10月  [招待有り]

  • 漱石の読んだ「通俗なある外国雑誌」──材源としてのWindsor Magazine──

    安藤文人

    WASEDA RILAS JOURNAL   ( 4 ) 452 - 440  2016年10月

  • Narration as Therapy in Natsume Soseki's I Am a Cat and Laurence Sterne's Tristram Shandy

    安藤文人

    Proceeding for Dalian Forum 2014 at Darlian University of Technology    2014年10月  [招待有り]

  • 「漱石はなぜ「倫敦消息」を書き直したのか

    安藤文人

    WASEDA RILAS JOURNAL   No.2   27 - 39  2014年10月

  • 谷崎精二と「早稲田英文」の学風

    早稲田大学学術研究史/早稲田大学大学史資料センター   pp.137-143  2004年04月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アウトプットに必要な基本英語表現

    安藤文人

    研究社  2015年08月

  • アウトプットに必要な基本英文法

    ジェームス・バーダマン, 安藤文人

    研究社  2014年12月 ISBN: 9784327452674

  • 毎日の英文法

    James M. Vardaman, 安藤文人

    朝日新聞出版  2012年09月 ISBN: 9784023310995

  • 院単 大学院入試のための必須英単語1800

    安藤文人

    ナツメ社  2006年08月 ISBN: 9784816341588

  • 吾輩は無名である---『猫』の言語空間---」

    中村明, 佐久間まゆみ, 野村雅昭, 小宮千鶴子

    『表現と文体』 (明治書院)  2005年03月 ISBN: 9784625433269

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 翻訳と受容を通じて見る、夏目漱石作品の「世界文学」としての価値の探求

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    2018年度においては、研究課題「翻訳と受容を通じて見る、夏目漱石作品の「世界文学」としての価値の探求」に関わり、以下のような成果を得た。・研究代表者安藤文人は、夏目漱石の初期作品、ことに『吾輩は猫である』に関する比較文学的研究を進め、特に18世紀英国作家ロレンス・スターンからの影響に注目することで、自己言及的な語りにおける自己救済的(therapeutic)な機能の検討を進めた。また、基礎的な作業として海外における漱石研究に関する調査、文献リストの作成を進めた。・研究分担者Annette Vilslevは、2018年3月に英国ニューカッスル大学で行われた「40 years with Murakami Haruki」における発表に基づいて、“Soseki and Murakami, and their Coming-of-age Stories/Bildungsromane’’を執筆しており、これはRoutledge社から出版予定の論集に掲載されることが決定している。また、デンマークの出版社 EgoLibrisより2020年に出版されるデンマーク語訳『吾輩は猫である/三四郎』の序文とあとがきの執筆を依頼され、2018年はその準備を進めた。そのほか、2018年6月と7月には、クイーンズランド大学Lucy Fraser 准教授、ストックホルム大学 Jacqueline Berndt日本学教授と意見交換を行い、世界文学としての漱石の位置づけについて知見を深めるなどした。・本研究は2019年度も継続して行う予定であったが、研究分担者Vilslevがデンマーク、コペンハーゲン大学にポストを得たため、2018年度11月において終了するに至った。翌年度、交付申請を辞退するため、記入しない。翌年度、交付申請を辞退するため、記入しない

  • 夏目漱石の作家的出発における同時代ヨーロッパ小説の影響

     概要を見る

    本研究の目的は、夏目漱石が職業作家として出発するにあたって集中的に読んだと思われる同時代のヨーロッパ小説が実際の漱石の作品におよぼした影響について、漱石所蔵本への書き込み・傍線を主な手がかりとして探ることにあった。そのための基礎的作業として、漱石蔵書の書誌データをすべてデータベース化し、まず所蔵本の発行年度に注目して分析を行った。その結果、漱石蔵書中、同時代ヨーロッパ小説(英書およびその他の欧文からの英訳書)群の発行年度が、漱石が『吾輩は猫である』によって創作活動を開始した頃から、やがて一高・帝大を辞して朝日新聞に入社した前後の数年間に特異的に集中しているという事実が判明し、同時代ヨーロッパ小説群の繙読と、漱石の初期創作活動の間に関係があるのではないか、という仮説を裏付ける結果になった。漱石自身書簡その他で、創作のきっかけを得るために他の小説を読むという習慣を明らかにしており、またそれを「人工的インスピレーション」と名づけているが、この習慣については従来の漱石研究の中でも論じられることは少なく、また論じられてもメレディスの作品と『虞美人草』という個々の影響関係の中で傍証的に言及される程度だった。しかし、今回の研究の成果から、同時期に読まれたと思われるモーパッサン、ドーデ、ズーデルマン、ダヌンチオ他、多様な同時代ヨーロッパ作品が漱石の初期作品に与えた影響を書き込みや傍線から個々さらに詳細に検討する必要性があることが明確になった。今回の研究においては蔵書データベースおよび書き込みデータベースの作成に予定以上の時間を要したために、基礎的な調査の段階にとどまったが、今後は書き込み内容と作品内容の比較検討を進め、特に漱石の独自な小説観の形成への影響を中心に考察を行っていきたい

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 迷惑な英文学について

    安藤文人  [招待有り]

    欧米言語文化学会 第9回年次大会   (日本大学芸術学部江古田キャンパス、東京)  欧米言語文化学会  

    発表年月: 2017年09月

  • <公益財団法人日本英語検定協会特別シン ポジウム> 大学入試への4技能試験活用における実践・ 課題・展望

    安藤文人  [招待有り]

    大学英語教育学会第55回国際大会   (北星学園大学、北海道)  大学英語教育学会  

    発表年月: 2016年09月

  • 言えば必ず嫌われる大学英語教育の問題について

    安藤文人  [招待有り]

    外国語教育メディア学会 関東支部 第136回研究大会   (東京、早稲田大学)  外国語教育メディア学会  

    発表年月: 2016年06月

  • Narration as Therapy in Natsume Sōseki’s I Am a Cat and Laurence Sterne’s Tristram Shandy

    安藤文人  [招待有り]

    大连论坛(2014)第二届“文学与诠释”学术研讨会   (大連)  大连理工大学亚太与全球战略研究中心与欧美文学研究所、大连理工大学外国语学院  

    発表年月: 2014年10月

  • Creation of the Future in Tohoku Children’s Tsunami Narratives

    安藤文人

    The Ninth NAJS Conference on the Study of Contemporary Japanese Society   (デンマーク、オーフス大学) 

    発表年月: 2013年03月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • ナラティブ理論による言語テキストのフィクショナリティ(虚構性)の研究

    2013年  

     概要を見る

    本研究「ナラティブ理論による言語テキストのフィクショナリティ(虚構性)の研究」では、①「ナラティブ理論の適用に関する研究」と②「ナラティブ理論によるテキスト分析」の二つの試みを平行して行うことで、理論と実践の両面においてフィクショナリティ研究における新たな可能性を展望しようとした。 ①「ナラティブ理論の適用に関する研究」においては、ほぼ計画通りに関係研究文献の調査を進めたが、特にナラティブ研究ではRichard Walsh, The Rhetoric of Fictionality. Columbus: The Ohio State University Press, 2007、物語論(Narratology)領域からはジェラール・ジュネット、和泉涼一・尾河直哉共訳『フィクションとディクション ジャンル・物語論・文体』(水声社、1991/2004)、また言語哲学の分野では清塚邦彦『フィクションの哲学』(勁草書房、2009)からは示唆を得る所が大きかった。特にフィクションとノンフィクションの差異を示す標識がテキストの内部には捉え難く、むしろ広義のパラテクスト、さらにテクスト受容のコンテクストがフィクションとノンフィクションの判別を決定している点、またそれゆえに、その判別は結局のところ個々の読者に委ねられ、あくまでも不確定に終わる点がまず作品受容の前提として確認された。 しかし、このような事実としてのフィクション/ノンフィクション判別の不可能性を前提としながらも、そのうえでテクスト内部、その言語的構成においてどのような様態でフィクショナリティが現れるのか、(仮に最終的な判断がテキスト外部の諸状況に強く影響されるにしても)フィクショナリティを「高める」言語的特徴とは何か、という問題の価値は失われていない。本研究では、当初、漱石の初期作品から書簡として書かれた「倫敦消息」と日記体の「自転車日記」をナラティブ理論、ことにナラティビティの観点から比較検討することで、テキスト内部にフィクショナリティが生起するメカニズムを捉えようと企図していたが、その前段階として「倫敦消息」における二つのヴァージョン、つまり漱石がロンドン留学中に書き送り「ホトトギス」に掲載された明治34(1901)年版と、その後14年を経て編まれた小品集『色鳥』に掲載された大正4(1915)版とを詳細に比較し、特に大正4年版において大幅に削除された部分に注目して分析を行った。その結果、自己言及や読者への語りかけと言ったジュネットのいわゆるメタ物語世界的言説を取り除くことがナラティビティを高めながらも、それが同時にフィクショナリティをテキストに与えていく過程が認められ、両者の隣接性および類似性が明らかになった。このような知見に至る分析と考察について現在論文を作成中であり、

  • 夏目漱石における「笑い」観の形成と『吾輩は猫である』

    2009年  

     概要を見る

    本研究は『吾輩は猫である』に横溢する多種多様な「笑い」について、文芸形式におけるジャンル論、また読者反応論のアプローチを用いながら精緻な分析を施し、その淵源である作者夏目漱石自身の「笑い観」について明らかにすることを最終的な目的としながら、まず漱石自身の「笑い」あるいは喜劇に関する言及や関連する蔵書への書き込み、また外国文学からの影響を探ることで、漱石の「笑い」観がどのように形成されていったのか、その過程の再構成を試みるものであった。 本来この研究は3年間を目処に一定の成果を得ることを目指すものであったが、本研究課題費の得られた平成22年度においては、まず漱石の「笑い」観形成にかかわる文献資料の収集と整理を行った。より具体的には、『吾輩は猫である』執筆までに漱石のなした文章・雑文・論考、また書簡や俳句、さらには漢詩などを対象として、ア)直接「笑い」について言及した部分 イ)「笑い」の要素を持つ部分(たとえば子規への書簡でユーモアを含ませた記述など)を収集し、データベース化することを目指したが、実際には個別事例の収集とデータベースの設計段階に終始し、データベースの構築にまでは至らなかった。 代わって(むしろその準備として)行ったのは、『吾輩は猫である』の研究史・受容史から、特にその「笑い」にかかわる言及・批評について、できる限り網羅的な収集を図ることであった。つまり、漱石自身の言及に基づく「笑い」データベース作成の前段階として、『吾輩は猫である』の「笑い」に関する批評データベースの作成に着手することになった。この作業もまだ終了してはいないが、批評データベースによって『吾輩は猫である』の受容の特質を把握することで、より焦点の定まった漱石作品からの「笑い」データベースの設計が可能になると思われるため、いささか迂遠ではあるが、この方向での作業を今後とも継続する予定である。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>