宮島 英昭 (ミヤジマ ヒデアキ)

写真a

所属

商学学術院 商学部

職名

教授

ホームページ

http://www.waseda.jp/sem-miyajima/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学術院   大学院経済学研究科

  • 商学学術院   大学院商学研究科

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
     

    産業経営研究所   兼任研究所員

  • 1989年
    -
     

    現代政治経済研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    東京大学大学院   経済学研究科  

  •  
    -
    1980年

    立教大学大学院   経済学研究科  

  •  
    -
    1978年

    立教大学   経済学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   商学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    継続中

    早稲田大学   常任理事

  • 2018年09月
    -
    継続中

    早稲田大学高等研究所   顧問

  • 1995年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   商学部   教授

  • 2010年10月
    -
    2018年09月

    早稲田大学高等研究所   所長

  • 2011年01月
    -
     

    金融庁総務企画局金融研究センター 「コーポレートガバナンスの意義」 特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    The Society for the Advancement of Socio-Economics (SASE)

  •  
     
     

    Business History Conference

  •  
     
     

    日本ファイナンス学会

  •  
     
     

    日本金融学会

  •  
     
     

    日本経済研究センター

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 金融、ファイナンス

  • 経済政策

  • 経済政策

  • 経済史

  • 公共経済、労働経済

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 企業金融、企業統治(コ−ポレ−トガバナンス)、企業システム、M&A、日本経済

論文 【 表示 / 非表示

  • Stock Repurchases and Corporate Control: Evidence from Japan

    MIYAJIMA, Hideaki, Julian Franks, Colin Mayer, Ryo Ogawa

    RIETI Discussion Paper   18 ( E-074 ) 1 - 52  2018年10月

  • M&Aと日本企業の成長 ―クロスボーダーM&Aを中心にして―

    宮島 英昭

    証券アナリストジャーナル   56 ( 6 ) 16 - 29  2018年06月

  • 「クロスボーダーM&Aの選択と企業統治 ―「我が国企業による海外M&A研究会」の議論を振り返って―

    宮島 英昭

    旬刊商事法務   2170   4 - 15  2018年06月

  • Corporate governance: Editor's introduction

    Franklin Allen, Shin-ichi Fukuda, Takeo Hoshi, Hideaki Miyajima

    Journal of the Japanese and International Economies   47   1 - 2  2018年03月  [査読有り]

    DOI

  • Changes in corporate governance and top executive turnover: The evidence from Japan

    Hideaki Miyajima, Ryo Ogawa, Takuji Saito

    Journal of the Japanese and International Economies   47   17 - 31  2018年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We examine the turnover of top executives in Japanese firms throughout the period 1990–2013. During this time, the presence of a main bank has been weakened, the ownership of institutional investors has rapidly increased, and independent outside directors have been introduced in many firms. We find that top executive turnover sensitivity to corporate performance has not changed despite skepticism on corporate governance of Japanese firms. On the other hand, there is a shift from return on assets (ROA) to return on equity (ROE) and stock returns as performance indicators that turnover is most sensitive to. We also examine possible sources of this change. We find that foreign institutional investors strengthen the turnover sensitivity to ROE after banking crisis when their shareholding has dramatically increased. This result allows us to interpret that they began to play a disciplinary role. In contrast, we do not find that independent outside directors have any significant effect of enhancing turnover sensitivity to ROE, unless a firm appointed independent outside directors more than three. While the scope of the main bank's authority has substantially contracted, strong ties with main banks increase turnover sensitivity in the more recent period, indicating that main banks continue to perform a certain role in disciplining management.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 危機後の日本企業をコミットメントの視点から考える (シンポジウム コミットメントと企業 : 日本企業改革の方向)

    メイヤー コリン, 宮島 英昭, 清水 真人

    旬刊商事法務   ( 1995 ) 4 - 15  2013年04月

    CiNii

  • Corporate Governance in Japan: Institutional Change and Organizational Diversity

    Masahiko Aoki, Gregory Jackson, Hideaki Miyajima

    Corporate Governance in Japan: Institutional Change and Organizational Diversity     1 - 472  2007年09月

    その他  

     概要を見る

    This book uses comparative institutional analysis to explain differences in national economic performance. Countries have their own rules for corporate governance and they have different market arrangements
    and these differences in rules and organization affect the way firms behave. Countries also tend to develop conventions of organizational architecture whether their hierarchies are functional, horizontal, or decentralized. This affects the way in which they process information, and information management is increasingly seen as being of crucial importance to a firm's performance. This book accords more importance to these factors than to the factors conventionally used in applying a neoclassical model of economic efficiency. It applies game theory, contract theory, and information theory. By describing the rules and norms in Japan, the USA, and the transitional economies, the book shows how firms can achieve competitive advantage in international markets if these conventions and rules are well suited to the industrial sector in which the firms operate. The book is particularly concerned with how Japan, with its main bank and lifelong employment systems, as well as information-sharing firm organizational structure, might reform its institutions to maintain competitive advantage in the world economy.

    DOI

  • 増加するM&Aにいかに接近するか : その発生要因と経済的役割

    宮島 英昭

    商学研究科紀要   63   1 - 21  2006年12月

    CiNii

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)(日本の企業統治システムの進化と機能に関する実証研究)

    2021年04月   文部科学省  

    受賞者: 宮島英昭

  • 第2回M&Aフォーラム賞正賞『RECOF賞』

    2008年06月   社団法人日本リサーチ総合研究所   日本のM&A  

    受賞者: 宮島英昭

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 企業統治改革と資本効率・リスクテイク:エンゲージメント・アライメント・権限配分

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2024年03月
     

    宮島 英昭, 蟻川 靖浩, 久保 克行, 鈴木 一功, 大湾 秀雄, 牛島 辰男, 齋藤 卓爾

    担当区分: 研究代表者

  • 企業統治と企業成長:変容する日本の企業統治の理解とその改革に向けて

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2020年03月
     

  • 戦前日本の株式所有構造と企業統治:1890~1945年

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

  • 多様化する日本の企業統治の再設計と経営戦略:特性・パフォーマンスの解明と国際発信

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2015年03月
     

  • コーポレートガバナンス評価手法の開発とそれに基づく実証分析

    オープン・リサーチ・センター整備事業

    研究期間:

    2015年
    -
     
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • クロスボーダーM&A/アライアンス ―国際ビジネス研究のフロンティア―

    宮島英昭

    第25回全国大会   (早稲田大学)  国際ビジネス研究学会  

    発表年月: 2018年

  • Corporate Governance Reform

    Hideaki Miyajima

    Stanford Conference on “The Political Economy of Japan under the Abe Government   (Stanford)  Japan Society for Promotion of Science, Freeman Spogli Institute for International Studies (Stanford University), Shorenstein Asia Pacific Research Center (Stanford University)  

    発表年月: 2018年

  • Corporate Governance Reforms As the Third Arrows of Abenomics in Japan

    Hideaki Miyajima

    30th Annual Conference   (同志社大学)  SASE  

    発表年月: 2018年

  • Stock Repurchases and Corporate Control: Evidence from Japan

    Hideaki Miyajima

    30th Annual Meeting   (一橋大学)  Asian Finance Association (ASIANFA)  

    発表年月: 2018年

  • Evolution of Corporate Governance Reforem in Japan: Focusing Two Peaks of after Banking Crisis and Abenomics

    Hideaki Miyajima

    Joint Conference “Corporate Governance in Japan and Germany in the 19th and 20th Century   (Frankfurt)  Business History Society of Japan (BHSJ), Gesellschaft fur Unternehmensgeschichte (GUG)  

    発表年月: 2018年

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 戦前期日本企業の設備投資・企業金融・コーポレート・ガヴァナンス

    2001年  

     概要を見る

    本研究計画は、これまで筆者が開発してきた分析枠組みを利用し、従来の研究でも未だ空白にとどまっていた戦前期の企業行動の分析に焦点をあてた。日本経済史研究は、戦間期の企業の設備投資、企業金融について研究を蓄積してきたが、その多くは財閥、あるいは大紡績企業等の記述資料に基づく個別分析に終始し、例えば、第1次大戦期の資金調達が間接金融と特徴づけられるのか、あるいは、資本市場に依存していたのかすら決着をみていない。本研究の課題は、個別企業の財務デ-タを積み上げながら、戦間期の企業金融・設備投資・コ-ポレ-ト・ガヴァナンスに関する基本的な事実を確認し、その上で申請者が構想する動学的経済成長論の枠組みから、その全体像を解明する点にあり、具体的な課題は以下の点にあった。1) 投資関数の推計;設備投資に対する流動性制約に注目した投資関数の計測を試みる。その際、各企業のガバナンス特性、および、生産物市場の動向を明示的に計測式に組み入れ、対外関係が比較的自由であり、また企業行動を規制する枠組みが自由主義的であった戦前期の投資行動の特性を解明する。この点の研究の結果は、2000年度の社会経済史学会で報告される一方、英文でワ-キング・ペ-パ-を作成した。また、この成果は、筆者の博士請求論文の第4章となった。2) 資金調達; 戦前の自由な環境の下で企業は、厳格な規制下にあった戦後期とは異なって、負債選択について多くのオプションをもっていた。本研究では、申請者が開発したモデルをこの時期の資料の制約にあわせて修正しながら、各企業の負債選択を、企業の将来収益とリスク及び企業のガバナンス特性に回帰するモデルを通じて分析する。3) ガバナンス:各企業のガバナンス特性は、企業の設備投資、負債選択を制約するばかりでなく、その結果として、変化する。本研究では、戦前期のガバナンス特性の変化を、設備投資・負債選択で説明するモデルを開発し、その定量分析を試み、戦前期のガバナンス特性の変化を追跡する。以上の2)、3)の成果は、筆者の博士請求論文の第5章に組み込まれた。

  • 日本企業システムの変容と設備・R&D投資

    2000年  

     概要を見る

     本研究の目的は、日本企業システムを構成する幾つかのサブシステムのうち企業金融、コーポレート・ガブァナンスの側面に焦点を合わせ、この変化が、日本企業の実体的な設備投資、及びR&D投資に与えた、あるいは与えつつある影響を検討する点にある。Fazzari,Hubbard and Petersen(1988)以来、これまで多くの実証研究は、資本市場における情報の非対称性を仮定し、投資の内部資金に対する高い感応を内部資金制約と解釈してきた。しかし、この投資の内部資金に対する感応は、経営者のモラルハゾ・ドからも起こりうる。これは、Jensen(1986)の指摘するフリー・キャッシュ・フローの存在が過剰投資を誘発するという経路に他ならない。すなわち、投資機会が乏しいにもかかわらず、有効な経営の規律のメカニズムを欠くために、経営者が潤沢な内部資金をNPVがゼロ以下の投資プロジェクトに向ける場合であり、この場合も透視が内部資金に感応的となる。本研究の分析のポイントは、投資の内部資金に対する感応に注目し、これを内部資金制約によるのか、フリー・キャッシュ・フローに起因するかを幾つかの作業仮説を通じて識別する点にある。 推計のサンプル企業はR&D支出の多いわが国製造業9部門、繊維、金属、鉄鋼、紙・パルプ、化学・医薬品・一般機械、電気機械、輸送機械、精密機械の各産業に属する大企業353社である。Hadlock(1998)などにならって、このサンプル企業を、上場年度やサンプル期間の期初における成長度等の複数の条件から、あらかじめOld Matured-firms(OM firms:歴史が古く、それゆえ非対称情報に直面する可能性が低く、かつ成長機会の乏しい企業)とYoung Growing firms(YG-firms:歴史が新しく、したがって非対称情報に直面する可能性が高く、かつ成長性に富む企業)に2分し、この両サブ・サンプル間の推計結果の差から「過剰投資」の可能性を識別した。この研究成果は、Corporate Governanace, Relational Banking and R & D: Evidence from Japanese Large Firms in the 1980s and 1990s (with Arikawa, Yasuhiro, Kato, Atsushi), International Journal of Technology Management, 及び Changing Corporate Finance and its Impact on Corporate Strategy After Bubble Period, Usha C. V. Haley and Frand Jurgen Richter (eds), Asian Post Crisis Management: Corporate and Government Starategies for Sustainable Competitive Advantage, Macmillan/St. Martin Pressに掲載予定である。

  • 戦後日本企業における状態依存的ガバナンスの実態と機能;メイン・バンクの救済は企業の効率改善をもたらしたか?

    1998年  

     概要を見る

     これまでの研究を通じて戦後日本の企業において銀行(メインバンク)がコーポレート・ガバナンス面で中心的な役割を演じてきたとの見方は広く受け入れられつつある。とくに通常の(arm's lenghな)企業・銀行関係に対してメインバンク関係がユニークな点は、取引先企業が金融危機に陥った際、メインバンクが企業経営に介入し(状態依存的ガバナンス)、しかも自ら負担を負いつつその救済・再建のイニシアチブをとる点にあり、この救済・再建が企業の性急な清算を回避し、企業に固有の熟練を維持して日本の経済成長に貢献したと指摘されてきた。本研究計画は、高度成長期の出発点である1955年から現在(1995年度)までの40年間について、全上場会社を対象としたデータからこうした見方の妥当性を実証的に吟味する点にあった。本年は、以上の関心から次の2つの課題を検討した。第1は、1)金融危機に陥った企業に対してメインバンクは、本当に自ら損失を負担しながら救済行動をとったのか、2)銀行による企業の救済は、実際に企業のパフォーマンスの改善をもたらしたのか、むしろ救済は経済構造の変化にともなって衰退してゆくべき企業を温存する効果をもっただけではないのか(過剰救済)、あるいは救済がかえって企業の効率改善のインセンティブを低下させたのではないか(モラル・ハザードの誘発)を定量的にテストすることである。この検討は、基本的なデータベースの作成と分析を終え、再計算を終えた上で、近い機会に成果を発表する予定である。第2の課題は、1980年以降の金融自由化の下で、以上の特徴を持つガバナンスが企業の負債選択にいかなる影響を与えたかを検討することであった。この点については、本学の蟻川靖浩氏(教育学部助手)と共同して1980年代後半、1990年代前半について独自のデータベースを作成して分析を進め、すでにその成果は別稿の通り公刊されている。主要な結論は、この時期の企業の負債選択は、1)期待収益にしたがって負債選択を進めたという意味で合理的であり、その傾向は90年代に入って強まったこと、2)90年代に入ると負債選択に対するリスクの重要性が将来収益に比べて相対的に上昇したこと、3)80年代に見られた負債選択に対する期待収益の効果をMB関係が増幅する関係が消失したこと、4)上記3)の事実は、80年代に見られた、企業経営者のもつモニター回避(entrenchment)のインセンティブの負債決定における重要性が低下し、同時に銀行の顧客プールの劣化が緩和されたことを意味すること、の4点であった。

  • 日本型企業システムの20世紀史:コーポレート・カヴァナンス・企業金融・内部組織構造

    1997年  

     概要を見る

    本研究は、第1次大戦前後から現在(1990年代)にいたる期間を対象時期として、当該期の日本経済をリードした大企業に焦点を合わせ、その企業構造並びに行動特性を、主としてコーポレート・ガヴァナンス、企業金融、内部組織構造に焦点を合わせて解明する点にあった。本年度の作業の中心は、我が国企業のコーポレート・ガヴァナンスの歴史的展開を追跡することにおかれた。まず、1955年以降の日本の大企業の経営者の構成(所有者、専門経営者か、外部取締役の比率)に関する資料の整備を進めて分析のサンプルを確定し、続いて、戦後の日本企業の展開を経営者の経営能力が問われる不況期を含む5局面に区分して、それぞれの時期について同一の回帰式を計測した。その分析結果は、別項の論文にまとめられた。主要なメッセージは、状態依存的カヴァナンスと特徴づけられる構造が最も、典型的に形成されたのは石油ショック後であること、高度成長期はそこへの進化過程であり、80年代以降にはその構造が変容していると見られこと、の諸点にある。なお、この研究はさらに銀行・及び企業の役員派遣と企業経営の効率の改善の問題に拡張され、現在継続中である。 本年のいま一つの作業は、これまで蓄積してきた戦間期の企業行動に関する成果をまとめることである。深刻な国際競争のもとで進展した戦間期の重工業化を可能としたメカニズムを、日本企業の特性、政府の役割等に焦点をあてて解明することがその課題であり、近年開発されたゲーム論、産業組織論の成果を適用しながら分析をすすめた。その成果の一部は、別項の英語論文として公刊予定である。なお、当初予定していた企業金融、内部組織構造の分析のうち、後者の分析には十分着手し得なかったが、前者は1980-90年代の企業金融の構造変化に焦点をあてて分析を進め、企業の負債の選択に関する計量分析について暫定的な結論をえた。本年前半中にワーキングペーパーにまとめ、適当な機会で報告を試みたい。研究成果の発表1998.4 戦後日本企業における状態依存的ガヴァナンスの進化と変容:Logitモデルによる経営者交代分析からのアプローチ『経済研究』(一橋大学)49-2。1998.5 Strategic Intervention against International Competition in the Interwar Japan; The Case of Chemical Industries.“Waseda Business & Economic Studies No.33.The Evolution and Change of Contingent Governance Structure in the J-Firm System: An Approach to Presidential Turnover and Firm Performance, Dirks D., J. F., Huchet, and T. Ribault, eds, Japanese Management in the Low Growth Era: Between External Shock and Internal Evolution, Springer Verlag, 1998

  • 日本の企業・企業集団の史的分析-企業の統治構造と経営者の組織能力からのアプローチ

    1996年  

     概要を見る

     本研究は、第1次大戦後から石油ショック前後を主たる対象時期として、当該期の日本経済をリードした大企業に焦点を合わせ、その企業構造並びに行動特性と、以上の大企業から構成される企業集団の機能の史的分析を課題とした。具体的には、企業の統治構造(エイジェンシー関係、情報構造、誘因体系)と経営者の組織能力の形成の2点に分析の焦点を定め、対象時期を1)戦間期(第1次大戦期から37年まで)、2)戦時期、3)戦後改革期、4)高度経済成長期(55年前後から73年)、5)石油ショック後の5期に区分した。これまで、2)、3)戦時・戦後改革期について一定の前進をみたことを前提に、まず4)・5)の高度成長期、及びその後、つづいて1)の戦間期の順に、企業の統治構造の把握にとって重要な指標(株主構成・銀行借入・経営者の構成=所有型・専門経営者・経営者の交代等)、企業経営の基本的な指標(資産・売上・利益・原価・金融費用・配当)、及び企業集団に関する指標(株式保有比率融資比率・役員派遣等)に関する独自のデータベースを作成・充実させ、これをもとに分析を進めた。主要な成果は以下の通りである。 1) 高度成長から石油ショック後の時期について、企業経営者の交代と企業のパフォーマンスの相関分析(probitモデル)を試み、いわゆる状態依存的コーポレート・ガヴァナンスの歴史的変化を追跡した。この成果は、邦語・英語の論文にまとめられ、後者は英文雑誌に投稿予定である。 2) 流動性制約に注目した投資関数の計測を試み、その成果の一部は、日本企業システムの歴史的変化を扱った論文に活かされた。ただし、計測は、代理変数(qの測定、資本コストの算定)的確さ、企業に固有の要素の導入などの点で、まだ多くの改善の余地を残した。 3) 本年度秋以降から、1937年の上位100社を母集団として戦間期のデータベースの作成に着手した。ただし、これは、三菱経済研究所の「本邦事業成績分析」が利用可能な1931年以前のデータ入力に多くの努力を必要とし、本年度中に完成にいたらなかった。企業タイプ(旧財閥・新興財閥・家族企業・経営者企業)別の投資関数・利益、成長率の格差と分散を計測する点に課題があったが、暫定的な計測を試みるにとどまり、今後データの充実・改善をすすめ、本研究の成果として公刊を期したい。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>