田邉 新一 (タナベ シンイチ)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.tanabe.arch.waseda.ac.jp/

プロフィール

1958年福岡県生まれ。早稲田大学創造理工学部建築学科教授、専門は建築環境学。1982年早稲田大学卒業。工学博士。デンマーク工科大学、カリフォルニア大学バークレー校、お茶の水女子大学助教授を経て現職。日本学術会議会員。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   芸術学校

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2014年
    -
    2023年

    住宅・建築環境設備研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1987年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科   建設工学専攻  

  • 1982年04月
    -
    1984年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科   建設工学専攻  

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    早稲田大学   理工学部   建築学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   工学修士

  • 早稲田大学   工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   創造理工学部建築学科   教授

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   理工学部建築学科   教授

  • 2003年
     
     

    デンマーク工科大学客員教授

  • 1999年
    -
    2001年

    早稲田大学理工学部建築学科 助教授

  • 1998年
    -
    1999年

    お茶の水女子大学大学院人間文化研究科 助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    International Society of Indoor Air Sciences

  •  
     
     

    米国暖房冷凍空調学会

  •  
     
     

    空気調和・衛生工学会

  •  
     
     

    日本建築学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 建築環境、建築設備

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 建築環境学

  • 室内空気質

  • 省エネルギー

  • 熱的快適性

  • 室内環境

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigation of transient and heterogeneous micro-climate around a human body in an enclosed personalized work environment

    Chong Wang, Sung-Jun Yoo, Shin-ichi Tanabe, Kazuhide Ito

    Energy and Built Environment   1 ( 4 ) 423 - 431  2020年10月  [査読有り]

    DOI

  • How can airborne transmission of COVID-19 indoors be minimised?

    Lidia Morawska, Julian W. Tang, William Bahnfleth, Philomena M. Bluyssen, Atze Boerstra, Giorgio Buonanno, Junji Cao, Stephanie Dancer, Andres Floto, Francesco Franchimon, Charles Haworth, Jaap Hogeling, Christina Isaxon, Jose L. Jimenez, Jarek Kurnitski, Yuguo Li, Marcel Loomans, Guy Marks, Linsey C. Marr, Livio Mazzarella, Arsen Krikor Melikov, Shelly Miller, Donald K. Milton, William Nazaroff, Peter V. Nielsen, Catherine Noakes, Jordan Peccia, Xavier Querol, Chandra Sekhar, Olli Seppänen, Shin-ichi Tanabe, Raymond Tellier, Kwok Wai Tham, Pawel Wargocki, Aneta Wierzbicka, Maosheng Yao

    Environment International   142   105832 - 105832  2020年09月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • 暑熱屋外に涼感を提供するゼロエネルギー・クールツリーの開発

    Yumiko Miyasaka, Kitaro Mizuide, Soma Sugano, Yasuhiro Tabata, Ryoya Furukawa, Akihisa Nomoto, Yoshito Takahashi, Susumu Horikawa, Shin Ichi Tanabe

    日本建築学会技術報告集   26 ( 63 ) 619 - 624  2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Architectural Institute of Japan. All rights reserved. Since the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games will be held during the hot summer, promotion of outdoor heat is an urgent issue as one of environmental measures. “Cool Tree” as a cool spot to create a beautiful shade of lumber with laminated wood, operating with zero energy using only solar energy, with the concept of “design like Japan”, “complete off-grid system” and “ultimate recycling ecology” was developed, and field measurements were carried out.

    DOI

  • ワーカー属性によるオフィスの知的生産性評価に関する研究 オフィスデザイン選好の違いによるワーカータイプの分類

    王 紫葉,劉 子勍, 助田 ひなの,長澤 夏子,佐藤 泰,小島 隆矢,田辺 新一

    日本建築学会環境系論文集   85 ( 771 ) 311 - 319  2020年05月  [査読有り]

    DOI

  • 電気自動車の利用を考慮したゼロ・エネルギー住宅の自家消費運用手法の提案

    秋元 瑞穂, 金 ジョンミン, 常岡 優吾, 大木 玲奈, 田辺 新一, 林 泰弘, 森戸 直美

    日本建築学会環境系論文集   85 ( 770 ) 277 - 287  2020年04月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Architectural Institute of Japan. All rights reserved. This study proposes operational strategies for combinations of equipment, including an electric vehicle (EV), in a house using self-consumption. The aim of this is to attain both comfort and efficient energy management under several household and regional conditions, focusing on the frequency of the EV's use as well as the residents' schedules. As operational strategies for self-consumption of surplus power, storage battery (BT) charging, EV charging and daytime operation of heat pump water heater (EC) were assumed. Moreover, the amount of self-consumption, CO2 emissions, and the cost-effectiveness of different equipment combinations were calculated and compared.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ゼロ・エネルギーハウス : 新しい環境住宅のデザイン

    田辺, 新一, 長澤, 夏子, 高口, 洋人, 小林, 恵吾, 中川, 純

    萌文社  2017年10月 ISBN: 9784894913370

  • 住環境再考 : スマートから健康まで

    住総研「住環境を再考する」研究委員会, 田辺, 新一, 星, 旦二, 岩船, 由美子, 清家, 剛, 甲斐, 徹郎, 山本, 恵久

    萌文社  2016年04月 ISBN: 9784894913127

  • 床暖房読本 : 快適・安心・人と環境にやさしい暖房のすべて

    田辺, 新一, 倉渕, 隆, 秋元, 孝之, BL暖房研究会, ベターリビング

    風土社  2009年06月 ISBN: 9784863900004

  • 民間集合住宅におけるESCO・リース事業の推進

    空気調和, 衛生工学会編

    丸善  2007年10月 ISBN: 9784874180402

  • 低温送風空調システムの計画と設計

    田辺新一

    空気調和・衛生工学会  2004年02月 ISBN: 9784874180358

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • The emission rate of newly regulated chemical substances from building materials

    Hyuntae Kim, Shin Ichi Tanabe, Makoto Koganei

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   609 ( 4 )  2019年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. The Japanese government mandated a mechanical ventilation system for the purposes of solving sick houses and setting the guidelines for indoor hazardous chemical substances. However, as the use of new chemical substances and alternative substances has increased, pollution in the rooms has been a major concern. Therefore, the present study measured the emission rate of new contamination chemicals from building materials through the micro-chamber. As a result, the emission of 2EHA from the adhesive was confirmed. In addition, TXIB, TEXANOL, DINP, DEHP, DBP and other chemical substances were emitted from the building materials such as carpet, PVC flooring, water paint, and insulation.

    DOI

  • 座談会 空気調和・衛生設備とSDGs (特集 空気調和・衛生工学とSDGs)

    阿部 靖則, 河口 真理子, 川久保 俊, 佐藤 文一, 田辺 新一, 高口 洋人

    空気調和・衛生工学   93 ( 10 ) 849 - 856  2019年10月  [査読有り]

    CiNii

  • Evaluation method for thermal environment in residential houses using score on warmth

    Yosuke Watanabe, Yumiko Araki, Mika Saito, Chaichang Chen, Misa Imazu, Shin Ichi Kagiya, Hiroko Fujimura, Keiko Tsuda, Shin Ichi Tanabe

    E3S Web of Conferences   111  2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © The Authors, published by EDP Sciences. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License 4.0 The purpose of this study is to verify whether the score on warmth corresponds to the actual rating of subjects with regard to thermal comfort and satisfaction. Experiments were carried out in an experimental house in a climate chamber under five different thermal conditions, in which different combinations of air and floor temperatures were controlled by floor heating or air-conditioning systems.Twenty-four subjects rated their thermal sens2ation and satisfaction in each condition, and evaluated the thermal environment on a 100-point scale. The results of this experiment are as follows. It was suggested that score on warmth based on operative temperature and floor temperature more appropriately evaluates the living environment in Japan than the Predicted Mean Vote model, which assumes uniformity of the thermal environment. The score on warmth is considered a useful thermal environment index, which evaluates the comfort and satisfaction of residential houses in Japan. The score on warmth was 2.8 points when the percentage of comfort rating was more than 80%, and was 3.0 points when the percentage was more than 90%. In conclusion, these results show that it is possible to predict the risk of catching a cold in winter using the score on warmth.

    DOI

  • Relationship between attributes of individual workers and concentration at work

    Reo Sugino, Tanabe Shin-Ichi, Mikio Takahashi, Tomoko Tokumura, Kazuki Wada, Tomohiro Kuroki, Jun Nakagawa, Jun Shinoda, Takuma Shinoyama

    E3S Web of Conferences   111  2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © The Authors, published by EDP Sciences. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License 4.0 Working environments are becoming far more diverse. For example, Activity-Based Working (ABW), a new style of working where workers choose their own work environment, is now attracting attention. An office that introduces ABW is comprised of various spaces, including open plan workspaces, corresponding to the ways of working. However, such an office may result in distraction. Therefore, it is necessary to identify the environmental factors that affect individual workers' concentration at work. This study aimed to ascertain the relationship between individual workers' attributes, such as the Big Five personality traits, personal control, and age, and the factors that distract them from their work. A questionnaire-based field survey was conducted at an office that partially adopted ABW to investigate the relationship between selection of seats and concentration at work. The results revealed different tendencies among workers for the type of work environment needed to concentrate according to their individual attributes. Additionally, it was suggested that the changing of seats lead to improved concentration at work, thus increasing productivity.

    DOI

  • A renovation proposal for zero-energy houses: Outline of building planning and evaluation of thermal environment

    Soma Sugano, Shingo Yamaguchi, Yugo Tsuneoka, Reina Oki, Jun Nakagawa, Naoya Watanabe, Tatsuhiro Kobayashi, Shin Ichi Tanabe, Takashi Akimoto

    E3S Web of Conferences   111  2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © The Authors, published by EDP Sciences. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License 4.0 Considering the effects of electricity shortages caused by natural disasters in Japan, residential energy efficiency is essential. In addition, excessive housing stocks in Japan have highlighted the importance of expertise in renovation methods for zero-energy houses (ZEHs). Therefore, we designed and built a ZEH as a refurbishment of steel-structure industrialized housing to acquire knowledge on ZEH design and renovation. The renovation uses a highly insulated volume against a low insulation volume, which is assumed to be an existing house. The space between the low-insulation wall facing the outside and the high-insulation wall surrounding the main living space functions as a sunroom and called a loggia. By opening and closing the inside and outside windows according to the season and time of day, the loggia functions as a passive system to reduce the air-conditioning load. In this paper, the outline of the building plan of the experimental house and the evaluation of the thermal environment are presented.

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 産業標準化事業表彰

    2020年10月   経済産業省   経済産業大臣表彰  

  • 文部科学大臣表彰科学技術賞

    2020年04月   文部科学省   室内環境の快適性評価手法とその社会展開に関する研究  

  • ペッテンコッファー賞

    2016年07月   室内環境アカデミー ISIAQ  

  • 空気調和・衛生工学会賞(技術賞 建築設備部門)

    2014年  

  • 空気調和・衛生工学会賞(技術賞 建築設備部門)

    2013年05月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多様性を考慮した温熱快適性評価手法に関する研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2024年03月
     

    田邉 新一, 中川 純, 對馬 聖菜, 尾方 壮行

  • 波長別光環境を考慮した建築内植物の生育評価手法に関する研究

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2020年07月
    -
    2023年03月
     

    田邉 新一

  • 温熱環境の変動が睡眠の質に与える影響の解明

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

    田邉 新一, 都築 和代, 尾方 壮行

     概要を見る

    睡眠の質を向上させる寝室内環境の解明を目的として実際の住宅で睡眠状態に関する研究を行い、以下の知見を得た。全睡眠段階で空気温度が25~27℃の時に中途覚醒発生率Pr(w)が低くなり、特に26.6℃の時に最も低くなることが示された。また、動画撮影により睡眠時の着衣量、体動が測定可能となった。騒音および空気質の悪化が睡眠を妨げる可能性が示された。さらに、人体熱負荷の変動が大きいほど Pr(w)が増加することが示された。また、個人の基礎代謝量を考慮することで、より統一的に睡眠時温熱環境評価ができる可能性が示唆された。人体熱負荷の累積値が0kJ/m2に近いほど深睡眠割合が増加することが示された。

  • 医療福祉施設における感染症リスク低減に関する研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

    田邉 新一

     概要を見る

    本研究では、感染リスクの評価手法の構築及び各種手法を用いた感染リスク低減効果の評価、それらの知見を基盤とした次世代型病院建築・設備システムの提案を行うことを目的とした。感染リスク評価手法として、模擬咳発生装置の開発、再現性の高い環境表面汚染度測定手法の検討、感染リスク評価式の構築を行った。各種手法を用いて病室・診察室・待合室における感染リスク評価を行い、感染リスクの低い医療福祉施設の建築・建築設備デザイン、既存施設における感染リスク低減策を提案し、また清掃方法など現状の対策の改善点を明確に示した。

  • ソフトコンピューティングを核とした建築・人間・設備システムの最適化の研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2007年
    -
    2010年
     

    田邉 新一, 秋元 孝之, 岩下 剛, 堤 仁美, 松本 隆

     概要を見る

    人間の快適性、建物の室内環境制御及びエネルギー消費の効率化、空調システムの運用性能向上を考慮した統合制御の最適化を目的とした。環境要素をVRとHDRを用いて提示することの有効性、建築に有用な臭気評価法の提案と性能試験、高顕熱型空調のエネルギー対比快適性能の優秀性を示した。また、個別分散システムを対象とニューラルネットワークを用いた冷媒物性値近似法を提案・出力精度を評価した。空調シミュレーションにおいて、オープンソース化と再利用性を高めるためオブジェクト指向言語を用いたスケジューラ抽象化及びモジュール形式シミュレーションを制作し有効性を検証した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Computer Analysis of Annual Energy Requirements in a House with Combined Use of Natural Energy

    The Fourth International Symposium on the Use of Computers for Environmental Engineering Related to Buildings  

  • Estimation of Annual Heat Loss and Heat Gain from Earth-contact Floors and Walls with Insulation in Temperate Climate Region

    International Conference on Earth Sheltered Buildings  

  • The House with Solar Chimney and the House with Rock Tower; Three Passive Solar Houses at North Latitude 35 Degree in Japan

    Passive Solar Conference, USA  

  • Experimental Study and Energy Analysis on the Open Cycle Solar Absorption Cooling System Using LiCl Solution

    International Symposium on Thermal Application of Solar Energy  

  • Design of Waseda University Environmental Test Chamber and its Performance Characteristics

    CLIMA 2000  

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 波長別光環境を考慮した温室内植物の生育評価手法に関する研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究の目的は、波長別光環境解析の技術を応用し、温室内植物の生育評価手法を検討することである。本研究では、(1)波長別光環境解析を用いた3Dモデル内での植物の光合成速度の予測手法の提示と、(2)植物群落が形成する波長別光環境に関するデータの収集を行った。はじめに、農学分野で最も広く用いられている光合成モデルと波長別光環境解析を連成し、3Dモデル内の座標ごとに植物の個葉の光合成速度を算出する手法を開発した。さらに、植物群落に形成される光環境をシミュレーションで再現するため、トマト群落が形成された温室内において分光放射照度の実測調査を実施した。実測条件を再現した3Dモデルでの解析値と実測値を比較することで、植物群落に形成される波長別光環境の再現性の改善に関する検討を進めた。

  • 医療福祉施設における感染症リスク低減に関する研究

    2011年   堤仁美

     概要を見る

    10月に科研費に追加採用されたため、科研費と連携した成果となっている。以下の項目に関して研究を行った。1)空気感染に関する知見の整理:インフルエンザの空気感染の可能性も考慮し、飛沫感染として扱われてきた近距離(1.5m以下)での空気感染のメカニズムを中心として国内外の文献調査を行った。また、感染を引き起こすウイルス・菌を含む飛沫および飛沫核は、主に感染者の咳およびくしゃみにより飛散されるため、PIV(Particle Image Velocimetry)測定により、人の咳の伝搬特性把握を行った。2) 透析室の快適性に関する実態調査:病院の中央監視データによって年間を通じた空調運転状況を調査し、現状を把握した。また、順天堂大学医院人工腎臓室において、室内温熱環境、空気質に関する実測調査を行うとともに、医療スタッフ、透析患者の室内環境の申告調査を行った。透析患者は貧血や主に糖尿病に起因する血行不良により健常者に比べ体感温度が低くなりがちであり、同様の室内環境において医療スタッフとの間で快適性の差が生まれやすいことを定量的に示した。3) 模擬咳気流発生装置の開発:感染者の咳によって飛散するウイルスを含む飛沫及び飛沫核による感染リスクの低減効果を検証するために、人体の気道を再現したマネキンを接続した模擬咳気流発生装置を開発した。咳気流の流量、流速、形状、温度をPIV測定などの被験者実験結果と比較し人間の咳を可能な限り再現できるようにした。また、飛沫感染及び飛沫の付着による接触感染を模擬するためにアデノシン三リン酸(ATP)溶液を用いた。この測定法にはさらなる検討が必要なことがわかった。4) 効果的な清掃・除菌方法の検討:接触感染対策に有効な清掃方法に関して検討を行った。模擬咳気流発生装置を用いて、咳の飛沫の付着場所を確認した。有効な清掃箇所を指摘した。また、人間行動を観察することにより設備、什器などの接触頻度を算定した。

  • 冷房化が急速に進む東京都区部小学校の実態調査

    2008年  

     概要を見る

    本研究の目的は、保護者の要求、ヒートアイランド化による夏季の屋外温度の上昇、学校制度改正、二学期制による夏季日の増加、補助金制度に伴い、全国に先駆けて急速に冷房化が進んでいる東京都区部の公立小学校に関して、教育委員会へのヒアリング調査および実態調査により『小学校の冷房化状況』の現状を把握した。本調査により冷房化が進んでいない今後の他地域での対策に役立てることが可能となる。次に、少子化の影響も考慮しつつ将来の全国の小学校におけるエアコン設置数やエネルギー消費増加量のマクロ評価予測を行い、エネルギー消費量の増加を抑止することを目指した小学校建築における『環境技術対応策の効果』を検討することを目的とした。『小学校の冷房化状況』の結果として、下記が得られた。・エアコン導入が進む東京都K区10校の小学校教員に対するアンケート調査と同区の教育委員会に対するヒアリング調査を行い、公立小学校冷房化の現状把握を行った。・アンケート結果より、エアコン使用による児童への影響については、すべての学校で児童の集中力が上がったと回答しており、夏バテに対する効果も見られた。・K区立小学校16校の普通教室1学級当たりの冷房エネルギー消費量は、平均4,759MJ/学級であるが、学校ごとに使用量が大きく違っていた。EHPとGHPの熱源種類の違いよりも、使い方による違いが大きいと考えられた。マクロ評価に基づいた『環境技術対応策』の効果の検討結果として、下記が得られた。・公立小学校普通教室の47都道府県毎の2030年までのエアコンエネルギー消費量を予測可能なマクロモデル手法を新たに構築した。・その結果、マクロモデルによる予測により少子化の影響を考慮しても2030年時点のエネルギー消費量は、全国で1990年比68%増となるが、冷暖房設定温度の緩和、自然換気の活用、庇や高性能ガラスの採用、高効率エアコンの普及と言った環境技術対応策の導入により、全国で1990年比±0%に抑制されると予測された。

  • ソフトコンピューティングを核とした建築系環境・情報マネージメントシステムの研究

    2006年   堤仁美, 渡邊進介

     概要を見る

    シミュレーション技術を用いることで最適空調運転を行う手法に関する研究を行った。近年のシミュレーション技術・最適化手法や最適化の対象となるシステム等に関して整理を行うために、シミュレーションと設備の最適化に関連する文献の整理を行った。設備シミュレーションの応用の具体例として、BECS/CEC/ACを用いた熱源部分負荷運転の検討、ソフトコンピューティングによる機器特性の推定法、OH Saverによるリアルタイムシミュレーションとシステム最適化、デザインベックスによる計算精度の検証、オブジェクト指向型動的シミュレーションプログラムの開発、冷凍サイクルシミュレーションと計算結果のデータベース化、に関する調査を行った。設備システムの具体例としては、ガスヒートポンプを利用した放射空調システム、コージェネレーションを導入した大規模病院におけるエネルギー消費実態と効率分析に関して調査を行った。本特定課題を発展させ、引き続きシミュレーション技術に関連する情報の収集を行うことで検討を重ねるとともに、一部の施設の実測等を並行して行い、シミュレーションと実測値との比較・評価等を行った。この結果を基礎として科研費申請を行った。

  • 家庭用品から放散する化学物質のリスク評価管理に関する総合研究

    2004年  

     概要を見る

    シックハウス症候群が社会問題化している。その原因として考えられている内装建材からの放散については様々な研究がされてきた。近年、建材のみならず、室内に存在する種々の家庭用品から放散される揮発性有機化合物(VOCs)やカルボニル化合物等に関心が寄せられている。本研究では、これらの家庭用品からの放散特性の把握を行うことを目的とした。ベークアウトされた1m3チャンバーに清浄空気を供給している状態でバックグラウンド濃度を測定した後、測定機器を設置した。チャンバーを密閉し非通電の状態で12時間放置した後、測定対象品が入っている状態でバックグラウンド濃度を測定した。サンプルバックグラウンド濃度の測定が終了した後、チャンバー外部から機器の電源を入れた。その時間を0時間とした。同時にトラベルブランクの測定も行った。それぞれの捕集では、VOCsに関してはTenax-TA捕集管、アルデヒド類に関してはSep-Pak DNPHを用いた。パソコンに関しては、トルエン気中濃度最大値は通電後3時間前後になった。TVOC測定結果に関しても同様であった。高放散の家庭用機器もみられ、化学物質低減化対策が必要とされる。また、室内の換気量を増加するなどの対策が必要とされることが示唆された。一方、SVOC(準揮発性有機化合物)に関してフォグ法を用いて測定を行った。対象とした建材は、塩化ビニル樹脂系壁紙および塩化ビニル製床シートであり、SVOCの付着量を評価した。温度条件を変えた付着量測定により、温度を上げることで付着量が増す物質とそうでない物質があることがわかった。DBP、DEHPについては温度をあげることにより、付着量に顕著な増加がみられ、温度依存性の高さが確認された。また、温度による付着量の増加傾向は同一成分であっても、試験体の種類や材質等により異なることが確認された。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中

    日本学術会議  会員

  • 2014年01月
    -
    継続中

    ISO TC146/SC6 室内空気質  議長

  • 2004年05月
    -
    継続中

    最高裁判所  専門委員

  • 2018年05月
    -
    2020年05月

    公益社団法人空気調和・衛生工学会  会長

  • 2015年05月
    -
    2017年05月

    日本建築学会  副会長

全件表示 >>