平埜 雅久 (ヒラノ マサヒサ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   大学院文学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    英国エセックス大学   大学院言語学科   言語音声学  

  •  
    -
    1975年

    早稲田大学   文学部   英文学専修  

学位 【 表示 / 非表示

  • M. A.

  • エセックス大学   言語学修士

  • (BLANK)

  • 早稲田大学   文学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年
     
     

    早稲田大学教授

  • 1992年
    -
    1997年

    早稲田大学助教授

  • 1997年
    -
     

    早稲田大学教授

  • 1987年
    -
    1992年

    早稲田大学専任講師

  • 1985年
    -
    1987年

    早稲田大学文学部助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    環太平洋応用言語学会

  •  
     
     

    日本音声学学会

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 言語学・音声学、英語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 授業へのIT導入の先端的試み:早稲田大学

    全私学新聞    2001年11月

  • 授業へのIT導入の先端的試み−外国語教育におけるITの導入

    第15回私情協大会    2001年09月

  • 日本語における阻害音の有声性・無声性に関する聴覚的特性

    英文学、早稲田大学英文学会   81  2001年03月

  • Intercultural communication in cyberspace: A report of the class-based cross-cultural distance learning projects

    University of Malaya, Malaysia    2000年07月

  • 英語オーラル・コミュニケーション講座:入門コース

    アルク    1999年10月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 遠隔授業・双方向異文化語学演習と海外共同ゼミの可能性-教材蓄積と教育評価システム

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2000年
    -
    2002年
     

     概要を見る

    2002年度前期
    (1)国立江原大学とのアメリカ文学についてのサイバーセミナー(4回)
    (2)毎週テーマカレッジ(国際コミュニケーション)を受講した学部生が高麗大学のGlobal English through Internetを受講した学部生とVideo-Conferenceを行った。
    (3)高麗大学の大学院生との早稲田大学の教育学研究科の大学院生との毎週二回のSociolinguistics及びLexical-Functional Grammarに関するVideo-Conference
    (4)イギリスのベクター社とのInternet教材と電話によるビジネス英語講座を開講した。
    2002年後期
    (1)エジンバラ大学、理論及び応用言語学科とのサイバーレクチャー(Dr.Hugh Trappes-Lomax教授)(10回)(Language in Use)
    (2)シラキュース大学、社会言語学についてのサイバーレクチャー(Tej K.Bhatia教授)(3回)
    (3)コロラド大学、心理言語学についてのサイバーレクチャー(Lise Menn教授)(3回)
    (4)香港バプティスト大学(月2回、合計8回;日本文化についてWeb Radio Station形式)
    (5)高麗大学との異文化双方向語学演習(中国、日本、韓国の家族制度をテーマとして)(4回)
    (6)国立江原大学とのアメリカ文学についてのサイバーセミナー(4回)
    (7)RELC(シンガポール)との異文化双方向語学演習(4回);Grammar for the Future (Dr.Ronald Carter);What can Linguistics contribute to the Teaching of Grammar (Dr.Tony Hung);Critical Literacy in the Southeast Asian Context (Dr.Joseph Foley);The Role of SEAMEO RELC in Language Education in the Region (Thomas Khng)
    (8)アデレード大学(8回)Video-ConferenceによるEnglish for communication
    (9)Portland State UniversityとのBusiness Writing CourseをInternetにより開講した。
    いくつかの講義はVODにし、インターネット上で公開しているが、講演者によりパスワードが必要である。遠隔講義用のホームページはhttp://pc171115.pc.waseda.ac.jp/ccdl/index.html、学部生のための異文化双方向語学演習のホームページはhttp://www.project.mnc.waseda.ac.jp/ccdl/である。ハンドアウトは全てホームページから読めるようにした。また、教育評価として、時間測定、語彙分析を行なった。

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 「Voicing contrast」に関する日英語比較研究

    1998年  

     概要を見る

    今回の研究調査では、voicing contrastの研究対象を閉鎖音から摩擦音/破擦音に移し、閉鎖音以外のobstruentsにおいて、voicing contrastが、音響音声学的に、聴覚音声学的にどのような体系を有するのか、日本語と英語を比較対照しながら、その解明が試みられた。 分析対象とした発話は、同一母音の中に当該子音を挿入するといった、オーソドックスな無意味語が使われた。/asa/、/aza/、/acha/、/asha/の4つがその発話である。これら4つの無意味話を、日本語話者、英語話者、各2名ずつに、それぞれ10回ずつ発話してもらい、その音響分析を試みた。分析の結果、摩擦音も破擦音も、閉鎖音とほぼ同様の結果となった。さらに、日本語と英語の比較では、両音とも、音響分析に関する限り大差はなかった。音響分析の結果は以下の通りである。 1.摩擦音も破擦音も、共に、有声子音の直前に出現する母音の長さは、無声子音の直前に比べて長かった。 2.子音の長音に関しては、摩擦音も、破擦音も子音部分の長さ(閉鎖音のclosure durationに匹敵する部分)は、無声音の方が長かった。 3.摩擦音も破擦音も、スペクトル分析上で、有声音にvoice barが観察された。 4.無声摩擦音では、無声閉鎖音や無声破擦音の「VOT」に匹敵する、「後続母音の立ち上がりまでの時間的長さ」が観察されたが、現れ方に一貫性が欠けていた。 5.先行母音から子音に移行する際に、母音のフォルマントパターンに有声音、無声音で違いがあった。有声音の直前では、母音のフォルマントパターンの移行が緩やかであった。 聴覚実験では、上記の音響学上のパラメータをもとに聴覚実験用の音を作成し知覚実験が試みられる。ただし、現時点では、知覚実験が完了していないため、実験結果に関しては、追って発表される研究論文で紹介されよう。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>