三友 仁志 (ミトモ ヒトシ)

写真a

所属

国際学術院 大学院アジア太平洋研究科

職名

教授

ホームページ

http://digitalsociety.jp/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   創造理工学部

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2021年

    デジタル・ソサエティ研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    筑波大学   社会工学研究科   都市地域計画学  

  •  
    -
    1987年

    筑波大学   社会工学研究科   都市地域計画学  

  •  
    -
    1979年

    横浜国立大学   経営学部   会計学科  

  •  
     
     

    筑波大学   環境科学研究科   環境科学専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • Master of Environmental Science

  • 筑波大学   学術修士

  • Doctor of Engineering

  • 豊橋技術科学大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年
    -
    2000年

    専修大学 教授

  • 1992年
    -
    1998年

    専修大学 助教授

  • 1988年
    -
    1992年

    名古屋商科大学 専任講師

  • 1986年
    -
    1988年

    日本学術振興会 特別研究員

  • 1986年
    -
    1988年

    日本学術振興会 特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ITヘルスケア学会

  •  
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     

    情報通信学会

  •  
     
     

    日本社会情報学会

  •  
     
     

    公益事業学会

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 通信経済、ICT、IT、情報化、社会的効果、経済政策(含経済事情)

論文 【 表示 / 非表示

  • The Internet of Things as an accelerator of advancement of broadband networks: A case of Thailand

    Tatcha Sudtasan, Hitoshi Mitomo

    Telecommunications Policy   42 ( 4 ) 293 - 303  2018年05月

     概要を見る

    The advanced development of broadband access is an inevitable step toward supportive daily lives and sustainable economic growth. However, the decisive outcome of the development relies heavily on the demand side. Consumer choice among advanced Internet broadband technologies will determine the achievement of the development. This study aims to illustrate that consumer decisions on choices of advanced Internet access are influenced by the emergence of the Internet of Things (IoT) applications. A bivariate probit model is applied to examine the effects of IoT, consumer's individual characteristics, and their current use of networks on their decision pertaining to the choice of advanced Internet access. Using Thailand as a case study, the result indicates that the emergence of IoT applications accelerates the adoption of both advanced mobile broadband (5G) and advanced fixed broadband (FTTH). This finding may help policy makers to optimize the future direction of the Internet infrastructure development in Thailand, and also countries in a similar stage.

    DOI

  • Effects of media information on collective resilience in a disaster—A case study of the crisis of stranded commuters in Tokyo during the 2011 Great East Japan earthquake

    John W. Cheng, Hitoshi Mitomo

    Asian Journal of Social Psychology   21 ( 1-2 ) 83 - 96  2018年03月

     概要を見る

    This article examines the relations between media information and collective resilience—collective solidarity behaviours that emerge from a crowd—in a disaster. It uses the crisis of stranded commuters in Tokyo during the 2011 Great East Japan Earthquake as a case study with data collected from an original survey. Using a cluster analysis and a multinomial logistic regression, it is found that media information is positively related to the characteristics of collective resilience, such as shared identity and mutual help. Specifically, among those who felt threatened by the disaster, people who had received more information from media, particularly from social media and mobile telephones, were more likely to display higher levels of these characteristics. It is contended that this is because media information can help people to feel more empowered and, thus, more willing to interact with and help others.

    DOI

  • Effects of Media Information on Collective Resilience in a Disaster – A Case Study of the Crisis of Stranded Commuters in Tokyo during the 2011 Great East Japan Earthquake

    Cheng, John W, Mitomo, Hitoshi

    Asian Journal of Social Psychology   21 ( 1-2 ) 83 - 96  2018年03月

    DOI

  • The underlying factors of the perceived usefulness of using smart wearable devices for disaster applications

    John W. Cheng, Hitoshi Mitomo

    TELEMATICS AND INFORMATICS   34 ( 2 ) 528 - 539  2017年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Smart wearable devices offer much potential to assist citizens in disasters. To the general public, however, using these devices for disaster applications is still a novel concept. In disasters, most people are reluctant to rely on unfamiliar technologies. Thus, for these devices to become truly useful in disasters, it is important to understand factors that affect their acceptance by the public. Previous studies show that perceived usefulness is a clear antecedent of people's acceptance of smart wearable devices. However, the underlying factors that affect perceived usefulness itself are not clearly known. Thus, the aim of this study is to fill this gap, and by doing so, to derive some practical implications for solution developers and governments.
    This study used structural equation modelling to analyse survey data collected from 647 respondents in Japan. We found that the respondents' perceived usefulness of the current applications of smart wearable devices was a strong predictor of their perceived usefulness of using these devices for disaster applications. Although indirect factors such as the ownership of ICT gadgets and the usage of social media also had some influences, most of their.effects were mediated through increasing the respondents' perceived usefulness of the current applications. In other words, through appreciating the functions of the current applications of smart wearable devices, people can visualise the usefulness of these devices in disaster situations. That being said, we found that in parallel, people also had concerns on the privacy issues of these devices. These findings shed light on the promotion and development of this fast growing technology for disaster applications. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • The underlying factors of the perceived usefulness of using smart wearable devices for disaster applications

    Cheng, John W, Mitomo, Hitoshi

    Telematics and Informatics   34(2)   528 - 539  2017年05月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • サステイナブルなデジタル社会実現に向けたスマート革命

    三友仁志( 担当: 共編者(共編著者))

    エドワード・エルガー  2015年09月 ISBN: 1784710032

     概要を見る

    The objective of this book is to present a comprehensive evaluation of the smart revolution, including its social and economic impacts. It proposes a modern framework to help assess how recent Information and Communication Technologies (ICTs) can contribute to societies as a whole.

  • The Smart Revolution Towards the Sustainable Digital Society: Beyond the Era of Convergence

    Hitoshi Mitomo, Hidenori Fuke, Erik Bohlin

    Edward Elgar  2015年

  • スマート化する放送---ICTの革新と放送の変容

    民間放送連盟研究所( 担当: 分担執筆)

    三省堂  2014年09月

  • Telework and Telecommuting in Japan: Sustainability and Macroeconomic Perspectives

    K. Nakamura and K. Agata (eds), Convergence of Telecommunications and Broadcasting in Japan, Curzon  2001年

  • Telework and Telecommuting in Japan : Sustainability and Macroeconomic Perspectives

    Convergence of Telecommunications and Broadcasting in Japan, United Kingdom and Germany, Curzon  2001年

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 高速道路の経済性に関する研究(その13その14)(財)国土開発技術研究センター

    1986年
    -
    1987年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地域学会奨励賞

    1992年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 情報化投資効果の発現メカニズムの理論的解明と予測可能性に関する研究

    研究期間:

    2002年
     
     
     

     概要を見る

    本研究計画は、わが国企業および産業のIT化を統計的に分析することを基礎として、(a)その特徴と効果の発現に関する促進・制約要因を明らかにし、(b)ITがわが国経済に与える影響を推定し、(c)既存のGeneral Purpose Technologyの普及プロセス等を参考に、その将来の予測が可能であるかどうかを理論的・実証的に分析し、(d)それらの目的に援用可能な大規模データベースを構築するとともに、(e)情報化を支援する適切な政策手段の議論に必要な基礎的知見を得ることを目指すものであった。研究遂行にあたっては、内外の研究動向の把握、わが国企業のIT化に関する実証分析を行うとともに、得られた中間的成果については、適宜、内外の学会等の場で発表し、有識者との意見交換を行うことにより、成果水準の改善・向上を図った。その結果、本研究計画においては、以下の3つの分野において有益な知見を生み出した。1.個別企業のIT化の効果発揮に関する分析(1)わが国大企業が行っているIT化は生産性に対してプラスの貢献を実現している。(2)IT化とともに導入されることが多い補完的経営施策はわが国の場合、十分な成果を生んでいない。(3)IT投資に対する潜在的意欲は他の一般投資財と有意な差がない。2.IT化の消費者行動へのインパクト(1)IT化は情報検索費用の低下を通じて、物理的移動手段交通を用いない購入手段を選択する可能性を増大させる。(2)マレーシアにおける若年層のインターネットリテラシー改善のためには"parent factor"に着目する必要がある。3.放送産業におけるIT化の影響(1)放送産業においては規模の経済性が存在する一方、番組製作と伝送サービスに関する垂直統合のメリットは見出せない

  • 嘉手納町 デジタル映像制作・WEB配信プロジェクト

    研究期間:

    2002年
     
     
     

  • 情報化の進展が交通サービスの需給構造および環境に与える影響に関する研究

    研究期間:

    2002年
     
     
     

  • 嘉手納町 デジタル映像制作・WEB配信プロジェクト

    研究期間:

    2002年
    -
     
     

  • 次世代メディアの普及要因に関する研究

    研究期間:

    2002年
    -
     
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Big data, IoT and AI for a Social Platform: Leapfrogging or Smooth Diffusion?

     [招待有り]

    the 22nd ITS Biennial Conference   (Seoul) 

    発表年月: 2018年06月

  • The Economic Values of Personal Information --- Implications for Cyber Securities ---,

    Hitoshi Mitomo, Naoko Sakurai  [招待有り]

    ITS-NBTC International Conference on Policy for Cyber Sustainability   (Bangkok) 

    発表年月: 2017年12月

  • Dominance in Data Platform Business: the Network Effect Theory Revisited

    Hitoshi Mitomo  [招待有り]

    Thammasat Annual Academics and Postgraduate Conference on Asia-Pacific Studies   (Chiang rai) 

    発表年月: 2017年12月

  • Data Network Effects: Implications for Data Business

    the 28th European Regional Conference   (Passau)  International Telecommunications Society  

    発表年月: 2017年07月

  • Data Network Effects and the Dominance over Artificial Intelligence Services: A Policy Perspective

     [招待有り]

    ICPP3 Panel Session T08P11, International Public Policy Association   (Singapore)  International Public Policy Association  

    発表年月: 2017年07月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 自動運転普及の法・経済学研究:選好とリスク

    2017年  

     概要を見る

    本研究の最終的な目的は、自動運転について、経済学の観点から分析し、法制度の検討と統合することにより、自動運転普及に資する政策を提言することにある。 研究全体では、1.自動運転の技術レベルと利用者選好の関係性、2.自動運転普及に資する法制度的対応、3.自動運転プラットフォームにおける競争と独占性の3テーマに分けて考究するが、本特定課題では、3番目のプラットフォーム競争と独占に焦点を当て、析を行った。 開発段階では競争状態にあるが、社会的には1つのプラットフォームの上にサービスが提供されることが最も効率的である。経済学的インセンティブの視点からプラットフォームにおける競争と独占の問題を解明した。

  • IoT利用の効果発現メカニズムの解明と普及促進政策策定に関する研究

    2016年  

     概要を見る

    IoT利用に資するネットワークインフラの整備を中心に研究を行った。IoTの普及はアジア経済においても社会変革のツールとして活用が期待されており、普及が期待されるIoTサービスの利用とネットワーク整備の必要性との関連を評価する必要がある。そこでIoTサービスへの利用意向が、無線および有線のブロードバンドの利用意向にどのように影響を与えるかを推計した。タイのバンコクのICTに親和度の高い人々を対象に、データを収集した。タイではモバイルブロードバンドが主で固定系の整備が遅れていたが、結果によれば、IoTサービスの利用によって、固定系のニーズも移動系と同様に高まることが示された。論文は国際論文誌に投稿中である。

  • デジタル・ファブリケーションの産業政策に関する研究:オープンデザインの経済学

    2014年   実積寿也

     概要を見る

    情報通信技術(ICT)が地域にいかなる変化をもたらすかを明らかにし、効果の発現に結びつくための政策的処方箋を導出する。デジタル・ファブリケーションのみによって地域活性化を目指すことは尚早であるが、他方、現状の利用方策では、地域の情報ネットワーク基盤が十分に利活用されていないという指摘もある。地域経済および社会の活性化を早急に達成するという喫緊の政策課題のために、ネットワーク活用型の新しい技術によりオープン・イノベーションを地域社会にもたらすことが求められている。基礎的な研究として、地域に導入が始まっている教育ICTを検証事例とし、また地域を支援するための補助スキームに関する制度的な検討を行った。

  • ICTライフライン構築のための政策研究―経済効率性と持続可能性―

    2013年  

     概要を見る

    本研究では、災害時に機能し、国民の安全・安心に貢献しうるライフラインとしてのICT(Information and Communications Technology)サービスについて、利用者便益と費用負担の視点から、その構築および継続的提供に資する政策的処方箋を導出し、新しいユニバーサルサービス実現に向けた提言を行うことを目的とした。ライフラインとして機能するICT サービスが、平時におけるサービスを前提としたユニバーサルサービスと比較し、どのように異なるかについて分析したところ、災害時に機能しうるICTライフラインの構成要件として以下の2 点が重要であった。① 頑健性 代替手段の確保可能性においてインフラに求められる水準② 有用性 災害時の救助及び支援、災害後の生活において求められるサービス内容そのため、本助成費による研究では、これらのうち、後者について重点的に研究を行った。より具体的には、2011年3月11日に起きた東日本大震災後の復旧・復興活動において、テレビを中心とするメディアと情報通信技術(ICT)とがどのような役割を果たしたかについて、民間放送連盟研究所との共同調査に基づきデータを収集し統計的な解析を行った結果、以下の2点が明らかとなった。1)オンラインによる市民参加が、メディアおよびICTと、ソーシャル・キャピタルと呼ばれる無形の人間関係資本との間の関係から惹起されていることが示される。すなわち、メディアによって人々の震災に対する関心が引き出されると同時に、ICTがその関心を表現するための有効な手段を提供し、オンラインによる市民参加の水準を上げ、結果的にオフラインのソーシャル・キャピタルの形成に正の効果をもたらす。統計的な分析を通じて、SNSのようなICTおよびテレビを代表とするメディアはオンラインによる市民参加を促進し、その結果、ボランティアなどのオフラインの市民参加に正の効果を与えることが示された。伝統的なメディアであるTVと、新しいコミュニケーション手段であるSNSなどの活用の重要性が示唆された。2)メディア情報が人々に如何に受容されて実際の行動に影響を与えたか、更に今後の行動意図に如何に影響を与えるかについて、特にこれらの相関関係を分析モデルに、メディア利用度やメディア信頼度、震災ダメージといった要因を加えて、メディア情報の培養効果に焦点を当てて検討する。分析の結果、メディア利用度、メディア信頼度、震災ダメージは、メディア情報に培養効果をもたらす要因であることがわかった。メディア利用度は主流効果で、震災ダメージは共鳴効果で、メディア情報が培養されて人々に影響を与えていると考えられる。なお、共分散構造分析の結果から、復興時に人々が認知したメディア情報は「絆」、「心配」、「不安」で構成されており、このメディア情報は実際行動と今後の行動意図に正の関係で影響を与えることがわかった。研究成果については、すでに国内外の学会で報告を行っており、関連学術誌に投稿している。今後は、先進的な自治体と共同で、災害時の安心・安全の確保に高い効果があるビッグデータを用いたICT サービスの活用を念頭に、個人情報保護などの法的側面についても問題点を検討し、合意形成に向けた政策提言を行いたい。

  • ポスト「ガラパゴス化論」の情報通信政策-技術革新とグローバル競争への対応-

    2012年  

     概要を見る

    グローバルネットワーク時代におけるわが国の情報通信産業について、技術革新および市場構造変化が著しい産業の特質をあきらかにすることにより、公正競争のあり方、さらには産業発展を通じた国際競争力の強化を達成するための政策の方向性を提示することを目的とする。市場環境が急速に変化するなかで、当初の予定通り、以下の3点について研究を進めたが、特に、2.について重点的に研究を進めた。また、これと並行して、災害等において、情報通信の有効活用に向けた政策支援の枠組みについて検討を加え、新たな研究の方向性を見出した。1. 利用者の選好からみた携帯電話サービス市場の特質の解明 情報通信市場においては、スマートフォンをはじめとした新たなサービスが台頭しており、固定および移動といった従来の分類が急速に変化し、技術の融合が生じている。その変化は携帯電話サービス市場において顕著であるため、まずサービスの利用面における分析をおこない、利用者の選好からみた市場の特質をあきらかにした。2. 供給者のビジネスモデル等の分析を通じた市場構造の検討 供給者においては、技術の急速な変化に対応した新しいサービスの提供によって市場への影響力を維持するとともに、消費者の選好の変化にも対応しなければならない。端末、通信ネットワーク、プラットフォーム、コンテンツ等、携帯電話サービスに関するすべてのレイヤーにおける供給者のビジネスモデルを精査することによって、今後の企業戦略等を精査し、供給側からみた情報通信市場の構造変化をあきらかにした。3.携帯電話サービス市場における競争政策の妥当性の検証 把握された市場構造をもとに現在の競争政策の妥当性を検証し、ガラパゴスと揶揄された我が国携帯電話サービス市場を主たる対象に、国際競争力確保に向けた、技術融合時代における望ましい情報通信政策の在り方について提言を行う。 研究成果については、すでに国内外の学会で報告を行っており、関連学術誌に投稿している。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 実証応用に向けた通信経済の基礎的分析手法に関する研究

    2007年03月
    -
    2007年09月

    スウェーデン   ストックホルム商科大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>