赤木 寛一 (アカキ ヒロカズ)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/akagi/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1978年

    早稲田大学   理工学部   土木工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Engineering

  • 早稲田大学   工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年
    -
    1994年

    早稲田大学 助教授

  • 1986年
    -
    1994年

    早稲田大学 助教授

  • 1994年
    -
     

    早稲田大学 教授

  • 1984年
    -
    1986年

    早稲田大学 専任講師

  • 1982年
    -
    1984年

    早稲田大学 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    British Geotechnical Association

  •  
     
     

    建築学会

  •  
     
     

    地盤工学会

  •  
     
     

    土木学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 土質力学、環境地盤工学、地盤環境、

論文 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学における性能設計の基礎と実装

    赤木 寛一

    地盤工学会誌   vo.67 ( No.10 ) 52 - 59  2019年10月

  • Study of infrared thermal application for detecting defects within tunnellining

    赤木 寛一

    Tunnelling and Underground Space Technology   No.86   186 - 197  2019年01月

  • Amazing underground construction technology in Japan

    赤木 寛一

    Geotechnical Aspects of Underground Construction In Soft Graound/Taylor & Francis     3 - 19  2018年01月

  • 地下鉄開削トンネルから伝播する広帯域振動の減衰特性

    土木学会論文集F1(トンネル工学)   70 ( 3 ) I_83 - I_91  2015年

     概要を見る

    地下鉄開削トンネルから伝播する列車走行時振動について,固体伝播音予測や振動対策検討時の基礎資料の提供を行うことを目的に,地盤内の減衰特性について検討を行った.まず,東京都内および近郊の複数地点において,開削トンネル内および地表部の振動加速度を測定し,1/3オクターブバンド分析を行った.これをもとに,振動加速度の分布状況や周波数ごとの減衰傾向を把握するとともに,シールドトンネルの例と比較した.また,Bornitzの計算式を適用した各周波数バンドごとの内部減衰定数の算出などを行い,周波数と内部減衰定数の関係を示した.これより,Bornitzの計算式を基本式として用いて,1/3オクターブバンドごとに地盤内の減衰を計算することが可能となった.

    CiNii

  • 特殊ポリマー安定液を用いた場所打ち杭の施工例 AWARD-Sapli(アワードサプリ)工法

    浅野均, 赤木寛一, 近藤義正, 上原精治, 請川誠, 下坂賢二

    基礎工   vol.42 ( No.3 ) 46 - 49  2014年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学・実務シリーズ28 近接施工

    地盤工学会近接施工編集委員会

    地盤工学会  2011年01月 ISBN: 9784886449276

  • 地盤工学における性能設計

    赤木 寛一, 大友 敬三, 田村 昌仁, 小宮 一仁

    丸善(株)出版事業部  2010年01月 ISBN: 9784621081785

  • トンネルライブラリー第22号 目から鱗のトンネル技術史 −先達が語る最先端技術への歩み−

    トンネル工学委員会, 技術小委員会, トンネル技術史部会

    土木学会  2009年11月 ISBN: 9784810606706

  • 地盤工学・実務シリーズ27 薬液注入工法の理論・設計・施工

    森 麟, 赤木, 寛一, 小宮, 一仁, 村田, 修, 大田, 想三, 田村, 昌仁, 大下 武志

    地盤工学会  2009年07月 ISBN: 9784886449269

  • UNDERGROUND CONSTRUCTION TECHNOLOGY IN JAPAN

    Hirokazu Akagi, Kazuhito Komiya, Jamie Standing, Finaly Jardine

    地盤工学会 (The Japanese Geotechnical Society)  2006年08月 ISBN: 4886440754

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 線状構造物の構造計算方法及び構造計算プログラム

    赤木 寛一

    特許権

  • 掘削装置

    赤木 寛一

    特許権

  • 地盤中へのポリマー注入による遮水および透水回復工法

    赤木 寛一

    特許権

  • 切削用組成物及びこれを用いた高圧噴射撹拌工法

    赤木 寛一

    特許権

  • ソイルセメント地中連続壁施工法

    赤木 寛一

    特許権

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 地盤に関係した幅広い...

     概要を見る

    地盤に関係した幅広い研究課題に精力的に取り組むことにより,官産学の密接な連携を図るとともに,その成果を学生への教育に反映することをねらいとしている.

  • 地盤に関係した幅広い研究課題に精力的に取り組むことにより,官産学の密接な連携を図るとともに,その成果を学生への教育に反映することをねらいとしている.

受賞 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学会功労章

    2010年03月  

  • 土木学会論文賞

    2007年05月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再生石膏を利用した中間処理技術の調査研究

    研究期間:

    2012年
    -
     
     

  • 気泡掘削による深層地盤改良に関わる基礎的研究

    研究期間:

    2012年
    -
     
     

  • 高吸水性ポリマー安定液を使用した掘削技術の開発

    研究期間:

    2012年
    -
     
     

  • アスファルト舗装が車輌輪荷重による都市ガス供給用導管土圧に及ぼす影響

    研究期間:

    2012年
    -
     
     

  • 拘束圧載荷土槽を用いた動的注入の効果に関する基礎的研究

    研究期間:

    2010年
    -
    2011年
     

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 有限要素法を用いた地下構造物の資産価値評価法の開発

    2006年  

     概要を見る

    これまでわが国では不足する社会資本を建設してきたが、40 年以上経過したストックに老朽化が見られ、更新・補修時期に入っているものが多く存在する。また社会経済状況も変化し、財政的にも厳しい状況の中で、現存する社会資本の効率的な運用・維持管理が重要な課題となっている。その中で社会資本を「資産(アセット)」とみなして、民間企業などで用いられているマネジメント手法を活かそうという動きが起こってきた。例えば、国土交通省では平成15 年度から「道路について、コスト縮減等を目指し、道路の管理手法にアセットマネジメントの考え方等を導入する」とされるなど、その取り組みが始まっている。効率的な維持管理・補修計画を立てるためには、構造物のライフサイクルコストを考えるとともに、現存する社会資本の資産としての価値を適切に評価する必要がある。本研究では地下構造物の資産価値評価法に原価法の考え方を用い、資産価値算定式を提案した。これは構造物の建設費と構造物の物理的な劣化による減価償却に基づくものである。減価償却は、有限要素法を用いて求めた耐用年数により評価した。その適用事例として、沈下未了の軟弱地盤内のシールドトンネルを想定し、初期建設費を100 とした場合には補修費用が51.7 までの範囲内であれば対費用効果が1 を上回ることを実証した。

  • 気泡材を利用した地盤掘削用安定剤の研究開発

    2004年  

     概要を見る

    地中連続壁工法は,掘削溝内を安定液で満たし,水中コンクリートを打ち込み,地中に連続した構造物を構築する施工法として発展してきた.これまで,主として用いられてきた地盤掘削用安定液はベントナイト泥水である.本研究では,気泡シールド工法で採用されているような起泡材を用いた気泡安定液の性質を調査し,設計管理手法を確立するとともに,実施工にも適用することを目的とする. 気泡安定液中の気泡量が少ないとき,溝壁と気泡安定液との境界で気泡膜が形成されない為,掘削溝内圧を溝壁に伝えることができない.ベントナイト安定液と同等の内圧を溝壁に伝達できる気泡添加率は,実験から約1.0(%)であることがわかった.また,気泡安定液中の気泡量が多いとき,溝壁に作用する土圧に対抗できない.ベントナイト安定液の比重の下限値を参考にして気泡安定液比重の下限値は10(kN/m3)であり,気泡添加率の上限は約2.0(%)となった. 以上の結果をもとに気泡安定液管理図を作成した.管理図は,気泡添加率と単位体積重量γ,含水比とTF値を対応させた図である.この管理図を用いて試験施工を行った.現場は愛知県,東海環状道路建設に伴う掘削で遮水壁を造成するものである.その結果,気泡安定液による地中連続壁の造成に成功した.セメント添加量300(kg/m3)で,目標強度1.0(N/mm2)を満足するとともに,鋼材の挿入も容易であった.さらに,ベントナイト安定液と比較して,排土量を2分の1に低減することができた. 以上の結果から,気泡安定液を用いた地盤掘削用安定液の施工における実用性が検証された.

  • 浸透圧密試験による粘土フロックの力学性状に関する研究

    2000年  

     概要を見る

    現在,建設工事において発生する建設廃棄物はその再利用から処理に至るまでの各段階で自然環境に与える影響が問題となっている.特に近年の廃棄物排出量の増大は,最終処分場の不足や不法投棄などの様々な問題を引き起こしている.この建設廃棄物に属する建設汚泥も例外でなく,高含水比かつ細粒分を多く含む泥状の性質はその処理を困難にさせ,再利用率は年々向上しているものの建設廃棄物全体の中では依然として低い水準にある. こうしたなかで,再利用にあたりその処理過程において重要となる脱水処理には多くの方法が用いられているが,著者らは新しい脱水方法として浸透圧密を利用した脱水処理方法を考案している.しかし,この脱水処理では建設汚泥の粒度条件によっては多大な圧密時間を要することや圧密容器と建設汚泥試料との間に剥離が起きてしまい効果的な脱水を行えないことがある.ここでは,これらの改善策として脱水処理に凝集剤を併用した.本研究では,凝集剤の添加が浸透圧密を用いた建設汚泥の脱水処理性能にどのような影響を及ぼすかを調査し,考察した. 

  • 建設工事に伴う地盤挙動予測システムの開発

    1998年  

     概要を見る

     近年、都市の過密化が進み、近接施工が多く行われている。近接施工を行う場合、既設構造物周辺の地盤挙動を予測し、その対策を検討する必要がある。昨今、様々な数値解析が行われているが、そのほとんどが個別の要因を節点外力や節点変位によりモデル化しており、施工プロセスを忠実に再現するには至っていない。本研究では、軟弱地盤における杭打設工事を取り上げ、貫入プロセスを考慮した有限要素法シミュレーションを実施した。 本解析ではBingham流動則によるFEMシミュレーションを実施した。また、同時に、流動FEMプログラムで得られる粘塑性変形の等価節点力を地盤要素に作用させて、圧密解析を行うことにより、杭打設に伴う間隙水圧変化のシミュレーションを実施した。杭周面とそれに接する地盤との間に厚さを持たないGoodman型のジョイント要素を配置し、各計算ステップごとに有限要素の再分割をすることにより、杭の貫入過程のモデル化を行った。地盤要素の上に模型実験で用いられた上載荷重に相当する上載要素を配置した。杭頭の節点に、模型実験における貫入力に相当する節点力を作用させ、6cm貫入時から42cm貫入時まで貫入シミュレーションを行った。なお、地盤要素のヤング率E=100・Cu、塑性粘度μ=1680・Cu、降伏値τy= Cu(Cu:粘性土の非排水せん断強度)とした。また、ジョイント要素の接線方向剛性ksは、杭貫入速度が模型実験で用いられた値となるように設定した。 杭打設シミュレーションにおいて流動FEMプログラムを用いることにより、模型実験でみられた地盤の回転移動が再現された。これは、通常の弾塑性体力学に基礎を置くFEMシミュレーションによっては得ることのできないものである。

  • シールドトンネル工事に伴う地盤沈下予測システムの開発

    1996年  

     概要を見る

     本研究は、シールドトンネル工事に伴う地盤沈下のコンピュータシミュレーションによる予測システムの開発を目的として実施した。具体的には、下記のような飽和砂地盤におけるシールド掘進と飽和粘性土地盤における杭打設実験の有限要素法シミュレーションを行った。 1)飽和砂地盤における泥水シールド掘進に伴う地盤挙動の有限要素法シミュレーション 砂地盤における泥水シールド掘進時における切羽の安定に必要な泥水性状および周辺地盤の応力状態の変化のメカニズムを解明することが重要である。ここでは、著者らが開発したシールドトンネル工事における切羽掘削現象の有限要素法によるモデル化手法を砂地盤における泥水シールド掘削問題に適用し、飽和砂地盤における泥水シールド模型の掘進実験の実験結果との比較を行った。その結果、砂地盤における泥水シールド模型掘進の模型実験結果に対応する地盤の応力-間隙水圧挙動のシミュレーション結果を得た。 2)飽和粘性土地盤の杭打設実験の有限要素法シミュレーション 軟弱粘性土地盤の杭打設模型実験結果の有限要素法によるシミュレーションを行った。実験では、飽和粘性土を充填した2次元土槽に貫入速度を一定にして模型杭を打設したときの、杭軸力、杭先端荷重、地表面変位、地中変位、間隙水圧、壁面土圧を測定された。土ー水の連成を考慮した有限要素法解析で非排水条件で外部的に変位を規定された計算を行おうとすると、得られる箇条間隙水圧の値が非現実的な値になる。これを解決するために、変位が規定される境界に隣接する部分に排水状態で変形するBuffer要素を配置して解析を行った。その結果、実験結果に相当する過剰間隙水圧が得られた。

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 環境地盤工学新技術の調査・研究

    2006年03月
    -
    2006年09月

    ニュージーランド   カンタベリー大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>