松方 正彦 (マツカタ マサヒコ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/mmatsu/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

  • 理工学術院   大学院環境・エネルギー研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2016年
    -
    2020年

    ナノプロセス研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    早稲田大学   理工学研究科   応用化学  

  •  
    -
    1984年

    早稲田大学   理工学部   応用化学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年
    -
    2001年

    早稲田大学理工学部 助教授

  • 2001年
    -
     

    早稲田大学理工学部 教授

  • 1996年
    -
    1997年

    大阪大学基礎工学部 助教授

  • 1992年
    -
    1996年

    大阪大学基礎工学部 助手

  • 1989年
    -
    1991年

    成蹊大学工学部 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本膜学会

  •  
     
     

    American Institute of Chemical Engineers(アメリカ化学工学会)

  •  
     
     

    Materials Research Society

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    American Chemical Society(アメリカ化学会)

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造化学

  • 無機物質、無機材料化学

  • 反応工学、プロセスシステム工学

  • 移動現象、単位操作

  • 触媒プロセス、資源化学プロセス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ミクロ・メソ多孔体、触媒、分離膜、水素製造、ゼオライト、プラスチックリサイクル、エネルギー、バイオマス、石炭・廃棄物有効利用、ナノ構造化学、ナノ反応場、化石燃料有効利用技術、触媒調製化学、多孔体、結晶・多結晶材料、反応分離工学、

論文 【 表示 / 非表示

  • Formation Process of Columnar Grown (101)-Oriented Silicalite-1 Membrane and Its Separation Property for Xylene Isomer

    Motomu Sakai, Takuya Kaneko, Yukichi Sasaki, Miyuki Sekigawa, Masahiko Matsukata

    Crystals   10 ( 10 ) 949 - 949  2020年10月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    Silicalite-1 membrane was prepared on an outer surface of a tubular α-alumina support by a secondary growth method. Changes of defect amount and crystallinity during secondary growth were carefully observed. The defect-less well-crystallized silicalite-1 membrane was obtained after 7-days crystallization at 373 K. The silicalite-1 membrane became (h0l)-orientation with increasing membrane thickness, possibly because the orientation was attributable to “evolutionally selection”. The (h0l)-oriented silicalite-1 membrane showed high p-xylene separation performance for a xylene isomer mixture (o-/m-/p-xylene = 0.4/0.4/0.4 kPa). The p-xylene permeance through the membrane was 6.52 × 10−8 mol m−2 s−1 Pa−1 with separation factors αp/o, αp/m of more than 100 at 373 K. As a result of microscopic analysis, it was suggested that a very thin part in the vicinity of surface played as effective separation layer and could contribute to high permeation performance.

    DOI

  • Preferential Adsorption of Propylene over Propane on a Ag-Exchanged X-Type Zeolite Membrane

    Motomu Sakai, Naoyuki Fujimaki, Yasuhito Sasaki, Noriyuki Yasuda, Masahiro Seshimo, Masahiko Matsukata

    ACS applied materials & interfaces   12 ( 21 ) 24086 - 24092  2020年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigated the adsorption properties of propylene and propane on an olefin-selective Ag-X membrane and discussed the contribution of adsorption selectivity to propylene/propane separation performance through this membrane. The isotherms of propylene and propane on Ag-X membranes were measured in unary systems at 313 K. The amount of propylene adsorbed on the Ag-X membrane at a lower pressure increased remarkably compared with that on the Na-X membrane. Such a change of adsorption property could induce excellent separation property for the Ag-X membrane. We compared the adsorption properties in a binary system calculated based on the Markham-Benton approach with the results of a permeation test. The molar fractions of propylene in the adsorbed phase in the binary system provided good agreement with propylene purity on the permeation side of the Ag-X membrane. These results clearly show that permeation selectivity of the Ag-X membrane for the propylene/propane mixture is mainly governed by adsorption selectivity.

    DOI PubMed

  • Higher activity of ni/γ-al<inf>2</inf>o<inf>3</inf> over fe/γ-al<inf>2</inf>o<inf>3</inf> and ru/γ- al<inf>2</inf>o<inf>3</inf> for catalytic ammonia synthesis in nonthermal atmospheric-pressure plasma of n<inf>2</inf> and h<inf>2</inf>

    Masakazu Iwamoto, Masataka Horikoshi, Ryu Hashimoto, Kaori Shimano, Tomiko Sawaguchi, Harunobu Teduka, Masahiko Matsukata

    Catalysts   10 ( 5 )  2020年05月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. T. Developing a novel ammonia synthesis process from N2 and H2 is of interest to the catalysis and hydrogen research communities. γ-Alumina-supported nickel was determined capable of serving as an efficient catalyst for ammonia synthesis using nonthermal plasma under atmospheric pressure without heating. The catalytic activity was almost unrelated to the crystal structure and the surface area of the alumina carrier. The activity of Ni/Al2O3 was quantitatively compared with that of Fe/Al2O3 and Ru/Al2O3, which contained active metals for the conventional Haber–Bosch process. The activity sequence was Ni/Al2O3 > Al2O3 > Fe/Al2O3 > no additive > Ru/Al2O3, surprisingly indicating that the loading of Fe and Ru decreased the activity of Al2O3. The catalytic activity of Ni/Al2O3 was dependent on the amount of loaded Ni, the calcination temperature, and the reaction time. XRD, visual, and XPS observations of the catalysts before the plasma reaction indicated the generation of NiO and NiAl2O4 on Al2O3, the latter of which was generated upon high-temperature calcination. The NiO species was readily reduced to Ni metal in the plasma reaction, whereas the NiAl2O4 species was difficult to reduce. The catalytic behavior could be attributed to the production of fine Ni metal particles that served as active sites. The PN2/PH2 ratio dependence and rate constants of formation and decomposition of ammonia were finally determined for 5.0 wt % Ni/Al2O3 calcined at 773 K. The ammonia yield was 6.3% at an applied voltage of 6.0 kV, a residence time of reactant gases of 0.12 min, and PH2/PN2 = 1.

    DOI

  • Organic structure-directing agent-free synthesis for *Bea-type zeolite membrane

    Motomu Sakai, Noriyuki Yasuda, Yuto Tsuzuki, Masahiko Matsukata

    Journal of Visualized Experiments   2020 ( 156 )  2020年02月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Journal of Visualized Experiments. Membrane separation has drawn attention as a novel-energy saving separation process. Zeolite membranes have great potential for hydrocarbon separation in petroleum and petrochemical fields because of their high thermal, chemical, and mechanical strength. A *BEA-type zeolite is an interesting membrane material because of its large pore size and wide Si/Al range. This manuscript presents a protocol for *BEA membrane preparation by a secondary growth method that does not use an organic structure-directing agent (OSDA). The preparation protocol consists of four steps: pretreatment of support, seed preparation, dip-coating, and membrane crystallization. First, the *BEA seed crystal is prepared by conventional hydrothermal synthesis using OSDA. The synthesized seed crystal is loaded on the outer surface of a 3 cm long tubular α-Al2O3 support by a dip-coating method. The loaded seed layer is prepared with the secondary growth method using a hydrothermal treatment at 393 K for 7 days without using OSDA. A *BEA membrane having very few defects is successfully obtained. The seed preparation and dip-coating steps strongly affect the membrane quality.

    DOI PubMed

  • Hydrophilic ZSM-5 membrane for forward osmosis operation

    Motomu Sakai, Masahiro Seshimo, Masahiko Matsukata

    Journal of Water Process Engineering   32  2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 The Authors A potential of zeolite membrane in forward osmosis operation was investigated for the first time. A hydrophilic zeolite, ZSM-5, membrane was prepared on an α-alumina tubular support by a secondary growth method. NaCl aqueous solution and distilled water were used as draw and feed solutions, respectively. The membrane exhibited a water flux of 2.2 L m−2 h−1 with a salt flux of 0.69 g m−2 h−1 at 313 K by using 9.0 wt% draw solution. ZSM-5 membrane showed a quite small reverse salt flux based on a molecular sieving effect in the relatively wide temperature ranges of 298–333 K. ZSM-5 membrane also kept its performance under acidic conditions. In addition, obvious deterioration of the membrane performance was not observed after intermittent use of our membrane for more than one month.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ゼロから見直すエネルギー : 節電、創エネからスマートグリッドまで

    化学工学会緊急提言委員会, 化学工学会, 松方, 正彦, 古山, 通久

    丸善出版  2012年02月 ISBN: 9784621085134

  • High Temperature Separation of Water/Methanol/Hydrogen Mixtures through ZSM-5 zeolite Membranes

    K. Sawamura, T. Izumi, T. Shirai, M. Takada, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

    Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)  2006年06月

  • Effect of Ultra Stable Y Seed Crystals on the Separation Performanceof Y-type Zeolite Membrane for Ethanol Dehydration

    T. Mizuno, Y. Katakura, J. Saito, S. Ikeda, M. Matsukata

    Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)  2006年06月

  • Development of 1000 mm Long LTA Zeolite Membrane for Alcohols Dehydration with High Performance

    S. Inoue, T. Mizuno, J. Saito, S. Ikeda, M. Matsukata

    Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)  2006年06月

  • Dehydration Behavior of MFI Zeolite Membranes for Various Kinds of Solvents

    K. Sato, K. Sugimoto, T. Nakane, M. Matsukata

    Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)  2006年06月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 超空間による新素材開発 ホージャサイト型ゼオライト膜によるオレフィンの分離精製

    酒井求, 松方正彦

    化学工業   71 ( 3 )  2020年

    J-GLOBAL

  • Co内包型ゼオライト触媒によるFT合成における選択的オレフィン合成

    松方正彦, 粕谷壮史

    触媒討論会講演予稿集(CD-ROM)   125th  2020年

    J-GLOBAL

  • ベータ型ゼオライト結晶粒子の自己相似構造発現の由来解明

    佐々木優吉, FISHER Craig, 吉田陽子, 池田卓史, 板橋慶治, 大久保達也, 松方正彦

    JFCC研究成果集   2020  2020年

    J-GLOBAL

  • 脱アルミニウム*BEAに吸着した重質HCの吸着・脱離挙動の検討

    鈴木豪太, 松方正彦

    触媒討論会講演予稿集(CD-ROM)   125th  2020年

    J-GLOBAL

  • Na-MOR膜を用いた酢酸エステル合成用フローメンブレンリアクターの開発

    野中雄貴, 酒井求, 松方正彦, 松方正彦, 松方正彦

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   85th  2020年

    J-GLOBAL

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本エネルギー学会進歩賞

    2001年  

  • 触媒学会(平成10年度獎励賞)

    1999年  

  • 石油学会(平成7年度奨励賞)

    1996年  

  • 化学工学会(平成7年度)奨励賞

    1995年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • チャネル型正浸透膜の創製と究極的ゼロエネルギー水処理プロセスの構築

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    松山 秀人, 松方 正彦, 小野 努, 吉岡 朋久, 中川 敬三, 神尾 英治, 佐伯 大輔, 高橋 智輝, 稲田 飛鳥, 彌田 智一

     概要を見る

    1. 新規水チャネル型FO膜の創製
    1-1.環状ペプチド分子集合体チャネル膜の創製(松山、吉岡、佐伯):環状ペプチド分子集合体を導入した平面脂質二分子膜について、FO膜としての性能を確認するとともに、環状ペプチド内の官能基が水分子の拡散性や透過性に影響を及ぼすことを明らかにした。1-2.高分子液晶垂直配向チャネル膜の創製(彌田、稲田):液晶性ブロックコポリマー(BCP)をFO膜として使うための複合膜化を検討した。新規購入の超音波ホモジナイザーで乳化したアルギン酸ナトリウム層(犠牲層)をガラス基板上に作製し、その上にBCP薄膜を製膜し、水中でBCP薄膜を犠牲層から剥離させ支持膜に重ねることで複合膜を作製する手法を開発した。1-3.革新的ロバスト無機ゼオライトFO膜の創製(松方):ZSM-5膜を用いて、無機FO膜の正浸透膜特性を説明する透過モデルの検討を進めた。また、高い透過性と塩阻止率を両立する無機FO膜の設計指針を得る検討を継続した。1-4.計算機科学による高機能FO膜開発支援 (吉岡):MD計算によりチャネル内表面特性が水および塩の拡散性に及ぼす影響を評価した。親水的なチャネル入り口が高透水性に寄与するが、疎水化されたチャネル内では塩の拡散性が大きくなることが明らかとなった。
    2. 新規刺激応答性駆動溶液(DS)の創製(小野、高橋)
    熱応答性イオン液体の温度依存的浸透圧発現機構の解析を基に、相図、粘度、浸透圧、相分離性をより最適化したイオン液体DSを設計した。また、イオン液体を利用した膜の調製と膜骨格にイオン液体構造を導入する技術についても開発した。
    3.FO膜透過とDS再生を含む連続システムによるFS評価とFO膜システムの実証(松山、神尾、中川)
    FO膜分離、DS連続再生、RO膜によるDS回収を一体化した小型連続FOシステムを構築し、海水淡水化を想定した連続運転条件検討を行った。

  • ミクロ多孔体薄膜の特異な分離機能を利用した膜分離に関する基盤的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2010年
    -
    2012年
     

    松方 正彦

     概要を見る

    新規な膜分離技術を創生し、次世代のエネルギー・化学産業におけるプロセスの一層のグリーン化に貢献することを目指し、結晶性ミクロ多孔体を材料とする無機分離膜の開発のための基盤研究を行った。水、有機物等の混合物の分離の実現を目指し、膜の生成機構と製膜の過程を詳しく明らかにするとともに、透過分離性能の支配因子を抽出し透過分離機構の解明を試みた。 Y 型ゼオライト膜については、膜の生成機構を詳細に解析し、イソプロピルアルコールの脱水用膜として高い性能を発揮する膜の合成に成功した。Silicalite-1 膜については、高い分子ふるい性能を発揮する膜の開発に成功し、その透過挙動の定式化に成功した。また、新規にアルミノリン酸系の膜についても検討し、水/酢酸系の蒸気透過分離に高い性能を示す膜の開発に成功した。

  • 電気化学デバイス工学の確立と深化

    特別推進研究

    研究期間:

    2008年
    -
    2012年
     

    逢坂 哲彌, 門間 聰之, 庄子 習一, 杉山 敦史, 中西 卓也, 本間 敬之, 松方 正彦, 水野 潤, 関口 哲志, 吉野 正洋, 冨中 悟史

     概要を見る

    電気化学ナノテクノロジーに基づく「固液界面制御による新機能発現のための材料開発研究」と「界面構造や界面現象の実践的な活用によるデバイス開発研究」に総合的に取り組むことで、電気化学に立脚した材料およびデバイスの実用化研究の根源にあるものを事象ごとの経験論から抽出し、アウトプットとしてのデバイス(具体的にはエネルギーデバイス、センサデバイス、電子デバイス・磁気記録デバイス)を縦糸に、機能発現および界面設計の次元(3次元、2次元、0次元)を横糸に、「電気化学デバイス工学」という学理の構築を図った。

  • 固体酸化物の格子酸素と金属の協奏機能をもつ水素製造用触媒に関する研究

    特定領域研究

    研究期間:

    2008年
    -
    2009年
     

    松方 正彦

     概要を見る

    再生可能な資源であるバイオマスのエネルギー転換方法は様々あるが、ガス化に伴い生成し装置閉塞を引き起こすタール(主要構造のうち芳香族炭化水素)と蒸留濃縮によるエネルギーロスが問題となっている発酵エタノールに注目した。一方で水素はアンモニア合成、石油精製での大需要に加え燃料電池のエネルギー源として期待される重要な分子であり、その水素は芳香族炭化水素(トルエン)やエタノールの水蒸気改質反応によって得ることができるが、活性・選択性・安定性が十分といえる触媒は現状開発されていない。そこで我々はこの反応の触媒の開発を目的とし、研究を行ってきた。
    トルエン水蒸気改質は高選択性かつ安価なニッケル触媒が有望であるが、炭素析出の抑制が課題となる。そこで触媒担体にペロブスカイト型酸化物を適用することで格子酸素の反応への寄与を期待し、調製・改良を進めてきた。その結果見出したNi/La0.7Sr0.3Al0x触媒は参照用触媒のNi/g-Al203に比べトルエン転化率約2倍、炭素析出量およそ1/4という優れた性能を示した。
    エタノール水蒸気改質では反応中間体であるアセトアルデヒドを分解することなく改質する選択性が求められることを明らかにし、更にCo/SrTi03やCo/a-Al203触媒への様々な金属添加を試みた結果、鉄の微量添加が改質の促進および分解の抑制に非常に有効であることを見出した。Fe/Co触媒のSTEMおよびEDX分析により、FeはCo粒子内あるいは粒子表面に選択的に存在することを確認し、Fe/Coが同一担体上に担持されたときにのみ選択性に変化を及ぼすことも示され、FeとCoはシナジー効果を発現していることを明らかにした。

  • ミクロ多孔膜を用いたメンブレンリアクターの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2007年
    -
    2009年
     

    松方 正彦, 菊地 英一, 関根 泰, 高田 光子, 澤村 健一

     概要を見る

    従来型の省エネ手法はすでに成熟域にあり、より一層の効率化には全く新しい原理によるプロセスの開発が必要である。本研究では固体触媒と分離膜を組み合わせた革新的反応分離システム(メンブレンリアクター)の開発を行った。特に、課題となった分離膜の耐性および透過分離性能を向上させるため、耐性に富むミクロ多孔膜(ゼオライト膜)の基盤技術開発に注力し、従来の分離膜の耐性および透過分離性能を大幅に上回る新規ミクロ多孔膜の開発に成功した。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • ブタジエン分離用ゼオライト膜の創製

    2015年   酒井 求

     概要を見る

    1,3-ブタジエンはブタジエンゴムの原料に用いられる重要な基礎化学品である。本研究ではブタジエン分離用FAU型ゼオライト膜の開発を行った。FAU型ゼオライト膜中の交換カチオンを種々に変化させることで、1,3-ブタジエン分離に適したカチオン種の探索を行った。アルカリ金属元素や、アルカリ土類金属元素、その他の金属(Cr, Mn, Fe, Co, Cu, Zn, Ag, In, Sn)について検討を行った。アルカリ金属土類元素やその他の金属に交換したFAU膜は、いずれも分離係数がほぼ1であり、選択性を示さなかった。一方、NaからCsに交換したFAU膜は探索したカチオン種の内、最も高い選択性= 2.63を示した。

  • リン酸アルミニウム系ミクロ多孔体分離膜の開発

    2014年  

     概要を見る

    本研究では新規膜素材の開発と透過分離特性の解明を主たる目的として、アルミノリン酸塩系ミクロ多孔体(AlPO4-18)を用いて高透過分離性能を発揮することのできる無機系多孔質分離膜の開発を行った。AlPO4-18膜の合成条件を検討することにより、比較的に緻密な膜の合成を可能とした。また水/酢酸二成分混合蒸気透過分離試験においては、水を選択的に分離することに成功した。単成分を透過させた場合と比較して、二成分共存下ではそれぞれの透過度が低下することから、他成分による透過阻害を受けていると考えられる。また膜温度の上昇に伴い水および酢酸の透過度が減少することから、表面拡散的な透過挙動であると考えられる。

  • 重質炭化水素分離用ゼオライト分子ふるい膜の創製

    2014年  

     概要を見る

    本研究では、石油精製・石油化学分野における膜分離の可能性を拡げるため、ゼオライトを素材として炭化水素分離に適した薄膜の開発を行った。MFI型ゼオライトと*BEA型に注目し、それぞれを多孔質アルミナ支持体上に薄膜化し、C6-C16炭化水素の透過分離特性を評価した。検討の結果、1) MFI型ゼオライト膜を用いてC10, C16炭化水素混合物からノルマルアルカンを高選択的に分離可能であることを見出した、 2)*BEA型ゼオライトを支持体上に薄膜化する手法を開発した、 3)*BEA型ゼオライト膜が従来のゼオライト膜に比べ大きな分子分画領域を有し、炭化水素混合物分離に適応可能である事を明らかにした。

  • 新規メソ多孔体固体超強酸の開発

    2008年  

     概要を見る

    Friedel-Crafts 反応は石油化学,ファインケミカルズ合成において重要な反応であり,一般にはAlCl3 やBF3 等のハロゲン化物が触媒に用いられている。グリーンケミストリーの観点からはこの反応にハロゲンを含まない固体酸触媒を用いることが望ましい。シリカメソ多孔体は,高比表面積を有し,均一で精緻な化学修飾が可能なため,触媒担体として注目されている。本研究では,トルエンとベンジルアルコール(BzOH)を原料に用いたFriedel-Crafts ベンジル化をとりあげ,高比表面積化を図ることで活性の向上を期待してシリカメソ多孔体であるSBA-15に,硫酸化ジルコニアを担持し,触媒活性を検討した。 実験に当たってはまずSBA-15を調製した。Zr 源にZrOCl2・8H2O を用い,含浸法にてSBA-15にZrO2 を担持し,その後硫酸処理をして硫酸化ジルコニアSBA15 I ( S/ xZr SBA-15 I ) を調製した。また,SBA-15 のシリカ骨格形成時にZrO2 を直接組み込む直接合成法も併せて検討した。こちらは,Si源のTEOSとZr源のZr 源にZrOCl2・8H2Oを混合し,乾燥,焼成を行い,その後硫酸処理をして硫酸化ジルコニアSBA-15 D ( S/ xZr SBA-15 D ) を調製した。ただし,x = nZr/ (nSi + nZr) = 0.03,0.06,0.09とし,nZr,nSiはそれぞれのモル数を表す。触媒のキャラクタリゼーションは,XRD,窒素吸着測定,ICP測定,Ar吸着熱測定により行った。トルエンのベンジル化は,110℃で4 h行った。なお,触媒の前処理は300℃,3 h焼成し,グローブボックス内で秤量した。調製した触媒は硫酸処理後も細孔径や細孔容積の急激な減少は観察されず,550~800 m2 g-1 程度と比表面積も大きいままであった。特に,直接合成法で調製した触媒は,含浸法で調製した触媒よりも比表面積が大きい値を示した。また,反応は全て一次として整理できたので,それぞれの単位触媒重量当たりの一次反応速度定数を求めたところ,S/0.09Zr SBA-15 Dは市販の硫酸化ジルコニアの反応速度定数よりも大きい値を示した。これらのことから,直接合成法では,シリカ骨格中にジルコニアが高分散したため,高い活性が発現したと推察した。

  • 新規な有機無機ハイブリッド酸塩基触媒に関する研究

    2007年  

     概要を見る

     シリカメソ多孔体であるMCM-41を合成し,次にカルボン酸を末端に有するシランカップリング剤(Triethoxysilylpropylmaleamic acid, Gelest社)のエトキシ基(-OC2H5)とメソ多孔体細孔表面のシラノール基(Si-OH)とで脱水縮合を行い表面修飾し,さらに表面修飾したカップリング剤の末端のカルボキシル基(-COOH)とスルファミン酸(H2NSO3H)でアミド結合(-CONH-)を形成させ,スルファミド酸を固定することを試みた.合成した物質のキャラクタリゼーションを行ったところ,XRDと窒素吸着により, 2d-hexagonal構造をもつMCM-41が合成されていることが確認され,さらに表面修飾・スルファミド化してもメソ孔構造が保たれていることが示された.また, 29Si CPMAS NMRよりT1,T2,T3サイトのピークが確認でき,メソ多孔体表面のSi-OH基とカップリング剤が持つエトキシ基による脱水縮合を経て,カップリング剤が細孔表面シに固定化されていることが確認された.13C MAS NMRより,表面修飾されたシランカップリング剤は, その構造が壊れることなくメソ多孔体表面に修飾されていることが示唆された.さらにIRスペクトルの結果より,スルホン酸基由来のスペクトルの吸収を示した為,スルファミド酸の生成を確認した. 問題となったのは第一に,用いたシランカップリング剤が非常に特殊で高価な為,合成の一般化が困難な点,第二に,スルファミド化前後でMCM-41の比表面積が1000m2 g-1から300m2 g-1まで減少してしまった点であった.これは,弱塩基性の脱水縮合剤と,固定化されたスルファミド酸とで塩が形成されたためであると考えられた.これらの問題点を解決するために,安価で入手しやすく,末端にアミノ基を有するシランカップリング剤である3-aminopropyltriethoxysilaneを用いてメソ多孔体の表面修飾を行い,コハク酸のようなジカルボン酸を介して,スルファミン酸を脱水縮合させることでスルファミド酸合成を検討したところ,スルファミド酸を定量的に導入することができることを見出した。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>