長谷見 雄二 (ハセミ ユウジ)

写真a

所属

理工学術院

職名

名誉教授

ホームページ

http://www.hasemi.arch.waseda.ac.jp/

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1975年

    早稲田大学   理工学研究科   建設工学  

  •  
    -
    1975年

    早稲田大学   理工学研究科   建設工学  

  •  
    -
    1973年

    早稲田大学   理工学部   建築  

学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Engineering

  • 早稲田大学   工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    2006年

    東京工業大学応用セラミックス研究所客員教授

  • 2004年
    -
     

    東京理科大学客員教授

  • 2000年
    -
    2002年

    福井大学大学院 非常勤講師

  • 1997年
    -
     

    早稲田大学理工学部建築学科教授

  • 1987年
    -
    1997年

    建設省建築研究所防火研究室長

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    i日本建築防災協会

  •  
     
     

    地域安全学会

  •  
     
     

    国際火災安全科学学会(International Association for Fire Safety Science)

  •  
     
     

    空気調和衛生工学会

  •  
     
     

    日本火災学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 建築環境、建築設備

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 安全工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Fire safety planning for the preservation of historic department store building as cultural asset - A case study on Nihonbashi Mitsukoshi Main Store

    Hiroko Kazusa, Yuji Hasemi, Shin-Ichi Tsuchiya, Yoshikazu Minegishi

    AIJ Journal of Technology and Design   24 ( 56 ) 207 - 210  2018年02月

     概要を見る

    Numbers of commercial buildings built before WWII are now considered historic monuments, yet most of them scarcely comply with current prescriptive fire safety requirements. This report shows an example of fire safety design for the preservation of Nihonbashi Mitsukoshi Main Store as cultural asset. The building features various weakness in fire safety including large open void penetrating five floors, staircases not satisfying the evacuation requirement etc. The proposed design utilizes existing fire shutters dividing each floor into three fire compartments as temporary fire refuges to overcome the weakness without changing any important historic elements of the building.

    DOI

  • Study on the prediction of the fire protection performance of insulated wooden-walls by small-scale specimens: Predictability of quasi-fireproof performance of external wooden walls with rock-wool insulation

    Osamu Itoge, Yuji Hasemi, Tsukasa Tsukidate, Hirotaka Suzuki

    Journal of Environmental Engineering (Japan)   82 ( 733 ) 183 - 193  2017年03月

     概要を見る

    For the establishment of rational prediction of the fire protection performance of insulated wooden walls, a series of small scale furnace tests are conducted on various types of wall constructions with rock-wool insulation, the most stable practical insulation material. The tests suggest practical predictability of the temperature profile by one-dimensional steady-state heat transfer calculation for walls without cavity, importance of cavity for the fire protection performance of insulated walls, potential predictability of the mechanical integrity from the back-surface temperature of the protection layer.

    DOI

  • Influence of water content on the mechanical properties of wood exposed to fire - Young's modulus and bending strength of Cryptomeria Japonica and Zelkova serrate under various water-containing states at elevated temperature - Young's m

    Chihiro Kaku, Yuji Hasemi, Daisuke Kamikawa, Tatsuro Suzuki, Noboru Yasui, Mikio Koshihara, Hirofumi Nagao

    Journal of Structural and Construction Engineering   82 ( 732 ) 299 - 308  2017年02月

     概要を見る

    The mechanical properties of Cryptomeria Japonica, a softwood commonly used in timber engineering, and Zelkova serrata, a hardwood normally used in traditional large buildings, heated up to 95°C were measured at the elevated water content and temperatures as an engineering basis for the structural fire safety design of large-scale timber buildings. The results show that the Young's modulus of two species at the elevated water content and temperatures was largely affected by the water content over 5% and the heating temperatures 80°C or higher. The bending strength at normal temperature or higher was highly dependent on the water content, however two species showed different declining trends with the rise of water content and temperatures. The correlation between Young's modulus and bending strength of Cryptomeria Japonica and Zelkova serrate keep to the same with the rise of the water content and temperatures.

    DOI

  • 小型試験体による木造断熱壁体の防火性能予測に関する研究

    糸毛 治, 長谷見 雄二, 月館 司, 鈴木 大隆

    日本建築学会環境系論文集   82 ( 733 ) 183 - 193  2017年

     概要を見る

    &nbsp;This study aims to establish the rational prediction of the fire protection performance of insulated wooden walls to reduce the full-scale fire tests. Series of small-scale furnace tests are conducted on various types of wall constructions with rock-wool insulation, the most stable practical insulation material.<br>&nbsp;The results of the fire tests and one-dimensional steady-state heat transfer calculation lead the following conclusion on the wooden insulated walls with rock-wool insulation.<br>&nbsp;Without cavity, the calculation can almost reproduce the temperature profile in the wall as the disadvantageous situation that temperature becomes higher in. And the engineering problems, to grasp the heat balance in cavity and to build calculation model of it, are left.<br>&nbsp;Fire protection performance is required flame insulation property, heat insulation property and non-damage ability in Japan's building standard act.<br>&nbsp;Heat insulation property can be predicted by checking thermal resistance. If insulated walls have thermal resistance bigger than 1.70m2K/W when heated for 45 minutes, or 2.10m2K/W when heated for 60 minutes, heat insulation property can be secured enough.<br>&nbsp;Heat insulation property is made a difference between when heated from indoor side and from outdoor side by cavity or the material which phase conversion happens in high temperature. In non-insulated wall, infilled insulated wall and additional insulated wall, heat insulation property become more disadvantageous when heated from indoor side than from outdoor side, with gypsum board as interior material. In addition, cavity acts on more advantageous against heat insulation property.<br>&nbsp;The time when combustion begins in the pillars depend on thermal resistance of external protection layer when heated from outdoor side, and depend on how long gypsum board delays temperature rise at around 100 degrees Celsius when heated from indoor side. Non-damage ability becomes more disadvantageous when heated from indoor side than from outdoor side in non-insulated wall and all insulated wall with rock-wool even if any constructing method.<br>&nbsp;The infilled insulation raises the back-surface temperature of the protection layer, also reduces the damage by protecting the side of the pillar. And the external insulation disturbs heat diffusion to the back side when heated from indoor side, also reduces the damage by protecting the front of the pillar when heated from outdoor side. Thus the infilled insulation and the external insulation have both advantageous factor and disadvantageous factor for non-damage ability. The combination of these factors can explain about non-damage ability in every constructing method of the insulated wall.<br>&nbsp;In addition, It is clarified that non-damage ability can be predicted by checking the back-surface temperature of the protection layer. This point suggests potential predictability by calculation, because the one-dimensional steady-state heat transfer calculation can almost reproduce the temperature profile, without cavity.

    CiNii

  • 含水率が火災加熱を受ける木材の力学的性能へ及ぼす影響

    加來 千紘, 長谷見 雄二, 上川 大輔, 鈴木 達朗, 安井 昇, 腰原 幹雄, 長尾 博文

    日本建築学会構造系論文集   82 ( 732 ) 299 - 308  2017年

     概要を見る

    &nbsp;Public buildings in Japan are being increasingly constructed from wood. Timber-based buildings have been considered from various perspectives, including management of forest resources and environment concern. Large-scale buildings in Japan are needed to be fire-resistive or quasi-fire-proof constructions to withstand fire damage. If a fire breaks out a large-scale timber building, the residual strength of structural members exposed to fire must be known for the fire safety. For this purpose, study on physical properties of wooden structural members are important and influence of charring, temperature shift under heating and water content at normal temperature of wooden structural members have been studied. However influence of water content on the structural properties of wooden members under high temperature is not clearly.<br>&nbsp;In this paper, Cryptomeria Japonica, a softwood commonly used in timber engineering, and Zelkova serrata, a hardwood normally used in traditional large buildings, were heated up to 95&deg;C. The Young's modulus and bending strength of two species were measured at the elevated water content and temperatures. The results provide an engineering basis for the structural fire safety design of large-scale timber buildings. The following properties of the woods were analyzed and determined.<br>&nbsp;1. The effect of water content on Young's modulus and bending strength at elevated and normal temperatures.<br>&nbsp;2. The effect of heating on Young's modulus and bending strength at elevated water content.<br>&nbsp;3. Relationship between Young's modulus and bending strength in heated moisture state wood.<br>&nbsp;In the bending experiment, the mechanical properties of heated Cryptomeria Japonica and Zelkova serrate on a scale of 1 to 4 below water evaporation temperature (room temperature, 50&deg;C, 80&deg;C and 95&deg;C). The specimens were hewed from the two logs without knot and sized 20mm square and 320mm span (Fig. 1). The water content of specimens was from 1 to 150% and divide into four groups. Group1 is low water content, under 5%, Group2 is medium water content, between 5% and 15%, Group3 is other medium water content, between 15% and 30%, Group4 is high water content, over 30%. We used, as needed, a small dry kiln heated to 60&deg;C to drying. The bending test conformed to &ldquo;The examination method for the bending strength&rdquo; stipulated by JIS Z 2101 and was conducted in a compression testing machine with a heat-controlled chamber (Picture1). A flowchart of the experimental procedure is presented in Fig. 2.<br>&nbsp;The Young's modulus of two species at elevated water content and temperatures, was largely affected by water content over 5% and heating temperatures 80&deg;C or higher. The bending strength at normal temperature or higher was highly dependent on water content, however two species show different declining trends with the rise of water content and temperatures. The correlation between Young's modulus and bending strength of Cryptomeria Japonica and Zelkova serrate keep to the same with the rise of water content and temperatures. This study reports an experimental assessment of structural fire safety on large-scale timber building.

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 災害は忘れた所にやってくる

    長谷見雄二

    工学図書社  2002年09月

  • Diffusion Flame Modeling as a Basis for the Rational Fire Safety Design of Built Environments

    Proceedings of the Sixth International Association for Fire Safety Science  1999年

  • Flame Heat Transfer and Concurrent Flame Spread in a Ceiling Fire

    Proceedings of the Fifth International Association for Fire Safety Science  1997年

  • Science of Fires

    Inoue Shoin Publishers  1988年

  • 火事場のサイエンス

    井上書院  1988年01月

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 耐火設計方法および建築物

    5545760

    長谷見 雄二

    特許権

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 加賀橋立伝統的建造物群保存地区防災計画策定調査

    その他 

    2012年04月
    -
    2014年03月

  • 角館伝統的建造物群保存地区防災計画策定調査

    その他 

    2011年04月
    -
    2013年03月

  • 奈良井伝統的建造物群保存地区防災計画策定調査

    その他 

    2007年04月
    -
    2009年03月

  • 木曾平沢伝統的建造物群保存地区防災計画策定調査

    その他 

    2007年04月
    -
    2009年03月

  • 登録文化財日本工業倶楽部会館の保存再生のための防災設計

    芸術活動 

    1999年
    -
    2000年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 空気調和衛生工学会技術賞

    2018年05月   空気調和衛生工学会  

  • D.ドライズデール賞

    2017年06月   国際火災安全科学学会  

  • 消防行政特別功労章

    2017年03月   東京消防庁  

  • 永年功績賞(アジア・オセアニア火災科学技術学会)

    2015年10月   アジア・オセアニア火災科学技術学会  

  • 2011年ショーリン賞

    2011年06月   国際火災研究機関フォーラム  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 火災加熱下の木造部材における熱・水分移動とその力学的影響に関する実証的研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    木造部材の火災時の挙動は、木材の物性や小規模試験からの予測より悪い方に現れる傾向が強い。その重要な要因として木材の水分の影響を想定し、その過程の検証とその影響軽減の原理の導出を行う。木材の強度は含水率が高いほど低下するが、その傾向は高温ほど顕著で、沸点付近の飽水状態では、常温気乾時の25%前後と、乾燥した木材の炭化寸前と同程度となる。火災加熱時の木造部材内で蒸発した水分は低温側に移動して沸点付近で再凝縮するため、部材内には沸点付近で飽水状態の層が形成されると予想される。本研究では火災加熱時の部材内部の温度・含水率の動的測定により本仮設及び数値計算による再現性を検証し、力学的影響の評価を試みる

  • 火災の早期対応・鎮圧を目標とする火災拡大抑制対策枠組の構築

    研究期間:

    2018年06月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    (1)住宅個室規模の火災実験 住宅個室規模の室を用い、バーナーを火源として、気温、壁表面各部の入射熱分布と火源強度の関係を整理した。(2)屋裏界壁等の二次部材や建具の火炎加熱実験 小屋裏を再現する実大模型により、施工が困難な小屋裏・天井裏の改修に適すると思われる材料・工法による延焼遅延効果を模索する実験を行った。これにより、施工の難易度と遮熱・遮炎時間の基本的な関係を把握し、この種の改修では、界壁を既存建物に取り付ける場合の取り合い部が遮熱性の弱点となり易いことを明らかにした。(3)消防設備・消火器による燃焼鎮圧検証実験 B級消防ポンプの使用経験のない青年群を対象に訓練と操作能力の関係および訓練後に、消防ポンプ操作の基本動作の所要時間を把握する実験を行い、放水以外の役割は容易に習熟することを明らかにした。消火器については、伝建地区住民を被験者とする実験を行い、消火訓練経験のない高齢者が消火器により初期消火できるようになる可能性は低いことを明らかにした。(4)歴史的町並みを含む密集地区の木造家屋実態調査 京都市、高山市、豊岡市、焼津市、草津町、桐生市等の戦前期の木造建築を調査し、建物間延焼上の弱点の地域特性を把握した。桐生、焼津では住民の意識調査も行い、災害時の協力体制構築の可能性に地域差があることなどを明らかにした。(5)火災拡大シミュレーションの検討 住宅個室を想定し、火源データを与えて、壁面、扉、火災感知器等の熱的状況を予測するモデルの基本設計を行なった。(6)離島の火災被害状況・防災体制に関する調査 外部からの防災活動の支援が得難い典型として離島がある。本課題の対象として、2年目以降の調査を検討していたが、消防庁の協力が得られたため、離島の消防本部を対象とするアンケート調査を行い、離島の火災及び防災体制の特徴と基本的な課題を把握した。初年度の研究計画は順調に推移している。更に、2年度目以後に実質を計画していた離島の防災調査についても総務省消防庁より積極的な協力が得られたため、統計データの分析や、各離島を統括する消防本部へのアンケート調査などを実施することができた。また、本課題申請段階では地域防災に関する予備調査を行っていたカンボジア王国シェムリアツプ市の歴史的地区の防災まちづくり事業が、本年、JICA草の根技術協力事業として採択が決まったため、研究計画調書では指摘していたアジアの発展途上地域に、本課題の内容を有効な地域防災の手法として展開する可能性の調査検討を行うフィールドも確保することができている。基本的に、研究計画調書に記載の研究を進めていく。一方、地域防災への地域住民の参加を容易にすることが、本課題で構想している防災対策枠組のポイントであるが、住民の意識・能力等には地域差も大きく、研究遂行上、住民意識・能力の把握が必要である。また、この方向の研究の発展のためには、防災意識・能力の調査方法やその向上方策の開発の意義も大きい。このため、研究代表者等が地域防災事業等に関わっている地域で、それら事業とも関係付けて住民意識や能力に関わる調査を遂行していきたい。なお、本研究課題に関する研究発表を聞いた防災メーカー、建材メーカーからは研究の方向に関心を寄せられている。本課題の成果を研究途中でも民間の技術開発に生かされるようにしていくことで、本課題の意義をより高くしていくように努めたい

  • 大規模居室における内装の燃焼拡大性状の予測と火災規模の局限化に関する研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    学校教室程度以上の規模の大規模居室の天井を不燃化し、壁内装を可燃材料で仕上げた場合のフラッシュオーバーの発生の有無を予測する方法を開発した。その主な内容は以下の通りである。①大規模居室の部分火災段階における煙層・壁内装間の表面熱伝達率の計算モデルを実大規模実験により誘導した。②区画火災のゾーンモデルに(1)の表面熱伝達率モデルを活用して、壁表面の熱収支を予測できるようにした。③木材等の代表的な内装材料の火炎伝播予測に必要な物性を把握した。④目視内装の熱収支に重大な影響を与える木材内部の水分移動の測定法を開発した。大規模居室の火災時の煙層・壁表面間の表面熱伝達率を世界的にも初めて体系的に実測し、普遍性のあるモデルを揺動できた。大規模居室の工学的内装防火設計の基盤となる情報を確立できた。また、単純な形態の木質内装居室については、フラッシュオーバーが発生しない限界となる火源規模、居室規模を安全側の設計となるように決定する方法を誘導できた。本研究で開発した火災加熱を受ける木材内部の含水率の動的測定法は、従来、測定できていない含水率の動的変化の測定を可能にし他ものであり、今後、さらに改良すれば、内装の燃焼制御研究のみならず、木造の防火性能の研究一般に活用可能である

  • 大断面木質部材の防耐火性能設計の工学モデル

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    大断面木質部材の主な活用対象となる耐火・準耐火構造の開発上、未解明の、①火災加熱される木造部材の自消条件・力学的性能の変化、②木材の高温での力学的特性の変化、③大スパン木質耐力部材の非損傷性の予測等を課題とした。その結果、①については、燃え止まり型耐火構造の自消条件を小型材料試験で予測する方法を誘導し、特殊な材料に依存しない木質耐火構造の開発に成功した。②については、木材の力学的性能が温度だけでなく含水率の影響を顕著に受けることを明らかにし、主要樹種について温度・含水率とヤング係数・曲げ強度の関係を把握した。③については耐火試験の加熱後断面性能に基づく大スパン部材の非損傷性予測法を開発した

  • JST戦略的創造研究推進事業「伝統的建造物群保存地区における総合防災事業の開発」総合防災計画ならびに町並み・建 造物の 防火対策策定のための調査研究

    研究期間:

    2013年
    -
     
     

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 大断面木質部材の防耐火性能設計の工学モデル

    2012年  

     概要を見る

    鋼材等の構造材料に比べて防耐火性能の工学的予測が著しく立ち遅れている木材について、火災加熱時の部材断面の力学的性能を予測する基礎情報として、以下の実験研究を行った。火災加熱を想定した高温下での熱分解・燃焼性状の温度帯別測定スギ・カラマツ・ベイマツ・アカマツ・キリ・ケヤキの無処理材及びスギ難燃処理材について、400℃以下の範囲で温度帯別に吸熱・発熱特性を空気及び窒素雰囲気中で測定した。木材の力学的物性に対する温度上昇の影響の把握構造用木材であるスギ、カラマツ、ベイマツ、ケヤキについて、炭化に至らない200℃以下の範囲で、高温時及び高温から常温に低下した段階でのヤング係数及び曲げ強度を測定した。

  • 病院病棟の管理実態にもとづく災害時人命安全計画

    2007年  

     概要を見る

    病院病棟は、診療科によっては自力避難できない患者が数多く存在し、火災等の災害時に人命危険が及ぶ前に避難完了させるには病院職員の介助を前提とする避難を機能的に行う必要がある。しかし、病棟の避難で一般に想定されるストレッチャー等を用いた担送避難等については病室での担送器具への移動、避難先での担送器具からの移動等を含む避難時間の予測自体に困難があり、介助避難を合理的に計画する基盤は脆弱であった。本研究では、ストレッチャー、シーツ、車椅子を使用した介助避難を想定して、病因病等で多数の患者が同時に避難する状況を反映させた避難行動実験を、実際の病院病棟階において改装のため不使用となる期間を利用して実施し、それをもとに病院病棟における群集介助避難時間を予測するモデルを作成した。更に、本モデルに基づいて、病院病棟の平面計画と夜間管理体制が、病棟における群集避難時間にどう影響するかを明らかにし、病院病棟の防災計画やその評価の基盤となる手法として提案した。 一方、本研究では、神経内科、小児科等では自力避難できない患者比率が極めて高く、この防災計画手法では、日常的な医療行為と合理的な避難計画を両立させるのは極めて困難であるとの見通しが得られた。そこで、火災時でも出火室以外の病室は避難しなくても在室患者の人命安全を維持できる「災害時避難不要病棟」の概念を考案して、その技術的可能性を検討した。それには出火室の排煙・共用廊下の加圧、出火室間仕切りを通じる延焼防止が必要であるが、病室では火災荷重が小さく、他室との間の区画性も高いことから、火災継続時間は短く、壁を介する延焼防止は容易であること、居室の必要排煙量は一般的な排煙と特に変わらないこと等を明らかにし、避難不要病棟とする上で特に検討が必要なのは共用部分の加圧を確実にするための平面計画と、遮煙性を確保できる病室扉の開発のみであり、技術的実現可能性が高いことを明らかにした。

  • 自力避難困難者の多い施設の避難安全計画に関する基礎的研究

    2006年  

     概要を見る

    高齢化に伴う高齢者施設の増加、バリアフリー化の進行に伴う公共施設の障がい者・高齢者の利用の増加等を背景として、災害時に自力避難できない在館者の多い施設が増加している。一方、火災時の人命安全は一般的には地上までの避難を前提としているが、こうした自力避難困難者の増加を防災的にどう補って人命安全性を確保するかは調査研究のレベルでも立ち遅れており、2005年頃からは高齢者施設等を中心に複数の死者を出す火災が発生し始めている。高齢化の更なる進行によって高齢者施設が増加すれば、その火災被害が大規模化したり、死亡火災が頻発化することが予想されている。本研究は、高齢者福祉施設を中心に、自力避難困難者の居住実態と施設の防災管理体制を調査し、併せて、高齢者の行動能力を避難計画という観点から実測調査するものである。本研究では、2000年以降、増加してきた認知症グループホームについて、東京都内の施設の悉皆調査を行い、多くの施設において、出火後早い段階で確実に消火・介助避難するための設備・管理体制が成立していないこと、居住者の要介護度は居住年数とともに進行し、避難上の困難が増加する傾向があること等を明らかにした。また、東京都の高齢者住宅(シルバーピア)で発生した火災の記録の悉皆調査を行い、高齢者住宅でも、認知症等の症状を伴わない場合は、生活様態によっては出火率が一般世帯よりもむしろ低下し得ること、出火後、早い段階で駆けつけることができる人がいることが高齢者施設の人命安全の向上に極めて効果的であること等を明らかにした。一方、高齢者・障がい者の避難行動特性の実験的把握は、被験者確保の容易性のため、健常者に擬似高齢者体験用具を装着させて実施するのが通例であるが、実際の高齢者の行動能力を再現し得ているかについては疑問があった。本研究では、高齢者住宅の住民の協力を得て、実際の高齢者、車椅子使用者の歩行行動能力測定を実施し、擬似高齢者体験用具による実験方法の指針を誘導した。

  • 歴史的都市景観保存と両立する地域防災対策手法

    1997年  

     概要を見る

    全国の重要伝統的建造物群保存地区(伝建地区)のうち市街地を構成する28地区を対象としてアンケートによる防災意識及び防災安全性の実態を把握するための調査を行った。この結果から、都市内に存在する伝建地区では空家の増加と定住人口率の低さが地域防災の課題を特徴づけているのに対して、小都市や集落型の地区では高齢者人口比率の増加が顕著であること、更に、これらの課題に対する地域共同体の取組は、小都市・集落型の方が大都市型伝建地区より総じて積極的であることなどが判明した。また、土蔵・塗屋系の町家は防火性能は高い反面、街路等に対して住宅が閉鎖的であるため、近隣関係が疎遠になる傾向があり、地域災害における近隣の協力関係の形成をかえって阻害する傾向があることが判明した。 研究代表者が地域防災計画を指導・支援している岐阜県高山市三町伝建地区を対象として、歴史的景観に影響しない地域防災対策手法として防火塗料とケーブルネットワークの適用性のケーススタディを行った。即ち、木造軸組工法の伝統的町家群の出火・延焼抑制手法として、透明性の高い防火塗料を試作し、施工直後での防火性能の確認と促進暴露試験による耐候性の把握を行ったうえ、岐阜県高山市三町伝建地区の修景建造物に適用して、この手法の景観への影響評価と今後の防火性能の経年変化の検討を進める基盤を整えた。既に防火を目的として敷設が始まっているケーブルネットワークについては、利用者の満足度等を生活実態と併せて調査し、今後、住民の急病・事故等の際の通報機能等を付加すれば、本地区が直面する種々の地域安全上の課題の解決に著しく寄与し得ることが判明した。研究成果の発表1998年5月 日本火災学会研究発表会「重要伝統的建造物群保存地区における地域防災の基盤的条件について」1999年7月 The Sixth International Symposium on Fire Safety Science(投稿中)“A Regional Fire Safely Planning for Wooden Preserved Historic District”