郡司 幸夫 (グンジ ユキオ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.ypg.ias.sci.waseda.ac.jp/index.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学修士(東北大学)

  • 理学博士(東北大学)

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 神戸大学 大学院理学研究科   本務/教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 地球生命科学

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 少数個体の鮎(Plecoglossus altivelis)が形成する群れとその個体数による振る舞いの変化

    新里 高行, 村上 久, 三具 和希, 都丸 武宣, 西山 雄大, 園田 耕平, 郡司 ペギオ幸夫

    計測自動制御学会論文集   52 ( 5 ) 257 - 263  2016年

     概要を見る

    In this study, we examine the radical difference between a single and a few individuals behavior. To investigate this difference, we use a fish (<i>Plecoglossus altivelis</i>, ayu or sweetfish) in an unfamiliar environment. We allow the fish to swim freely in a large shallow tank in a controlled laboratory and we track the fish's trajectories. In our experiment, although all trajectories of individuals show Lévy walk behavior, which is known as the optimal strategy for resolving the trade-off between exploration and exploitation, those trajectories of individuals were markedly different depending on whether they were alone or in a group. Our result suggests that the concepts of “whole” for a single fish and a group may be different. Furthermore, we also find that a leader of a group frequently changes though a trial.

    DOI CiNii

  • 群れが形成するネットワークからみる図地構造

    新里高行, 村上久, 都丸武典, 西山雄大, 園田耕平, 三具和希, 郡司ペギオ幸夫

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   16th   ROMBUNNO.2P1‐3  2015年12月

    J-GLOBAL

  • 内的ゆらぎの群れ内情報伝達への貢献

    村上久, 新里高行, 都丸武宜, 西山雄大, 郡司ペギオ幸夫

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   16th   ROMBUNNO.2P1‐5  2015年12月

    J-GLOBAL

  • ミナミコメツキガニの群れに認められる逆ベイズ推論

    郡司ペギオ幸夫, 都丸武宜, 村上久, 新里高行

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   16th   ROMBUNNO.2P1‐1  2015年12月

    J-GLOBAL

  • 非対称な接触による群れ行動

    園田耕平, 村上久, 新里高行, 飯塚浩二郎, 郡司ペギオ幸夫

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   16th   ROMBUNNO.2P1‐2  2015年12月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 代表元選択不可能性に基づく貼り合せ世界観の形成機構について

    2014年   園田耕平

     概要を見る

    表象が一つに決まらず、対象の意味が常に両義的であることによって、認識不可能な外部に言及する認識システムを構想した。この表象の両義性を二つの写像の重ねあわせで定義し、二つの写像の齟齬を捨てるように両者の近似の合成に関する不動点を集めるとき、世界はアトムに還元可能な論理の貼りあわせで構想されることが理解された。成果は、New Challenges in ComplexSystem Scienceで発表、公開されたほか、現在PhysicaDに投稿中である。また計測自動制御学会SI部門における講演で優秀講演賞(講演「世界の貼り合わせと表現耕法」を受賞している。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>