渡邉 芳敬 (ワタナベ ヨシタカ)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   大学院教育学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • 哲学博士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本フランス語・フランス文学会

  •  
     
     

    日本フランス語・フランス文学会

  •  
     
     

    日仏哲学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • フランスから遠く離れて

    ふらんす     9 - 10  2015年09月

  • 「レ・ミゼラブル」とフランス・ミュージカル

    早稲田オンライン    2013年04月

  • 近代のドラマを描く作家ユーゴー、新たなミュージカルの流れを作った画期的作品

    パンフレット『ノートルダム・ド・パリ』    2013年02月

  • フランス・ミュージカル

    定年時代    2013年02月

  • 神話作用

    現代社会学事典     717  2012年12月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 舞台芸術の世界を学ぶ

    澤田( 担当: 分担執筆)

    ぎょうせい  2018年03月

  • 文学とアダプテーション ヨーロッパの文化的変容

    小川, 村田, 吉村( 担当: 分担執筆)

    2017年10月

  • フランス・ミュージカルへの招待

    春風社  2012年12月

  • 『エリザベート』読本 ウィーンから日本へ

    青弓社  2010年10月

  • バルト 距離への情熱

    白水社  2007年04月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 群像新人賞

    1991年05月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 市民文化形成支援研究

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ「フランスの音楽劇 ーーオペラ、オペレッタ、ミュージカルーー」

    日本フランス語フランス文学会春季大会  

    発表年月: 2015年05月

  • ワークショップ「自己を語るエクリチュール」

    日本フランス語フランス文学会秋季大会  

    発表年月: 2004年10月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 歌舞劇研究―音楽劇から歌舞劇へ―

    2005年  

     概要を見る

    フランス発ミュージカル「レ・ミゼラブル」(1980)が英語圏ミュージカルへと拡大・発展していったことはすでに周知の事実だが、ここ数年フランスミュージカルの動きは目覚しく、昨年春ついに日本上陸をはたした(「十戒」(2000))。人気ミュージカル「ノートル=ダム・ド・パリ」(1998)もすでに中国・韓国・台湾を席巻し、好評を博している。フランスオペラの伝統であるグランドオペラを思わせるスペクタクル性豊かなミュージカルの数々ーー「スターマニア」(1979)から「太陽王」(2005)までーーは、重厚な物語に加え、ロックからラップにいたる多岐にわたる音楽とこれまたバレーからストリートダンスにまで及ぶダイナミックな舞踏からなる、文字通りのカ・ブ・キ(歌・舞・伎)の復活ということができる。それは現代日本の歌舞伎の隆盛ーー市川猿之助のスーパー歌舞伎をはじめ、宝塚の植田歌舞伎、野田(秀樹)歌舞伎、いのうえ(かずき)歌舞伎、三谷(幸喜)歌舞伎、コク-ン歌舞伎etc.ーーとも確実に連動しよう。英米圏のミュージカルと違い、全編ほぼ歌で構成されているフランスミュージカルの多くはいわば現代のオペラといっていいがーージャック・ドゥミの映画「シェルブールの雨傘」(1963)にその源泉を見出すことができるかもしれないーー、オペラ=音楽劇から、オペレッタ、レビューを経て、歌舞劇としてのミュージカルへといたるその流れは、ワーグナー的総合芸術論の20世紀的展開、一種の大衆芸術論の可能性とみなすこともできよう。物語はもちろんのこと、演技・演出、さらには音楽・音響・ダンス・照明・装置等等のさらなるレヴェルアップを通して、子供向けのエンターティメントではない、大人のためのエンターティメントを創造すること。反ファンタジー・反メロドラマがフランス的(ひいてはヨーロッパ的)ミュージカルの特徴だ。いうならば、現実逃避のミュージカルではなく、現実発見のミュージカル。音楽劇から歌舞劇への変遷は、そのまま音楽・舞踏に共鳴・振動する身体の発見であり、大いなる現実の発見にほかならない。

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「翻案研究」「パリ研究」「セガレン研究」

    2013年03月
    -
    2014年03月

    フランス   パリ第一大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>