辻川 信二 (ツジカワ シンジ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/shinji/mainj.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   教育学部

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    早稲田大学   理学研究科   物理学科  

  •  
    -
    1996年

    東京大学   理学部   数学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士 (理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
     

    東京理科大学理学部第二部物理学科   教授

  • 2008年
    -
    2015年

    東京理科大学理学部第二部物理学科   准教授

  • 2004年
    -
    2008年

    群馬工業高等専門学校   講師

  • 2003年
    -
    2004年

    ポーツマス大学(英国)   日本学術振興会特別研究員PD

  • 2001年
    -
    2003年

    東京大学理学部ビッグバン宇宙国際研究センター   日本学術振興会特別研究員PD

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    論文誌 ``銀河''

  •  
     
     

    現代物理学に関する国際雑誌 D

  •  
     
     

    日本物理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 宇宙論,相対論

論文 【 表示 / 非表示

  • Neutron stars in f(R) gravity and scalar-tensor theories

    Ryotaro Kase, Shinji Tsujikawa

    J COSMOL ASTROPART P   09 ( 054 ) 1 - 25  2019年09月  [査読有り]

    DOI

  • Cosmological data favor Galileon ghost condensate over ΛCDM

    Simone Peirone, Giampaolo Benevento, Noemi Frusciante, Shinji Tsujikawa

    PHYS REV D   100 ( 063540 ) 1 - 6  2019年09月  [査読有り]

    DOI

  • Cosmological constraints and phenomenology of a beyond-Horndeski model

    Simone Peirone, Giampaolo Benevento, Noemi Frusciante, Shinji Tsujikawa

    PHYS REV D   100 ( 063509 ) 1 - 17  2019年09月  [査読有り]

    DOI

  • Lunar laser ranging constraints on nonminimally coupled dark energy and standard sirens

    Shinji Tsujikawa

    PHYS REV D   100 ( 043510 ) 1 - 18  2019年08月  [査読有り]

    DOI

  • Anisotropic 2-form dark energy

    Juan P. Beltran Almeida, Alejandro Guarnizo, Ryotaro Kase, Shinji Tsujikawa, Cesar A. Valenzuela-Toledo

    PHYS LETT B   793 ( 10 ) 396 - 404  2019年06月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • The Encyclopedia of Cosmology, Volume 3: Dark Energy

    Shinji Tsujikawa( 担当: 単著)

    World Scientific  2018年05月 ISBN: 9814656194

  • SUPERサイエンス 相対性理論が描く宇宙の未来

    辻川信二( 担当: 単著)

    シーアンドアール研究所  2015年02月 ISBN: 4863541635

  • Modifications of Einstein's Theory of Gravity at Large Distances

    Shinji Tsujikawa, Eleftherios Papantonopoulos( 担当: 共著)

    Springer  2015年01月 ISBN: 9783319100692

  • 現代宇宙論講義

    辻川信二( 担当: 単著)

    サイエンス社  2013年07月

  • Quantum Gravity and Quantum Cosmology

    S. Tsujikawa, G. Calcagni, L. Papantonopoulos, G. Siopsis, N. Tsamis( 担当: 共著)

    Springer  2013年01月 ISBN: 9783642330360

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Dark energy in the most general scalar-tensor theories and their observational constraints

    Shinji Tsujikawa

    AIP Conference Proceedings   1514   118 - 127  2013年02月

  • 隠れた定数~暗黒エネルギー~

    白水徹也, 辻川信二他

    数理科学   ( 2011年7月 ) 17 - 24  2011年07月

  • Cosmological Perturbations in General Modified Gravity Theories

    Shinji Tsujikawa, Antonio De Felice, Shinji Mukohyama

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   190 ( 190 ) 188 - 196  2011年

     概要を見る

    We derive the equations of linear cosmological perturbations for the general Lagrangian density f (R,phi,X)/2 + L-c, where R is a Ricci scalar, phi is a scalar field, and X = -partial derivative(mu)phi partial derivative(mu)phi/2 is a field kinetic energy. We take into account a nonlinear self-interaction term L-c = xi(phi)square phi(partial derivative(mu)phi partial derivative(mu)phi), which keeps the field equations at second order. Taking into account a scalar-field mass explicitly, the equations of matter density perturbations and gravitational potentials are obtained under a quasi-static approximation on sub-horizon scales. We also derive conditions for the avoidance of ghosts and Laplacian instabilities associated with propagation speeds.

  • Matter instabilities in general Gauss-Bonnet gravity

    Antonio De Felice, David F. Mota, Shinji Tsujikawa

    MODERN PHYSICS LETTERS A   25 ( 11 ) 885 - 889  2010年05月

  • RECENT STATUS OF DARK ENERGY

    Shinji Tsujikawa

    MODERN PHYSICS LETTERS A   25 ( 11-12 ) 843 - 858  2010年04月

     概要を見る

    We review a number of approaches that have been adopted to explain the origin of dark energy responsible for the late-time cosmic acceleration. This includes the cosmological constant and dynamical dark energy models such as quintessence, k-essence, Chaplygin gas, f(R) gravity, scalar-tensor theories, and braneworld models. We also discuss observational and local gravity constraints on those models and clarify which models are favored or ruled out in current observations.

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本天文学会欧文研究報告論文賞

    2019年03月  

  • 高被引用論文著者

    2014年07月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 宇宙物理学,相対論

    研究期間:

    2008年
    -
    2018年
     

     概要を見る

    近年の観測技術の進歩に伴い,宇宙論および重力理論に関する研究は急速な進展を見せている.本研究室では,一般相対論や素粒子理論を用いた理論的な予言と最新の観測データとの比較を行い,宇宙の初期から現在に至る宇宙の進化について明らかにしようとしている.

  • Cosmology, Relativity

    研究期間:

    2008年
    -
    2018年
     

     概要を見る

    The research area of cosmology and general relativity has rapidly developed with the improvement of observational techniques. We try to clarify the evolution of Universe from the beginning to the present by comparing theoretical predictions from general relativity and particle physics with recent observational data.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Dark energy in scalar-tensor versus vector-tensor theories

    Shinji Tsujikawa

    2019 CCNU - cfa@USTC Junior Cosmology Symposium   (Wuhan, China) 

    発表年月: 2019年04月

  • スペース重力波アンテナDECIGO計画 (100):B-DECIGOの概要

    安東正樹, 辻川信二

    日本物理学会   (九州大学) 

    発表年月: 2019年03月

  • ベクトル・テンソル理論に基づく暗黒エネルギー模型に対する積分ザックス・ヴォルフェ効果からの制限

    中村進太郎, Antonio De Felice, 加瀬竜太郎, 辻川信二

    日本物理学会   (九州大学) 

    発表年月: 2019年03月

  • Gauge-ready formulation of cosmological perturbations in scalar-vector-tensor theories

    Lavinia Heisenberg, 加瀬竜太郎, 辻川信二

    日本物理学会   (九州大学) 

    発表年月: 2019年03月

  • Dark energy in scalar-tensor versus vector-tensor theories

    Shinji Tsujikawa

    PHILOSOPHY OF DARK ENERGY WORKSHOP   (アーバイン (米国)) 

    発表年月: 2019年03月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 宇宙初期におけるインフレーションと粒子生成

    2000年  

     概要を見る

     本研究においては、宇宙初期のインフレーションとその直後の前加熱期における粒子生成および時空の揺らぎの発展を様々なモデルにおいて詳しく解析した。特に、カオス的インフレーションモデルおよび高次の曲率が効くインフレーションモデルにおいて、スカラー場が時空のスカラー曲率と非最小結合している系でも効率的な粒子生成が前加熱期中に起こることを示した。また、振動インフレーションおよびナチュラルインフレーションという素粒子理論が起源のモデルにおいて、インフレーション中においてもインフラトン場(インフレーションを担う場)の揺らぎが成長することを見い出した。また、スカラー曲率がインフラトン場以外のスカラー場と結合している、2つのスカラー場が存在する系で、大スケールで時空の揺らぎがインフレーション中に成長しうることを我々は新たに見い出し、これにより結合定数の強さに制限を与えた。また1つの場しか存在しない系では大スケールでの粒子生成および時空の揺らぎの成長が抑えられることを明らかにした。さらに高次元宇宙モデルにおいて、内部空間が球上にコンパクト化されているモデルでのカルツアクライン粒子の生成について調べ、その後の宇宙進化を妨げるような危険な粒子の過度の生成は起こらないことを示した。それに加えて、同様なモデルでのインフレーションと前加熱期での内部空間の振る舞いを調べ、内部空間を安定化させ、かつ宇宙背景輻射のスケール不変な揺らぎを生み出すことができることを示した。また、2つのスカラー場とフェルミオン場が存在するという現実的な系において、フェルミ粒子の生成の詳細な考察を行った。さらに、前加熱期の原始ブラックホールの生成について考察し、結合定数によっては原始ブラックホールの過剰生成が起こることを見出した。これにより、インフレーションのモデルにも制限を与えることが可能になるため、これらの研究は今後極めて重要になると期待される。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年07月
    -
    2025年07月

    Galaxies  Editor

  • 2011年07月
    -
    2025年07月

    論文誌 ``銀河''  学会誌及び論文誌の編集者

  • 2012年03月
    -
    2025年03月

    International Journal of Modern Physics D  Editor

  • 2012年03月
    -
    2025年03月

    現代物理学に関する国際雑誌 D  学会誌及び論文誌の編集者

  • 2009年11月
    -
    2011年10月

    日本物理学会  学会誌及び論文誌の編集者