岡 浩一朗 (オカ コウイチロウ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/koka/index.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
    2022年

    アクティヴ・エイジング研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   健康科学  

学位 【 表示 / 非表示

  • Waseda University   Ph.D.

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
     

    :早稲田大学スポーツ科学学術院教授

  • 2006年
    -
    2011年

    :早稲田大学スポーツ科学学術院准教授

  • 2004年
    -
    2005年

    :東京都老人総合研究所介護予防緊急対策室主任

  • 2001年
    -
    2003年

    :日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 1999年
    -
    2000年

    :早稲田大学人間科学部助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本心臓リハビリテーション学会

  •  
     
     

    日本スポーツ心理学会

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    日本応用老年学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 健康行動科学・行動疫学

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of accelerometer-measured sedentary behavior, and light- and moderate-to-vigorous-intensity physical activity in white- and blue-collar workers in a Japanese manufacturing plant.

    Noritoshi Fukushima, Makiko Kitabayashi, Hiroyuki Kikuchi, Hiroyuki Sasai, Koichiro Oka, Yoshio Nakata, Shigeho Tanaka, Shigeru Inoue

    Journal of occupational health   60 ( 3 ) 246 - 253  2018年05月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    OBJECTIVE: The times spent in sedentary behavior (SB) and moderate-to-vigorous physical activity (MVPA) are independently associated with health outcomes; however, objective data on physical activity levels including SB among different occupations is limited. We compared accelerometer-measured times spent in SB, light-intensity physical activity (LPA), and MVPA, and the patterns associated with prolonged bouts of SB between white- and blue-collar workers. METHODS: The study population consisted of 102 full-time plant workers (54 white-collar and 48 blue-collar) who wore a triaxial accelerometer during waking hours for 5 working days. Accelerometer-measured activity levels were categorized as SB (≤1.5 metabolic equivalents (METs)), LPA (1.6-2.9 METs), and MVPA (≥3.0 METs). A sedentary bout was defined as consecutive minutes during which the accelerometer registered less than ≤1.5 METs. Accelerometer variables were compared between white- and blue-collar workers through analysis of covariance. RESULTS: During working hours, white-collar workers spent significantly more time in SB and less time in LPA than blue-collar workers (SB: 6.4 h vs. 4.8 h, 73% vs. 55% of total work time; LPA: 1.9 h vs. 3.5 h, 22% vs. 40% of total work time, p<.001), whereas the MVPA time was similar between the groups. White-collar workers spent significantly more SB time in prolonged sedentary bouts (≥30 min) compared to blue-collar workers. During leisure time, the SB, LPA, and MVPA times were similar between the groups. CONCLUSIONS: White-collar workers have significantly longer SB times than blue-collar workers during work hours, and do not compensate for their excess SB during work by reducing SB during leisure time.

    DOI PubMed

  • Validity of Walk Score® as a measure of neighborhood walkability in Japan

    Koohsari, Mohammad Javad, Koohsari, Mohammad Javad, Koohsari, Mohammad Javad, Sugiyama, Takemi, Hanibuchi, Tomoya, Shibata, Ai, Ishii, Kaori, Liao, Yung, Oka, Koichiro

    Preventive Medicine Reports   9   114 - 117  2018年03月

     概要を見る

    © 2018 The Author(s) Objective measures of environmental attributes have been used to understand how neighborhood environments relate to physical activity. However, this method relies on detailed spatial data, which are often not easily available. Walk Score® is a free, publicly available web-based tool that shows how walkable a given location is based on objectively-derived proximity to several types of local destinations and street connectivity. To date, several studies have tested the concurrent validity of Walk Score as a measure of neighborhood walkability in the USA and Canada. However, it is unknown whether Walk Score is a valid measure in other regions. The current study examined how Walk Score is correlated with objectively-derived attributes of neighborhood walkability, for residential addresses in Japan. Walk Scores were obtained for 1072 residential addresses in urban and rural areas in Japan. Five environmental attributes (residential density, intersection density, number of local destinations, sidewalk availability, and access to public transportation) were calculated using geographic information systems for each address. Pearson's correlation coefficients between Walk Score and these environmental attributes were calculated (conducted in May 2017). Significant positive correlations were observed between Walk Score and environmental attributes relevant to walking. Walk Score was most closely associated with intersection density (r = 0.82) and with the number of local destinations (r = 0.77). Walk Score appears to be a valid measure of neighborhood walkability in Japan. Walk Score will allow urban designers and public health practitioners to identify walkability of local areas without relying on detailed geographic data.

    DOI

  • Dietary patterns and abdominal obesity in middle-aged and elderly Japanese adults: The WASEDA'S Health Study

    Ito T, Kawakami R, Tanisawa K, Miyawaki R, Ishii K, Torii S, Suzuki K, Sakamoto S, Muraoka I, Oka K, Higuchi M, WASEDA'S Health, Study Group

    Nutrition   in press  2018年  [査読有り]

  • Patterns of objectively-assessed sedentary behavior and physical activity among Japanese workers: a cross-sectional observational study

    Kurita S, Shibata A, Ishii K, Koohsari MJ, Owen N, Oka K

    BMJ Open   in press  2018年  [査読有り]

  • Urban design and Japanese older adults’ depressive symptoms

    Koohsari MJ, McCormack G, Nakaya T, Shibata A, Ishii K, Yasunaga A, Hanibuchi T, Oka K

    Cities   in press  2018年  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 身体活動向上を目指した行動変容技法の方法と効果、島田裕之(編)『運動による脳の制御−認知症予防のための運動−』(分担執筆)

    原田和弘, 岡浩一朗

    杏林書院  2015年

  • Pain management among elderly with knee pain, Sports Science Series on the “Active Life”, Vol. II. Physical Activity, Exercise, Sedentary Behavior and Health”

    Yuichiro Nakaso, Koichiro Oka

    Springer  2015年

  • Does news coverage of newspaper promote cancer prevention? Sports Science Series on the “Active Life”, Vol. II. Physical Activity, Exercise, Sedentary Behavior and Health”

    Rina Miyawaki, Ai Shibata, Kaori Ishii, Koichiro Oka

    Springer  2015年

  • 運動療法からの脱落を防ぎ、運動の習慣化を促す認知行動療法、島田裕之(編)『サルコペニアの運動療法−エビデンスと実践−』(分担執筆)

    岡浩一朗, 中楚友一朗

    医歯薬出版  2014年

  • 循環器疾患患者における健康関連QOL、増田卓・松永篤彦(編著)『循環器理学療法の理論と技術』(分担執筆)

    井澤和大, 岡浩一朗

    メジカルビュー社  2009年

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 体動計測装置および体動計測方法

    6784376

    岡 浩一朗, 深町 花子, 青柳 健隆

    特許権

  • 動作検出装置および動作検出方法

    岡 浩一朗, 深町 花子, 青柳 健隆

    特許権

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 中高年のこころの習慣と脳のコホート研究-精神的健康の予測と改善を目指して

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

     概要を見る

    本研究は、中高年者を対象に大規模な調査を行うことで、どのような生活習慣が、最も脳を活き活きした状態に保ち、低いうつ状態、高い認知機能、幸福感をもたらすかを明らかにすることを目指す。生活習慣の中では、これまで重要とされてきた運動・食・睡眠習慣に加えて、今の体験にありのままに気づくマインドフルネスという心の習慣の影響を検討する。さらにその影響が、遺伝子の個人差によって異なるかどうかも検討する

  • 日本人の健康寿命延伸の鍵を解明する包括的スポーツ科学研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    疫学研究によって身体不活動、座りすぎ、低体力などの健康寿命の延伸を阻害するリスク因子が特定されているが、リスク因子の背後に存在しているメカニズムの多くは不明なままである。これは、疫学研究によってリスク因子が特定されてきたものの、これまでの疫学研究では複数のリスク因子を対象とした網羅的な研究がなされてこなかったことや、リスク因子に関する詳細な測定が実施されていないことが原因と考えられる。そこで、本研究はリスク因子に関する網羅的で詳細な測定を実施する疫学研究によって、健康寿命の延伸を阻害しているさまざまなリスク因子の影響度や背後に存在しているメカニズムを明らかにする

  • 高齢者に対する座位行動減少プログラムの効果検証

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    本研究は、高齢者の座位行動時間の減少に向けた行動科学の理論に基づいた介入プログラムを開発し、その効果や実行可能性を比較的長期間のランダム化比較対照試験(RCT)を用いて検証することを目的に研究を推進する。そして得られた結果に基づき、高齢者の座位行動の減少に向けた介入方略を確立する。本研究による成果は、我が国の高齢者の健康増進や介護予防に、ひいては医療費及び介護経費の削減に貢献することが期待できる

  • 子どもの座位行動が健康・学力に与える長期的影響を解明するための観察および介入研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    成人同様子どもにおいても肥満や抑うつなど心身の健康の悪化が大きな社会問題となっている。その背景の一つとして、「座りすぎ」が問題視されている。また、座りすぎの悪影響は健康指標だけでなく、心理面の健康への影響を介し学力にも及ぶことが報告され始めているが、日本においては検討されていない。また、世界的にも子どもの座りすぎを是正するための対策は、十分な研究成果の蓄積が少なく効果的な方策は確立されていない。そこで本研究の目的は、日本の児童・生徒を対象に縦断での観察研究により心身の健康および学力への影響を解明するとともに、介入研究にて家庭および学校での座りすぎ是正プログラムの効果検証を行うことである

  • 就労者に対する座りすぎ是正対策の推進に向けた科学的基盤の構築

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    本研究は、就労者を対象に、座位行動パターンの実態(日内・週内変動、経年変化のパターン、就業時間内外の場面別座位行動等)を明らかにし、心身の健康度(腰痛・頸部痛、心血管代謝リスク等)ならびに労働関連指標(アブセンティズム、労働生産性等)への影響を明らかにする。また、オフィスデザインや職場近隣の建造環境、労働規範、他者とのコミュニケーション方法といった職場内・外の社会環境、自宅近隣の建造環境に着目し、座位行動の決定要因を特定する。以上の成果に基づき、デスクワーカーの座りすぎを解消させるための包括的な介入プログラムを開発し、頑健な研究デザインにより効果を検討する

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • デスクワーカーの座りすぎ是正対策を推進するためのプログラム開発

    2020年   石井香織, 柴田愛

     概要を見る

    デスクワーカーの腰痛や肩こり、抑うつ症状等に起因するプレゼンティズム (出勤しているにも関わらず、心身の健康上の問題により十分な業務ができない状態) により、労働生産性の低下が大きな社会問題となっている。主な原因の1つとして「座りすぎ」が強く関与していると考えらえるが、その是正対策に関しては十分な研究成果の蓄積がなく、未だ有効な方法は確立されていない。本研究では、座りすぎ是正対策の推進に向けた科学的基盤を構築するために、先行研究の知見を基に、デスクワーカーの座りすぎを解消させるための個別、環境、組織アプローチの重要な要素を抽出し、それらを組み合わせた包括的プログラムの開発を行った。

  • 就労者における職場内環境要因が就業中の座位行動に与える影響

    2019年  

     概要を見る

    国内の二都市に在住する40~64歳の中年者227名の加速度計データを解析した。職場内社会環境要因と勤務時間内の座位行動指標の関連について検討したところ、「職場の多くの同僚が意識して中断しているのを見かける」の項目は、座位の中断回数と有意な正の関連があり、30分以上連続する座位時間の合計と有意な負の関連を示した。また、「私は中断するように心がけている」の項目は座位の中断回数と負の関連、総座位時間と正の関連がみられた。男性において、「私にとって中断することはストレスである」の項目が座位の中断回数と負の関連、総座位時間と正の関連、30分以上連続する座位時間の合計との間に正の関連が認められた。

  • 時間運動学に基づくデスクワーカーの座りすぎ是正対策の構築

    2018年   石井香織

     概要を見る

    本研究の目的は、時間運動学の観点から就労者の座位行動パターンの実態を明らかにするとともに、就業中の座位時間と労働指標の関連について検討することであった。就労者の仕事形態ごと(デスクワーク、立ち仕事、歩き仕事、力仕事)に、活動量計を用いて客観的に測定した座位行動パターンをみたところ、デスクワーカーは就業時間中に平均して約70%を座位行動に費やしていた。また、仕事形態により座位行動の日内パターンは大きく異なっていた。一方、就業時間中の座位行動割合と生産性、ワーク・エンゲイジメントとの関連について検討したところ、就業中の座位時間が多いことと、生産性ならびにワーク・エンゲイジメントの低さが関連していた。

  • 就労者の座りすぎを防止するためのガイドラインの開発

    2017年   石井香織, 柴田愛

     概要を見る

    本研究の目的は、就労者における就業日の座位行動とワーク・エンゲイジメントおよび労働生産性との関連について検討した。社会人口統計学的要因、中等度強度以上の身体活動、就業日の座位時間割合を調査した。ワーク・エンゲイジメントおよび労働生産性についても評価した。就業日の座位行動割合は平均70.0%であった。ロジスティック回帰分析の結果、40~50代においてのみ座位行動の割合が高い者は低い者よりもワーク・エンゲイジメントが低かった。また、20~30代においてのみ、座位行動の割合が高い者は低い者よりも労働生産性が低かった。就労者の労働生産性を高めるために、就業日の座位行動を減少させる取り組みの必要性が示された。

  • Associations of objectively-measured built environment attributes with active travel behaviors in urban and rural area in Japan

    2017年   Javad Koohsari

     概要を見る

    We examined whether objectively-measured built environment (street layout) is associated with walking and sedentarybehaviors in the context of a non-Western country; and whether suchassociations differ between urban and rural areas.&nbsp;Adultsliving in urban and rural areas in Japan (n=1,076) reported their walking (for commuting; for errands; and, for exercise) andsedentary behaviors (TV viewing and car driving). Two street layout measures (intersection density andstreet integration) were objectively calculated. Participants living in areas with more connected streetlayout weremore likely to walk for commuting and for errands, and less likely to drive. These relationshipsdiffered urban and rural areas. Our study confirms that previous findings from Westerncountries, i.e., the association of street connectivity with travel behaviors,are also applicable to Japan.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本スポーツ産業学会  運営委員・編集委員

  •  
     
     

    日本循環器心身医学会  評議員

  •  
     
     

    日本ストレス学会  評議員

  •  
     
     

    日本介護予防・健康づくり学会  理事・編集委員

  •  
     
     

    日本健康支援学会  評議員・編集委員

全件表示 >>