吉田 誠 (ヨシダ マコト)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.sci.waseda.ac.jp/research/CONTENTS/J/15476112.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    早稲田大学大学院   理工学研究科   材料工学専攻 凝固工学研究  

  •  
    -
    1991年

    早稲田大学   理工学部   材料工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • Waseda Univ., Tokyo, Japan   Dr. (Engineering)

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年10月
    -
     

    から早稲田大学理工学部 物質開発工学科 助教授

  • 2001年
    -
     

    から文部科学教官 広島大学大学院工学研究科 助手

  • 1996年
    -
     

    早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。

  • 1996年
    -
     

    から文部教官 広島大学工学部第一類機械系 助手

  • 1996年
    -
     

    早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本金属学会、軽金属学会、複合材料学会、鋳造工学会

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 凝固、鋳造、溶融凝固加工プロセス、溶接、自動車用材料

論文 【 表示 / 非表示

  • Image-based modeling of viscoelastic properties of solidifying Al alloys and model validation

    Matsushita, A, Mizuno, H, Okane, T, Yoshida, M

    Journal of Materials Processing Technology   263   321 - 329  2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Thermal Stress Analysis of Residual Stress in a Cylindrical Aluminum Casting with Cast-in GCI Liner, Taking Recovery Behavior Effect into Account

    Motoyama, Y, Ebihara, N, Shiga, H, Sato, T, Kambe, H, Yoshida, M

    Metallurgical and Materials Transactions A: Physical Metallurgy and Materials Science   49 ( 11 ) 5619 - 5635  2018年01月  [査読有り]

    DOI

  • Effect of temperature field and mechanical properties of casting on prediction of hot tearing tendency using FEM thermal stress analysis+1

    Takai, R, Tsunoda, T, Kawada, Y, Hirohara, R, Okane, T, Yoshida, M

    Materials Transactions   59 ( 8 ) 1333 - 1340  2018年01月  [査読有り]

    DOI

  • Dynamic measurement of constraining force from green sand and casting contraction of gray cast iron during cooling

    Seigo Ueno, Haruki Kashimura, Yusuke Sano, Tsuneo Toyoda, Hiroyasu Makino, Makoto Yoshida

    Materials Transactions   59 ( 6 ) 957 - 962  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    This study investigated the effects of the restraint from green sand mold for cast iron during cooling process. Gray cast iron (JIS FC300, almost identical to ASTM 45) was cast in a green sand mold, and the constraining force to the casting from the sand mold and the contraction of the casting were measured dynamically from the beginning of solidification to 200°C. The measurement results obtained using the green sand mold were compared with those using the furan sand mold. The maximum constraining force in the green sand mold case was lower than that in the furan mold case. The contraction in the green sand mold at 200°C was greater than that in the furan sand mold. The results showed that the green sand mold restrains the casting less than the furan sand mold during cooling process.

    DOI

  • Low temperature Cu–Cu bonding by transient liquid phase sintering of mixed Cu nanoparticles and Sn–Bi eutectic powders

    Khairi Faiz, M, Bansho, K, Suga, T, Miyashita, T, Yoshida, M

    Journal of Materials Science: Materials in Electronics   28 ( 21 ) 16433 - 16443  2017年11月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017, Springer Science+Business Media, LLC. Fluxless bonding of plateless Cu–Cu substrates at processing temperature lower than 250 °C and low pressure of 0.1 MPa was achieved by transient liquid phase sintering (TLPS) of mixed Cu nanoparticles and Sn–Bi eutectic powders. The effects of mixture composition, and sintering temperature on the shear strength, microstructure, and remelting temperature were investigated. Lowering the sintering temperature of Cu mixed with 65 weight percentage of Sn–Bi (Cu–65SnBi) resulted in decreased shear strength, however, at 200 °C sintering temperature, the obtained highest shear strength was more than 20 MPa. It was found that it is essential to use Cu nanoparticles to accelerate the consumption so that no initial Sn–Bi phases remained after processing. The liquid phase generated at approximately 196 °C during sintering from the reaction between newly formed Cu 6 Sn 5 and Bi-phase was expected to facilitate the densification and strengthening of the joints. Although this newly generated liquid phase was known to solidify as hypereutectic Sn–Bi, by controlling the sintering temperature at 200 °C, the remelting event at 139

    DOI

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • アルミニウム合金の粘性特性算出方法と粘性特性算出プログラム

    吉田 誠, 永田 益大

    特許権

  • パラメータの取得方法、及び砂型の三軸圧縮試験装置

    吉田 誠, 畑本 麻斗

    特許権

  • パラメータの取得方法、及び砂型の一面せん断試験装置

    吉田 誠, 加藤 宣幸, 白根 玄理

    特許権

  • 鋳造割れ感受性の小さいアルミニウム合金およびこれを用いたアルミニウム合金鋳物

    吉田 誠, 伊藤 淳矢, 永田 益大

    特許権

  • 複合体およびその製造方法

    吉田 誠

    特許権

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本鋳造工学会優秀論文賞

    2018年05月   日本鋳造工学会   FEM熱応力解析による凝固割れ性予測に及ぼす鋳物の温度場と力学特性の影響  

    受賞者: 高井 量資, 角田 達也, 川田 康貴, 広原 嶺, 岡根 利光, 吉田 誠

  • 日本鋳造工学会優秀論文賞

    2016年05月   日本鋳造工学会   弾塑性クリープ構成式によるADC12合金鋳物の熱応力予測と有効性の実験的検証  

    受賞者: 志賀 英俊, 佐藤 武志, 神戸 洋史, 本山 雄一, 吉田 誠

  • 日本鋳造工学会論文賞

    2009年05月   日本鋳造工学会   Fe-Cr-Si繊維強化マグネシウム合金基複合材料の作製と機械的特性  

    受賞者: 魚住 久雄, 小林 健太, 白石 透, 勝矢 晃弘, 佐々木 元, 増田 千利, 府山 伸行, 藤井 敏男, 吉田 誠

  • 日本金属学会金属写真奨励賞

    2000年03月   日本金属学会   サクシノニトリル一水共晶・偏晶合金の成長形態のその場観察  

    受賞者: 光山 嘉一郎, 吉田 誠, 佐々木 元, 福山 秀春, 蒼井 一郎, 中江 秀雄

  • 日本金属学会論文賞

    1999年11月   日本金属学会   一方向凝固したAl-In偏晶合金の凝固組織に及ぼす重力の影響  

    受賞者: 吉田 誠, 村尾 伸介, 青井 一郎, 中江 秀雄

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 3Dプリンタを用いた三相界面の微細構造作製による固体電解質形燃料電池の性能向上

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    固体電解質形燃料電池において,ネットワークの断裂しない理想的な三相界面の立体的な微細構造を3Dプリンタによって形成すべく,電極,電解質および焼成後に空隙を形成させるための空隙補填剤の三種類のインクジェット用インクを,ノズルからの吐出性と高速な積層体形成の観点から,高濃度,高分散,粘性係数を評価関数として最適化されるように主剤となる溶質,溶媒,分散剤等の種類,濃度および配合比を調整した結果,25μm程度のピッチで完全なネットワークを確保した複数層の三相界面の形成に成功した

  • 2006- 産学連携(ヤマハ発動機) 固液共存領域の力学物性に関する研究

    研究期間:

    2006年
    -
     
     

  • 2004-2006 NEDO 炭素系繊維強化マグネシウム合金複合材料の作製、日産自動車、カーボンナノテクノロジーズ社

    研究期間:

    2004年
    -
    2006年
     

  • 2005- 産学連携(木村鋳造所)大型鋳鉄鋳物の熱応力・変形の予測と制御

    研究期間:

    2005年
    -
     
     

  • 2003-2005 広島県産業科学技術研究所、マツダ、リョービ等 耐熱マグネシウムの半凝固成形に関する研究開発

    研究期間:

    2003年
    -
    2005年
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>