宮武 健治 (ミヤタケ ケンジ)

写真a

所属

理工学術院 大学院先進理工学研究科

職名

教授(任期付)

ホームページ

http://www.clean.yamanashi.ac.jp/

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   工学博士

  • Waseda University   Doctor of Engineering

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
     

    早稲田大学   教授

  • 2009年04月
    -
     

    山梨大学   教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    Royal Society of Chemistry

  •  
     
     

    燃料電池開発情報センター

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    高分子学会

  •  
     
     

    電気化学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子材料

論文 【 表示 / 非表示

  • ePTFE Reinforced, Sulfonated Aromatic Polymer Membranes Enable Durable, High-temperature Operable PEMFCs

    Z. Long, K. Miyatake

    iScience   24   102962  2021年09月  [査読有り]

    DOI

  • Reinforced Polyphenylene Ionomer Membranes Exhibiting High Fuel Cell Performance and Mechanical Durability

    J. Miyake, T. Watanabe, H. Shintani, Y. Sugawara, M. Uchida, K. Miyatake

    ACS Mater. Au   1   81 - 88  2021年09月  [査読有り]

    DOI

  • Wet/dry Cycle Durability of Polyphenylene Ionomer Membranes in PEFC

    T. Tanaka, H. Shintani, Y. Sugawara, A. Masuda, N. Sato, M. Uchida, K. Miyatake

    J. Power Sources Adv.   10   100063  2021年08月  [査読有り]

    DOI

  • Tailoring the Hydrophilic and Hydrophobic Reaction Fields of the Electrode Interface on Single Crystal Pt Electrodes for Hydrogen Evolution/Oxidation Reactions

    S. Tanaka, S. Takaya, T. Kumeda, N. Hoshi, K. Miyatake, M. Nakamura

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   46   28078 - 28086  2021年08月  [査読有り]

    DOI

  • High Performance Fuel Cell Operable at 120 °C Using Polyphenylene Ionomer Membranes with Improved Interfacial Compatibility

    Z. Long, K. Miyatake

    ACS Applied Materials & Interfaces   13   15366 - 15372  2021年04月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Polymer Electrolyte Membranes: Design for Fuel Cells in Acidic Media

    K. Miyatake( 担当: 単著)

    Elsevier  2018年11月

Misc 【 表示 / 非表示

  • Ammonium-functionalized poly(arylene ether)s as anion-exchange membranes

    Junpei Miyake, Masahiro Watanabe, Kenji Miyatake

    POLYMER JOURNAL   46 ( 10 ) 656 - 663  2014年10月

    書評論文,書評,文献紹介等  

     概要を見る

    The recent progress of our research on anion-exchange membranes (AEMs) for alkaline fuel cell applications is reviewed. The anion conductivity and the mechanical, thermal and chemical stability of AEMs are insufficient. To address these issues, we have designed and synthesized a novel series of poly(arylene ether)-based AEMs with quaternized ammonium groups. First, the effect of the sequence of the polymer main chain (random or block) on the AEM properties, especially the anion conductivity, is discussed. We emphasize that fluorenyl groups serve effectively as scaffolds for the ammonium groups. We then discuss the alkaline stability of both the polymer backbone and the quaternized ammonium groups. Partial fluorination improves the alkaline stability of the polymer main chains. Among the several ammonium groups investigated, we propose that pyridinium groups are seemingly more stable than the typical aliphatic ammonium (for example, trimethylammonium) groups. The results imply that aromatic AEMs are potentially applicable to alkaline fuel cells that use hydrogen or hydrazine as a fuel.

    DOI

  • 固体高分子形燃料電池の高性能化のための要素材料研究開発の進展

    内田裕之, 宮武健治, 野原愼士, 矢野啓, 脇坂暢, BAE Byungchan, 出来成人, 渡辺政廣

    科学と工業   85 ( 8 ) 321 - 327  2011年08月

    J-GLOBAL

  • Fluorene-containing cardo polymers as ion conductive membranes for fuel cells

    Kenji Miyatake, Byungchan Bae, Masahiro Watanabe

    POLYMER CHEMISTRY   2 ( 9 ) 1919 - 1929  2011年

    書評論文,書評,文献紹介等  

     概要を見る

    For polymer electrolyte fuel cells, proton conducting electrolyte membranes are key materials. This review highlights aromatic polymers containing cardo groups and ionic functions as emerging electrolyte materials. First, the role of biphenyl fluorene groups on sulfonated polyimides is discussed. Discussion then focuses on how to balance proton conductivity and membrane stability with sulfonated poly(arylene ether)s making the most of the bulky cardo groups. Block copolymer structure containing fully sulfonated biphenyl fluorene groups in its hydrophilic component and compact hydrophobic component is proposed. Effect of superacid groups onto the properties of fluorene-containing polymers is discussed. Replacing sulfonic acid groups with ammonio groups afforded the cardo polymers highly anion conducting properties, which make them potentially applicable to alkaline fuel cells.

    DOI

  • 固体高分子形燃料電池用電極触媒および高分子電解質膜の研究開発

    内田裕之, 宮武健治, 野原愼士, 矢野啓, 脇坂暢, BAE Byungchan, 渡辺政廣

    溶融塩および高温化学   53 ( 3 ) 103 - 109  2010年11月

    J-GLOBAL

  • Oxygen Reduction at the Pt/Carbon Black-Polyimide Ionomer Interface (vol 113C, pg 7772, 2009)

    Kenji Miyatake, Takuya Omata, Donald A. Tryk, Hiroyuki Uchida, Masahiro Watanabe

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   113 ( 50 ) 21264 - 21264  2009年12月

    その他  

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • FCDIC学術賞

    2021年05月   燃料電池開発情報センター   高性能・高耐久性炭化水素系電解質膜の創製  

    受賞者: 宮武健治

  • 文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)

    2021年04月   文部科学省   次世代燃料電池への応用を目指した革新的高分子薄膜の研究  

    受賞者: 宮武健治, 犬飼潤治, 内田誠

  • 第25回山梨科学アカデミー賞

    2020年11月   山梨科学アカデミー   高性能イオン導電性高分子の開発とエネルギーデバイスへの応用  

    受賞者: 宮武健治

  • 平成25年度科研費審査委員表彰

    2013年10月   日本学術振興会  

    受賞者: 宮武健治

  • ドイツ・イノベーション・アワード ゴットフリード・ワグネル賞

    2013年06月   ドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京、在日ドイツ商工会議所  

    受賞者: 宮武健治

     概要を見る

    燃料電池への応用を目指したイオン導電性高分子の開発

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高速移動水素による次世代創蓄電デバイスの設計

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    研究期間:

    2018年07月
    -
    2023年03月
     

  • 新型アニオン導電性薄膜を用いた高性能アルカリ型燃料電池の開発

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2022年03月
     

    宮武健治

  • 燃料電池の高性能化を目指した高耐久性イオン伝導膜の設計と開発

    国際科学技術共同研究推進事業

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 高性能アニオン交換膜を用いた水電解水素製造技術の開発

    エネルギー・環境新技術先導研究プログラム

    研究期間:

    2019年07月
    -
    2021年07月
     

  • 多機能性高分子イオニクス材料の創製とエネルギーデバイスへの応用

    基盤研究(B)(一般)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 炭化水素系電解質:今後何をすべきか、何ができるか

    宮武健治  [招待有り]

    20-1水素・燃料電池材料研究会   高分子学会  

    発表年月: 2021年01月

  • Polyphenylene Ionomers: Design, Synthesis, and Properties

    K. Miyatake  [招待有り]

    3rd G'L'owing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2020)   The Society of Polymer Science, Japan  

    発表年月: 2020年11月

  • Alkaline stable and highly conductive anion exchange membranes containing perfluoroalkyl groups"

    K. Miyatake  [招待有り]

    The 2nd Japan-China Forum on Power Batteries for New Energy Vehicles   JST  

    発表年月: 2020年10月

  • 高分子膜の設計次第で燃料電池はどう変わる?

    宮武健治  [招待有り]

    第10回日本化学会化学フェスタ2020   日本化学会  

    発表年月: 2020年10月

  • Partially fluorinated anion exchange membranes for electrochemical applications

    K. Miyatake, T. Kimura, J. Inukai, M. Uchida  [招待有り]

    Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science 2020 (PRiME 2020),   Electrochemical Society  

    発表年月: 2020年10月

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>