鹿又 宣弘 (カノマタ ノブヒロ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.chem.waseda.ac.jp/kanomata/index-j.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1990年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科   応用化学専攻  

    博士後期課程

  • 1985年04月
    -
    1987年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科   応用化学専攻  

    修士課程

  • 1981年04月
    -
    1985年03月

    早稲田大学   理工学部   化学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 1990年02月   早稲田大学   工学博士

  • Waseda University   Dr. of Eng.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院(先進理工学部化学・生命化学科:改組)   教授

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   理工学術院(理工学部化学科)   教授

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    理化学研究所・   共同研究員

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    国立情報学研究所   共同研究員

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    明治大学   理工学部   助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    継続中

    触媒学会

  • 2001年
    -
    継続中

    日本薬学会

  • 1990年
    -
    継続中

    アメリカ化学会

  • 1986年
    -
    継続中

    有機合成化学協会

  • 1985年01月
    -
    継続中

    日本化学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学

  • 生物有機化学

  • 構造有機化学、物理有機化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • CO2吸収薬剤

  • 大気中CO2回収

  • 含窒素芳香族化合物

  • 小分子天然有機化合物

  • 生体モデル分子

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Asymmetric synthesis of (−)-dehydro-exo-brevicomin with a photoisomerisation–intramolecular acetalisation sequence

    Shun Hirasawa, Tsuyoshi Masuda, Ken Mukai, Yusuke Miyoshi, Nobuhiro Kanomata

    Organic & Biomolecular Chemistry   19 ( 31 ) 6897 - 6903  2021年07月  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

    DOI

  • Biomimetic systems involving sequential redox reactions in glycolysis – the sulfur effect

    Narihito Ogawa, Sei Furukawa, Yuya Kosugi, Takayuki Takazawa, Nobuhiro Kanomata

    Chemical Communications   56 ( 85 ) 12917 - 12920  2020年  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

     概要を見る

    Magnesium hemithioacetates were used as model cysteine compounds to mimic natural hemithioacetals, and their biomimetic oxidation reactions using a model NAD+ compounds were investigated.

    DOI

  • Elucidation of Racemization Process of Azaspirene Skeleton in Neutral Aqueous Media

    Shun Hirasawa, Ken Mukai, Shinnosuke Sakai, Shinnosuke Wakamori, Takahiro Hasegawa, Kazunori Souma, Nobuhiro Kanomata, Narihito Ogawa, Mamoru Aizawa, Makoto Emoto

    The Journal of Organic Chemistry   83 ( 23 ) 14457 - 14464  2018年12月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    Azaspirene and related congeners, which possess various biological activities, have a unique spirocyclic core structure. However, there are few studies on the chemical properties of (−)-azaspirene, despite the fact that it may provide important insights into unveiling the biosynthetic pathway. Here, we report a nine-step chemical synthesis of an azaspirene analogue with a new finding that the natural (−)-azaspirene skeleton easily racemizes in neutral aqueous media.

    DOI

  • Azaspirene Analogs Inhibit the Growth of Human Uterine Carcinosarcoma In Vitro and In Vivo

    Makoto Emoto, Kyoko Yano, Batsuren Choijamts, Shinnosuke Sakai, Shun Hirasawa, Shinnosuke Wakamori, Mamoru Aizawa, Kazuki Nabeshima, Katsuro Tachibana, Nobuhiro Kanomata

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 5 ) 2739 - 2746  2015年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Uterine carcinosarcoma is a highly aggressive gynecological neoplasm that responds poorly to conventional chemotherapy and radiotherapy. Recent studies have shown high angiogenic activities of this tumor, hence anti-angiogenic approaches are expected to provide new treatment strategies for this tumor. In previous work, azaspirene was isolated from Neosartorya sp. fungi, and in vitro anti-angiogenic activities were shown. In the present study, the anti-angiogenic effects of azaspirene analogs, synthetic molecules with a shorter ethyl group replacing a hexadienyl side-chain of the natural compound, were assessed in vitro using human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) co-cultured with FU-MMT-3 human uterine carcinosarcoma cells. The anti-tumor and anti-angiogenic effects of these analogs were also evaluated in vivo using FU-MMT-3 xenografted tumors in nude mice. The azaspirene analogs inhibited the tube formation of HUVECs induced by FU-MMT-3 cells in vitro and significantly suppressed tumor growth in vivo compared to the untreated group (control). A significant reduction of the microvessel density in tumors was observed, in comparison to the control. No apparent toxicity, including body loss, was observed in any mice treated in this study. These azaspirene analogs may be effective against uterine carcinosarcoma, possibly acting via potent antiangiogenic effects.

  • Remote steric effects of C-2-symmetric planar-chiral terpyridine ligands on copper-catalyzed asymmetric cyclopropanation reactions

    Nanako Mugishima, Nobuhiro Kanomata, Norihiko Akutsu, Hironobu Kubota

    TETRAHEDRON LETTERS   56 ( 14 ) 1898 - 1903  2015年04月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    A series of enantioselective cyclopropanation reactions of substituted alkenes with diazoacetates was investigated in the presence of Cu(OTf)(2) with C-2-symmetric planar-chiral bridged 2,2':6',2 ''-terpyridines. Planar-chiral terpyridine-copper complexes exhibited moderate diastereomeric excesses with good enantioselectivities of cis-cyclopropane products in catalytic asymmetric cyclopropanation reactions of various styrene derivatives with ethyl diazoacetate. A remote steric effect was found to enhance enantioselectivity for the cyclopropanation induced by a sterically demanding substituent beyond the ansa-bridge of pyridinophane ligands on the other side of the reaction site as a relay of steric influences through flexible cyclophane bridges. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 理工系のための一般化学

    柴田, 高範, 石原, 浩二, 井村, 考平, 鹿又, 宣弘, 寺田, 泰比古, 中井, 浩巳, 中尾, 洋一, 中田, 正久, 古川, 行夫, 山口, 正

    東京化学同人  2021年01月 ISBN: 9784807909940

  • ブラウン一般化学 Ⅰ 物質の構造と性質

    上野 圭司, 荻野 和子, 鵜沼 英郎, 鹿又 宣弘( 担当: 共訳)

    丸善出版  2015年12月 ISBN: 9784621300107

  • ブラウン一般化学 Ⅱ 反応・熱力学・化学の広がり

    上野 圭司, 荻野 和子, 鵜沼 英郎, 鹿又 宣弘( 担当: 共訳)

    丸善出版  2015年12月 ISBN: 9784621300114

  • 有機化学

    清水, 功雄, 只野, 金一

    オーム社  2011年11月 ISBN: 9784274211034

  • 合成有機化学 : 反応機構によるアプローチ

    Parashar, Rakesh Kumar, 柴田, 高範, 小笠原, 正道, 鹿又, 宣弘, 斎藤, 慎一(化学), 庄司, 満

    東京化学同人  2011年03月 ISBN: 9784807907373

Misc 【 表示 / 非表示

  • Structure, dynamism, and enantioselectivity of planar-chiral pyridines for ylide-catalyzed asymmetric cyclopropanation of malononitriles

    Nobuhiro Kanomata, Kazuya Nakagawa, Yosuke Fujiyasu, Yusuke Miyashita

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   248  2014年08月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Synthesis of novel C-2-symmetric planar-chiral bispyridinophanes and their applications to asymmetric catalysis

    Satoko Yasuda, Narihito Ogawa, Nobuhiro Kanomata

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   244  2012年08月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Synthesis of the ruthenium complexes of planar- chiral 2,2 ':6 ',2 ''-terpyridine and their catalytic asymmetric transfer hydrogenation reactions

    Kyohei Kotani, Nobuhiro Kanomata

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   244  2012年08月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Synthesis of the ruthenium complexes of planar-chiral 2,2 ':6 ',2 ''-terpyridine and their catalytic asymmetric transfer hydrogenation reactions

    Kyohei Kotani, Nobuhiro Kanomata

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   244  2012年08月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • わくわくする化学のこころ(化学教育 徒然草)

    鹿又 宣弘

    化学と教育   60 ( 7 )  2012年07月

    CiNii

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 置換ピペラジン化合物及び酸性ガス用の吸収剤、吸収液

    鹿又 宣弘, 由渕 武

    特許権

受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学奨励賞

    2002年02月  

  • 有機合成化学協会・研究企画賞(萬有製薬)

    1997年02月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 燃焼排ガスからの二酸化炭素回収システムに適した二酸化炭素吸収材に係る新規薬剤の開発

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 低濃度二酸化炭素回収システムによる炭素循環モデル構築実証

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2021年03月
     

    担当区分: 研究分担者

  • 光異性化を鍵反応とする性フェロモン(-)-デヒドロ-exo-ブレビコミンの高効率不斉全合成研究

    研究期間:

    2019年07月
    -
    2020年02月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 二酸化炭素吸収性能を有する新規アミンの合成と機能評価

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2019年03月
     

    担当区分: 研究分担者

  • 次世代省エネルギー型CO2回収技術の実用化開発

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    担当区分: 研究分担者

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • フッ素により活性化された面不斉相間移動触媒の創製と機能評価

    2020年  

     概要を見る

    我々はこれまでに,様々な面不斉ピリジノファン相間移動触媒について研究を行ってきた.今回,ピリジノファン上に4-フルオロフェニル基,および3,5-ジフルオロフェニル基を導入した触媒(S,S)-2,3を合成し,これらの不斉誘起能を検証する目的で研究を行った.触媒 (S,S)-2,3 をそれぞれ 1 mol% 存在下,グリシン誘導体の不斉ベンジル化を行ったところ, 前者は75% eeで,また後者は95% eeで(S)-フェニルアラニン誘導体を与えた.これらの結果から,(S,S)-3が極めて高い不斉誘起能を有する触媒であること,フッ素の導入位置が高い不斉誘起能を有する触媒設計において極めて重要であることを明らかとした.

  • 有機アミン分子を用いる高効率二酸化炭素吸収・放散システムの構築と機能評価

    2020年  

     概要を見る

    本研究では再利用可能な燃焼排ガス用のアミン開発を目的として新たにアミン化合物A〜Eを設計・合成し,純液体としてのCO2吸収・放散性能の評価を行うことで,熱効率のよい高機能性アミンのスクリーニングを行った.合成アミンA〜Eと参照アミンDEAに模擬排気ガスを流し,CO2吸収量を測定した結果,アミンA, BではCO2捕捉率が単位質量当りでDEAと同程度の値を示し,物質量当りでは,A〜EいずれもDEAの1.5-2倍程度のCO2を吸収した.また,放散率は90%以上と極めて高い値であった.これらの結果より,今回開発したアミン化合物A〜EはCO2の吸収・放散の点で再利用に適した実用性に耐えうる燃焼排ガス用アミンであることを実証した.

  • 新たな擬面不斉ピリジンの設計・合成と不斉触媒機能評価

    2019年   菊池惇人, 宮下裕輔

     概要を見る

    10炭素の架橋鎖を有する面不斉ピリジノファンは不斉触媒として高い立体選択性を発揮するものの,反応中にラセミ化が起こることが課題であった.本研究では高い熱安定性を付与した新たな縮環擬面不斉ピリジンを設計し,シクロプロパン化における触媒機能を検証した.その結果,ピリジン窒素近傍にヒドロキシ基を導入した触媒が最大95% eeで所望のトランスシクロプロパンを与え,高エナンチオ選択的かつ高ジアステレオ選択的に反応することを見いだした.本反応は触媒の擬面不斉部位に立体特異的であり,ヒドロキシ基を除去すると不斉収率が大きく低下することから,高い不斉誘起能の発現にヒドロキシ基の導入が極めて有用であり,優れた不斉触媒として機能することが示された.

  • 高活性面不斉テルピリジン高分子触媒の設計と不斉反応への応用

    2018年  

     概要を見る

    我々は市販のMerrifield樹脂に対して面不斉テルピリジンを固定化することで,表面のみに均一な状態で配位部位を有する高分子テルピリジンの合成と不斉反応への応用を目的として研究を行った.低分子面不斉テルピリジンに対し4’位選択的にボロン酸エステルを導入し,鈴木宮浦カップリングによりリンカーを導入後Merrifield樹脂に固定化し,所望の高分子テルピリジン配位子を合成した.この高分子配位子を用いて銅触媒存在下,ジアゾ酢酸エチルとスチレンによる不斉シクロプロパン化を行ったところ,6:4のジアステレオ選択性でtrans-シクロプロパン誘導体が得られ,触媒として10回程度のTONを示すことが明らかとなった. 

  • 光学活性ピラジノファンの創製とその不斉立体制御法の開発

    2017年  

     概要を見る

    ピラジノファンはC2対称面不斉分子としてその動的挙動や不斉誘起能に興味がもたれるものの,合成例は皆無であった.我々はGlaserカップリングを鍵反応とする[10]パラピラジノファンの合成を検討した結果,前駆体である末端ジアルキンを酢酸銅とビピリジン存在下に分子内環化させることで,パラピラジノファンジインが良好な収率で得られることを見いだし,これらを還元して所望の[10]パラピラジノファンとそのメチルエステル誘導体の初の合成を達成した.[10]パラピラジノファンの面不斉反転における速度論解析を行った結果,類似のピリジノファンよりもラセミ化速度がかなり遅く,両者の活性化エントロピー項の違いが異性化速度の支配要因であることを明らかとした.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    2008年

    日本化学会夢化学小委員会 クイズショーTG主査 2007 - 2008

  • 2006年
    -
    2008年

    日本化学会夢化学小委員会 幹事会委員 2006 - 2008

  • 2008年
    -
     

    日本化学会普及・交流委員会 委員 2008 -

  • 2008年
    -
     

    日本化学会普及・交流委員会 クイズショーTG主査 2008 -

  • 2008年
    -
     

    日本化学会普及・交流委員会 化学教育フォーラムTG委員 2008 -

全件表示 >>